Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2019/10/21
Update

映画『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』あらすじと感想レビュー。フィンランド映画界が巨額を投じたコメディムービー

  • Writer :
  • 増田健

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』は2019年12月27日(金)より、シネマート新宿、心斎橋ほか全国ロードショー!

ヘヴィメタルのカテゴリーにまで成長した、北欧メタルの世界。フィンランドもメタル大国の1つとして君臨しています。

そのフィンランドの北部、何もない片田舎の村で、仲間たちと結成して以来12年、活動を続けるバンドがありました。

過激なジャンルを標榜しながらも、実は活動実績ゼロのヘタレな彼ら。しかし一念発起した結果、ついに自分たちのキラーな作品をモノにします。

ノルウェーで開催される、巨大メタルフェスの出場を目指す事になったこのバンドの、汗と涙と汚い汁にまみれた大奮闘が、笑いと感動を巻き起こす!

数多くの映画祭に出品され、ノールディツク映画祭・ワルシャワ国際映画祭・ジェイムソンシネフェストでは観客賞受賞した、見る者を熱狂させるヘヴィメタル・コメディです。

スポンサーリンク

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』の作品情報


(c) Making Movies, Filmcamp, Umedia, Mutant Koala Pictures 2018

【公開】
2019年12月27日(金)(フィンランド・ノルウェー合作映画)

【原題】
Hevi reissue / Heavy Trip

【監督・脚本】
ユーソ・ラーティオ、ユッカ・ヴィドゥグレン

【出演】
ヨハンネス・ホロパイネン、ミンカ・クーストネン、ヴィッレ・ティーホネン、マックス・オヴァスカ、マッティ・シュルヤ、ルーン・タムティ

【作品概要】
田舎にくすぶ負け犬たちのヘヴィメタル・バンドが、ノルウェーの巨大フェス参加を目指してばく進、様々な騒動を巻き起こすコメディ映画。

監督はユーソ・ラーティオとユッカ・ヴィドゥグレン。共にCMやミュージックなどの分野で実績を残す彼らが、満を持して放つ初の長編コメディ映画です。

主演はフィンランド映画史上最大のヒットとなった、『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』のヨハンネス・ホロパイネンが、全く異なる役柄で登場し笑いを誘います。

音楽を担当しているのは、日本を含む海外でもツアーを行ったフィンランドのヘヴィメタルバンド、ストラトヴァリウスのベーシスト、ラウリ・ポラー。

本物のメタルな曲を聞かせながらも、お馬鹿に徹する負け犬サクセスストーリー。見ないで後悔するなら、クソ漏らせ!!

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』のあらすじ


(c) Making Movies, Filmcamp, Umedia, Mutant Koala Pictures 2018

フィンランド北部にある何もない、トナカイだけはたくさんいる村に住む、25歳のトゥロ(ヨハンネス・ホロパイネン)。村の介護施設で働く大人しい青年です。

彼のもう一つの顔は、“終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル”という、危険で過激な意味らしいジャンルを標榜する、4人組メタルバンドのボーカルでした。

他のメンバーは、速弾きの達人のギタリストで、真面目に家業のトナカイ解体を手伝うロットヴォネン、世界のヘヴィメタルに関する、膨大な知識を持つベーシスト、バンドの頭脳でもある図書館勤務のパシ(マックス・オヴァスカ)。

そしてトゥロの親友でバンドのムードメーカーのドラマー、何かと生き急ぐ男ユンキ。若くして結成されたこのバンドは、もう12年間も活動していました。

しかしその実態は、親の実家の地下室で演奏する単なるコピーバンドで、人前での演奏経験ゼロというライブ童貞。それでもある日、いよいよ自分たちの曲を作ろうと決心します。

試行錯誤の末自分たちのリズムを掴み、ひょんな事からノルウェーの巨大メタルフェスのプロモーター、フランク(ルーン・タムティ)と接触できたトゥロたち4人組。

チャンスを得た彼らは曲を完成させ、バンド名は“インペイルド・レクタム(直訳すると“直腸陥没”)”と決定。スピード違反の記録するカメラを使い、アーティスト写真も撮影します。

彼らがメテルフェスに出演するとの噂は、トゥロが恋心を抱く幼な馴染みのミーア(ミンカ・クーストネン)ら村人らに広がり、彼らのメンバーを見る目も変わってきます。

ついに地元ライブハウスで、ミーアにちょっかいを出すロック歌手、ヨウニ(ヴィッレ・ティーホネン)の前座を務める事になった“インペイルド・レクタム”。しかし色々あってトゥロが、緊張のあまり観客の前で嘔吐するという、惨劇のデビューを飾ります。

初ライブの大失敗に加え、メタルフェス参戦の夢も消えてバンドは解散します。それでも活動を望んだユンキは、1人夢に向け動きますが、ハイウェイを爆走中に事故死を遂げます。

友人の死に奮起したトゥロはバンドを再結成。新たなメンバーとしてヘヴィメタセラピーで療養中の患者・オウラを加え、亡き友ユンキの棺を積み込んだ、盗んだバンでフェス会場を目指して走り出す“インペイルド・レクタム”。

しかし警察から追われて、ノルウェー側にテロリストとして通報された彼らの前に、国境警備隊の精鋭(?)、デルタ部隊か立ちはだかります。

北欧メタル史を揺るがす騒動を巻き起こしながら、巨大メタルフェス会場を目指す“インペイルド・レクタム”。破天荒なロードムービーは、いかなる結末を迎えるのか!?

スポンサーリンク

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』の感想と評価


(c) Making Movies, Filmcamp, Umedia, Mutant Koala Pictures 2018

ヤバイ歴史を持つ北欧メタルを笑い飛ばす!

フィンランド・ノルウェー・スウェーデンなどの北欧諸国は、デスメタルにパワーメタル、ブラックメタルにゴシックメタルと、様々なバンドを生んでいるメタル大国です

その理由は?冬は寒くて雪が積もり、外に出れないから家の中でバンドでもしよう…。と、真実なのか冗談なのか判らぬ説もありますが、教育機関が充実しているお蔭で、早くからギターやアンプに触る機会、練習・演奏できる環境に恵まれているのは事実です

多くの人物が、バンドを組み演奏するチャンスに恵まれている北欧諸国ですが、ノルウェーではあるブラックメタルバンドが悪魔崇拝に傾倒、90年代に教会に放火や、対立するバンドメンバーの殺害といった、社会を震撼させる事件を起こした歴史もあります。

参考映像:『ライト・テイクス・アス ~ブラックメタル暗黒史』(2008)

この事件のてん末は、ドキュメンタリー映画『ライト・テイクス・アス ~ブラックメタル暗黒史』で紹介されました。

『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』の主人公たちが、“終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル”なる、気合が入っているんだか、ふざけてるだか良く判らないジャンルを名乗っているのも、そんな背景があるのです。

王道を進むド田舎バンド


(c) Making Movies, Filmcamp, Umedia, Mutant Koala Pictures 2018

過激なメタルバンドだと、アピールしている“インペイルド・レクタム”の面々ですが、この手の映画のお約束通り、地元では浮いた存在の気のいい連中です。

そんな連中が村のヒーローとして注目を集め、ドン底に落ちる失敗を味わい、そして再起し成功目指して突っ走る姿を、ナンセンスな笑いで見せるサクセスストーリーです。

人口550万の国土に、3000組のメタルバンドが存在するというフィンランド。人の良い隣人が凄いビジュアルで演奏している事も、大いにありえるのでしょう。

参考映像:『ローディ!地獄からの脱出』予告編(2014)

トーキョーノーザンライツフェスティバル2017で上映された、ドキュメンタリー映画に『ローディ!地獄からの脱出』という作品があります。

2006年ユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝、フィンランドの国民的バンドとなったメタルバンドグループの“ローディ”。しかし人気は急降下、5年後には絶望的な低迷期を迎え…という状態を映画は紹介します。

メタルに打ち込みカムバックを目指す、“大人になりきれない男たち”の素顔を紹介するこの映画。『ヘヴィ・トリップ』が生まれた背景を、理解する手助けとなる作品です。

フィンランドコメデイ映画史上、最大の巨費を投じたおバカな作品


(c) Making Movies, Filmcamp, Umedia, Mutant Koala Pictures 2018

監督のユーソ・ラーティオとユッカ・ヴィドゥグレンは、この映画は音楽を愛するバンドマンの物語であると同時に、観客に単純な笑いを提供するコメディとして作ったと語っています

ベタな笑いを提供しつつ、時々汚いモノをブチまけ、仲間の死ですら不謹慎な笑いにかえ、ノルウェーに向かう旅路はナンセンスを加速して行く馬鹿馬鹿しさ。音楽に詳しくなくとも、頭を空っぽにして楽しめる作品です。

崖っぷち状態から奮起し、警察に国境警備隊、彼女の親父まで敵に回し、巨大フェス会場を目指す“インペイルド・レクタム”の怒りのデス・ロード、それがいかなる結末を迎えるかは見てのお楽しみ。

そしてコメディ映画ながらも、音楽監修はフィンランドのメタルバンド、ストラトヴァリウスが監修。劇中で披露されるパフォーマンスにも注目です

まとめ


(c) Making Movies, Filmcamp, Umedia, Mutant Koala Pictures 2018

メダルバンドに詳しく無くとも、ロックなノリで笑える映画が『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』です。

ド田舎にくすぶる、イタい幼なじみバンドの兄ちゃんたちが、色々あって目覚めてノルウェー目指し突き進むと、笑いが笑いをよぶお気楽な展開、お気楽に見て笑って下さい。

一方で教育機関で子供たちが、早くに演奏に興味をもつ機会が与えられた結果、メタル大国となった北欧諸国。

何かと高く評価される北欧の教育制度ですが、その真価は早い時期から若者に、様々なものに触れるチャンスを与える事にあります。映画の分野で活躍する人物の育成にも、間違いなく一役買っているのでしょう

ところで私はヘヴィメタルに詳しくないですが、どの辺が“終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル”なのか、さっぱり判らないままです。

でも“インペイルド・レクタム”は、決してコミックバンドではありませんよ、演奏はガチですから。その意味ではこの映画、音楽映画としても本物です

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』は2019年12月27日(金)より、シネマート新宿、心斎橋ほか全国ロードショー!


関連記事

コメディ映画

『チャップリンの殺人狂時代』ネタバレ感想と考察。明言(映画名セリフ)に込めた戦争批判とヒューマニズム

戦争批判、平和へのメッセージを込めたチャップリン映画の意欲作 “喜劇王”チャールズ・チャップリン監督・主演の、1947年製作の映画『チャップリンの殺人狂時代』。 『チャップリンの独裁者』以来7年ぶりで …

コメディ映画

映画『スーパー!』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。ジェームズガン監督のお手製ヒーローが町の安全を守る!

素人ヒーローがレンチで悪人を制裁!バイオレンス満載のブラックコメディ DCコミックスのヴィラン(悪役)が一堂に会するアクション『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021)の公開を控える …

コメディ映画

映画『スターリンの葬送狂想曲』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ロシアで上映禁止!史実に基づいた超黒いコメディ!史上最悪の独裁者スターリンの後釜を小悪党たちが奪い合う映画『スターリンの葬送狂想曲』。 最高権力者に媚びへつらい、その死の後はグダグダの権力闘争を繰り広 …

コメディ映画

映画『あ・く・あ ふたりだけの部屋』感想評価とレビュー解説。小泉ひなたがピンクなブラックコメディに挑む

映画『あ・く・あ ~ふたりだけの部屋~』は、 2021年5月29日(土)より池袋シネマ・ロサにて1週間限定公開、ほか全国順次公開予定!   園子温監督の助監督を経て異端映像作家として活躍する監督・中川 …

コメディ映画

映画『ダンスウィズミー』あらすじネタバレと感想。三吉彩花と大物俳優・宝田明が輝く日本製ミュージカル

映画『ダンスウィズミー』は2019年8月16日(金)より全国ロードショー公開! 「突然歌って踊り出すなんてヤバくない!?」と、ミュージカル映画における暗黙の了解にツッコミを入れた日本発ミュージカル・コ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学