Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

天使にラブソングを2|ネタバレあらすじ結末との感想評価【感動映画おすすめ】デロリスが悪ガキたちと歌いまくりパワーアップ!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

デロレスが高校生たちとヒップホップ聖歌隊を結成!

大ヒットミュージカル・コメディ映画『天使にラブソングを』の続編。

ウーピー・ゴールドバーグ演じる歌って踊るエネルギッシュな主人公・デロリスがさらにパワーアップして帰ってきました。

監督は『ディープ・カバー』(1992)のビル・デューク。

マギー・スミス、キャシー・ナジミーらが前作から続投するほか、『荒野の七人』(1961)のジェームズ・コバーンが出演します。

友情で結ばれたシスターたちに懇願され、デロリスが問題校の悪ガキたちの音楽教師となって奮闘します。

若者たちのパワフルな歌声に魅了される大ヒット作品をご紹介します。

映画『天使にラブソングを2』の作品情報


(C)Touchstone Pictures

【公開】
1994年(アメリカ映画)

【脚本】
ジェームズ・オア、ジム・クラックシャンク、ジュディ・アン・メイソン

【監督】
ビル・デューク

【出演】
ウーピー・ゴールドバーグ、キャシー・ナジミー、バーナード・ヒューズ、メアリー・ウィックス、ジェームズ・コバーン、マイケル・ジェッター、ウェンディ・マッケナ、マギー・スミス、ブラッド・サリバン

【作品概要】
大ヒットコメディ『天使にラブソングを』のシリーズ2作目。監督は『ディープ・カバー』(1992)のビル・デューク。

ウーピー・ゴールドバーグ演じる主人公のデロリスが、高校生の音楽教師となって聖歌隊を結成し、子どもたちに夢を追いかける素晴らしさを教えるために奮闘します。

マギー・スミス、キャシー・ナジミーらが前作から続けて愛らしいシスターを演じるほか、『荒野の七人』(1961)のジェームズ・コバーンが悪役的な理事長役で出演。中心的な生徒・リタ役をローリン・ヒルが演じます。

映画『天使にラブソングを2』のあらすじとネタバレ


(C)Touchstone Pictures

デロリスはラスベガスのエンターテイナーとなり人気を博していました。

彼女のショーを訪れたセント・キャスリン修道院のシスターたち。彼女たちはクリスプ氏が理事長を務めるセント・フランシス高校で社会奉仕をしていましたが、校内暴力や非行が横行する問題校の悪ガキたちに手を焼き、デロリスに助けを求めに来ていました。困り果てていた修道院長もデロリスを歓迎します。

懐かしの母校でもあるフランシス高校の教師になることを了承したデロリスは、再び尼僧の姿となって学校へ向かいます。

教室にいたのは授業など気にせず歌い騒ぐ生徒たちでした。教師たちも頭が固く抑圧的で、デロリスは途方にくれます。

そんななか、財政難で学校が今学期末で閉校になることを知ったデロリスは、生徒を守るために真剣に彼らに向き合います。

全員デロリスに従うようになりましたが、ただひとりリタだけは反発して教室を出ていってしまいました。

ある日の授業で生徒たちの素晴らしい歌の才能に気づいたデロリスは、聖歌隊の結成を思い立ちます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『天使にラブソングを2』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『天使にラブソングを2』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)Touchstone Pictures

初めは聖歌隊をバカにしていた生徒たちでしたが、シスターたちのパワフルなステージを見てやる気を出します。

しかし、勝手に課外活動をしたデロリスは校長から叱られてしまいました。学校が閉鎖されるまであとわずかだという校長の言葉を生徒たちが盗み聞きしてしまい大騒ぎになります。

デロリスは生徒たちを集めて合唱の練習を始めました。外にリタが見に来ていましたが、母親から歌うことに反対されている彼女はそのまま立ち去ります。

友人とふたりになったリタは、ピアノを弾きながら素晴らしい声で歌います。それをシスター・メアリー・ロバートが聴いていました。

夢は追わない、と捨て鉢になって言うリタ。シスターはデロリスに彼女の力になってあげてほしいと頼みます。

その後、デロリスに熱い言葉をかけられたリタは練習に参加するようになりました。熱心な練習を重ねた生徒たちは力をつけていき、素晴らしいヒップホップ聖歌隊へと成長します。

そうじ中に州の聖歌隊コンテストのトロフィーをみつけ、この高校に受賞歴があることを知ったシスターたちは、勝手にコンテストに申し込みます。

驚くデロリスたちでしたが、優勝したら閉校について本部も見直すに違いないと考えて出場を決めました。初めは反対した校長も、きっと優勝するという彼らの言葉を信じて許可します。

一方、リタは母に聖歌隊活動もコンテスト出場も反対されてしまいました。デロリスは彼女の母を訪ねますが、門前払いされてしまいます。

デロリスをはじめとするシスターたちは街頭で歌って募金を募り、見事コンテストの資金を集めました。

仲間から一緒に歌おうと誘われたリタは、自分で同意書にサインをしてコンテスト行きのバスに乗り込みます。

デロリスがベガスの歌手だと知った理事長は、コンテスト出場を止めさせるために教師たちと会場へ向かいます。

しかし、校長や教師たちは懸命な生徒たちを出演させるために、理事長を会場の一室に閉じ込めました。

強豪校の歌声を聞いて怖気づく生徒たち。デロリスは今逃げれば死ぬまで逃げ回ることになると叱咤激励します。

その言葉に勇気が目覚めた生徒たちはステージへと向かいました。客席にはリタの母の姿もあります。

彼らは自由に踊り跳ねまわりながらすべての力を出し切って歌い切り、見事優勝を勝ち取りました。

聴きに来ていた本部職員も演奏と結果に感動し、学校を閉鎖する話は立ち消えとなります。リタの母も娘の力を認めて、抱きしめました。

ベガスのショーガールなのかと生徒たちに聞かれたデロレスは、自分はスターだと答えて笑いました。

映画『天使にラブソングを2』の感想と評価


(C)Touchstone Pictures

若い圧巻の歌声に酔いしれる

世界中から愛されるミュージカルコメディの名作『天使にラブソングを』の続編です。

ベガスの歌手として活躍するようになったウーピー・ゴールドバーグ演じる主人公・デロリスが、古い仲間である修道女たちに懇願され荒れた高校の音楽教師となって大活躍します。

彼女は自身の母校に赴任しますが、生徒たちは授業中に教師の話をまったく聞かずにしゃべったり歌ったり、化粧したり絵を描いたりとやりたい放題。

小うるさいデロリスを追い出そうと、彼らは彼女のイスに接着剤をつけるなどひどいいたずらを仕掛けます。このときのデロリスの必死な姿は思わず吹き出すおかしさです。

見捨てて辞めてしまおうとしたデロリスでしたが、学校が財政難で閉校の危機にあると知った彼女は生徒たちのためにひと肌脱ぐことを決意します。そして、生徒たちの素晴らしい歌の才能に気づくのです

この作品の一番のみどころは、なんといっても生徒たちのパワフルで透明感ある歌声です。とにかく上手すぎる!聴いているうちに誰もが思わず涙してしまうような、まさに「天使の声」なのです。

しかもこの天使たちは天真爛漫で自由で、歌う喜びがダイレクトに伝わってくる素晴らしいパフォーマンスを見せます

一番の見せ場は、学校の生徒・先生の前でのお披露目シーンです。まだ自信が持てずにいた彼らが、歌い進めるうちに歌う喜びに包まれ、大きな殻を打ち破ります

最初は小さなささやくような声しか出せなかったソリストの黒人の少年が、突然背中に羽が生えたかのように朗々と高らかに歌い出す「オー・ハッピー・デイ」は必聴です。

母に歌うことを反対されながらも、必死の思いで聖歌隊の一員としてコンテストに出場するリタもとてもチャーミングです。

素直になりたくてもなれないティーンの少女のリアルな気持ちが伝わってきて胸が締め付けられます。コンテストステージで堂々と歌う、彼女のハスキーな声も魅力的です。

歌や音楽の素晴らしさと、子どもたちの持つ無限の可能性が胸にストレートに伝わって来る爽快な一作です。

チャーミングで魅力あふれるシスターたち


(C)Touchstone Pictures

シリーズ1作目で大人気を博したチャーミングなセント・キャスリン修道院のシスターたちも健在です!

愛ある毒舌でうまく事を運ぶ修道院長、ふっくら体型でいつも陽気で楽し気なシスター・メアリー・パトリック、細見で年若い美声のシスター・メアリー・ロバート、年長で大柄なシスター・メアリー・ラザラスなどおなじみの愛すべきキャラクターが再集結しています。

高校で社会奉仕することになった彼女たちが、悪ガキたちに手を焼いてデロリスに助けを求めるところから物語が始まります。

シスターたちが自由と喜びを教えてくれたデロリスを心から信頼し、今でも変わらぬ深い友情でつながっていることがよくわかるオープニングです。

デロリスだけにすべて任せるのではなくシスターたちも一緒に生徒たちに正面から向き合い、閉校させないために大奮闘します。

若いピチピチで弾ける生徒たちと対照的な年配の彼女たちが、わちゃわちゃと楽しそうに盛り上がる姿に心癒されます。彼女たちのハートは、若者と同じくらいピュアに違いありません

生徒たちに聖歌隊の素晴らしさを教えるために、シスター聖歌隊も再結集。その後、街頭募金のためにステージにも立ち、パワフルな歌声で観る者を魅了します。

補聴器が必要なピアノ担当のキュートな年配シスターのメアリー・アルマも元気に登場するので注目してくださいね。

まとめ


(C)Touchstone Pictures

大人気ミュージカルコメディーシリーズ第2弾となる本作でも、シスター姿のデロリスと仲間のおばあちゃまシスターたちが大活躍します

若さあふれるピチピチ高校生の悪ガキたちを前にしても、まったくひけを取らない彼女たちのパワーに脱帽するばかりです

厳しい教育ママに反抗できない少女、バイトをしながら通学する苦学生、人種差別にいつも苦い思いを抱く黒人の少年などいろいろな子どもたちすべてを、シスターたちは温かく見守り導きます。

高校生だって負けていません。デロリスと一丸となって夢に向かって羽ばたこうと奮闘します。若者の持つ無限のエネルギーが感動を呼び起こす一作です。

パワーに満ちた自由で明るい歌声が、限りなく広がる「未来」の可能性を信じさせてくれます。





関連記事

コメディ映画

『傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭』開催日時と上映作品情報。トークショー内容も併せて紹介

2018年12月15日(土)、16日(日)に座・高円寺2にて開催するAfter School Cinema Club + Gucchi ’s Free Schoolによる上映イベント『傑作? 珍作? …

コメディ映画

実写映画テルマエ・ロマエ|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。漫画やアニメも人気な阿部寛主演のコメディは日本とローマ“共通の風呂文化”

ヤマザキマリの大人気コミック『テルマエ・ロマエ』を実写映画化! 武内英樹が監督を務めた、2012年製作の日本の大ヒットコメディドラマ映画『テルマエ・ロマエ』。 古代ローマ帝国から現代の日本にタイムスリ …

コメディ映画

【映画ネタバレ感想】音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は、10月12日(金)よりロードショー! 吉岡里帆と阿部サダヲがダブル主演を務める音楽映画。監督は映画からドラマまで常に異色な方へ方へ …

コメディ映画

映画『お名前はアドルフ?』ネタバレ感想と考察レビュー。キャストの91分の会話劇に個性が光る

『お名前はアドルフ?』が2020年6月6日(土)よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次公開中 映画『お名前はアドルフ?』は、ヨーロッパに痛快な旋風を巻き起こした舞台を映画化した、90分の会話劇です。 ドイ …

コメディ映画

【映画ネタバレ】嘘八百3なにわ夢の陣|あらすじ結末感想とラスト評価解説。2023年続編は豊臣秀吉の“人の夢”が輝く幻の茶碗を巡る大騒動!

「なにわのことも夢のまた夢」……大閤・豊臣秀吉が残した宝とは? 中井貴一が扮する古美術商と、佐々木蔵之介が扮する陶芸家の《骨董コンビ》が、騙し合いの大騒動を繰り広げる痛快コメディ映画「嘘八百」シリーズ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学