Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/01/11
Update

映画『ティーンスピリット』あらすじネタバレと感想。ラストステージのエルファニングの熱唱は圧巻!

  • Writer :
  • 西川ちょり

田舎町の少女がオーディションに挑み歌手を目指す!

イギリス・ワイト島で暮らす少女がオーディション番組の予選に勝ち抜いてロンドンでの本選に挑む!

『ラ・ラ・ランド』のスタッフが再結集。ヒロインに『マレフィセント』『20センチュリー・ウーマン』のエル・ファニングが主演を務めました。

脚本と演出を務めたのは、名匠アンソニー・ミンゲラを父に持ち、俳優として活躍するマックス・ミンゲラ。

青春音楽映画『ティーンスピリット』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ティーンスピリット』の作品情報


(C)2018 VIOLET DREAMS LIMITED.

【公開】
2019年公開(イギリス、アメリカ合作映画)

【原題】
Teen Spirit

【監督】
マックス・ミンゲラ

【キャスト】
エル・ファニング、ズラッコ・ブリッチ、アグニエシュカ・グロホウスカ、アーサー・マデクウエ、ユーソラ・ホリデイ、ジョーダン・スティーブンズ、クララ・ルガード、ルアイリ・オコナー、ミリー・ブレイディ、オリーヴ・グレイ、レベッカ・ホール

【作品概要】
フレッド・バーガーが製作、マリウス・デヴリーズがエグゼクティヴ音楽プロデューサー/作曲を担当。映画『ラ・ラ・ランド』のスタッフが集結した洋楽ヒットソング満載の青春音楽映画。

イギリスのワイト島に住む高校生のヴァイオレット役をエル・ファニングが演じている。監督は本作が初監督作となるマックス・ミンゲラ。

映画『ティーンスピリット』あらすじとネタバレ


(C)2018 VIOLET DREAMS LIMITED.

イギリス南東部・ワイト島

ポーランド移民の母親と暮らすヴァイオレットは17歳の高校生です。父親は彼女が幼い頃に家を出て行ったきり。母はいつか父が戻ってくると家を手放さずにいますが、ヴァイオレットはもう父は帰ってこないだろうと諦め気分でいます。彼女は羊の世話をしたり、鶏が生んだ卵をフェアで売るなど毎日家の手伝いで忙しく過ごしていました。

内向的な彼女は学校では目立ない存在で、心を癒やすのは音楽だけです。

ある日、バイトでパブのステージで歌っていると、ひとりの中年男性だけがヴァイオレットに拍手してくれました。男はヴラドという名の元オペラ歌手でした。一斉を風靡した時代もありましたが今はすっかり歌わなくなっていました。

仕事がはけて店から出てきたヴァイオレットはヴラドから声をかけられ車で送ってやると言われますが、断ってバス停に向かいました。

しかし、若い男性の集団がこちらにやってくるのを見て怖くなり、ヴラドの車に乗せてもらいます。

ヴラドは彼女の歌を褒めてくれましたが、家の前につくとヴァイオレットは軽いお礼を述べ、逃げるように立ち去りました。

学校ではワイト島で初めて「ティーンスピリット」という公開オーディション番組の予選が行われることでもちきりでした。

世界中に配信され、多くのスターを生んできたことで有名な人気番組です。歌が大好きなヴァイオレットは大きなチャンスだと母親に内緒でオーディションを受けることにします。

歌とダンスが審査される一次オーディションに見事合格した彼女は、二次オーディションには保護者同伴でくるよう告げられます。

母に頼むわけにいかないヴァイオレットは、ヴラドを訪ねオーディションについてきてくれるよう頼みます。

彼はマネージャーになり、優勝して有名になったらギャラの半分をいただく、と条件をつけて彼女の頼みを受けてくれました。

二次オーディションも通過しますが、審査員からまだまだ学ばないといけないことがあると基礎テクニックの未熟さを指摘されます。最終予選に向け、ヴァイオレットはヴラドから特訓を受けることにしました。

ここまで来ると母に隠しておくこともできず、母にヴラドを引き合わせます。最初は頑なに認めようとしない母でしたが、最終的に「マネージャーの報酬は15%。娘には絶対に手を出さないこと」を条件にヴラドの協力のもと娘がオーディションを受けることに同意してくれました。

「重要なのは声だが、人々が見ているのは君のスピリットだ」とヴラドはいい、二人の猛特訓が始まりました。

いよいよ最終オーディションを迎え、ヴァイオレットは最後の二人に残りますが、別の少女に敗れてしまいます。感情を顕にして悔しさをぶつけるヴァイオレットに「また次があるさ」と声をかけたヴラドでしたが、「次はないのよ」とヴァイオレットは吐き捨てるように言うのでした。

数日後、ヴァイオレットはヴラドを訪ね、非礼をわびました。そして、オーディションの合格者が実は他のオーディションにも出ていたことが判明して失格となり、ヴァイオレットが繰りあげ当選になったことを告げました。

ワイト島では、ヴァイオレットの快挙を皆が祝い、彼女はすっかり有名人になっていました。夢とプレッシャーの中、バックバンドを務めてくれることになった友人たちと一緒にロンドンへと向かうヴァイオレット。

ヴァイオレットはヴラドにロンドンからパリまではすぐらしいからパリにいる娘さんに会いにいけばどうかと語るのでした。ヴラドには長い間会っていない娘がいました。

ロンドンにつくと早速、彼女の担当者が宿泊先のホテルに案内してくれました。その夜、ヴァイオレットとヴラドはある音楽事務所のスタッフから呼び出され、契約をしたいと持ちかけられます。

前年度優勝者のケイヤンも契約している事務所で、アルバムを出したいと持ちかけられて、ヴァイオレットは思わずほほえみました。

契約すると有能なマネージャーがつくと聞いたヴラドは自分がマネージャーだと主張しますが、鼻にもかけない調子で女性スタッフは「これはチャンスよ。優勝できなくても契約できるんだから。一日よく考えてちょうだい」とヴァイオレットに向かって言うのでした。

オーディション前日は静かにしておけとヴラドに言われますが、「一時間だけ。外に出るわけじゃないから」と言って、ヴァイオレットはホテル内で開かれているパーティーに顔を出しました。

酒は飲むなと言われていたのに、成り行きで口にしてしまったヴァイオレットをケイヤンが誘惑し、唇を重ねるふたり。

部屋で酒を飲んでいたヴラドは酒がつきてしまったので、ヴァイオレットの部屋を訪ねますが、彼女がまだ戻ってきていないことに気付き、パーティー会場にやってきます。

すっかり酔っ払いケイヤンといるヴァイオレットを見つけたヴラドは、彼女を抱え上げ、無理やり部屋へ連れて帰るのでした。「あんな女たらしにひっかかるな」と説教され、ヴァイオレットはかっとなり言い合いになりました。

ヴラドは怒って彼女のもとを離れます。そんな時、契約を申し出た音楽事務所の女性がヴァイオレットのところにやってきました。

戻ってきたヴラドがエレベーターを降りようとすると廊下でヴァイオレットが音楽事務所の女性と笑顔で抱き合っている姿が見えました。彼はエレベーターで一階に降りると、ホテルを飛び出していきました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ティーンスピリット』ネタバレ・結末の記載がございます。『ティーンスピリット』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

翌朝、二日酔いで寝過ごしたヴァイオレットは、電話で起こされ、あわてて、リハーサル会場へと向かいます。

しかしそこにはヴラドの姿はありませんでした。

ついに本番が始まりオープニングのショーに出演するヴァイオレット。なんとか歌と踊りをこなしますが、ヴラドがいないことが彼女を不安にしていました。

予選を勝ち抜いてやってきた四組の歌唱が始まりました。素晴らしい歌を披露する面々。ヴァイオレットはプレッシャーで押しつぶされそうになっていました。

故郷のワイト島では学校の友人たちや近所の人々たちがテレビを前にして彼女の勇姿を観ようと今か今かと待ち構えていました。

その時、ヴラドが彼女の前に現れました。「戻ってきてくれてありがとう」とヴァイオレットは言い、「契約はしなかったの」と告げるのでした。

「あとでたっぷり後悔するかもしれない」という彼女にヴラドは優しくほほえみました。

いよいよ、ヴァイオレットが歌う番になりました。長い廊下を歩いてステージに向かうヴァイオレット。大勢の観客が拍手で彼女を迎えました。故郷の母もテレビを前に祈るような気持ちでいました。

ヴァイオレットが「Don’t Kill My Vibe」を歌い始めると、観客は熱狂に包まれていきました。歌いきった彼女に大きな拍手と歓声が沸き起こりました。

ヴァイオレットは見事優勝を勝ちとり、デビューを果たします。ヴラドはパリを訪れ、ずっと不通だった娘との再会を果たしました。

すっかり垢抜けたヴァイオレットがインタビュアーの質問に応えていました。「この一年間、素晴らしい活躍でしたね」とインタビューが語りかけていました。

スポンサーリンク

映画『ティーンスピリット』の感想と評価


(C)2018 VIOLET DREAMS LIMITED.

エル・ファニングは燦然と輝くハリウッドのスター女優ですが、田舎から出てきた垢抜けない役柄がとても良く似合います。

と、同時に誰もが持ちたくても持てない特別な輝きを備えていてスターになるべくしてなる女の子役としてもぴったりの女優なのです。

ニコラス・ウィンディング・レフン監督の『ネオン・デーモン』(2016)では、田舎町からトップモデルになるのを夢見てロサンゼルスに出てきた少女を演じていましたが、そんな彼女に一流デザイナーや一流カメラマンたちはたちまち魅了されていきます。

このような特別な輝きと美を持つ少女を前にすると、誰もが美こそが全てという概念に取り憑かれてしまうでしょう。あの狂った物語はあまりにも美しいものが存在してしまったがゆえなのです。

一方、『ティーンスピリット』でエル・ファニングが扮するのは、イギリスのワイト島に住み、母とともに生活をしている音楽好きな少女です。学校でも目立たず、地味な存在の少女が公開オーディション番組に挑戦し、みるみる見いだされていく様はスリリングで、まさにエル・ファニングにぴったりの役柄といえるでしょう。

ところが驚いたことに最初から彼女にオファーがあったわけではなく、企画を知ったエル・ファニングの方からマックス・ミンゲラ監督にアプローチしたのだそうです。

役柄から歌がうまい女優でなくてはならないと考えていた監督は、エル・ファニングがここまで歌えることを知らなかったのです。

宇宙人役に扮した『パーティーで女の子に話しかけるには』(2017/ジョン・キャメロン・ミッチェル)ではパンクバンドのヴォーカリストを務めるなど、これまでにも歌を披露してはいましたが、本作では見事な歌いっぷりを見せています。

あどけない田舎娘の特質と誰もが認める特別なスター性に歌唱力が加わるのですから『ティーン・スピリット』が面白くないわけがありません。

さらに本作はオーディション番組の世界の面白さをうまく物語に組み込んでいます。ロンドンの本選に進んだ挑戦者たちは、エル・ファニング扮するヴァイオレット以外も皆、実に魅力的です。

ボーイズバンドあり、女性ヴォーカルチームありとバラエティに富んでいて、ヴァイオレットの好敵手にふさわしい実力を備えた彼女、彼らの歌もたっぷりと聴くことができ、リアルに番組に引き込まれていきます。

また、そうした本番のステージとともに、裏舞台を見る面白さもあり、ついに出番となってステージに続く長い廊下を歩いていくヴァイオレットの姿をカメラはカットを割らずに正面から長回しで撮っていきます。映画を観る者も他人事でない緊張感に包まれます

ラストステージのエル・ファニングのダイナミックな歌声とそれを盛り上げるカット割りも完璧で、圧倒的に力強い見事なパフォーマンスの目撃者となったことに興奮を抑えきれなくなってしまうのです。

まとめ


(C)2018 VIOLET DREAMS LIMITED.

マックス・ミンゲラ監督は『イングリッシュ・ペイシャント』(1996)などのアンソニー・ミンゲラの息子で、『ルイの9番目の人生』の脚本や『ソーシャル・ネットワーク』などでの俳優の活動を経て本作で監督デビューを果たしました

舞台となったワイト島は父・アンソニー・ミンゲラが幼少期を過ごした場所であり、また母キャロラインはダンサーになるために故郷の香港から英国に移り住んだという経歴の持ち主で、そうした家族の思い出が物語に大きな影響を与えています。

クロアチア出身のオペラ歌手ヴラドに扮するのは実際にクロアチア出身の俳優ズラッコ・ブリッチです。ヒロインの心の支えになると同時に彼もまた失っていたものを取り戻すラスト近くのシーンが感動的です。

そして映画全編に流れるティーンポップの数々の素晴らしいこと!ヴァイオレットが最後に歌う「Don’t Kill My Vibe」はノルウエー出身のシンガー・ソングライター、シグリッドによる2017のヒット曲で、その歌詞がヴァイオレットの心の吐露のように響き渡ります。まさにラストステージを飾るに相応しい選曲となっています。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画サバービコン 仮面を被った街|あらすじとキャスト。日本公開情報も

微笑みの裏にはワケがある⁈ジョージ・クルーニーが、コーエン兄弟とドリームチームを結成! 理想的なニュータウンの裏側を描く人間不信ブラックコメディ『サバービコン 仮面を被った街』が5月4日(金)よりTO …

ヒューマンドラマ映画

映画『ルース・エドガー』感想レビューと評価。人権問題の闇に棲む青年ルースの正体

サスペンスフルなヒューマンドラマ『ルース・エドガー』が日本に上陸 アメリカ社会の根深い人権問題を炙り出すサスペンスフルなヒューマンドラマ『ルース・エドガー』が公開されます。 主演は『イット・カムズ・ア …

ヒューマンドラマ映画

映画『クシナ』感想評価と内容考察。速水萌巴監督が語る“個人的な映画”として描いた“母娘の愛と憎悪”

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開。 山奥で独自の共同体を築いている女性だけの村。 外からの侵入者を寄せ付けず、一切の情報を遮断していたこの村に、人類学者の …

ヒューマンドラマ映画

鈴木紗理奈映画『キセキの葉書』あらすじとキャスト!原作はある?

2017年8月19日(土)より、すでに関西圏の布施ラインシネマでは先行公開されている『キセキの葉書』。 主演を務めた鈴木紗理奈は、スペインに渡航していた際に財布とパスポートの盗難され、不幸のどん底から …

ヒューマンドラマ映画

ミヒャエル・ハネケ映画『ハッピーエンド』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ミヒャエル・ハネケ監督の映画『ハッピーエンド』は、3月3日より角川シネマ有楽町ほか全国順次公開! 『白いリボン』『愛、アムール』と2作連続でカンヌ国際映画祭でパルム・ドール(最高金賞)を受賞した奇才ミ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP