Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

映画『ウェディング・ハイ』ネタバレあらすじとラスト結末の感想評価。最後伏線の回収となる新婦の元カレ裕也(岩田剛典)と謎の男 澤田(向井理)の物語は笑いと共に注目!

  • Writer :
  • もりのちこ

新郎新婦にとって人生最大のイベント「結婚式」。
どうか最高の1日でありますように。

お笑い芸人・バカリズムのオリジナル脚本による、結婚式を舞台に描いた群像コメディ『ウェディング・ハイ』。

結婚式は、新郎新婦にとって人生で一度きりの特別なイベントです。彰人と遥のカップルも、この日を最高の1日にすべく準備をしてきました。

そんな2人を支えるのは、新郎新婦のどんな要望にも決してNOと言わないウェディングプランナー・中越真帆。

気合入りまくりの主賓挨拶、情熱が詰まった大作紹介VTR、どうしても見せたい父の余興に、迫りくる終わりの時間。さらに、新婦の元カレ、新郎の衣装を着た謎の男が乱入。

中越は、次々起こる前代未聞の難題をクリアし、結婚式を成功に導けるのか。映画『ウェディング・ハイ』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『ウェディング・ハイ』の作品情報


(C)2022「ウェディング・ハイ」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
大九明子

【脚本】
バカリズム

【キャスト】
篠原涼子、中村倫也、関水渚、岩田剛典、中尾明慶、浅利陽介、前野朋哉、泉澤祐希、佐藤晴美、宮尾俊太郎、六角精児、尾美としのり、池田鉄洋、臼田あさ美、片桐はいり、皆川猿時、向井理、高橋克実、八木将康、川野直輝、山田佳奈実、おくつようこ、大森つばさ、久保田磨希、中川大輔、伊勢志摩、永島聖羅、鈴木もぐら、水川かたまり、岡野陽一、ヒコロヒー、河邑ミク

【作品概要】
地獄の花園』(2021)『殺意の道程』(2020)など脚本家としても才能を発揮するお笑い芸人バカリズムが新たに書き下ろした完全オリジナルストーリー『ウェディング・ハイ』。

結婚式を舞台に、新郎新婦のこれまでの歩み、参加するゲストのそれぞれの思いや、次々巻き起こるトラブル、そしてそれを影で支え結婚式を成功に導くウェディングプランナーの奮闘を描いています。

監督は、『勝手にふるえてろ』(2017)『私をくいとめて』(2020)で数々の賞を受賞し注目を集めている大九明子監督。

主人公のウェディングプランナーを演じるのは篠原涼子。新郎役に中村倫也、新婦役に関水渚、新婦の元恋人役に岩田剛典が出演するほか、豪華オールスターキャストが集結しました。

映画『ウェディング・ハイ』のあらすじとネタバレ


(C)2022「ウェディング・ハイ」製作委員会

「おめでとうございます」。ウェディング会場ではお祝いの言葉が飛び交っていました。本日は石川家と新田家の結婚披露宴パーティーが開催されます。

新郎・石川彰人、新婦・新田遥。2人がこの日を迎えるまでには、様々な困難がありました。

結婚式の日取り決め、衣装合わせ、招待客の選抜、挨拶や余興のお願い、お料理に引き出物、花やテーブルクロスの色まで。結婚式は、とにかく2人で決めることが沢山ありました。

統計によると式の当日までに喧嘩をするカップルは7割にのぼるとか。原因は、夫のいい加減な態度に妻がキレるというパターンがほとんどのようです。

彰人も、本音では「結婚式なんてめんどくさいし、出費がかさむもの。あげたくない」と思っていましたが、遥のためにもこの選択地獄を乗り越えなければなりません。

招待客をどこまで呼ぼうか頭を悩ませたあげく、なぜか初対面のバーのマスターまで呼んでしまう、良く言えば優しいが流されやすい性格の彰人。互いの父親が希望する余興も断ることができません。

そんな新郎新婦のお悩みに応え結婚式の成功へと導いてくれる存在が、ウェディングプランナーです。彰人と遥を担当するのは仕事熱心なウェディングプランナー中越真帆。

中越は自らの結婚式でお世話になったウェディングプランナーに憧れ、この道に進みました。新郎新婦には「結婚式で後悔をしてほしくない」と、どんな要望にもNOと言わないことが信念です。

無事に結婚式当日を迎えた彰人と遥。幸せいっぱいの姿に両家の家族も嬉しそうです。2人は人生で最高の結婚式を挙げることができるのでしょうか。

一方その頃。遥の大学時代の元カレ・八代裕也は、男3人で温泉旅に来ていました。「そういえば、遥、結婚するらしいよ」。

友達の大輔が、先日ばったり再会した遥の話を持ち出します。裕也と遥は2年前に別れていましたが、その理由は遥が「見合いを勧められ、どうしよう」と裕也に相談し口論になったことが原因でした。

「あの時、遥は、俺に止めて欲しかったのではないか」、親の勧める見合い相手と無理やり結婚させられると勘違いした裕也は、結婚式に乱入し遥を取り戻そうと考えます。

映画みたいな展開に悪ノリの3人でしたが、今から向かっても挙式には間に合いそうにありません。「披露宴に元カレ登場ってどうなの?まぁ、いっか、向かおう」。

彰人と遥の結婚式は順調に進んでいました。チャペルで愛を誓い合った2人は、ウェディングパーティーへの準備に入ります。

喫煙所には、パーティーの時間を待つゲストの姿がありました。彰人の後輩で映像制作をしている相馬慎治は、2人の紹介VTRを頼まれていました。

相馬は、現在バラエティ番組の制作で大忙しでしたが、本当は映画監督志望でした。彰人に「相馬の好きなように自由に作ってくれ」と頼まれたことから、忘れかけていた映画への愛が爆発。自分のすべてを懸け完成させたVTRの上映に興奮が抑えられません。

隣に座って煙草を吸っているのは、彰人の上司で本日の主賓挨拶を任された財津俊彦。彼もまたこの結婚式にただならぬ思いを寄せていました。

財津は、ほんの出来心で遊んだキャバ嬢との写真が流出され、家庭でも会社でも信頼を落としていました。「こんな自分に挨拶を頼んでくれるなんて。最高のスピーチで期待に応えたい」。

挨拶を考える途中でお笑いに目覚めた財津は、劇場へ通い漫才や落語を学び、研究に研究を重ね渾身の文を完成させます。もはや、新郎新婦のためではなく自分の人生を取り戻すための舞台がまもなく幕を開けます。

興奮気味の相馬と財津とは違い、肩を落としている人物がいます。彰人の叔父の石川充です。彼は得意の縄抜けを余興で披露したかったものの彰人に断られ、諦めきれずマイ縄を持参していました。

「必要だったら言ってね。いつでも出来るから」。パーティー前に声をかけてみましたが、やはり時間がないと断られてしまいます。マイ縄を置き去りにしたまま立ち去ります。

そんな縄の入った袋に気付き微笑みを浮かべる男がいます。新郎のような出で立ちで、ゆっくり煙草を吸っていますが、彼を知る者は誰もいませんでした。

新郎新婦、ゲスト、そして会場スタッフとそれぞれの思いを胸に、いよいよウェディングパーティーが幕を開けます。

以下、『ウェディング・ハイ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ウェディング・ハイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022「ウェディング・ハイ」製作委員会

「新郎新婦の入場です」。彰人と遥の幸せいっぱいの笑顔で始まったウェディングパーティー。まずは、2人のプロフィールVTRの上映です。

可愛らしい子供の頃の写真や懐かしい思い出の写真、2人の馴れ初めが流れるものと思っていたVTRは、役者が演じる1本の恋愛映画でした。静まり返る会場。

結婚式とは全く関係のない映画がエンドロールを迎えた瞬間。ぽつぽつだった拍手が一気にスタンディングオベーションに変わります。「さすがプロの制作者だ」賞賛の声があちこちから聞こえてきます。相馬はこの上ない満足感に満たされるのでした。

次は主賓挨拶です。財津が、R-1グランプリに挑む芸人のごとくマイクの前に立ちました。まずは掴みはOK。ここは焦らず置きに行く。絶妙な間と研ぎ澄まされた言葉のチョイスで、ドッカンドッカン笑いが爆発していきます。ウケる喜びを全身で受け止める財津は、ここ1番の笑顔でした。

乾杯の挨拶には、遥の上司・井上司朗が登場です。井上はこれまで面白い上司で通ってきました。財津の笑いに負けるわけにはいきません。プライドをかけた挨拶真っ向勝負へと挑みます。「会社のみんな、見ているか。これがお前たちの面白い上司じゃー」。

会場が笑いに包まれるなか、ウェディングプランナーの中越は焦っていました。まだ歓談にも入っていないのに、すでに1時間押しています。

会場スタッフは諦め状態。次の披露宴も入っているため、パーティーは時間通りに終わらせなければなりません。ここは大幅にイベントをカットするしかありませんでした。

事の現状を新郎新婦に告げに行く中越。「どうにかイベントはそのままに時間内に出来ませんか」。中越は悲しそうな2人の様子に、「後悔して欲しくない」と了承してしまいます。

中越の作戦の元、会場スタッフ一同協力してスピードアップに乗り出します。司会進行はスムーズに、お色直しは5分で、コース料理はプレート盛りに、キャンドルサービスは一気に点灯。そして残すは余興時間です。

中越は余興を予定していた4組のゲストを呼び、あるお願いをしていました。それは4組同時に余興を行うというものでした。

新郎の友人たちは太鼓の披露。新婦の友人たちはダンス。新郎の父は手品。新婦の父はマグロの解体ショーです。皆は到底無理だと驚きますが、中越の必死のお願いに、「新郎新婦のためならば」と手を組むことにしました。

会場の真ん中に運び込まれた大太鼓を男たちが力強く打ち鳴らします。和のリズムに乗りステージではマグロの解体ショーがスタートしました。歓声があちこちから上がります。

続いて華やかな衣装の女性達が客席の間を優雅に舞っていきます。太鼓とコンテンポラリーダンスの融合です。スポットは再びステージへ。次から次へと見事な手品が披露されていきます。

テンションは一気に盛り上がり、最後は新郎父のマジックで、新婦父が姿を消すスゴ技が飛び出しステージは終了。クオリティの高い余興に子供から大人まで大喜びです。

こうして皆の協力のもと、時間を巻くことに成功した中越。あとは予定通り、両親への花束贈呈を残すのみです。そんな中越に慌てた様子のスタッフが駆け寄ってきます。

「さっきの手品で、新婦の父が姿を消したまま見当たりません」。今度は反対に司会に時間を延ばすようお願いをし、父親捜索に向かいます。

マグロの血がついた日本刀を持ったまま、建物内をウロウロ迷子になっていた新婦父をどうにか捕獲し、パーティー会場に放り入れます。新婦の手紙には間に合いました。

両親への感謝の気持ちを読み上げる遥。それを側で支える彰人。涙を流し感動する両親。温かい眼差しで見守るゲストのみなさん。会場は感動と何とも言えない一体感に包まれていました。

石川家と新田家の結婚披露宴パーティーはこうして大成功に終わりました。彰人は改めて中越にお礼を言います。「本当は式なんて挙げたくないって思っていました。でも、今は心からやって良かったって思ってます」。

この新郎新婦の笑顔を見るためにウェディングプランナーをやっているのかもしれません。

達成感に浸る中越にスタッフから知らせが入ります。実は、パーティーと同時進行に大事件が発生していたというのです。

そう、それはもう一つの物語。遥の元カレ・裕也の物語でした。披露宴会場に到着した裕也は、ことごとく出るタイミングを逃していました。おまけに、温泉ではしゃいで食べ過ぎた生カキにあたり、腹痛が襲ってきます。

石川家と新田家の会場をスタッフらしい男に聞くと「知らない」と返ってきます。その後もその男の怪しい行動に幾度も出くわす裕也。

その男こそ、会場に忍び込んだご祝儀泥棒・澤田紀昭だったのです。澤田からご祝儀袋が落ちる決定的瞬間を目撃した裕也は、澤田を追いかけます。腹痛もマックスです。

庭園に逃げ込む澤田。裕也は大声で叫びます。「その男、ご祝儀泥棒です!」。居合わせたのは、彰人が断れず呼んだバーのマスターでした。

投げ縄が得意なマスターが、叔父の置き去りにしたマイ縄を発見。すかさず、澤田にむかって縄を放ちます。見事、お縄にかかった澤田の顔面に、裕也が尻をのせ抑え込みました。天使の歌声が聞こえてきます。澤田はあまりの臭さに気絶しました。

危ない所を陰で救った裕也でしたが、遥には会わず会場を去ります。裕也は最後のチャンスとパーティー会場を覗いた時、遥の両親への手紙を聞いていました。

「安心してください。彰人さんは一番優しくて頼りになる人です」。遥の彰人への想いを知った裕也は身を引くしかありませんでした。

友達の運転する車で会場を後にした裕也の手には引き出物が。開けると彰人・遥と書かれたパンツが入っていました。「いらねー」と騒ぐ男友達を尻目に、助かったと思う裕也でした。

スポンサーリンク

映画『ウェディング・ハイ』の感想と評価


(C)2022「ウェディング・ハイ」製作委員会

結婚式を舞台に繰り広げられる笑いと感動を描いた群像コメディ『ウェディング・ハイ』。お笑い芸人バカリズムの脚本とあって、笑いの要素がてんこ盛りです。

結婚式とは新郎新婦にとって一生に一度の人生最大のイベントです。高い費用をかけ、様々な面に気を配り頭を悩ませてまで行う結婚式は、一見めんどくさいようにも思えますが、お世話になった人たちへの感謝を伝える場であり、これからともに歩んで行く2人を見守ってほしいというお披露目の場でもあります。

どれひとつ同じものはなく、カップルの数だけ結婚式も存在します。そして、結婚式には多くのトラブルと大きな感動が付きものですよね。

そんな結婚式を舞台に、思わず共感してしまう結婚式あるあるから、これまでに類をみないトラブルが次々と押し寄せる今作。

新郎の彰人(中村倫也)と新婦の遥(関水渚)のカップルは、とても穏やかで微笑ましく、思わず応援したくなります。

前半は、結婚式までの準備期間が描かれていますが、ノリノリの新婦と、流されるまま選択地獄へ落ちて行く新郎が対照的で、あるあると頷いてしまいます。

どこまで呼べばいいのか招待客選びに悩みながらも、なぜか初対面のバーのマスターを呼ぶことになってしまった彰人に、笑えます。

後半は、そんな新郎新婦の要望に応え結婚式を成功へと導くウェディングプランナー・中越真帆(篠原涼子)の奮闘が中心に描かれます。

ウェディングプランナーという仕事は、本当に大変ながらもやりがいのある仕事だと感じました。中越は、新郎新婦に後悔して欲しくないと、どんなわがままにもNOと言わず、最善を尽くすウェディングプランナーです。

そんな中越にも経験のない問題が起きます。乾杯までですでに1時間押し。「主賓挨拶が長い」もあるあるですが、今作での主賓挨拶を任された新郎の上司・財津(高橋克実)には、人一倍この時に懸ける熱い想いがありました。

ここまでの彼の背景が挿入されることで、時間が押すことよりもスピーチが成功したことの方が良かったと感じてしまいます。

財津をはじめ、紹介VTRを頼まれた後輩の相馬(中尾明慶)、乾杯の挨拶を任された新婦の上司・井上(皆川猿時)もまた、それぞれの思いを胸に秘め結婚式に参加しています。

それぞれのゲストが結婚式に臨むまでの背景が描かれることで、笑いは倍増、迷惑も倍増です。結婚式とは新郎新婦だけでなく、参加したゲストひとりひとりも主役なのかもしれません

ただし、これらの物語は、新郎新婦や式場にとっては迷惑な話です。中越は、1時間を取り戻さなければなりません。イベントはどれも止めたくないという新郎新婦の願いを聞き入れるべく知恵を絞り出します。

その対処法が素晴らしく爽快で見事です。ピンチを切り抜けた先に、想像以上の成功が待っていました

怒涛の追い上げに気分は上昇、まさに、ランナーズ・ハイならぬ、ウェディング・ハイ状態です。

中越を演じた篠原涼子が、新郎新婦のために髪を振り乱し、汗だくで走り回る姿が本物のウェディングプランナーのように見えてきます。


(C)2022「ウェディング・ハイ」製作委員会

そしてラストには、結婚式と並行して起こっていた事件の真相が明かされます。新婦の元カレ裕也(岩田剛典)と、謎の男・澤田(向井理)によるもうひとつの物語。張り巡らされた伏線を見事回収し、後味スッキリです。

多くのトラブルに見まわれ、ドタバタな結婚式でしたが、最後は誰もが笑顔で式場を後にします。「結婚式っていいものだな」ときっと思うはずです。

まとめ


(C)2022「ウェディング・ハイ」製作委員会

脚本バカリズム×監督大丸明子によるドタバタ結婚式コメディ『ウェデイング・ハイ』を紹介しました。

一組の結婚式を舞台に、繰り広げられる珍トラブルの数々。決してNOと言わないウェディングプランナー中越の奮闘やいかに。

新郎新婦、ウェディングプランナー、そしてゲストの立場からと様々な視点で楽しめる今作

結婚の形も多様化し、ましてや昨今は式の延期や中止が余儀なくされている中、忘れていた感情「結婚式っていいな」と改めて思わせてくれる映画でした。



関連記事

コメディ映画

映画『ロシュフォールの恋人たち』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『シェルブールの雨傘』に続いてジャック・ドゥミが撮ったミュージカル映画『ロシュフォールの恋人たち』。カトリーヌ・ドヌーヴとその実姉フランソワーズ・ドルレアックが双子の姉妹を演じています。 以下、あらす …

コメディ映画

映画『サバービコン 仮面を被った街』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ジョージ・クルーニー監督、コーエン兄弟脚本の人間不信ブラックコメディ『サバービコン 仮面を被った街』が5月4日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショーされています! 1950年代、理想 …

コメディ映画

松尾スズキ映画『108 海馬五郎の復讐と冒険』あらすじネタバレと感想。演劇と映画の面白さから突き抜けた艶笑譚

劇団「大人計画」の主宰・松尾スズキが映画監督4作目。 2018年に創立30周年を迎えた劇団「大人計画」。主宰の松尾スズキが監督・脚本にして、満を持して放つ主演も務めます。 妻に裏切られた脚本家の復讐劇 …

コメディ映画

知英(JY)映画『レオン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

元KARAのメンバー知英と竹中直人が共演したコメディ映画『レオン』は2月24日から公開中。 車との事故をきっかけに心と身体が入れ替わってしまった地味な派遣OLと女大好きワンマン社長というのは物語で、原 …

コメディ映画

映画『お名前はアドルフ?』ネタバレ感想と考察レビュー。キャストの91分の会話劇に個性が光る

『お名前はアドルフ?』が2020年6月6日(土)よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次公開中 映画『お名前はアドルフ?』は、ヨーロッパに痛快な旋風を巻き起こした舞台を映画化した、90分の会話劇です。 ドイ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学