Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/11/20
Update

映画『天外者』ネタバレあらすじ感想と評価レビュー。キャスト三浦春馬のラスト主演作とは⁈

  • Writer :
  • 村松健太郎

三浦春馬が五代友厚に扮する『天外者』は2020年12月11日(金)全国ロードショー。

映画『天外者』は、故三浦春馬の主演作として最後の作品となる映画です。近代日本経済の基礎を構築し希代の“天外者(てんがらもん)=すさまじい才能の持ち主”と称された偉人・五代友厚の人生を描いた歴史群像劇。

監督は時代モノに定評のある田中光敏。激動の幕末を長崎に拠点を築いたイギリスの商人トーマス・グラバー視点から見つめています。

主演は三浦春馬、共演に三浦翔平や西川貴教、そして榎本孝明や内田朝陽といったベテラン陣も結集しました。

映画『天外者』の作品情報


(C)2020「五代友厚」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【脚本】
小松江里子

【監督】
田中光敏

【キャスト】
三浦春馬、三浦翔平、西川貴教、森永悠希、森川葵、迫田孝也、宅間孝行、丸山智己、徳重聡、榎木孝明、筒井真理子、内田朝陽、八木優希、ロバート・アンダーソン、かたせ梨乃、蓮佛美沙子、生瀬勝久

【作品概要】
明治初期の実業家五代友厚の生涯を描いたドラマ。五代友厚役に三浦春馬。共演に三浦翔平、西川貴教、森永悠希、森川葵、蓮佛美沙子など豪華なキャストが揃いました。

監督は『利休にたずねよ』(2013)『海難1980』(2015)など時代モノに定評のある田中光敏が務めています。

映画『天外者』のあらすじとネタバレ

(C)2020「五代友厚」製作委員会

黒船襲来により、250年の鎖国時代が終わった動乱の時。

長崎の海軍伝習所に将来を嘱望される一人の若者がいました。薩摩藩の五代才助、後の五代友厚です。

彼は、薩摩藩主島津斉彬や島津久光、彼らに取り立てられた大久保利通や西郷隆盛に加え、伝習所を仕切る勝海舟からも認められる才覚を発揮していました。

そんな長崎で、才助は土佐出身の志士・坂本龍馬、岩崎弥太郎、長州藩の伊藤博文と知り合い、友情を深めます。

その一方で、遊女のはると出会います。文字を学び、広い世界を見たいというはるに、いつか自分が世界を見せてみせると才助は誓います。

しかし、激動の時代の波は才助たちを翻弄。一年の長崎留学を経て帰国した開国主義であるということで、藩内でも命を狙われます。

それでも才助は上海に渡り、蒸気船を購入し、薩摩藩の軍備を増強させます。ところが、その頃、薩摩藩士がイギリス人を殺傷した“生麦事件”が起きてしまいます。

この事件はやがて薩英戦争へと繋がります。圧倒的なイギリスの軍備に翻弄される薩摩藩。才助は捕虜となってしまいます。そんな彼を救ったのは、イギリス人に見受けされたはるでした。

大きな希望を胸に抱き、野心的な発言を繰り返してきた才助ですが、実際には何もできない井の中の蛙だったこと突き付けられます。

心を入れ替えた才助はイギリス商人グラバーの支援を受けて英国留学に向かいました。

一方、坂本龍馬と岩崎弥太郎は海援隊を結成し、伊藤博文は倒幕運動に身を投じていきます。

約2年の留学を経て帰国の途に就いた才助の基に龍馬が暗殺されたという一報が届きました。

亡き友を思い涙を流す才助は、友と誓った”世界と互角に渡り合う日本を創り上げること”を改めて思い起こします。そして大政奉還、明治維新が始まりました。

以下、『天外者』ネタバレ・結末の記載がございます。『天外者』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

明治新政府の立ち上げに関わった友厚は、その後民間に下り、実業家として活動を始めます。

そのころ、大久保利通や伊藤博文が明治政府を支える一方で、西郷隆盛は政府を離れ後に西南戦争を起こします。

実業家としての拠点を大阪に置いた友厚は、時には妻の豊子の家の権利書を抵当に入れてまで金策に走り、様々な事業を起こしていきます。

明治維新後、地盤沈下していた大阪経済の復興を目指した友厚は、大阪商工会議所の設立を目指しました。

多くの反対意見を受けますが、その立ち上げの場には証人として再起を果たした岩崎弥太郎の姿もありました。

政府との蜜月も疑われた友厚ですが、私的な利益は目指さないと宣言しました。しかし、同時に、友厚の身体を病が蝕んでいました。

多くの功績を残しながら五代友厚は49年の人生を終えます。葬儀には伊藤博文が駆けつけ、さらに大阪の商人、町人が駆けつけました。

映画『天外者』の感想と評価

(C)2020「五代友厚」製作委員会

まずはなんといっても、三浦春馬の主演作品としては最後の映画というだけでも、映画『天外者』は一見の価値はあります。

三浦春馬は日本の“ビジネスマン”の始めといわれる五代友厚の約50年間を情熱的に演じきっていました。

五代友厚といえば、朝の連続テレビ小説『あさが来た』でディーン・フジオカが演じて、大きな人気を集めたことも記憶に残っている方もいるのではないでしょうか?

映画『天外者』は、幕末に薩摩藩のホープとしてキャリアをスタートさせて、イギリス留学、明治維新に加わり、後に大阪を拠点に実業家として活躍するという生涯を、時代を彩った実在の人物たちを絡めながら描かれています。

また、多くの志士のスポンサーとして知られる英国商人トーマス・グラバーが物語の語り部となっているのも面白いところでしょう。

三浦春馬と共にW三浦と言われて本作に参加しているのが三浦翔平。三浦春馬の遺作となったテレビドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』でも三浦春馬と共演しています。

本作で2人は、幕末に大志を抱き新たな日本を目指す五代友厚と坂本龍馬を好演しています。

プライベートでも親しかったという2人の関係性がそのまま役どころに反映されていて、2人にしか出せない距離感を生み出しています。

伊藤博文を演じた森永悠希は、今までも『ちはやふる』(2016)や『あさひなぐ』(2017)などで若きバイプレイヤーとして活躍してきましたが、本作でもいい味を出しています。

また、T.M.Revolutionこと西川貴教が岩崎弥太郎役で登場。50歳になる彼ですが、持ち前の明るさと若々しさで、メインキャストと絡んでも年齢的な違和感はありません。

共演者でいえば前半と後半、それぞれで五代友厚を支えるヒロインを演じる森川葵と蓮佛美沙子の好演も印象に残ります。

森川葵が演じる遊女のはるのエピソードは、ほぼ創作ですが、まだ理想だけに生きていた五代友厚の無邪気さを引き出す役目をしています。

そして、過剰なまでに自信家だった友厚の鼻をへし折り、井の中の蛙だったことを突きつける存在となっています。

明治維新後に五代友厚の妻となる豊子を演じる蓮佛美沙子は、実業家としてビジネスの道に殉じることを決めた夫を、献身的に支える役でした。

まとめ

(C)2020「五代友厚」製作委員会

2021年のNHK大河ドラマは、五代友厚や岩崎弥太郎と共に明治最初期の実業家として知られる渋沢栄一を主人公にした『晴天を衝け』です。偶然にも同じ視点から幕末を描く物語が描かれることでしょう。

映画『天外者』は『晴天を衝け』の予習にもピッタリかもしれません。

敢えて注文を付ければ、上映時間が109分ということもあって、少し駆け足気味で物事がダイジェスト的になってしまっています。あと10分長くてもよかったのではないかという気がします。

ただ、幕末の諸々のエピソードや人物に関してはある程度知られていることを前提にして、ザックリと説明を省いているところはなかなか潔い演出でした。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

『全員死刑』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。小林勇貴監督おすすめ代表作を紹介!

実際に起こった大牟田4人殺人事件を映画化! 日本映画史上類を見ない程に過激でぶっ飛んだ映画が誕生!! 主演に間宮祥太朗を迎え、今冬の映画界に話題を巻き起こす!!! 弱冠27歳、小林勇貴監督による『全員 …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】スペンサー ダイアナの決意|結末感想と評価あらすじ解説。実話から“人生を変える極意”を元プリンセスから学ぶ

離婚を決めた3日間に迫る『スペンサー ダイアナの決意』 イギリスのダイアナ元皇太子妃が亡くなって25年。この『スペンサー ダイアナの決意』は、彼女がチャールズ皇太子の不倫や自由のない王室での生活などに …

ヒューマンドラマ映画

映画『救いの接吻』あらすじと感想レビュー。フィリップ・ガレル監督が描く愛の残像。

映画『救いの接吻』が2019年4月27日より東京都写真美術館ホールにて公開 フランス映画界でヌーヴェル・ヴァーグの精神を受け継ぐ孤高の映画作家フィリップ・ガレル。 ガレル監督の日本初公開となる『救いの …

ヒューマンドラマ映画

映画『バリーシール』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

世界的大スターのトム・クルーズ主演最新作! 50代になってからますます作品選びのセンスに磨きがかかります。 監督は『オール・ユー・ニード・イズ・キル』でタッグを組んだダグ・リーマン。 『バリー・シール …

ヒューマンドラマ映画

映画『男はつらいよ お帰り寅さん』ネタバレ感想と評価。50周年作品で山田洋次監督が描いたものとは

「ただいま」と帰る場所がある。 そして、「おかえり」と迎えてくれる人がいる。 山田洋次監督による「男はつらいよ」シリーズ50作目であり、50周年記念作品となった『男はつらいよ お帰り 寅さん』。 昭和 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学