Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2020/03/22
Update

映画『一度死んでみた』ネタバレあらすじと感想。佐藤健はじめキャストちょい役の豪華さにも注目!

  • Writer :
  • もりのちこ

ロミオとジュリエットは薬デス!
説明書をよく読んで正しく死んで下さい。

父親大嫌い絶賛反抗期中の女子大生・七瀬と、「2日間だけ死んじゃう薬」で1度死んじゃった父とが巻き起こすドタバタコメディ。

広瀬すずと堤真一が親子役で共演。その他にも、さり気なく登場する超豪華キャストに注目デス。

監督は、auのCMで人気の「三太郎」シリーズを手掛けてきたCMディレクターの浜崎慎治が、長編映画初監督を務めました。

一度死んでみないと分からないこともある!?映画『一度死んでみた』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『一度死んでみた』の作品情報


(C)2020 松竹 フジテレビジョン
【日本公開】
2020年(日本)

【監督】
浜崎慎治

【キャスト】
広瀬すず、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、加藤諒、でんでん、柄本時生、前野朋哉、清水伸、西野七瀬、城田優、原日出子、真壁刀義、本間朋晃、野口聡一、佐藤健、池田エライザ、志尊淳、古田新太、大友康平、竹中直人、妻夫木聡、鈴木つく詩、陸生、安藤ニコ

【作品概要】
父親が大嫌いな娘と、研究オタクで愛情表現が苦手な父親が、「2日間だけ死ぬ薬」がきっかけで絆を取り戻していく、ハートフルS・F(シンダフリ)コメディ。

広瀬すずと堤真一が親子役で共演。コメディ初挑戦の広瀬すずが、髪をピンクに染め、デスメタル女子に変身。新たな魅力が爆発です。

監督は、auのCM「三太郎」シリーズを手掛けてきた浜崎慎治CMディレクター。長編映画初監督作品となりました。

映画『一度死んでみた』のあらすじとネタバレ


(C)2020 松竹 フジテレビジョン
就活中の女子大生・野畑七瀬は、父親の野畑計(はかる)が社長を務める製薬会社「野畑製薬」の入社面接を受けていました。

「1分間で自己PRをどうぞ」。面接官の促しに、「嫌いな物は笑顔0円のスマイルと、父親デス」と、ピンクに染めた頭で人差し指を立てる七瀬。面接官も呆然デス。

七瀬の父・計は、「人生は観察と実験で出来ているという」科学オタクの変人社長。娘に自分と同じ道を歩んで欲しいと、幼い頃から科学の英才教育をしてきました。

計なりの愛情表現は、七瀬にとって苦痛に変わり、母親の死をきっかけに親子の仲は悪化していきます。

「クサイ!」。七瀬は父の匂いに敏感で、計にシュッシュを吹きかけ、死ね死ねとラインスタンプを送りつけます。計の愛情は一方通行デス。

七瀬は、解散の危機にある売れないヘビメタルバンド「魂ズ」のボーカルをしていました。今日もライブハウスで行われるミサにて、父への不満を込めた歌「一度死んでみた」を熱唱中デス。

熱狂的なファンにまじり、存在感の薄い男が人にぶつかっています。この存在感ゼロ男こそ、計が娘の見張りを頼んだ秘書の松岡卓でした。

松岡の見張りはすぐに七瀬に見つかり、いつしか2人の距離は縮んで行きます。「君は父親の嫌がることばかりして、本当は何をしたいの?」松岡の言葉に何も返せない七瀬。ただ意地になっているだけに見えます。

計の会社「野畑製薬」では、開発中の若返りの薬「ロミオ」を巡ってトラブルが発生していました。

ライバル会社の「ワトソン製薬」に秘密が漏れていたのです。スパイを探し出さなくては。

その時、研修室では、おじいさんと呼ばれている藤井さんが「2日間だけ死んじゃう薬」を発明していました。その名も、ジュリエット。

最近雇った渡部の提案で、この薬で社長が一時的に死ぬことでスパイが動き出すかもしれないと、計は薬を飲むことを決めました。

あれよあれよと、何やらサインをさせられ、計は「2日間だけ死んじゃう薬」で仮死状態になりました。

父親が死んだと聞いた七瀬は、慌てて会社にやってきます。悲しむ七瀬を上から見下ろす計。そう幽体離脱中です。横には、あの世への案内人・火野の姿もありました。

計は火野の案内で一度、三途の川を渡りかけましたが、あの世の岸にいた妻の百合子に「今死んだらぶっ殺す」と言われ返されます。

七瀬は父の匂いを嗅いだ気がしました。その途端、計が目の前に姿を現します。「ギャー、くさっ!」。

しかし、七瀬には計の声は聞こえないようです。身振り手振りで仮死状態だと伝えたい計でしたが、シュッシュをかけられ退散します。

計がジュリエットの薬で仮死状態にさせられたことを、偶然見ていた松岡は、七瀬に詰め寄られすべてを白状します。

「2日間で生き返るなんて!」。七瀬は怒りますが、会社のスパイによって父親が本当に火葬されてしまうことを知り、松岡と作戦を立てることにしました。

以下、『一度死んでみた』ネタバレ・結末の記載がございます。『一度死んでみた』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 松竹 フジテレビジョン
計は、幽体離脱の姿で会社の中を歩き回り、スパイの様子を伺っていました。自分に薬を飲ませた渡部こそ会社のスパイだったのです。

渡部は、ライバル会社「ワトソン製薬」の社長・田辺と組んで、計の若返りの薬の研究ノートを手に入れようとしていました。

計が生き返るまであと1日。明日の火葬の時間を遅らせるため、告別式をしたいと下手な演技で泣きつく七瀬。

社員たちの希望もあり、火葬の前に告別式をすることになりました。しかし、渡部と田辺はすべての告別式会場をおさえ、棺を買い占めたりと邪魔をします。

それならばと、七瀬はホテルの会場で告別式を決行します。ホテルの支配人が、葬儀での使用は認められないと逐一チェックに入る中、七瀬はバンドのライブだと嘘を付きます。

火葬の日がやってきました。会場ではすでに告別式が進んでいます。なんと、渡部の仕業で告別式の時間が早められていたのです。

そして、その葬儀の場で「ワトソン製薬」と「野畑製薬」の合併の記者会見を開く準備も整っていました。

田辺がマイクの前に立った時でした。松岡の協力で、バンド「魂ズ」のファン達が会場に押し寄せてきます。

七瀬は祭壇のステージに立ち歌います。その歌は、父との思い出を綴った新曲「スイヘーリーベは僕の船デス」でした。魂のこもった歌声に会場は一体化。感動に包まれます。

松岡はその隙に、計の死体に近付きキスをしました。ビリビリビリ。計の体に電流が走ります。

松岡と七瀬は、事前に計の研究ノートを発見し、「2日間だけ死んじゃう薬」ジュリエットの緊急事態対策、早く生き返らせる方法を手に入れていました。その方法は、一気に高電流を体に流すというものでした。

極度の静電気男でもあった松岡のキスで、目覚めたジュリエットならぬ計。しかし、それに気付いた渡部の部下により棺に釘が打たれ、火葬場へと連れ去られます。

必死で後を追う七瀬たちでしたが、棺はすでに火葬炉の中に。燃え盛る炎。もはやこれまでか。

火葬炉の中から扉を叩く音が聞こえてきます。開かれる扉。中から現れたのは、宇宙服に身を包んだ計でした。

宇宙へ行くことを夢見ていた計。告別式には宇宙飛行士の野口総一の姿もありました。棺に宇宙服を入れる野口の姿が思い出されます。

「メリークリスマス」。計は七瀬に微笑みかけます。駆けつけていた社員もマスコミも、魂ズのファンも皆、驚いています。

「死んでみてわかったよ。大事なものは目には見えない。気持ちは言葉で伝えなければ伝わらないと」。計は2日間ぶりに還ってきました。

七瀬は決めます。「野畑製薬の若返りの薬は封印します」。大事な人と共に歳をとっていくことの大切さが分かったからです。

そんな、たくましく成長した我が子を嬉しく思う計。天国の妻・百合子にLINEでメッセージを送ります。計は、妻が死んでから毎日、LINEで七瀬のことを報告していました。

不思議なことにその日のLINEは既読が付きました。そして、「了解デス!」のスタンプが届くのでした。

覗き込む七瀬と計。この世にはまだまだ、科学では説明できないことがあるものです。

スポンサーリンク

映画『一度死んでみた』の感想と評価


(C)2020 松竹 フジテレビジョン
まずは、「2日間だけ死んじゃう薬」ってどういう設定!?しかも、その薬の名前が「ジュリエット」って。

ツッコミ所満載の最強コメディ映画『一度死んでみた』。ちなみに「若返りの薬」は「ロミオ」デス!

父親を忌み嫌い「頼むから一度死んでくれ」と、メタルバンドで叫ぶ娘・七瀬(広瀬すず)。

彼女は、母の死に際に、研究で間に合わなかった父・計(堤真一)を恨んでいました。しかし心の奥底では、自分は本当は何をしたいのか迷いながら生きています。

そんな七瀬の念願かなって、突然父が死んでしまいます。2日間だけですけど。

嫌いなはずだった父親の死に、七瀬の心は泣いていました。父がいかに会社の人たちに愛されていたか、そして何より研究に懸ける熱意と夢への努力を知り、意固地になっていた自分に気付いていきます。

また、父・計はというと、人生は観察と研究だという科学オタクです。妻と娘を愛する気持ちは人一倍あれど、上手く表現できない不器用な人です。

仮死状態から幽体離脱し、自分のいなくなった世界を見て回る計。言葉が通じないもどかしさを感じます。

自分を生き返らせるために頑張る娘の姿に、大事な思いは言葉にして伝えなければいけない、後悔しても遅いのだと気付きます。

このジュリエット体験は、計と七瀬の親子の絆を深めるものとなりました。

七瀬が計の告別式で歌う「スイヘーリーベは僕の船デス」には、思わずホロリと泣いてしまいます。

(C)2020 松竹 フジテレビジョン
登場人物が皆個性的で、ガハハと笑えるギャグが満載。5分に1人は出るであろう豪華キャストの面々に、ビックリ箱を見ているかのようなワクワク感が続きます。

あの世への案内人・火野を演じたリリー・フランキーが、一度死んだ計と三途の川をカヌーで下ったり、屋上で語り合ったりと仲良し具合に笑えます。

似合いすぎる坊主役・竹中直人。贅沢すぎる配役、ほんのワンシーン登場のクラブのボーイ役、佐藤健。その他大勢でも隠し切れない存在感、社員役の柄本時生と志尊淳。別の映画が始まるかのような佇まい、妻夫木聡演じるのホテルの支配人。

物語のスピード感とキャストの豪華さに圧倒され、ちょい待て待てい!と、巻き戻しもう一度みたいシーンばかりデス!

そして何と言っても、広瀬すずが、髪をピンクに染め、ハードなメタルファッションに身を包み、デス(死)と叫びながら、ヘッドバンギングをする姿は、この映画ならでは。広瀬すずの新たな魅力が開花デス!

まとめ


(C)2020 松竹 フジテレビジョン
超豪華キャストで贈るハートフルS・F(シンダフリ)コメディ『一度死んでみた』を紹介しました。

一度死んでみたことで、大切なことに気付くことができた、父の計と娘の七瀬。

人は前もって後悔は出来ません。大事な気持ちは、生きているうちに言葉にして相手に伝えよう。死んでから気付いても遅いのです。

熱いメッセージをストレートに伝えてくれる映画『一度死んでみた』。一度死んだ気持ちで鑑賞をどうぞデス!

関連記事

コメディ映画

映画『地獄の花園』ネタバレあらすじと結末の感想評価。バカリズムが豪華なキャストで描くヤンキーOLたちの派閥争い

電話対応にコピー取り、お茶っ葉の補充にデータ入力。 OLの世界は力がすべてなんじゃい! バカリズムの奇想天外なオリジナル脚本を、星野源など人気アーティストのMVを手掛けてきた映像作家・関和亮が映画化。 …

コメディ映画

映画『コンフィデンスマンJPプリンセス編』|あらすじと感想レビュー。キャストの長澤まさみに加え、劇場第2弾では白濱亜嵐&関水渚&古川雄大らも参戦

長澤まさみ主演の『コンフィデンスマンJP プリンセス編』2020年7月23日(木・祝)より公開。 映画「コンフィデンスマンJP 」シリーズ続篇『コンフィデンスマンJP プリンセス編』。監督は田中亮、脚 …

コメディ映画

三谷幸喜映画『記憶にございません!』あらすじネタバレと感想。キャストの演技力が光る【記憶喪失の総理大臣】

映画『記憶にございません!』は2019年9月13日(金)より全国ロードショー公開! 脚本家・演出家・映画監督として、数多くの笑いあり涙ありのコメディ作品を手がけてきた三谷幸喜。 彼の通算8作目となる長 …

コメディ映画

映画『八王子ゾンビーズ』あらすじと感想考察レビュー。舞台に続いて山下健二郎が踊り出すゾンビコメディ

映画『八王子ゾンビーズ』は2020年7月17日(金)全国ロードショー    映画『八王子ゾンビーズ』は、放送作家として多数の人気番組・ドラマを手掛けた鈴木おさむが、原作・脚本・監督を兼任した、歌って踊 …

コメディ映画

映画『銀魂2 』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【小栗旬×福田雄一】

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、8月17日(金)より全国公開。 2017年の邦画実写ナンバーワンヒットとなった『銀魂』が、オリジナルキャストの再登板に加えて三浦春馬、堤真一、窪田正孝など豪華 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学