Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/10/09
Update

映画『“隠れビッチ”やってました。』感想とレビュー評価。佐久間由衣の演技力が三木康一郎の演出で開花!

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『“隠れビッチ”やってました。』は2019年12月6日よりロードショー。

イラストレーターで漫画家のあらいぴろよが自身の体験をもとに描いたコミックエッセイを、三木康一郎監督により映画化した『“隠れビッチ”やってました。』。

2019年12月6日より全国公開される本作は、佐久間由衣を始めとする若手キャストの瑞々しさが魅力的な人間ドラマです。

「女性」「男性」であることに無意識に縛られ、生きづらさを感じている方にもぜひご覧いただきたい本作『“隠れビッチ”やってました。』の感想や見どころをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『“隠れビッチ”やってました。』の作品情報

© 2019『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社

【日本公開】
2019年(日本映画)

【原作】
あらいぴろよ 「“隠れビッチ”やってました。」(発刊:光文社)

【監督・脚本】
三木康一郎

【キャスト】
佐久間由衣、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、森山未來、 前野朋哉、片桐仁、前川㤗之、栁俊太郎、戸塚純貴、笠松将、田中偉登、岩井拳士朗、山本浩司、渡辺真起子、光石研

【作品概要】
あらいぴろよの同名コミックエッセイを、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(2016)『旅猫リポート』(2018)の三木康一郎監督が映画化。

NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(2017)の佐久間由衣が映画初主演を務め、見た目は清楚ながら思わせぶりな言動で男を翻弄する「隠れビッチ」な女性・ひろみを演じます。

バイセクシャルのコジ役に村上虹郎、ひろみの友人・彩役に大後寿々花、ひろみを見守る三沢役に森山未來と実力派が彼女を支えました。

佐久間演じるヒロインのターゲットとなる男性陣に、小関裕太、前野朋哉、片桐仁、前川泰之、栁俊太郎、戸塚純貴ら個性豊かな俳優たちが挑みます。

ヒロインが「隠れビッチ」になってしまった原因となる両親役には渡辺真起子、光石研。

映画『“隠れビッチ”やってました。』のあらすじ

© 2019『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社

デパートのケーキ売り場でアルバイトしている、26歳のひろみ(佐久間由衣)。

彼女は計算されつくされた服装、仕草で男性を虜にし、彼らに好かれることを人生の喜びとしています。

そしてキスも体も許すことなく表面上は“清楚”なお付き合いをし、彼らが告白してきたらすぐにフェイドアウト。

同居している友人のコジ(村上虹郎)と彩(大後寿々花)にたしなめられても、ひろみはそんな“隠れビッチ”な日々を送り続けていました。

ある日、同じデパートの別の売り場で働いている安藤(小関裕太)と出会ったひろみは、彼のことが気になるように。

安藤と距離が近づいていくものの、ひろみは本性をさらけ出せず、とある出来事から安藤とはうまくいかなくなります。

ひろみが公園でやけ酒を煽り、醜態をさらしているところに通りかかったのは、デパートの社員三沢(森山未來)。

すっかり本性が知られたひろみ。三沢の前では飾らず、素の自分でいられるようになり…。

スポンサーリンク

映画『“隠れビッチ”やってました。』の感想と評価

© 2019『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社

変幻自在な佐久間由衣

男性を手玉にとって、自らの「愛されたい」という願望を満たそうとする主人公・ひろみ。

嫌われそうな設定の彼女ですが、演じた佐久間由衣により愛らしく共感を呼ぶ人物として具現化されました。

原作コミックはシンプルな作画だったため、ひろみの可愛らしさが伝わりづらく感じる事もありましたが、そこは佐久間由衣が演じれば一目了然。

“隠れビッチ”として完全武装した姿は息を飲むほど美しく、これなら誰でもハートを射抜かれてしまうという説得力がありました。

また、野獣のごとく荒れ狂い、あられもない言動を繰り広げる自宅での姿のギャップも凄まじく、その振り切った演技は笑わずにいられません

様々な表情を見せて楽しませてくれる佐久間由衣から、観客は目を離せなくなるはず。

個性的なキャストの魅力

© 2019『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社

ひろみの周りを支えるキャストたちも個性的です。

村上虹郎は、ひろみを温かく見守る同居人・コジを好演。彼が画面に映るだけで安心感と温かさを与えてくれます。

同じく同居人の彩を演じた大後寿々花も、ひろみと罵り合いながらも強い絆で結ばれた友情を見せてくれました。ひろみとのキャットファイトは必見です。

そして、森山未來の懐の大きさと演技の幅の広さには目を見張りました。

三木康一郎監督は、「存在感の無い三沢という役は、存在感の無い役者が演じてはいけない」「森山未來が演じないなら本作は製作しない方が良い」とすら考えていたそう。

森山未來がその思いに応え、感情の起伏が少なく温度を感じさせない三沢という役を、確かな存在感で演じてくれています。

映像の説得力

© 2019『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社

4コマ形式の原作のエピソードを生かしながら、ひろみが1人の人間として自立していくさまを描き出した本作。

人物たちにセリフで語らせすぎずに、映像と音を使って想像させてくれるため、大きな余韻が残ります。

特に注目すべきなのは、ひろみが三沢と進む道は先が見える緩やかな下り坂、安藤と進む道は先の見えない上り坂で描かれている点。

性格が全く異なる三沢と安藤、ひろみがどちらを選ぶにしろ、その先の未来を暗示しているようでとても興味深いです。

また、バイクのエンジン音や、鍋で煮込む音なども効果的に拾い、ひろみの鼓動を伝えてくれます。

端々から感じ取れる三木康一郎監督の細やかな演出は、多くの人間が抱えている悩みを、優しく鋭く突いてくれることでしょう。

まとめ

© 2019『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社

原作と映画化の本作のタイトル、『“隠れビッチ”やってました。』の「ビッチ」の部分が引っ掛かり、敬遠してしまう方も少なくないかもしれません。

本来、あまり気軽に使う言葉ではないですが、そこには原作者のあらいぴろよの自虐と反省がこめられています。

女性であることを武器に男性の心を弄んでいた主人公が、人間としてひとりでも立てるようになるまでの成長の物語です。

あらいぴろよの分身“ひろみ”を演じた佐久間由衣に、ぜひ翻弄されてください。

映画『“隠れビッチ”やってました。』は2019年12月6日(金)より全国公開です。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの新波歳也役は佐々木蔵之介。演技力とプロフィール紹介

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。 監督は、『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 …

ヒューマンドラマ映画

『映画 少年たち』あらすじネタバレと感想。ロケ地の旧奈良監獄でジャニーズJrのメンバーが躍動する日本語ミュージカル作品

初演から50年の伝説的な舞台を遂に映画化。製作総指揮ジャニー喜多川の『映画 少年たち』は、2019年3月29日(金)全国ロードショー! 同題のジャニーズオリジナルミュージカルを「超高速!参勤交代」シリ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ねことじいちゃん』ネタバレ感想。柴咲コウ(美智子役)らキャストの演技力が光る

映画『ねことじいちゃん』ネコとキャストの名演 世界的に知られる動物写真家・岩合光昭が初めて監督を務め、ねこまき原作の大人気コミック「ねことじいちゃん」を落語家の立川志の輔主演で実写映画化したヒューマン …

ヒューマンドラマ映画

映画『シンク・オア・スイム』感想と評価。実在するチームをもとに【イチかバチか俺たちの夢】をかけたオッサンが華麗に舞う!?

『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』は2019年7月12日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー! 映画『ウォーターボーイズ』のヒット以降、日本では劇的に認知度が非常に高まった“男 …

ヒューマンドラマ映画

映画『マスタング(2019)』あらすじネタバレと感想。馬が受刑者の心を修復するホース・ウィスパリング・プログラム

映画『マスタング』(原題:The Mustang)は、ロール・ドゥ・クレルモン=トネール監督の長編映画デビュー作! 映画『マスタング』(原題:The Mustang)は、12年間刑務所で服役するローマ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP