Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2020/10/28
Update

映画『愛しの故郷(ふるさと)』あらすじと感想評価。チャン・イーモウの特徴を活かした5つの短編オムニバス

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『愛しの故郷(ふるさと)』は2020年11月6日(金)よりグランドシネマサンシャンなど全国順次公開。

『初恋の来た道』(1999年)『HERO 英雄 』(2002年)『SHADOW/影武者 』(2018年)など、数々の名作で知られる名匠チャン・イーモウが製作総指揮を務め「故郷」をテーマにした、5つの物語が展開される映画『愛しの故郷(ふるさと)』。


中華人民共和国の建国から70周年を記念して製作された『愛しの母国』(2020年)の姉妹編となった映画『愛しの故郷』は、中国では、4日間で興収10億元(約155億円)を突破し大ヒットを記録しています。

老若男女問わず楽しめる、心温まるエンターテインメントムービーである、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『愛しの故郷(ふるさと)』の作品情報


(C)BEIJING JINGXI CULTURE&TOURISM CO.,LTD /CHINA FILM CO.,LTD

【日本公開】
2020年公開(中国映画)

【原題】
我和我的家郷 My People, My Homelan

【製作総指揮】
チャン・イーモウ

【総監督】
ニン・ハオ、チェン・スーチェン、シュー・ジェン、ダン・チャオ、ユー・バイメイ、ポン・ダーモ、イエン・フェイ

【キャスト】
グォ・ヨウ、ホアン・ボー、ワン・バオチャン、リウ・ハオラン、ドン・ズージェン、トン・リーヤー、ファン・ウェイ、タオ・ホン、チャン・イー、ダン・チャオ、イエン・ニー、スン・リー、シェン・トン、マーリ

【作品概要】
チャン・イーモウが製作総指揮を務め「故郷」をテーマに5つの短編が展開されるコメディー。

監督は『クレイジー・ストーン ~翡翠狂騒曲~』(2006)のニン・ハオ、『スプリング・フィーバー』(2009)のチェン・シーチェンなど、中国の実力派監督が集結。

出演者は、中国の名優グォ・ヨウ、『西遊記~はじまりのはじまり~』(2013)で孫悟空を演じたホアン・ボーなど、幅広い俳優陣が出演しています。

映画『愛しの故郷(ふるさと)』のあらすじ


(C)BEIJING JINGXI CULTURE&TOURISM CO.,LTD /CHINA FILM CO.,LTD
第1話

高級車を購入する為に、コツコツと貯金をしてきたお調子者の男、北京。

ある時、北京の前に「いとこだ」と名乗る男が現れます。

その男は、甲状腺に腫瘍があり、すぐに手術が必要な状況ですが、保険証も持っておらず高額な治療費が払えないでいました。

何とか、いとこを救いたい北京は、ある方法を思いつきます。


(C)BEIJING JINGXI CULTURE&TOURISM CO.,LTD /CHINA FILM CO.,LTD
第2話

南部貴州のある田舎町。

何も無かったこの村ですが、映画の屋外上映会の最中に、UFOが飛来します。

多くの人達がUFOを目撃した事で、村は話題になり、さまざまなメディアで取り上げられるようになりました。

旅行会社の社長ワンは、テレビスタッフのシンとタン、そして科学者のドン・アシュを村に招き、UFOの検証番組として村を撮影してもらい、宣伝する事を考えます。

ですが、プロデューサーのタンは、最初からUFOに懐疑的でした。

そして、ある発明家の存在が、UFO騒動をさらにややこしくしていきます。


(C)BEIJING JINGXI CULTURE&TOURISM CO.,LTD /CHINA FILM CO.,LTD
第3話

大学教授のファンは、脳梗塞で倒れてしまって以降、記憶が錯綜するようになり、認知機能障害が発症してしまいます。

医師の診断の結果、ファンは、東部千島湖のワンシー村で、教育支援の活動をしていた頃の、若い頃に記憶が逆行してしまった事が判明します。

ファンの記憶は、教育支援活動の最後の日で止まってしまっていました。

ファンの息子は、医師の勧めにより、もう1度ワンシー村で、最後の授業の日を再現しようとします。

ですが現在のワンシー村は、ファンの授業を受けた子供たちにより、大きく発展し、村の景色は様変わりしていました。

かつてのファンの生徒たちは、学校も無かったワンシー村で、授業をしてくれたファンに心から感謝しており、村ぐるみで、ファンが行った最後の授業の日を再現しようとします。


(C)BEIJING JINGXI CULTURE&TOURISM CO.,LTD /CHINA FILM CO.,LTD
第4話

「通販の女王」として活躍するカリスマインフルエンサーの、ヤン・フェイヤン。

ヤンは、現在は華やかな暮らしを送っていますが、実は西部の砂漠の街に生まれ、貧しい幼少期を過ごした過去がありました。

母校の設立記念日で、式典が行われる事になり、ヤンは数年ぶりに故郷へ戻ります。

ですが、その道中で、ヤンの事を「姉さん」と呼ぶ怪しい男と遭遇します。

男は莫大な借金を抱えている様子で、何かの目的があり、ヤンに近づいたようですが…。


(C)BEIJING JINGXI CULTURE&TOURISM CO.,LTD /CHINA FILM CO.,LTD
第5話

画家のマー・リアンは、自身の絵画で、過疎化が進む農村を救うプロジェクトへの参加を志願します。

ですがマーの妻、チウは、マーの画家としての才能を高く評価しており、マーをロシアの大学へ留学させ、画家としての才能を伸ばす事を考えていました。

その為、マーが望んだ、農村を救うプロジェクトへの参加を勝手に辞退させてしまいます。

また、チウはレスリング部の監督を務める程、力が強い為、チウに逆らう事ができません。

困り果てたマーは、ロシアに留学したふりをして、中国の過疎化した農村に移住し、村おこしのプロジェクトを進める事を決意します。

しかし、チウからはロシアでの様子を伺う為に、1日に何度もテレビ電話がかけられてきます。

果たしてマーは、チウを騙し通して、自分のプロジェクトを成功させる事ができるのでしょうか?

スポンサーリンク

映画『愛しの故郷(ふるさと)』感想と評価


(C)BEIJING JINGXI CULTURE&TOURISM CO.,LTD /CHINA FILM CO.,LTD
「故郷」をテーマにした、5つの短編が展開される映画『愛しの故郷(ふるさと)』。

5つの短編は「お調子者が考えたある計画」「田舎のUFO騒動」「記憶を取り戻す為の、村ぐるみの作戦」「カリスマインフルエンサーと怪しい男」「恐妻家の嘘」と、それぞれ見どころが違う、笑いあり涙ありのエピソードが展開され、全てハートフルなコメディとなっています。

また、作品の舞台となるのが、それぞれ東、西、南、北、中部となっており、各エピソードで、さまざまな中国の風景を楽しめる事も、本作の特徴です。

第2話の山に囲まれた村や、第4話の砂の街では、舞台になっている地域が、エピソードの重要な部分にもなっている為、そこにも注目して下さい。

それぞれ、個性的なエピソードが展開される5つの短編ですが、共通している部分として「嘘が物語を動かす」という点です。

各エピソードに登場する人物達は、さまざまな形で嘘をつき、その嘘がキッカケで、いろいろな騒動が発生するのですが、最後は必ずハッピーエンドで終わる為、鑑賞後は清々しい気持ちになる、楽しいエンターテインメント作品となっています。

まとめ


(C)BEIJING JINGXI CULTURE&TOURISM CO.,LTD /CHINA FILM CO.,LTD
「故郷」をテーマにした本作は、中国のさまざまな地域が舞台になっていますが「観光資源に悩む村」「過疎化に悩む農村」など、日本と変わらない問題を抱えた地域も登場します。

また「故郷から来たいとこに、カッコよく見せようとする人」「成功して故郷に帰る人」「新たな故郷を創ろうと奮闘する人」など、故郷に関わるさまざまな人物が登場する為、本作に登場するキャラクターの誰かに自分を重ね合わせて、共感してしまうのではないでしょうか?

必ず誰にでもある「故郷」を、ハートフルなコメディで描いた映画『愛しの故郷(ふるさと)』。

笑って泣ける作品の為、必ず優しい気持ちになれます。

忙しい毎日を送る方こそ、本作をキッカケに、自身の故郷について想いを馳せてみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメディ映画

映画『英雄は嘘がお好き』感想とレビュー評価。歴代の名作傑作へのオマージュに満ちた豪華絢爛なコメディ作品

『英雄は嘘がお好き』は2019年10月11日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷、丸の内TOEIほか全国ロードショー! ナポレオン戦争の時代を舞台に、フランスを代表する人気俳優ジャン …

コメディ映画

映画『記憶にございません!』ネタバレ感想と評価。ダメ総理がむかえた結末は?

史上最悪のダメ総理が記憶喪失に。 今の政界に三谷幸喜が物申す!?こんな映画、今まで記憶にございません。 喜劇王・三谷幸喜の長編映画監督8作目『記憶にございません!』を紹介します。 今作も三谷幸喜監督な …

コメディ映画

映画『お名前はアドルフ?』ネタバレ感想と考察レビュー。キャストの91分の会話劇に個性が光る

『お名前はアドルフ?』が2020年6月6日(土)よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次公開中 映画『お名前はアドルフ?』は、ヨーロッパに痛快な旋風を巻き起こした舞台を映画化した、90分の会話劇です。 ドイ …

コメディ映画

映画『ジェクシー!』ネタバレあらすじと結末感想。人工知能に翻弄されながらも成長する姿に笑いと感動がある【ジェクシー!スマホを変えただけなのに】

スマホにストーキングされてしまう男性を描いたコメディ映画『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』。 ジョン・ルーカスとスコット・ムーアの脚本家コンビが監督・脚本を務めた、2019年に製作されたコメデ …

コメディ映画

【ネタバレ感想】銀魂2掟は破るためにこそある|あらすじ。ラスト結末も

週刊少年ジャンプに14年以上連載されている人気アクションコメディ漫画『銀魂』の完全実写化第2弾。 原作の人気エピソード「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合し、アクション、ギャグ、ドラマ全てがボリュー …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学