Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2019/03/26
Update

映画『パペット大騒査線 追憶の紫影』あらすじネタバレと感想。アメリカでは人形たちが暴走しすぎてR指定⁈

  • Writer :
  • もりのちこ

お子様は見ちゃダメ!
人間×パペットが繰り広げる、エロくて、おバカなドタバタコメディ。

人間とパペットが共存する世界。おばさん刑事コニーとハードボイルドなパペット探偵フィルのコンビが、殺人事件の犯人逮捕に乗り出します。

全米ではパペットなのに暴走しすぎてR指定。エッチでエモくて、おバカ。抱腹絶倒のアクションコメディです。

日本の人気刑事シリーズ『相棒』『踊る大捜査線』に宣戦布告⁈日本人よ、これがハリウッドの相棒だ!

愛すべき最低映画の祭典ゴールデン・ラズベリー賞で最多6部門にノミネートされた問題作『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』の作品情報


(C)2018 STX PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ)

【監督】
ブライアン・ヘンソン

【キャスト】
メリッサ・マッカーシー、ビル・バレッタ、ジョエル・マクヘイル、マーヤ・ルドルフ、レスリー・デビッド・ベイカー、エリザベス・バンクス

【作品概要】
『セサミストリート』を生んだジム・ヘンソン・カンパニー製作による、パペット×人間のアクションコメディ。

監督はパペット界の巨匠ジム・ヘンソンの息子で、パペットの技術革新者であり、パペット操作師でもあるブライアン・ヘンソン監督。

パペット探偵のフィルの声は、『セサミストリート』のエルモなどを手がけたビル・バレッタが担当。人間のおばさん刑事コニーを演じるのは、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』『ゴーストバスターズ』のメリッサ・マッカーシー。

彼女は、この作品でゴールデン・ラズベリー賞「ワースト主演女優賞」を受賞しています。批評家から絶賛を浴びた強烈キャラをみごとに演じ、新境地開拓となりました。


映画『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』のあらすじとネタバレ


(C)2018 STX PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.
ここは、パペットと人間が共存する世界。しかし、人間のパペット差別により、パペットにとっては生きづらい世の中のようです。

フィル・フィリップスは、パペットだけど、めっぽう強いハードボイルドな私立探偵。青い体に金髪が特徴です。

ある日、フィルの探偵事務所にサンドラ・ホワイトと名乗るセクシーパペットがやってきます。彼女は、謎の脅迫状に怯えていました。

さっそく事件解決に乗り出すフィル。脅迫状の切り抜き文字から、エロ雑誌を特定したフィルは、パペットが経営するアダルトショップに向かいます。

趣味の悪い店では、趣味の悪い部屋で、趣味の悪いアダルトな世界が繰り広げられています。

フィルは店の奥で捜査を始めますが、その時レジの方から銃声が聞こえます。急いで向かうもそこは一面、綿だらけでした。パペット殺人事件です。

事件現場には、フィルの元相棒、おばさん刑事のコニーが駆け付けます。フィルとコニーは犬猿の仲。原因はフィルが警官だった頃にさかのぼります。

フィルは、初のパペット警官として勤務していました。そこで相棒だったコニーとは、多くの事件を解決する名コンビでした。

ある事件で、コニーが犯人に捕まり、銃を突き付けられ人質にされます。犯人に狙いをつけ銃を構えるフィル。しかし、放たれた弾は犯人を逸れ、道を歩いていた親子パペットの父親の元へ。フィルはその失態で刑事を首になり、私立探偵となったのでした。

フィルには、テレビスターの兄ラリーがいました。ラリーは体を漂白し、往年のスターのような振舞です。

ジャグジー付きバルコニーで彼女と豪遊中のラリーの元へ、何者かが犬を放ちます。ラリーは、あっという間に首を引き千切られ綿だらけに。

悲しむフィルに、元上司でもあったバニング刑事は、コニーと再びタッグを組み、この連続パペット殺人事件の犯人逮捕を命じます。

フィルとコニーのはちゃめちゃ捜査が始まります。

パペットのたまり場で情報収集をするも、薬でハイになったコニーは手の付けれないほど暴れまくり、一方フィルは脅迫状の依頼人サンドラの誘惑に負け、関係を持ってしまいます。サンドラは、所かまわず盛ってしまうSEX依存症でした。

それでも次のターゲットを突き止めたフィルとコニーは、それぞれに捜査を進めることに。

しかし、コニーが訪ねたパペットのグーファーも死体で発見され、フィルの元彼女ポールダンサーのジェニーも殺されてしまいます。

事件はFBIの関与で思わぬ方向へ向かっていました。すべての事件現場に居合わせるフィルに疑いがかかります。FBIはフィルの逮捕へと踏み込みます。

以下、『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』ネタバレ・結末の記載がございます。『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 STX PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.

殺人容疑で捕まってしまったフィル。フィルが犯人だと供述したのは、セクシーパペットのサンドラでした。

サンドラは、「フィルとは愛人関係にあり、彼の犯罪のすべてを知っている」と嘘の供述をします。

コニーは、どうしてもフィルが犯人だと思えませんでした。仲は悪いけど相棒です。そして、コニーにとってフィルは命の恩人でもありました。

フィルが失態した発砲事件の時、コニーは犯人ともみ合いになり、肝臓を銃で撃たれてしまいます。

一刻を争う状況のコニーをフィルは、近くのパペット専門病院へと運びます。臓器がパペット用しかない病院で、コニーは肝臓を移植し助かります。コニーの肝臓はパペットなのでした。

フィルを信じるコニーは、FBIにも暴言を吐き孤立してしまいます。そんなコニーの元に強力な助っ人がやってきます。フィルの探偵事務所に勤める人間の女性、バブルスでした。

バブルスは、フィルのことが大好きでした。そして、ピッキングのプロでもあります。次々と鍵を開けていくバブルス。

ドアがあれば蹴り倒すタイプのパワー系おばさん刑事コニーと、確実にピッキングでドアを開ける若作りおばさん秘書バブルスは、これまた結構良いコンビです。

嘘の供述をするサンドラの家に忍び込んだ2人は、そこでサンドラの正体を掴みます。サンドラは、以前フィルが誤って殺してしまった父親の娘だったのです。

フィルへの復讐に憑りつかれたサンドラは、フィルだけではなくフィルの周りの大事な人にも手を出していました。

コニー達は、サンドラのフィルへの復讐の証拠を手に入れます。しかし、家事を起こしすべて燃やしてしまいます。

コニーは、単独でサンドラを追うことにします。警察の取調室からフィルを逃がし、共にサンドラを追って空港へと向かいました。

空港に着くとフィルは、コニーの身を案じ、車のハンドルへ手錠で繋ぎ、単身で乗り込みます。

そこには、死んだはずの元彼女ジェニーとサンドラの姿がありました。

自分の非を認め誤るフィルに、サンドラは「復讐をしているうちに、殺しが楽しくなった」と止まりません。彼女は殺人鬼と化していました。

飛行機へ乗り込むサンドラを追うフィルでしたが、サンドラの仲間に取り押さえられてしまいます。

そこに、車のハンドルごと外してきたコニーが登場。ハンドルを振り回し、バッタバッタと敵を倒していきます。

しかし、形勢逆転。今度は、コニーがサンドラに捕まってしまいました。銃を突き付けられ、人質になってしまったコニー。

フィルの失態となった発砲事件と記憶が重なります。状況はあの時と全く同じです。狙いを犯人に合わせるも震えてしますフィル。覚悟をきめ、銃の引き金を引きます。

銃弾はみごと、サンドラの額を撃ち抜きました。

トラウマを克服し、事件を解決したフィルの前に、バニング刑事は警官バッジを差し出します。フィルはパペット初の警察官に戻りました。

事件解決後、探偵事務所の秘書だったバブルスをデートに誘うフィル。パペットにもハッピーエンドはあるのです。

スポンサーリンク

映画『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』の感想と評価


(C)2018 STX PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.

人間とパペットが共存する世界。『テッド』『ソーセージパーティー』をも超える、おバカでエッチなコメディ映画『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』。

パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』には、面白いだけじゃない、現実社会の偏見に物申す風刺的な一面もあります。

社会の中での弱者、人種問題、差別、セクシャルマイノリティについて、パペットを通して人間に語りかける、大人向けコメディとなっています。

パペットじゃなかったら、グロすぎる映像になったことでしょう。パペットだから笑えて、なおかつ考えさせられる内容になっています。

声高に社会問題を訴えるのではなく、ユーモアを交え伝えることで問題提起となっています。そしてパペットとの共存社会こそが、問題解決のヒントになっています。

途中から、主人公フィルが、パペットだということを忘れ見入ってしまいます。人間よりも人間らしいフィル。パペットも人間も関係なく情に熱い男は素敵です。

そして、映画に出演するパペットの数は125体です。しかも、すべてハンドメイドのオリジナルパペットというから驚きです。普通の上半身しかないパペットではなく、脚まであるパペットが人間と同じように動きます。

愛すべきパペット達の、顔の表情や動きにも注目です。

まとめ


(C)2018 STX PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.
セサミストリート』を生んだジム・ヘンソン・カンパニー製作による、パペット×人間ののアクションコメディ『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』を紹介しました。

エロくておバカで、面白いだけじゃない。パペットと人間が共存する世界を通して、現代の社会問題に切り込んだ問題作となっています。

エンドロールで流れる映画の撮影シーンでは、これまでに様々なパペットを操ってきた伝説のパペット操作師ビル・バレッタの熱演も見ることができます。


関連記事

コメディ映画

バカリズム映画『架空OL日記』あらすじネタバレと感想。ドラマ版から続く“いつも通り”が魅力なワケとは?

原作×脚本×主演=バカリズム『架空OL日記』 お笑い芸人バカリズムが主演や脚本を務め、2017年に放送された連続ドラマの劇場版にあたる映画『架空OL日記』。 原作はバカリズムが2006年からの3年間に …

コメディ映画

実写映画『ピーターラビット』あらすじとキャスト。公開日情報も

イギリスの名作絵本「ピーターラビット」を初めて実写映画化。 原作とは雰囲気が違う、ワイルドなピーターラビットの活躍を描いた映画『ピーターラビット』は、2018年5月18日(金)公開。 今回は、人気俳優 …

コメディ映画

『葡萄畑に帰ろう』ネタバレ感想レビュー。映画結末とワインに込めたエルダル・シェンゲラヤ監督の思いとは

映画『葡萄畑に帰ろう』は、官僚主義を痛烈に笑い飛ばした『青い山 本当らしくない本当の話』(1983)などで知られるジョージア映画界の最長老監督エルダル・シェンゲラヤのヒューマンコメディ映画です。 ジョ …

コメディ映画

【妻ふり映画】あらすじとキャスト!『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、6月8日(金) 謎の〈妻ふり〉ロードショー! ネットで有名なYahoo!知恵袋。そこにあげた投稿から始まった伝説のコミックエッセイを、榮倉奈々×安 …

コメディ映画

映画『グッバイ・ゴダール!』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

アンヌ、19歳。パリに住む哲学科の学生。そして恋人はゴダール! ゴダールのミューズだったアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説を『アーティスト』(2011)のミシェル・アザナビシウス監督が映画化。 現在 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP