Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/05/26
Update

映画『予定は未定』あらすじと感想評価レビュー。磯部鉄平監督が未来に向き合う必要性を力強く描き出す

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

磯部鉄平監督作品が、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開

「大阪アジアン映画祭」インディ・フォーラム部門「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」「Kisssh-Kissssssh映画祭」など、さまざまな映画祭で入選、受賞をしている、注目の若手監督磯部鉄平。

独特の優しい視点に定評のある、磯部鉄平監督作品が、東京・UPLINK吉祥寺ほか全国で順次公開されます。

今回は、磯部鉄平監督作品の中から、『オーバーナイトウォーク』とあわせて2本立てで7月17日(金)〜23日(木)の間劇場公開される『予定は未定』、2018年に屋敷紘子を主演に製作した、自身の未来へ走り出す物語をご紹介します。

磯部鉄平監督は、30歳を前に映画の道へ進み、河瀬直美らを輩出した「ビジュアルアーツ専門学校大阪」で、映画制作を学んだという、独特の経歴の持ち主です。

その後、映像フリーランスとして活躍後、2016年から自主映画製作を開始しており、さまざまな映画祭で高い評価を得ています。

スポンサーリンク

映画『予定は未定』の作品情報


(C)ISOBE TEPPEI

【公開】
2020年公開(日本映画)

【原案】
永井和男

【監督】
磯部鉄平

【脚本】
磯部鉄平、永井和男

【キャスト】
屋敷紘子、辰寿広美、南羽真里、時光陸、白井宏幸、土佐和成、山中アラタ

【作品概要】
主演屋敷紘子と監督磯部鉄平による、2018年に製作された作品『予定は未定』。

ジョン・ウー監督の『マンハント』(2017)や、「るろうに剣心」シリーズなどに出演し、実力派アクション女優として活躍する屋敷紘子が、40歳を目前にした独身女性を、可笑しくも哀愁たっぷりに演じています。

ある日、男性の名前だけ書かれた婚姻届けを拾ったOL純子が経験する、少し不思議な物語を描いた本作は「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 短編部門」で優秀作品賞を受賞するなど、高い評価を受けています。

映画『予定は未定』のあらすじ


(C)ISOBE TEPPEI

かつて、陸上競技でオリンピックを目指すほどの選手だった純子は、選手引退後、イベント会社で働いています。

しかし、元陸上競技選手だったという過去は、他人に触れられると純子が嫌がる為、周囲はあえてその話はしないよう気を使っています。

ですが、純子は陸上競技選手だった頃に獲得したメダルを抱きしめるなど、自身の過去を懐かしみ、どこか過去にとらわれている様子でした。

40歳目前で独身の純子は、叔母からお見合いの話を持ち掛けられますが、送付された相手の見合い写真をちゃんと見ようともせず、どこか乗り気ではありません。

しかし、強引な叔母は、勝手に純子と見合い相手の「落語デート」をセッティングしてしまいます。

ある時、会社の休憩時間を公園で過ごしていた純子に、紙飛行機が飛んできます。

紙飛行機を開いてみると、それは男性の欄だけが記載された婚姻届けでした。

戸惑いながらも、純子は婚姻届けを持ち帰り、かつて不倫関係にあった上司の佐藤にも、結婚する事をほのめかします。

そして、「落語デート」の当日、様子を見に自宅へ訪れた叔母に、純子は「プロポーズされた」と伝え、デートをキャンセルし、婚姻届けに書かれた男性の住所を訪ねますが……。

スポンサーリンク

映画『予定は未定』感想と評価


(C)ISOBE TEPPEI

40歳目前の独身OL純子が「運命の人」を信じた事から経験する、少し不思議な物語を描いた『予定は未定』。

純子は仕事が出来る優秀な女性ですが、後輩社員にどこか気を使われており、コミュニケーションに壁を感じます。

純子自身も、飲み会終わりで次の店に誘われても、それを断り1人で帰るなど、自ら周囲に壁を作っており、会社の休憩時間に公園や会社の屋上で、1人で過ごす姿が印象的です。

また、上司の佐藤とは不倫関係がありましたが、佐藤が純子の後輩、里香を口説く所を目の当たりにするなど、純子の現実は孤独で、決して幸せそうには見えません。

そんな純子を心配して、叔母がお見合いを勧めます。

この純子と叔母の会話は、関西弁の絶妙なテンポで展開される、聞いていて楽しい場面となっています。

ですが、純子の年齢を気にして、会話の中にも「結婚を強要してくる」圧力を感じる叔母の存在は、純子にとって有難くも迷惑な存在です。

そんな、さまざまな要素が、純子に自身の現実を考えさせ、変化する事を意識させます。

飲み会から深夜に帰宅した純子が、母親から送られて来た荷物の中に入っていた、陸上競技選手時代のメダルを抱きしめながら、見合い相手の写真を少しだけ開けて閉じる場面があります。

それは、輝かしい過去にとらわれながらも、現在の自分に孤独を感じ、見合いをするかもしれない未来を受け入れられない純子の、複雑な内面を現わした印象的な場面となっています。

そこへ飛んできたのが、男性の名前だけが記載された婚姻届けで、純子はこの婚姻届けに運命を感じるようになります。

いきなり飛んできた婚姻届けに、運命を感じた純子を、不思議に感じる人もいるかもしれません。

40歳前後という年齢は、気が付けば同じ毎日を繰り返す「日常」に陥っている事が多く、そしてその事に疑問を抱く時期です。

とは言え、大きく人生を変えるような、冒険的な決断をする事も年齢的に難しく、日常をこなしながら、どこかに「変化するキッカケ」を探してしまう時期でもあります。

その為、いきなり飛んできた婚姻届けに、運命を感じた純子の気持ちも分かりますし、40歳前後という年齢でなくても、自身の日常に疑問や不安を抱いている人は、その後の純子の行動に、共感するものがあるのではないでしょうか?

作品の中盤以降は、婚姻届けに運命を感じた純子が、文字通り突っ走る展開となります。しかし、婚姻届けに書かれた男性を訪ねた純子は、ある事実を目の当たりにします。

その事をキッカケに、純子は人生を前向きに捉えるようになります。

本作は、輝かしい過去にとらわれていた純子が、過去を振り切り、未来に向けて走り出すまでの物語です。

作品前半と後半の純子の表情は全く違い、作品後半の純子には、力強ささえ感じる変化がありますので、そちらにも是非注目して下さい。

まとめ


(C)ISOBE TEPPEI

『予定は未定』は、磯部鉄平監督が、主演の屋敷紘子で映画を撮るために、当て書きでシナリオを書き上げた作品です。

シナリオには、屋敷紘子自身が経験したエピソードを詰め込み、現場で感じたものを拾うようにし、「無理して演じている」と感じたら、撮影を止めて話し合いながら、「自然である」事を意識して、作品を完成させた事を語っています。

本作では、迷い、悩み、そして未来に向かう純子の姿を描いており、当初は周囲に壁を作り、とっつきにくい印象の純子ですが、次第に内面が明らかになっていき、鑑賞していると親しみがわくキャラクターとなっていきます。

「変化させないといけない日常」の苦しさを表現しながらも、作品中盤で河原を疾走する純子の姿には、未来に向かう力強さと躍動感を感じます。

未来は、必ずしも輝かしいものばかりではありませんが、意識して動かない事には、新たな日常は訪れません。

明日の事なんて誰にも分らない、まさに本作のタイトルでもある『予定は未定』なのです。

決まっていない未来に、力強く走り出したくなるという前向きな気持ちになれる作品です。

磯部鉄平監督作品『予定は未定』は『オーバーナイトウォーク』とあわせて2本立てで7月17日(金)〜23日(木)の間、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『最愛の子』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2016年初頭に劇場公開されると、たちまち今年のベスト・テン入り作品だと話題になった作品をご紹介。 実話をもとに描いたピーター・チャン監督の『最愛の子』。 中国の抱えた社会問題を描きつつ、親子の絆を香 …

ヒューマンドラマ映画

映画『輝ける人生』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

勇気を出して、ホップ・ステップ・ダンス! 幸せのステップで、泣いて笑って第二の人生を生きていくシニアたち。 若者もカリスマな人も出てこないのですが、れっきとした心温まる青春映画です。 スポンサーリンク …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハートストーン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

北欧アイスランドの漁村を舞台に、思春期を迎えた幼馴染の少年たちの揺れ動く感情を繊細に描いた青春映画『ハートストーン』は、2017年7月16日より全国順次公開中です。 スポンサーリンク CONTENTS …

ヒューマンドラマ映画

映画『足りない二人』あらすじと感想。佐藤秋&山口遥が30代の俳優人生を活かした注目のオリジナル作品

新進の30代の俳優である佐藤秋と山口遥が、“俳優としての居場所を作る”ために、5年の歳月を費やして完成させた等身大の一組の男女の物語。 一つの大きなマイルストーンとして、新宿三大映画館(新宿ピカデリー …

ヒューマンドラマ映画

映画『母という名の女』あらすじと感想レビュー。上映館情報も

映画『母という名の女』は、6月16日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開。 メキシコのリゾート地区にあるバジャルタ。海辺に建つ別荘には2人きりで住む姉妹のもとに、長い間疎遠になっていた美しい母親は …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP