Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2017/01/18
Update

映画『ヤング・アダルト・ニューヨーク』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • yukimura

スポンサーリンク

映画『ヤング・アダルト・ニューヨーク』作品情報

【公開】
2016年(アメリカ)

【原題】
While We’re Young

【監督】
ノア・バームバック

【キャスト】
ベン・スティラー(ジョッシュ)、ナオミ・ワッツ(コーネリア)、アマンダ・サイフリット(ダービー)、アダム・ドライバー(ジェイミー)

映画『ヤング・アダルト・ニューヨーク』あらすじとネタバレ

若返り症候群

ドキュメンタリー映画監督のジョッシュとその妻コーネリアは40代。子どもに恵まれない寂しさはあるものの夫婦仲はよく、自由な二人の生活を楽しんでいます。

ある日ジョッシュは、ジェイミーとダービーという20代の夫婦と出会います。ジェイミーはジョッシュの作品のファンだと言います。気をよくしたジョッシュは、コーネリアも交えて四人で食事をし、映画の話で盛り上がってすっかり意気投合します。

監督志望のジェイミーとアイスクリーム職人のダービー。二人の家を訪れたジョッシュとコーネリアは、若い夫婦のセンスの良さに感心します。ジェイミーはジョッシュを崇拝の目で見ています。二組の夫婦は年齢差を超え、急速に親密になります。

若い夫婦の影響を受け、ジョッシュは自転車を買い、コーネリアはヒップホップ・ダンスを始めます。同年代の友人夫婦は、二人の若作りを心配します。友人に「子どもを作った方がいい」と言われ傷ついたコーネリアは、ダービーに愚痴をこぼします。

ジョッシュとコーネリアは、ジェイミー達から怪しい儀式に招待されます。幻覚剤で意識が朦朧とする中、ジョッシュはジェイミーの映画を手伝うよと言います。監督として行き詰まっていたジョッシュは、ジェイミーとならうまくいくと感じます。

ジェイミーは、フェイスブックで連絡してきた昔の友人ケントとの再会を、ドキュメンタリー映画にしようと考えていました。ジョッシュと共にケントの家に向かうと、ケントは病院に入院中でした。ジェイミーがSNSでケントを検索すると、ケントがアフガンで兵役を勤めた過去がある事実がわかります。

単なる友人の話が、アフガンを題材にした記録映画になると大喜びのジェイミー。そんなある日、ジョッシュとコーネリアは、友人夫婦が自分達抜きでパーティを開いていたと知りショックを受けます。彼らは、若い夫婦とばかり仲良くしているジョッシュ達とどう接していいかわからず、すっかり気持ちが離れてしまったのです。

ジェイミーの映画制作は好調でした。コーネリアの父ブライトバードはドキュメンタリー映画の監督でしたが、ジェイミーはジョッシュの知らないところでブライトバードに連絡を取り、助言を求めていました。その事実にジョッシュは憤慨します。

ジョッシュは、自分の編集映像をブライトバードに見せます。しかし義父の評価は厳しいものでした。一方、ブライトバードはジェイミーの作品を高く評価しており、そのことに腹を立てたジョッシュは、ブライトバードに近づくためにジェイミーが自分を利用したと、コーネリアに食ってかかります。コーネリアは反論し大ゲンカに。

オトナでいること

なんとかコーネリアと仲直りしたジョッシュは、気を取り直して編集作業にかかろうとします。ジェイミーの作品を見直してみると、ケントの取材映像の中にダービーのアイスクリームが映っています。ジョッシュはこの映像がヤラセだと気がつきます。

ケントに話を聞くと、やはりジェイミーが全て仕組んだことでした。アフガンの件も、最初からわかっていたのです。ダービーもヤラセを認めます。ジョッシュは、ジェイミーの正体をばらすために、ブライトバードの祝賀パーティに向かいます。

パーティにはジェイミーも招待されていました。ジョッシュはブライトバードやコーネリアの前で、ジェイミーのヤラセをぶちまけます。ブライトバードは「演出や偶然性など些細なことだ」と取り合いません。ジョッシュは打ちのめされます。

コーネリアはジョッシュに「ジェイミーは最低だけど作品は最高よ」と言います。ジョッシュは敗北を認めます。「僕は、尊敬してくれる弟子がほしかったんだ。そうすれば、大人になりきれない子どもをやめられたから」。コーネリアは微笑みます。

1年後。新しい人生を始めようと決心したジョッシュとコーネリア。養子にすることが決まった赤ちゃんを迎えに、ハイチに旅立とうとしていました。空港の待合室で雑誌を開くと、そこには有名人になったジェイミーが笑顔で載っていました。

コーネリアは「悪魔が放たれたわ」と皮肉を言いますが、ジョッシュは「若いだけだよ」と言います。笑い合う二人の前の席に、小さな子どもが座っています。その手にはスマートフォンが握られていて、とても慣れた手つきで操作しているのです。

子どもを見つめるジョッシュとコーネリア。二人の笑顔は、だんだん不安に固まっていくのでした。

スポンサーリンク

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』の感想と評価

ジョッシュとコーネリアが善人すぎて、なんだか気の毒になりました。はたから見れば、お洒落でクリエイティブなカップル。子どもがいなくて自由気ままに人生を謳歌しているように見えるのですが、内心は二人とも複雑な思いでいっぱいです。

そんな彼らにとって、ジェイミーとダービーのカップルは眩いばかりの存在です。特にジェイミーは、時代の最先端を熟知しながら、LPレコードやVHSビデオなど過去のアイテムにも造詣が深く、ジョッシュの心はわしづかみにされます。

ドキュメンタリー映画監督としてスランプ状態のジョッシュ。ジェイミーの若い感性があれば、自分もランクアップできるかも。そんな下心もあったはずですが、実はジェイミーのしたたかさの方が数段上で、オレは利用されたんだと怒り狂う羽目に。

ジェネレーションギャップというよりは、創作に対する意見の相違というべきか。真実を追求する職人肌のジョッシュと、アピール度にこだわるアーティストタイプのジェイミー。根本の問題は年代の違いではなく、感性の違いのようにも思えます。

成功の階段を上るジェイミーのことを「若いだけだよ」と笑うジョッシュ。大人の対応とも言えるし、負け惜しみと取れないこともありません。いずれにせよ、諦めと達観を身につけた彼のスタンスこそ、若いジェイミーにはできないことです。

そんなジョッシュを、大きな愛情で包むコーネリア。この映画で素晴らしい存在なのが彼女です。謎の儀式や父親の授賞式でのすったもんだでどうなることかと思いましたが、一人で空回りする夫の苦しみに、彼女は最後まで寄り添います。

二組の夫婦の違いは、若さではなく、流行りの店でもなく、アートの感性でもない。お互いの欠点も受けいれて、家族として相手の幸せを思うという、年月を経たからこそ生まれる夫婦の絆があるかないかの違いだと思いました。

まとめ

アカデミー脚本賞にノミネートされた『イカとクジラ』(2005)や、『ベン・スティラー 人生は最悪だ!』(2010)『フランシス・ハ』(2012)などで評価の高いノア・バームバック監督による最新作です。

ジョッシュ役のベン・スティラ―は、もう何をしようがベン・スティラーな安定感。対するジェイミーは、『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)のカイロ・レン、アダム・ドライバーです。無邪気に見えて実は野心家という若者を好演しています。

若妻のダービーに感化されたコーネリア。彼女がヒップホップダンスを踊る場面があるのですが、このナオミ・ワッツのダンスかなりスゴイです。見どころの一つです。

サウンド使いの巧さに定評がある、ノア・バームバック監督。『イカとクジラ』ではピンク・フロイドの「Hey You」、『フランシス・ハ』ではデヴィッド・ボウイの「Modern Love」など、’70~’80年代のヒット曲を印象的に使っています。

今作でも同じくボウイの「Golden Years」をはじめ、サバイバーの「Eye Of The Tiger」、ライオネル・リッチーの「All Night Long」を流す一方で、ハイムの「Falling」やジェームス・マーフィ-の「We Used to Dance」など、幅広い世代の音を作品と融合させています。

「大人になれよ」と言われるような真似はしたくないけれど、「守りに入った」と思われるのもなんか寂しい。若くはないが年寄りでもない、そんな微妙な40代夫婦の混乱と再生の物語です。

関連記事

コメディ映画

映画『嘘八百 京町ロワイヤル』ネタバレあらすじと感想考察。中井貴一×佐々木蔵之介が贈る“騙されることに安心感を覚える106分

謎の美女を救うため、騙し騙される演技合戦が展開! 日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした『百円の恋』の武正晴監督が手掛けたコメディシリーズ第2弾『嘘八百 京町ロワイヤル』。 中 …

コメディ映画

映画『任侠学園』あらすじネタバレと感想。西島秀俊×西田敏行がW主演の“全員善人”のヤクザコメディ

映画『任侠学園』は2019年9月27日(金)より全国ロードショー公開! 数々の人気テレビドラマの演出を手がけてきた木村ひさし監督が、今野敏の人気小説シリーズの初映画化に挑戦した映画『任侠学園』。 世代 …

コメディ映画

【ネタバレ】新解釈・三國志|映画解説とラスト結末の考察。歴史小説との比較でユニークな英雄像を楽しめる

歴史には諸説あり。本当の『三國志』とはこうだったかもしれない!? 福田雄一監督が、歴史ファンの中でも特に人気を誇る『三國志』に独自の解釈を加え、自ら脚本を書き上げた映画『新解釈・三國志』。 福田組なら …

コメディ映画

韓国映画『僕の中のあいつ』あらすじネタバレと感想。ジニョン(B1A4)初主演作の演技力に注目!

韓国で190万人を動員!抱腹絶倒の入れ替わりコメディ映画! 韓国のアイドルグループ「B1A4」にて、リーダーを務めるジニョンの初主演作『僕の中のあいつ』。 韓国で大ヒットし、2019年初の損益分岐点を …

コメディ映画

映画『ピーターラビット』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【名作絵本をハリウッドで初の実写化】

イギリスの名作絵本「ピーターラビット」を初めて実写映画化 ビアトリクス・ポターによるイギリス絵本「ピーターラビット」をハリウッドで実写映画化。 ビア役は『ANNIE アニー』のローズ・バーン、またマグ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学