Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2020/07/03
Update

映画『八王子ゾンビーズ』あらすじと感想考察レビュー。舞台に続いて山下健二郎が踊り出すゾンビコメディ

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『八王子ゾンビーズ』は2020年7月17日(金)全国ロードショー

  

映画『八王子ゾンビーズ』は、放送作家として多数の人気番組・ドラマを手掛けた鈴木おさむが、原作・脚本・監督を兼任した、歌って踊るゾンビコメディ。

2018年8月に上演された同名舞台を映画化したもので、主演は「三代目J SOUL BROTHERS」の山下健二郎。今回も山下が主演続投です。

八王子ゾンビーズを演じるのは、『刀剣乱舞』や『テニスの王子様』などの2.5次元ミュージカルで活躍する久保田悠来、藤田玲、丘山晴己、高野洸、牧島輝、三浦海里、才川コージ。劇団EXILEの小澤雄太も加わり、イケメン俳優陣がゾンビメイクで踊るコメディ映画です。

スポンサーリンク

映画『八王子ゾンビーズ』の作品情報

(C)2020「八王子ゾンビーズ」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【原作・脚本・監督】
鈴木おさむ

【キャスト】
山下健二郎、久保田悠来、藤田玲、丘山晴巳、小澤雄太、高野洸、牧島輝、三浦海里、才川コージ、今田耕司、勝矢、坂東希、RIKACO、早乙女友貴、松岡充

【作品概要】
斬新なセット、インパクトたっぷりのビジュアル、キャスト陣の好演もあり中毒性が高いといわれた舞台『八王子ゾンビーズ』を映画化した作品です。

監督は舞台版に引き続き鈴木おさむが手掛け、「三代目J SOUL BROTHERS」の山下健二郎も主役を続投。2.5次元で活躍するイケメン俳優たちが総登場します。

映画『八王子ゾンビーズ』のあらすじ

(C)2020「八王子ゾンビーズ」製作委員会

オーディションに落ち続け、ダンサーになる夢を諦めた羽吹は自分探しのために八王子の山奥にある希望寺で修行体験をすることを決めます。

この寺には、夜に裏手に位置する廃寺には絶対に行ってはいけないという決まりがあり、その廃寺には怪しげなうわさまでもありました。

寺の住職・孔明に迎えられた羽吹は寺での新生活をスタート。先輩僧侶の宝田から「廃寺に絶対に近づくな、特に満月の夜には」と忠告されました。

しかし、忠告されていたにもかかわらず、羽吹は踊りたい気持ちを抑えきれず、思わず満月の夜に廃寺でダンスを始めます。

するとうめき声と共に、8人のイケメンゾンビ集団“八王子ゾンビーズ”が現れました。

満月の晩、月に向かってダンスをすることができれば成仏ができるという彼らに頼まれ、仕方なくダンスを教えることになる羽吹。

しかし、八王子ゾンビーズが成仏できないのは、希望寺の住職の孔明と八王子市長の大池の思惑が隠されているのでした……。

スポンサーリンク

映画『八王子ゾンビーズ』の感想と評価

(C)2020「八王子ゾンビーズ」製作委員会

山下健二郎は「三代目J SOUL BROTHERS」のメンバーでありますが、その一方で俳優業もコンスタントにこなしています。

LDHブランド外でも人気監督の今泉力哉監督の『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)や『mellow』などに出演して、意外なほどにボヤっとしたキャラクターがはまっていました。

今回も夢破れたダンサー役という、どちらかといえば負け組のキャラクターです。この何ともいえない情けなさや頼りなさは、とても「三代目J SOUL BROTHERS」とは思えません。

彼の当たり役のような夢破れたダンサーというキャラクターは、今後も楽しみな持ち味になるでしょう。

ゾンビが月夜にダンスをするというと、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を思い起こします。

『スリラー』と同じように、本作のラストシーンはまさに秀逸なパロディの仕上がりです。このシーンでやっと山下健二郎は、「三代目J SOUL BROTHERS」だったんだと思い出せるほど……。迫力あるダンスシーンをお見逃しなく。

まとめ

(C)2020「八王子ゾンビーズ」製作委員会

今やエンターテイメントのジャンルとして一大ジャンルになっている2.5次元。2.5次元俳優ともいえる俳優たちも確固たる地位を築きつつあります。

そんな中で『映画刀剣乱舞』(2019)のように舞台のキャストをそのまま続投させて、映画にする例が増えてきました。

『八王子ゾンビーズ』もまた、その流れの中の一本といえるでしょう。特にゾンビーズの面々は『戦国BASARA』(2011)や『テニスの王子様』(2006)や『刀剣乱舞』(2019)などの2.5次元舞台や、仮面ライダーシリーズなどの特撮モノで活躍するメンバーが揃いました。

その分、そのノリに若干“一見さんお断り”感がなくもありませんが、こういうもんだと飲み込んでしまえば、気楽に楽しめます。

東映が東映×ムビステ企画として、特撮モノや2.5次元作品との融合と人材の有効活用を始めています。

仮面ライダーとスーパー戦隊という二大ブランドを持ち、若手イケメンを輩出し続ける東映が、その財産に気が付き始めたと思われます。

もちろん、俳優たちのアフターケア的な意味合いもあるとは思いますが、このような立ち位置の作品がエンターテイメント・映画の中で大きなウェイトを占めるようになれば、さらに充実が図られると思われます。

諸事情によってライブエンターテイメントに制限がある中、こういう映像とのコラボレーションは進んでいくのかもしれません。

映画『八王子ゾンビーズ』は2020年7月17日(金)全国ロードショー



関連記事

コメディ映画

シネマ歌舞伎『人情噺 文七元結』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

新年初めの映画のご紹介は、シネマ歌舞伎『人情噺 文七元結』です! 2016年大晦日は、さいたまアリーナへ行き、格闘技「RIZIN」を観戦したのですが、ライブで所英男選手やRENA選手のKOシーンの迫力 …

コメディ映画

今週公開の映画おすすめは?『パディントン2』のあらすじ紹介

いよいよ『パディントン2』は今週1月19日(金)より全国ロードショー! 今回はご存知の愛らしいパディントンが逮捕されてしまう騒動を描いた『パディントン2』から劇場にて上映がスタートしますよ。 スポンサ …

コメディ映画

映画『ゾンビランド2ダブルタップ』ネタバレ感想とレビュー評価。続編でも結末までの悪ノリ小ネタは健在でキャスト陣の魅力も満載!

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』が11月22日(金)より全国ロードショー。 2009年北米公開の前作『ゾンビランド』から10年の時を経て、役者と制作陣が更にパワーアップして戻ってきました。 この10 …

コメディ映画

映画『決算!忠臣蔵』あらすじネタバレと感想。キャスト堤真一×岡村隆史らで描く『忠臣蔵』の“お金”事情

映画『決算!忠臣蔵』は2019年11月22日(金)より全国ロードショー公開! 時代劇の定番『忠臣蔵』を“お金”という視点で捉え直し、新しい一面を描く新感覚時代劇。 監督を務めたのは中村義洋。多くのヒッ …

コメディ映画

ビーチ・バム まじめに不真面目|評価解説と内容レビュー。キャストのマシュー・マコノヒーが熱演する人生の再起を描いたコメディ

映画『ビーチ・バム まじめに不真面目』は2021年4月30日(金)より公開。 過去に1冊だけ出版した詩集が評価され「天才」と呼ばれた詩人ムーンドッグの、再起をかけた奮闘を描いた映画『ビーチ・バム まじ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学