Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/04/09
Update

映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』あらすじとキャスト。公開劇場情報も

  • Writer :
  • 西川ちょり

リューベン・オストルンド監督の第70回カンヌ映画祭パルムドール賞受賞作品。

映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』が4月28(土)日より、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、立川シネマシティ他にて全国ロードショー

“あなたの心が、ためされる” あなたはもう、ただの観客ではいられない⁈

スポンサーリンク

映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』の作品情報


(C)2017 Plattform Prodtion AB / Societe Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS

【公開】
2018年(スウェーデン・ドイツ・フランス・デンマーク合作映画)

【原題】
The Square

【監督】
リューベン・オストルンド

【キャスト】
クレス・バング、エリザベス・モス、ドミニク・ウェスト、テリー・ノタリー

【作品概要】
スウェーデンのリューベン・オストルンド監督が、第70回カンヌ国際映画祭(2017)で最高賞のパルムドールを受賞した話題作。

現代美術のキュレーターとして成功を収めた男性が思わぬトラブルに見舞われる様子を痛烈な笑いを込めて描き、他者への欺瞞、階層間の断絶、人間の本質といった現代社会の問題を浮き彫りにする。

クレス・バング(クリスティアン役)のプロフィール


(C)2017 Plattform Prodtion AB / Societe Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS

1967年6月28日デンマーク、オーデンセ生まれ。

コペンハーゲン国立舞台学校を1996年に卒業した後、主にデンマークの舞台やテレビで活躍。

ヤン・ギィユーの自叙伝『エリックの青春』を原作にした一人芝居『Evil』では、2015年のロンドン、セント・ジェームズ・シアターでのバージョンを含め、300回以上の上演をこなしました。

スクリーン・デビューは1998年。2006年の、美容クリニックのオーナーとトランスジェンダーの女性との関係を描いた『A SOAP』(未)での演技で国際的に知られるようになります。

本作『ザ・スクエア 思いやりの聖域』で、有名美術館のキュレーター・クリスティアンを演じ、ブレイク。

大ヒット作『ドラゴン・タトゥーの女』の続編に出演が決定しています。

スポンサーリンク

エリザベス・モス(アン役)のプロフィール


(C)2017 Plattform Prodtion AB / Societe Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS

1982年7月24日、米カリフォルニア州ロスアンゼルス生まれ。

幼い頃からテレビドラマやCMで活躍。NBCのヒットドラマ『ザ・ホワイトハウス』(1999-2006)では、合衆国大統領の末娘ゾーイ・バートレット役を演じ、人気を博しました。

また2007年にスタートしたテレビドラマ『マッドメン』では、広告会社で出世していく女性ペギー・オルセン役を演じ、ゴールデングローブ賞、エミー賞を始め、多くの賞にノミネートされ、全米映画俳優組合賞テレビドラマ部門アンサンブル演技賞を受賞しました。

映画出演は、1999年に『17歳のカルテ』でウィノナ・ライダー、アンジェリーナ・ジョリーらと共演。

その他、『噂のモーガン夫妻』(2009/マーク・ローレンス監督)、『オン・ザ・ロード』(2012/ウォルター・サレス監督)、『ニュースの真相』(2015/ジェームズ・バンダービルト監督)、『ハイ・ライズ』(2015/ベン・ウィートリー監督)などに出演しています。

2017年にスタートしたドラマ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』は、女性が”侍女”と呼ばれ過酷な運命を強制される近未来のディストピアを描き、主役の「オブフレッド」を演じました。

シーズン1は高く評価され、数々の賞を受賞。ケイト・モスも、プライムタイム・エミー賞、ゴールデングローブ賞で主演女優賞を受賞しています。

リューベン・オストルンド監督のプロフィール

1974年4月13日、スウェーデン西海岸のスティルソ島生まれ。

熱心なスキーヤーであるオストルンドはスキーを題材に3つの短編映画を監督しています。

2004年に長編デビュー作『Gitarrmongot』(未) を発表。モスクワのフィプレシ賞を受賞しました。

2008年に発表した長編2作目の『インボランタリー』(2008・未)は、カンヌ国際映画祭の「ある視点部門」でプレミア上映され、国際的にその名を知られるようになります。

その2年後、短編映画『INCIDENT BY A BANK(原題)』(2010)がベルリン国際映画祭の短編部門の金熊賞を受賞します。

長編3作目の『プレイ』はヨーテボリで実際に起きた少年犯罪事件を題材にし、カンヌ国際映画祭の監督週間でプレミア上映され、‘Coup de Coeur’賞を受賞しました。同作はその後も数々の名誉ある賞を受賞しています。

長編4作目の『フレンチアルプスで起きたこと』はカンヌ国際映画祭のある視点部門でプレミア上映され、審査員賞を受賞。数々の映画祭に出品され、多くの賞を受賞しています。

日本でも公開され、登場人物たちが経験する出来事が他人事でなく、観るものの心を動揺させる作品と話題になりました。

最新作『ザ・スクエア 思いやりの聖域』 は、カンヌのコンペティション部門に出品され、最高賞のパルムドールに輝きました。

4作全てがカンヌ映画祭で上映され、世界的にも“北欧の若き巨匠”と賞賛されています。

スポンサーリンク

映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』のあらすじ


(C)2017 Plattform Prodtion AB / Societe Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS

クリスティアンは現代美術館のキュレーターです。

洗練されたファッションに身を包み、電気自動車に乗り、慈善活動を支援する、そんな彼の姿に、周囲は尊敬の眼差しを向けていました。

バツイチとはいえ、2人の愛すべき娘に恵まれ、生活も順風満帆です。

彼は、次に手がける展示「ザ・スクエア」について、その中では「すべての人が平等の権利を持ち、公平に扱われる」という他人への思いやりをテーマにした参加型アートだと発表します。

現代社会に蔓延るエゴイズムや貧富の格差に一石を投じようというわけです。しかし、ある日、人助けをした際、彼は携帯と財布を盗まれてしまいます。

GPS機能を使うと、犯人の住んでいる地域がわかりました。

全戸に脅迫めいたビラを配って犯人を炙り出そうと試みた結果、数日後に盗まれた物は手元に戻ってきましたが、これが後々、彼を予想外の状況に陥らせることに…。

一方、PR会社は、「ザ・スクエア」について、作品のコンセプトと真逆のメッセージを流すというプロモーションを提案してきました。故意に炎上させて、情報を拡散させ話題を呼ぼうというのです。

その目論見は見事に成功しますが、世間の怒りはクリスティアンの予想をはるかに超えたものでした。

意に反して「ザ・スクエア」は彼の社会的地位を脅かす存在となっていきます…。

映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』の公開日と劇場は


(C)2017 Plattform Prodtion AB / Societe Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS

【北海道地区】
北海道 シアターキノ 4月28日〜

【東北地区】
青森 シネマディクト 6月16日〜
青森 フォーラム八戸 調整中

岩手 フォーラム盛岡 調整中

宮城 フォーラム仙台 4.28

山形 フォーラム山形 調整中

福島 フォーラム福島 調整中

【関東地区】
茨城 あまや座 調整中

栃木 MOVIX宇都宮 6月22日

群馬 シネマテークたかさき 調整中

埼玉 イオンシネマ浦和美園 6月2日
埼玉 MOVIX三郷 6月22日

千葉 千葉劇場 5月5日
千葉 イオンシネマ市川妙典 6月2日

東京 ヒューマントラストシネマ有楽町 4月28日
東京 Bunkamuraル・シネマ 4月28日
東京 立川シネマシティ 4月28日

神奈川 シネマ・ジャック&ベティ 4月28日
神奈川 川崎市アートセンター  調整中

【北陸地区】
富山 J-MAX THEATER とやま 調整中
石川 シネモンド 調整中

長野 長野ロキシー 調整中
長野 東座 6月9日

静岡 シネマイーラ 調整中
静岡 静岡シネ・ギャラリー 5月26日

愛知 伏見ミリオン座 4月28日
愛知 ユナイテッド・シネマ豊橋18 4月28日

【近畿地区】
三重 進富座 6月30日

京都 京都シネマ 4月28日

大阪 シネ・リーブル梅田 4月28日
大阪 なんばパークスシネマ 4月28日

兵庫 シネ・リーブル神戸 4月28日

【山陰・四国地区】
岡山 シネマ・クレール 4月28日

広島 サロンシネマ 調整中

山口 シネマクロール 6月16日
山口 山口情報芸術センター 6月22日

徳島 ufotable CINEMA 調整中

愛媛 シネマサンシャイン大街道 6月2日

高知 ウィークエンド キネマM 4月28日

【九州・沖縄地区】
福岡 KBCシネマ 4月28日
熊本 Denkikan 調整中
大分 シネマ5 5月26日
宮崎 宮崎キネマ館 6月16日
鹿児島 天文館シネマパラダイス 調整中

沖縄 桜坂劇場 調整中

*上記の作品公開日は4月9日現在のものになります。
また調整中の劇場もあり、さらには作品の特性上、拡大上映も予測されますのでお近くの劇場をお探しの際は、必ず、公式ホームページをご覧いただきますようお願い致します。

まとめ


(C)2017 Plattform Prodtion AB / Societe Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS

昨年、日本でも公開されたリューベン・オストルンド監督の『フレンチアルプスで起きたこと』は、ある出来事に巻き込まれ、決定的にすれ違ってしまう夫婦の姿が描かれていました。

それは誰にでも起こりうる、他人事ではすませないもので、観るものの心をざわつかせ、不安を呼び起こし、ラストは恐怖まで感じさせる実にユニークな作品でした。

そんな彼の新作となれば期待しないわけにはいきません。第70回カンヌ国際映画祭にてパルムドール受賞を果たした本作は、現代社会を生きる人々が抱える様々な問題を抉り出し、本当の正義とは? 生きていくことの本質とは? というテーマを、痛烈な笑いをこめて、問いかけてきます。

果たして、私たちはこの映画を他人事として見ることができるのでしょうか? 

今最も公開が待たれる作品『ザ・スクエア 思いやりの聖域』は4月28日より、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、立川シネマシティ他にて全国ロードショーされますます!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

井浦新映画『返還交渉人』ドラマあらすじを再構成!劇場公開する上映館情報も

「鬼の千葉なくして、沖縄返還なし」とも言われ、アメリカと激しい交渉を繰り広げた千葉一夫。 ノンフィクション「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」を原案に、2017年8月にNHKBSプレミア …

ヒューマンドラマ映画

映画『デイアンドナイト』あらすじネタバレと感想。山田孝之がキャストでなくプロデューサーに徹した意欲作

映画『デイアンドナイト』は、2019年1月26日より全国公開! 俳優の阿部進之助と監督の藤井道人が映画化を念頭に置いていた企画『デイアンドナイト』に、『クローズZEROⅡ』『十三人の刺客』で阿部と共演 …

ヒューマンドラマ映画

アキ・カウリスマキ監督『希望のかなた』フィルム上映される劇場はどこ?

アキ・カウリスマキ監督の『希望のかなた』は、2017年のベルリン国際映画祭で観客や評論家から圧倒的支持を受け、銀熊賞(監督賞)の栄誉に輝きました。 カウリスマキ監督は、前作『ル・アーヴルの靴みがき』に …

ヒューマンドラマ映画

ネタバレ感想『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』映画鑑賞と共にサーフィン好きになってしまう⁈

映画『ライフ・オン・ザ・ ロングボード 2nd Wave』は、2019年5月31日より新宿バルト9、鹿児島ミッテ10ほか全国ロードショー。 定年を迎えた男がサーフィンに生きがいを見出すという大杉漣主演 …

ヒューマンドラマ映画

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【エドワードヤンおすすめの青春群像劇】

台湾の名匠エドワード・ヤンの代表作にして映画史上に残る傑作『牯嶺街少年殺人事件』をご紹介します。日本では92年に劇場公開され、ソフト化もされましたが、その後、複雑な権利関係のため、長らく劇場公開もソフ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学