Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2017/02/01
Update

映画『上流社会』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • リョータ

この作品を最後に女優業を引退したグレース・ケリー。

彼女のキュートな魅力溢れるミュージカル・コメディ作品『上流社会』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『上流社会』の作品情報

【公開】
1956年(アメリカ)

【原題】
High Society

【監督】
チャールズ・ウォルターズ

【キャスト】
ビング・クロスビー、グレース・ケリー、フランク・シナトラ、セレステ・ホルム、ルイ・アームストロング、ジョン・ランド、ルイス・カルハーン、シドニー・ブラックマー

【作品概要】
第29回アカデミー賞(1957年)ミュージカル部門作曲賞(ジョニー・グリーン、ソウル・チャップリン)、主題歌賞(“True Love”)ノミネート作品。

映画『上流社会』のあらすじとネタバレ

舞台はアメリカ、ロードアイランド州の避暑地ニューポート。サッチモの愛称で知られるジャズミュージシャン、ルイ・アームストロング一行を乗せたリムジンは、陽気な歌声に満ち満ちていました。

一行が目指しているのは当地の富豪デクスター邸。この地で開催される恒例のジャズ・フェスティバルに出演する彼らに、富豪のデクスターが自邸を宿として提供したのです。

デクスター邸の隣には、こちらも大富豪のロード邸がありました。ロード家の娘トレイシーとデクスターはかつて結婚していた仲。駆け落ちの末だったにも関わらず、色々なことが重なり、結局数年前に離婚。

そのロード邸では、翌日の結婚式を控え大忙し。トレイシーが再婚するのです。相手の男性ジョージは、優しくて人間的には悪くないのですが、堅物でつまらない男というのが玉に瑕。

トレイシーの妹キャロラインは、そんなジョージとの結婚を快く思っていませんでした。彼女はデクスターの方を気に入っていて、彼が兄になってくれた方がいいと思っていました。その気持ちを母や姉に直接伝えたりと、周囲を困らせるのでした。

そんな中、とあるゴシップ誌からロード家へ連絡が入ります。彼らが言うには、当家の主人セスに関わる女性スキャンダルを握っているが、明日の結婚式に密着取材させてもらえるならその記事は差し止めるとのこと。

遊び人の父に対しての怒りを抱えながらも、仕方なくその条件を受け入れるトレイシー。しかし、彼女の頭にはある考えがひらめいていました。妹キャロラインと結託して、マヌケな振りをすることで記者を煙に巻こうというのです。

そうして、やってきたゴシップ誌の記者マイクとカメラマンのリズ。トレイシーとキャロラインは作戦通り進めようとしますが、そこに婚約者のジョージやお祝いにきたデクスター、叔父のウィリーが登場し、計画はご破算に。

一方デクスターは、いまだにトレイシーに未練たらたら。彼女のわがままで自分勝手な性格を知り抜いている彼は、堅物のジョージなんかに彼女の夫が務まるわけがないと思っていました。

デクスターはプールで泳いでいたトレイシーを見つけ、近付いていきます。結婚祝いを渡すためでした。彼が贈ったのは、新婚旅行の時にクルージングしたヨット“True Love号”の模型。それをプールに浮かべると、2人の幸せだった頃の想い出が呼び覚まされ、複雑な思いに駆られるトレイシー。

その後、ようやく父親のセスがやってきます。今回のスキャンダルのことを含めて、思うところのあったトレイシーが彼に思いの丈をぶつけますが、逆に父から彼女の身勝手な性格を指摘されてしまいます。女性としての全てを兼ね備えているのに、本当に大切な人を思いやる心が欠けているというのです。

その指摘が的を射ていたからか落ち込むトレイシー。気晴らしに記者のマイクを誘ってドライヴへと出掛けます。マイクは、そんな彼女の奔放な姿に少しずつ心惹かれていく自分がいることに気が付いたのでした。

以下、『上流社会』ネタバレ・結末の記載がございます。『上流社会』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

その夜は、叔父のウィリー邸で結婚祝いのパーティーが開催されました。デクスターはもちろん、記者のマイクとリズも招待されています。ルイ・アームストロングの楽団がその場を盛り上げ、パーティーは大賑わい。

トレイシーは、色々なことが重なってヤケになっていたためか、シャンパンをあおり、ぐでんぐでんに酔っ払ってしまう始末。そんな時にデクスターから祝福のキスをされた瞬間、彼女の気持ちに変化が起こります。トレイシーの心の中にずっといたのは、デクスターだったことに気付いたのです。

そんな状態のトレイシーを見かねた婚約者のジョージは、彼女を部屋に閉じ込めてしまいます。一方のデクスターとマイクは別室で酒を酌み交わし、すっかり意気投合。デクスターがまだトレイシーを愛していることを知ったマイクは、何とか手助けできないかと考えていました。

閉じ込められていたトレイシーは、マイクの手を借りて部屋から抜け出します。泥酔状態の彼女は楽しくなったのか、プールサイドでマイクとダンスに興じますが、足元のおぼつかない2人はプールに転落。そこへちょうど現れたジョージに見つかってしまいます。

怒りを露にするジョージ。そこへデクスターも現れると、酔ったマイクがデクスターの思いをぶちまけてしまおうとしたため、鉄棒で一撃。のびてしまうマイク。

そんなドタバタの前夜を経た結婚式当日の朝。あまりの泥酔状態で記憶が飛んでいたトレイシーにはジョージがなぜ怒っているのかも思い出せません。そんな彼女の奔放さについていけないと思ったジョージは、その場を立ち去ってしまいます。

新郎不在のまま、とうとう始まってしまった結婚式。奏でられるウェディング・マーチ。トレイシーの傍らにいたのはもちろんジョージではありません。そこには、微笑みを交わし合うトレイシーとデクスターの幸せな姿がありました。

スポンサーリンク

映画『上流社会』の感想と評価

『上流社会』最大の魅力は何といってもグレース・ケリー(トレイシー役)の存在でしょう。信じられないくらいキュートで、なおかつ美しさと優雅さを兼ね備えた唯一無二の存在と言っても過言ではありません。

1956年にモナコ公妃となったグレース・ケリーは、同時に女優業から引退することになるわけですが、何を隠そうこの『上流社会』という作品がスクリーンで彼女の姿を見られる最後となったのです。そういった意味合いにおいても歴史的作品と言えるでしょう。

また、ビング・クロスビー、フランク・シナトラ、ルイ・アームストロングといった当時のミュージックシーンを席巻する大物たちが揃って出演していることも注目です。

言わずと知れたトップスター歌手であるビング・クロスビー(デクスター役)。一時期スランプに陥っていたものの『地上より永遠に』(1953)で見事なカムバックを遂げたフランク・シナトラ(マイク役)。ジャズ界の巨人ルイ・アームストロングは何と本人役で登場と、何とも豪華なラインナップです。

ミュージカル映画という観点からすると、40年代から50年代初頭にかけて流行した歌とダンスが散りばめられたタイプのものとは違い、あくまで歌と演奏を聞かせることに終始したチャールズ・ウォルターズ監督の演出も光っています。

ルイ・アームストロングによる主題歌”High Society”に始まり、初共演となったビング・クロスビーとフランク・シナトラによるデュエットは鳥肌もの。

さらに、グレース・ケリーとクロスビーによるデュエット“True Love”は当時のビルボードチャート最高5位を獲得するなど大ヒットを記録し、アカデミー賞ノミネートにまで至るなど、素晴らしい楽曲に彩られた作品となっています。

まとめ

当初、この作品がアカデミー賞の3部門にノミネートされていたということは、今ではあまり知られていないかもしれません。その3つとは、作曲賞・主題歌賞ともう一つ。脚本賞もその対象だったのです。

しかし、ある作品の焼き直しだという異議があったため、この部門でのノミネートは取り消されました。それこそが、1940年に公開された『フィラデルフィア物語』。『上流社会』はこの作品のミュージカル版リメイクにあたるものなのです。

ちなみに『フィラデルフィア物語』は、ジョージ・キューカー監督の手によって元々ブロードウェイの舞台作品だったものを映画化したもので、1940年の第13回アカデミー賞では、主演男優賞(ジェームズ・スチュワート)と脚色賞を受賞したコメディ映画の傑作として名高い作品です。

こういったいわくつきのエピソードがあるものの、決してこの作品の魅力が損なわれるというようなことはありませんのでご安心を。ミュージカル映画というよりは、音楽映画と言った方がしっくりくる『上流社会』が持つ軽快で陽気な雰囲気は、きっとあなたを幸せな気持ちにするに違いありません。

関連記事

コメディ映画

映画『アンクル・ドリュー』あらすじと感想。キャストのバスケNBA選手たちの紹介も

映画『アンクル・ドリュー』は、11月9日(金) 全国ロードショー! バスケットNBAの人気プレイヤー、カイリー・アービングが、老人に扮してストリートで勝負をする――という、アメリカで人気を博したペプシ …

コメディ映画

ネタバレ感想『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』2018年もローワン・アトキンソンに爆笑⁈

「Mr.ビーン」シリーズのローワン・アトキンソンが演じる、変なおっさんにして英国諜報部のエージェント、“ジョニー・イングリッシュ”が帰ってきた! だが、スキルも笑いのネタも?アナログ世代の彼にとって、 …

コメディ映画

『家族はつらいよ2』キャストとあらすじ!映画舞台挨拶情報や評価解説も

2016年3月に公開された『家族はつらいよ』の続編を、ふたたび山田洋次監督で贈る人情喜劇。 前作のヒットを受けて制作されたこの作品。あの平田家の愉快な面々は今回どのように描かれるのか。 山田洋次監督や …

コメディ映画

【ネタバレ感想】銀魂2掟は破るためにこそある|あらすじ。ラスト結末も

週刊少年ジャンプに14年以上連載されている人気アクションコメディ漫画『銀魂』の完全実写化第2弾。 原作の人気エピソード「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合し、アクション、ギャグ、ドラマ全てがボリュー …

コメディ映画

今週公開の映画おすすめは?『パディントン2』のあらすじ紹介

いよいよ『パディントン2』は今週1月19日(金)より全国ロードショー! 今回はご存知の愛らしいパディントンが逮捕されてしまう騒動を描いた『パディントン2』から劇場にて上映がスタートしますよ。 スポンサ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学