Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

【ネタバレ】逆転のトライアングル|結末あらすじ感想と評価考察。“ルッキズムや格差社会”をブラックコメディとして“セレブと清掃員”の力関係を逆転して魅せる

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

無人島に漂着したセレブ達、その頂点に立ったのは何故かトイレ清掃員だった!

モデル、インフルエンサー、大富豪、セレブ達が漂着した無人島で、サバイバル能力が異常に高い、トイレ清掃員が頂点に立つというブラックコメディ『逆転のトライアングル』

設定だけ見ると、痛快な大逆転コメディのように感じるかもしれませんが、本作はそんなに甘い内容ではありません。

「格差」「平等」「ルッキズム」などが、問題になることが多い昨今ですが、人間の心の奥底に根付いた意識は、いくら時代が変化し大義名分を掲げても、そう簡単に変わるものではありません。

本作は、その人間の奥底に存在する、ある意味普遍的な感情を、めちゃくちゃ皮肉的に表現した異色の作品です。

現代人が目を逸らしがちな部分を、まざまざとほじくり返し見せつけて来る、本作の魅力をご紹介します。

映画『逆転のトライアングル』の作品情報


Fredrik Wenzel (C) Plattform Produktion

【公開】
2023年映画(スウェーデン映画)

【原題】
Triangle of Sadness

【監督・脚本】
リューベン・オストルンド

【キャスト】
ハリス・ディキンソン、チャールビ・ディーン、ウッディ・ハレルソン、ビッキ・ベルリン、ヘンリック・ドーシン、ズラッコ・ブリッチ、ジャン=クリストフ・フォリー、イリス・ベルベン、ドリー・デ・レオン、ズニー・メレス、アマンダ・ウォーカー、オリバー・フォード・デイビス、アルビン・カナニアン、キャロライナ・ギリング、ラルフ・シーチア

【作品概要】
ファッションモデルのカールが、恋人のヤヤと乗り込んだ豪華客船が、難破してしまったことから始まる、人間ドラマを皮肉たっぷりに描いたブラックコメディ。

監督と脚本を手掛ける、リューベン・オストルンドは、2014年の『フレンチアルプスで起きたこと』で、カンヌ映画祭のある視点部門審査員賞を受賞、その後も『ザ・スクエア 思いやりの聖域』(2017)で、カンヌ映画祭のパルムドールを受賞、『逆転のトライアングル』で2作連続でのパルムドール受賞という快挙を成し遂げ、注目されている監督です。

主演は『キングスマン:ファースト・エージェント』(2020)『ザリガニの鳴くところ』(2022)のハリス・ディキンソン。

共演のウッディ・ハレルソンが、酒浸りの船長を演じ、強烈な存在感を見せつけています。

映画『逆転のトライアングル』のあらすじとネタバレ


Fredrik Wenzel (C) Plattform Produktion

ファッションモデルのカールは、2年前に香水のイメージキャラクターに選ばれて以降、大きな仕事に恵まれず悩んでいました。

カールにはインフルエンサーの恋人、ヤヤがおり、ヤヤはカールの年収以上に稼いでいます。

ある日、2人はレストランへ食事に出かけます。

ですが、カールは「男性が支払うのが当たり前」と言う態度のヤヤに不満を持ち、2人は口論になります。

インフルエンサーとして、影響力のあるヤヤは豪華客船に招待され、カールはお付きとして一緒に豪華客船へ乗り込みます。

豪華客船には、肥料ビジネスで儲けたロシア人富豪のディミトリや、会社を売却し莫大な財産を持っているヨルマなど、富豪が多く乗船していました。

豪華客船の乗務員、ポーラは何とか旅を成功させ、乗客たちから高額のチップをもらおうと、他のスタッフと共に奮闘します。

ですが、マイペースな富豪たちにかき回され、トラブルが続出します。

それだけでなく、豪華客船の船長が酒浸りで、全く部屋から出て来ないことも、ポーラを悩ませていました。

豪華客船では、船長と食事を楽しむ一大イベント「キャプテン・ディナー」が用意されていましたが、船長は「気分が悪い」を連呼し出て来ません。

ポーラの説得が功を奏し、船長は「キャプテン・ディナー」に参加することを了承しますが、指定されたのは木曜日。

木曜日は記録的な低気圧が迫っている為、ポーラは反対しますが、船長は頑なに木曜日を指定します。

仕方なく「キャプテン・ディナー」が木曜日に開催されることになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『逆転のトライアングル』ネタバレ・結末の記載がございます。『逆転のトライアングル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


Fredrik Wenzel (C) Plattform Produktion

ようやく開催された「キャプテン・ディナー」。ですが、低気圧の影響で波が大荒れとなり、揺れる豪華客船に耐えられなくなる乗客が続出。

ほぼ全員が嘔吐をし「キャプテン・ディナー」から次々に退席していきます。その中でも1人酒を飲みづける船長は、食堂に残ったディミトリと意気投合。

ですが、泥酔した2人はお互いを「資本主義者」「共産主義者」と罵り合います。

さらに、船長室に入り込んだディミトリは、船内のマイクを使い資本主義批判を展開、船長もそれに加わり金持ち批判を始めます。

船内マイクが外にも響いていたことで、近くにいた海賊に襲撃され、豪華客船は大破します。

近くの島に流れ着いた、カールとヤヤ。同じ島に、ディミトリとヨルマ、そしてポーラたちも漂流していました。

更に、1人だけ脱出用の救出船に乗り込み、島に辿り着いた女性がいます。女性の名はアビゲイルで、船内でトイレ掃除の仕事をしていました。

アビゲイルは、何故かサバイバル技術に長けており、海でタコを捕まえ、下処理をして火を起こします。そして、アビゲイルは「私が、ここのキャプテンだ」と宣言し、タコを与えて他の人間を手懐けます。

アビゲイルの機嫌を損ねると、食事にありつけない為、全員がアビゲイルに従うようになります。ある日を境に、アビゲイルはカールだけを救出船に呼び出し、夜を過ごすようになります。

これに嫉妬するようになったのは、ヤヤでした。

無人島に漂流して数日後、カールたちは狩りなどを行い、島の環境に馴染み始めます。ヤヤは、全員が拠点にしている浜辺を抜け出し、山に登ることを決意します。

ヤヤの登山にアビゲイルも同行します。すると、ヤヤが見つけ出したのは、ホテルに通じるエレベーターで、実はこの島は無人島ではなく、リゾート観光地だったことが判明します。

エレベーターに乗り込もうとするヤヤを、アビゲイルは必死に止めます。アビゲイルは、この島を出てしまえば、またトイレ清掃員に逆戻り。

さらに、ヤヤから「島を出たら、私の付き人として雇ってあげる」という言葉を聞いたアビゲイルは、ヤヤの背後に大きな石を持って近付きます。

その後、山の中を走るカールの姿がありました。

映画『逆転のトライアングル』感想と評価


Fredrik Wenzel (C) Plattform Produktion

現代社会における「ルッキズム」や「格差社会」を、皮肉たっぷりに描いた映画『逆転のトライアングル』

本作は「カールとヤヤ」「船」「島」の3部構成で展開されますが、かなり特殊な作風となっています。

まず第1部にあたる「カールとヤヤ」は、カールが恋人のヤヤと食事に行き、当たり前のように、料金を支払わされたことに不満を持つのですが、第1部は、カールがヤヤに不満をぶつける場面が、ただただ延々と続きます

このエピソードは、本作の監督、リューベン・オストルンドの実体験らしいです。

いつまでもネチネチと、不満を漏らし続けるカールの姿が逆に面白くなってくるのですが、この第1部で「男女平等社会」の難しさを、本作は表現しています。

「君の方が稼ぎが多いのに」「君が伝票を受け取らなかったから」と延々と愚痴るカールは、誰が見ても女々しい性格に見えますが、この「女々しい」という表現も今の時代に合わない訳ですね。

カールの愚痴を一通り聞かされた後、第2部では豪華客船での旅が始まります

この豪華客船に乗船しているのは、富豪などのセレブばかり。

そして、そのセレブたちにサービスを提供する立場となる、客室乗務員たちが翻弄される姿が、第2部のメインになります。

厄介なのが、セレブたちは、自身がワガママを言っているという自覚が無いこと。

さらに船の底で、豪華な旅を楽しむセレブたちをもてなす為に、料理や清掃など裏方として働いているのは、有色人種ばかりという、かなり皮肉的な構図となっており、第2部では「格差社会」を描いていることが分かります。

この豪華客船による船旅ですが、ウッディ・ハレルソン演じる船長の登場により、地獄絵図と化します

波が大荒れの中で始まった「キャプテン・ディナー」。

セレブたちは、上品に振る舞い、次々に運ばれる高級ディナーを楽しむのですが、船の揺れが凄すぎて、ほぼ全員の気分が悪くなり、あっちこっちで嘔吐し始めます。

セレブが吐こうが倒れようが、客室乗務員はセレブとして対応を続け、次々に高級料理を運び続けます。

この場面では、高級料理を食べては、吐いて倒れるセレブたちの姿を、しつこいぐらいに描いています

さらに、トイレが詰まり逆流したことで、汚れた水が船内に流れ出し、もはや「何が豪華客船か?」という光景となります。

泥酔した船長がマイクで「税金を払わない金持ち共」と演説を開始するので、最初からこれが船長の狙いだったのかもしれません。

そして、海賊に襲われ、手榴弾で船が破壊されて以降、漂流した島で始まる第3部

いよいよセレブと清掃員の立場が逆転する、本作の本題に入る訳ですが、凄いのが、ここで主導権を握る、トイレ清掃員のアビゲイルが、映画中盤までほとんど登場しないということです。

アビゲイルが台詞を喋った時、多くの人が「誰だ?」と思ったでしょう。ですが、ここまでの主役は、モデルのカールや大人気インフルエンサーのヤヤ、そして莫大な資産を持つセレブたち。

トイレの清掃係にすぎないアビゲイルは、文字通り出番ではなかったのです。

ですが、島に漂流して以降、卓越したサバイバル技術を見せるアビゲイルが、主導権を握るようになるのですが、映画全体においても、これまでの登場人物を差し置いて、映画全体を乗っ取る程の存在感を見せます。

アビゲイル役のドリー・デ・レオンが、意識的に「幸の薄い中年女性」として、アビゲイルを演じている為、本来なら映画のメインになるキャラクターではありません

ですが、美男美女のカールとヤヤを差し置いて、映画の中心にアビゲイルが鎮座する。

これは、完全に第3部は「ルッキズム」問題をテーマにしています。

そして、本作のクライマックスでは、助かる道を見つけ出したヤヤに、アビゲイルが襲いかかります。

アビゲイルからすれば、この島から出てしまえば、またトイレ清掃で食いつなぐ、苦しい毎日が待っているだけ。

さらにヤヤの「ここから出たら、付き人にしてあげる」という言葉が、決定打になったのかもしれません。

ただ、アビゲイルがヤヤを実際に殺したのか?は、作中でハッキリと描かれていません

ラストは、山の中を疾走するカールの姿で本作は幕を閉じます。

このカールの失踪の意味は、ヤヤが殺されたからか、出口がみつかったからなのか、それもハッキリと描かれていません

第1部でカールの愚痴を長々と聞かせ、第2部で嘔吐しまくるセレブをしつこい程に見せておいて、肝心のラストは、ここで終わり?と思い「今まで何を見せられてたんだ!」と戸惑いましたが、考えてみれば全部が特殊な構造の作品なので、このラストは「綺麗な映画作品」を求めている観客への、監督からの最大の皮肉なのかもしれませんね。

まとめ


Fredrik Wenzel (C) Plattform Produktion
『逆転のトライアングル』が最も厄介なのは、この作品を語るのに、非常に言葉を選ばないといけない部分です。

セレブと清掃員の立場が逆転するという内容は、本来なら痛快なはずなんですが、本作から感じるのは、なんとも言えない不快感です。

その不快感の要因は、アビゲイルのキャラクターなんですが、極端な悪人でも無く、かと言って善人でもない生々しさがあります。

「幸の薄そうな見た目」から、アビゲイルは本来なら、映画の中心になるキャラクターではないのです。

ですが「ルッキズム」問題が叫ばれる昨今、美男美女を差し置いて、アビゲイルのようなキャラクターが、主役になる映画作品が増えるでしょうし、増えるはずですよね?

この点に、なんとなくモヤモヤするのですが、このモヤモヤを語るには、言葉を選ばないとならず、本作は非常に評価が難しい作品で、一言で表現すれば「非常に底意地が悪い映画」です。

なんとなくですが、監督のリューベン・オストルンドは「建て前や綺麗な言葉でしか、物事が表現しづらくなった世界」に向けて、この風刺的な作品をあえて作り上げ「世の中の矛盾」を問題定義しているのかもしれません。

とにかく本作は、いろいろ特殊な構造の作品なので、リューベン・オストルンドの「意地悪な演出」を存分に楽しめる作品だと言えます。



関連記事

コメディ映画

映画『グッバイ・ゴダール!』のあらすじとキャスト。ミシェル・アザナヴィシウスの紹介も

映画『グッバイ・ゴダール!』7月13日(金)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座 他、全国順次ロードショー。 名監督ジャン=リュック・ゴダールの2番目の妻アンヌ・ヴィアゼルスキーの自伝的小説『それからの彼 …

コメディ映画

このサイテーな世界の終わり シーズン1|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

Netflixオリジナルコンテンツの魅力は、その独特なコンセプトと世界観にあります。 今回は「家出少女」と「サイコパス」と言う、一味違った2人が「思春期」ならではの心と、社会の生きづらさに直面する様子 …

コメディ映画

『ミドリムシの姫』あらすじ感想と評価解説。続編キャストの河井青葉が絶妙な可笑しみの演技で“嫌われ者の駐車監視員”の日常をユーモラスに魅せる

映画『ミドリムシの姫』は2022年10月15日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国順次公開! 2019年に公開された真田幹也監督の映画『ミドリムシの夢』に続く、第二弾となる『ミドリムシの姫』。2022年 …

コメディ映画

コーポレート・アニマルズ|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。デミ・ムーアは主演コメディでパワハラCEOを“全力悪ノリ”で演じる!【B級映画 ザ・虎の穴ロードショー83】

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第83回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

コメディ映画

『家族はつらいよ2』キャストとあらすじ!映画舞台挨拶情報や評価解説も

2016年3月に公開された『家族はつらいよ』の続編を、ふたたび山田洋次監督で贈る人情喜劇。 前作のヒットを受けて制作されたこの作品。あの平田家の愉快な面々は今回どのように描かれるのか。 山田洋次監督や …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学