Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/04/30
Update

映画『真夜中モラトリアム』あらすじと感想レビュー。大人である事を一時停止させた“真夜中の同窓会”

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

磯部鉄平監督作品が、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開!

「大阪アジアン映画祭」インディ・フォーラム部門「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」「Kisssh-Kissssssh映画祭」など、さまざまな映画祭で入選、受賞をしている、注目の若手監督磯部鉄平。

独特の優しい視点に定評のある、磯部鉄平監督作品『ミは未来のミ』併映作品(日替り)『真夜中モラトリアム』『そしてまた私たちはのぼってゆく』が、7月10日(金)〜16日(木)の間東京・UPLINK吉祥寺で公開され、順次全国で上映されます。

磯部鉄平監督は、30歳を前に映画の道へ進み、河瀬直美らを輩出した「ビジュアルアーツ専門学校大阪」で、映画製作を学んだという、独特の経歴の持ち主です。

その後、映像フリーランスとして活躍後、2016年から自主映画製作を開始しており、さまざまな映画祭で高い評価を得ています。

今回は、磯部鉄平監督作品の中から『真夜中モラトリアム』を、ご紹介します。

スポンサーリンク

映画『真夜中モラトリアム』の作品情報

【公開】
2020年公開(日本映画)

【監督】
磯部鉄平

【脚本】
二朗松田

【キャスト】
南羽真里、GON、時光陸、西川莉子、永井和男、岩本守弘、松本真依

【作品概要】
映画『真夜中モラトリアム』は、友人の葬式後にバーでささやかな「お別れ会」を開催した5人の男女が、ある会話をキッカケに経験する、一晩の出来事を描いたヒューマンドラマ。本作は「Kisssh-Kissssssh映画祭2017 短編部門」などを受賞し、数多くの映画祭で上映されている短編作品です。

映画『真夜中モラトリアム』のあらすじ

(C)ISOBE TEPPEI

高校時代は仲良しグループだった、南波、権田、時光、西河、丘田の5人。

5人は、高校時代の仲間でグループの中心的な存在だった、松元麻衣子の葬式で数年ぶりに再会し、バーで小さなお別れ会を開催します。

当初は、西河と丘田の恋愛話をいじるなどの、他愛のない話をしていましたが、話は次第に、亡くなった麻衣子の思い出話となります。

麻衣子は、ミュージシャンを目指してギターを演奏するなど、他とは違うミステリアスな魅力を持っていました。

お別れ会では、そんな麻衣子の思い出話で盛り上がりますが、南波だけが唯一、麻衣子に否定的な感情を抱いていました。

「ただの芸術家気取りのコミュ障」と、麻衣子への嫌悪すら感じる南波の言葉に、権田は「今日だけは、その言葉は良くない」と諭します。

6人は高校時代は仲良しグループでしたが、大人になると疎遠になっていました。

その為、グループの中で誰一人として大人になった麻衣子が、何をしていたか知りませんでしたが、丘田だけが大人になった麻衣子と会っていました。

丘田の話によると、麻衣子はミュージシャンになった様子はなく、近所で働いていたという事です。

また、麻衣子は、高校時代に皆で埋めた、タイムカプセルの存在を気にしていた事を、丘田は話します。

次第に遅い時間となり、南波がベロベロに酔っ払った所で、お別れ会は終了します。

皆が帰ろうとしたその時、南波が発したある言葉がキッカケとなり、仲良しグループは、夜の河川敷に向かう事となります。

スポンサーリンク

映画『真夜中モラトリアム』感想と評価

(C)ISOBE TEPPEI

仲間の死をキッカケに、数年ぶりに集まった大人たちの「真夜中の同窓会」を描いた映画『真夜中モラトリアム』。

夜中のバーと河川敷を舞台に、主に5人の会話で物語が進む構成となっています。

「乾杯」と「献杯」の使いどころの違いなどを、ボケとツッコミを思わせるような、軽快なテンポで会話が繰り広げられており、この会話を聞いているだけで、南波、権田、時光、西河、丘田、それぞれのキャラクターが、明確に分かるようになっています。

特に、物語を引っ張るのが、亡くなった麻衣子に、複雑な感情を抱いている南波です。

高校時代の麻衣子は、ミステリアスな雰囲気を持ち、ギターを演奏している、グループの中では、大人びた魅力を持つ女性だった事が会話の中で分かります。

しかし、南波だけは「根暗なコミュ障」と、¥麻衣子に嫌悪感を抱いていた様子を見せます。ですが、麻衣子と埋めたタイムカプセルの話が出て以降、一番最初に行動を移し、グループを引っ張るのが南波です。

ここからラストにかけて、南波の言動で、麻衣子に対する想いを察する事が出来るのですが、グループの中で、南波が麻衣子の事を一番に考えていたとも見えますし、嫌悪感を抱いていたとも見えます。

南波が、ある行動に出るラストシーンは、南波が麻衣子へ抱いていた感情が表に出ているのですが、その感情の捉え方は、鑑賞した人によって違うでしょう。

また、南波以外の登場人物も個性的で、優しいけど、少し頼りない権田、お調子者の時光、グループの中で、最後に生前の麻衣子に会っている丘田、親しみやすい性格で、グループの中では巻き込まれ役の西河。

それぞれのキャラクターと、麻衣子との思い出が、会話劇を通して浮き彫りになり、本作は亡くなった麻衣子を巡る、群像劇であるといえ、それぞれのキャラクターがストーリーを進める、何かしらの役割を持っています。

亡くなった友人との思い出が詰まったタイムカプセルが物語の中心になる、独創的な作品の本作。原案は、磯部鉄平監督の、過去の実体験がもとになっています。

過去に一緒にタイムカプセルを埋めた友人が亡くなってしまい、仲間内で集まった際に、タイムカプセルの話が出た経験から、本作のストーリーを考えた事を語っています。

亡くなった仲間との思い出が、主人公たちを動かすという点で、磯部鉄平監督の初長編作品『ミは未来のミ』と共通する部分を感じます。

両作品に共通するのは、仲間を失った悲しみと、その後のユーモラスなエピソードが交差し、独特の空気が映像に詰め込まれている事です。

喜怒哀楽の入り混じった、何ともいえない人間の感情を表現する、磯部鉄平監督の世界が、印象的な作品となっています。

まとめ

本作のタイトルである『真夜中モラトリアム』は、作中のセリフでも触れられていますが、椎名林檎の曲名から取った事を、磯部鉄平監督は語っています。

最初は仮題でしたが、磯部鉄平監督は「いろいろ悩んだ挙句、これが一番内容とあってる」と、『真夜中モラトリアム』というタイトルに決めました。

「モラトリアム」という言葉は、広くいえば「しばらくの間やめること」というような、一時停止の意味があります。

麻衣子の葬式をキッカケに集まった5人による大人の同窓会は、高校時代の同級生という事もあり、一晩だけ大人である事を停止させたような、特別な時間のように感じます。

また、後半に登場する、麻衣子の「ある物」の存在が、夢を追いかけながらも、ある程度の現実を見なければならない、高校生の苦しい心情を表現しています。

「モラトリアム」には、「社会人となるべき自信がなく、大学の卒業などを延ばしている」という、比喩的な表現もあり、まさに当時の麻衣子の苦しい心情を表現した、ピッタリな言葉ではないでしょうか?

タイムカプセルの存在を気にしていた、大人になった麻衣子の気持ちも、何となく理解できます。

そして、クライマックスで朝を迎えた時の、5人それぞれの表情が、高校時代を振り返り、当時に戻ったような、特別な時間の終わりを感じさせる、印象的な場面となっています。

大人になり社会に出れば、走り続ける事を強要されますが、たまには一時停止させて、過去と向き合う休憩の時間も必要ではないかと、本作を鑑賞して感じました。

また、亡くなった麻衣子に複雑な感情を見せる南波が、一言では言い表せない、人間の奥深さを表現している作品でもあります。

『ミは未来のミ』併映作品(日替り)『真夜中モラトリアム』『そしてまた私たちはのぼってゆく』が、7月10日(金)〜16日(木)の間東京・UPLINK吉祥寺で公開、ほか順次全国で順次上映




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『大脱走』あらすじネタバレ感想とラスト結末の解説。名曲マーチとマックイーンらの集団逃走が見どころ!

史実を基に描かれた、前代未聞の大脱走。 男たちの脱走は成功するのか? 第二次世界大戦下、オーストラリア空軍の戦闘機パイロットだったポール・ブリックヒルが、捕虜として収容されたドイツの「スタラグ・ルフト …

ヒューマンドラマ映画

映画『結婚演出家』あらすじと感想レビュー。マルコ・ベロッキオ監督とは

日本未公開作品や「イタリア映画祭」で上映された人気作品を紹介する特集上映「Viva! イタリア」。 その第4弾が、6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで始まります。 本稿では傑作三 …

ヒューマンドラマ映画

『イン・ザ・ハイツ』感想評価と内容解説。ミュージカル映画新作で音楽曲とダンスで魂の叫びを表現!

映画『イン・ザ・ハイツ』が、2021年7月30日(金)より全国ロードショー。 ミュージカル『ハミルトン』で注目を集めるリン=マニュエル・ミランダによるブロードウェイミュージカル『イン・ザ・ハイツ』を映 …

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』高城さつき役は伊藤歩(あゆみ)。プロフィールと演技力の評価

『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男子!!』がついに待望の実写映画化。 監督を務めるのは、期待の新鋭 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ミナリ』ネタバレ考察と結末解説。ラストで韓国語MINARIの意味がユンヨジョン演じるおばあちゃんへの想いに繋がる

映画『ミナリ』は2021年3月19日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショー。 韓国からアメリカへ移り住んだ一家を描いた映画『ミナリ』。 リー・アイザック・チョン監督自身の家族のエピソ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学