Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

実写映画『ピーターラビット』あらすじとキャスト。公開日情報も

  • Writer :
  • まこちゃ

イギリスの名作絵本「ピーターラビット」を初めて実写映画化。

原作とは雰囲気が違う、ワイルドなピーターラビットの活躍を描いた映画『ピーターラビット』は、2018年5月18日(金)公開。

今回は、人気俳優が多数参加している映画『ピーターラビット』のキャストを中心に、ご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ピーターラビット』の作品情報

【公開】
2018年(オーストラリア・アメリカ・イギリス合作映画)

【原題】
Peter Rabbit

【監督】
ウィル・グラック

【キャスト】
ローズ・バーン、ドーナル・グリーソン、サム・ニール、デイジー・リドリー、エリザベス・デビッキ、マーゴット・ロビー、ジェームズ・コーデン

【作品概要】
イギリスの作家、ビアトリクス・ポター原案の、世界中で愛されている『ピーターラビット』をハリウッドで初の実写映画化。

いたずら好きのピーターラビットと、動物嫌いの神経質な青年、マクレガーとの恋の争いを描くハートフルなコメディ。

監督は『ANNIE アニー』のウィル・グラック。

『ピーターラビット』とは

原題は『The Tale of Peter Rabbit』

1893年9月に作者のビアトリクス・ポターが、5歳の少年宛てに書いた絵手紙がキッカケでした。

ペットのうさぎをモデルにした、いたずら好きのピーターの物語を、ビアトリクス・ポターは出版社に原稿を持ち込みますが、ことごとく拒否されます。

ビアトリクス・ポターは1901年に、250部の自費出版を経て、1902年にフレデリック・ウォーン社から正式に『ピーターラビットのおはなし』を刊行すると初版は予約のみで完売し、2年足らずで5万部を超えるベストセラーとなり、ピーターラビットの絵本は人気シリーズとなります。

刊行から100年経った現在も、世界中で愛されているキャラクター、それがピーターラビットなのです。

スポンサーリンク

映画『ピーターラビット』の主なキャスト

ローズ・バーン(ビア役)

ピーター達の親友で、心優しい画家のビア。

演じるローズバーンは、1979年生まれのオーストラリア出身の女優。

1994年のオーストラリア映画『Dallas Doll』でデビュー、2002年の映画『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』でハリウッド映画に進出し、2007年開始のテレビドラマ『ダメージ』で、エレン・パーソンズ役を5シーズンに渡り演じエミー賞助演女優賞にノミネートされました。

2014年に映画『ANNIE/アニー』にグレース役で出演しています。

ドーナル・グリーソ(トーマス・マクレガー役)

ロンドンからビアの隣に引っ越してきた、少し神経質な男性。

ビアを巡って、ピーターと恋のライバルとなり、激しい戦いを繰り広げます。

演じるドーナル・グリーソンは、1983年生まれのアイルランド出身。

当初は舞台を中心に活動していましたが、2010年の映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』にビル・ウィーズリー役で出演し注目されます。

2013年の映画『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』で主演などを務め、2015年の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で悪役のハックス将軍を演じ、2017年の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にも出演しています。

監督や脚本家の経験も持つ、多彩な俳優です。

サム・ニール(マクレガーおじさん役)

ピーター達から畑を守っている、農夫のマクレガーおじさん。

演じるサム・ニールは、1947年生まれのイギリス出身。

大学卒業後に映画監督として活動した後、1977年に俳優デビュー。

1981年の映画『オーメン 最後の闘争』でアメリカに進出し、1993年の映画『ジュラシック・パーク』と2001年の映画『ジュラシック・パークⅢ』で、アラン・グラント博士を演じています。

1993年の映画『ピアノ・レッスン』はカンヌ国際映画祭フランプリの他、数多くの映画賞を受賞し、サム・ニールの代表作となっています。

ジェームズ・コーデン(ピーターラビットの声)

トーマスの出現により幸せな日常が壊れ、取り戻す為の戦いを開始するピーターラビット。

声を担当するジェームズ・コーデンは、1978年生まれ、イギリス出身のコメディアン。

2015年から、CBSの深夜のトークショー「The Late Late Show」で4代目司会者を担当、「カープール・カラオケ」という企画がYouTubeで大ヒットし、2016年にエミー賞を受賞するなど、国民的な番組となります。

また俳優としても活躍しており、2010年の映画『ガリバー旅行記』、2011年の映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』などに出演、2018年12月公開予定の『シュガー・ラッシュ:オンライン』にも出演が決まっています。

デイジー・リドリー(カトンテールの声)

ピーターの家族、カトンテール。

声を担当するデイジー・リドリーは、1992年生まれのイギリス出身。

2013年イギリスのテレビシリーズ『Younger』で女優デビューし、数々のテレビシリーズに出演します。

キャリア1年で、2015年公開の映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』で、レイ役に抜擢され世界中から注目されます。

2016年に『おもひでぽろぽろ』の英語版で声優も経験しています。

エリザベス・デビッキ(モブシーの声)

ピーターの家族、モブシー。

演じるエリザベス・デビッキは、1990年生まれのフランス出身。

5歳の時にオランダに移住、メルボルン大学で演技を学び、2011年のオーストラリア映画『A Few Best Men』で映画デビュー。

2013年の映画『「華麗なるギャツビー』でハリウッドに進出し、2015年の映画『コードネーム U.N.C.L.E』などに出演しています。

2017年の映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』でアイーシャを演じ、次回作にも出演が決まっています。

マーゴット・ロビー(フロプシー役)

ピーターの妹、フロプシー。

演じるマーゴット・ロビーは、1990年生まれオーストラリア出身。

2008年に女優デビュー、2008年開始のドラマ『Neighbours』で人気となり、2013年の映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で、レオナルド・ディカプリオの相手役を務め注目されます。

2016年の映画『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役が話題になり、自身のプロデュースでスピンオフ映画を製作する予定となっています。

映画『ピーターラビット』のあらすじ

ピーターは、たくさんの仲間と画家で親友のビアと、楽しい毎日を送っていました。

ですが、ロンドンから引っ越してきた青年、マグレガーがビアの隣に住み始めた事で、幸せな日常は破壊されます。

動物嫌いのマグレガーは、ピーター達を撃退する為に、さまざまな罠を張り、ピーター達は応戦します。

また、ビアへの恋心が絡み、マグレガーとピーター達の争いは大事件に発展していきます。

スポンサーリンク

映画『ピーターラビット』のみどころ

全世界で2億5000万部を超える『ピーターラビット』シリーズを初の実写化。

可愛らしい動物達のハートフルなストーリーかと思えば、今作のピーターラビットは、トマト爆弾を投げつけたり、マグレガーに肉弾戦を仕掛けたりするワイルドなキャラクターになっています。

特に劇中でピーターラビット達が披露するラップは、リンキン・パークのマイク・シノダを中心としたヒップホップ・プロジェクト、「フォート・マイナー」が手掛けた「Remember the Name」という曲を、本作の監督ウィル・グラックと、マイク・シノダ本人が作品用に改変し、「フォート・マイナー」自身が歌うという、半端ではない力の入れようです。

ワールド・プレミアの際に、監督のウィル・グラックは「脚本の段階で、ピーターラビットの声はジェームズ・コーデンであることを意識しながら脚本を変えていった」と語っており、ジェームズが演じるピーターラビットをイメージしながら、新たなピーターラビット像を作っていったのかもしれません。

ウィル・グラックは映画『ANNIE アニー』などで、洗練されたコメディセンスと、選曲に定評がある監督です。

今作も、ウィル・グラックのセンスが活かされた作品になっているでしょう。

まとめ

これまでの、ピーターラビットとのギャップに驚かされる本作ですが、本作はビアトリクス・ポター財団のサポートを得て製作されています。

ピーターラビットを演じたジェームズ・コーデンは「キャラクターの“真実”を表していると思う」と、作品へのオマージュや、エピソードが隠されている内容である事を語っています。

ワールドプレミアでは、出演者やスタッフが『ピーターラビット』への愛を語っている為、ファンの方も安心して楽しめる作品になっているでしょう。

イギリスで4週連続No.1の大ヒットとなった映画『ピーターラビット』は、2018年5月18日に全国公開です。

スポンサーリンク

関連記事

コメディ映画

映画『ラブ×ドック』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ドラマや映画、CMまで今ではテレビで見ない日のない人気女優・吉田羊の初主演作品が映画『ラブxドック』。 また、バラエティ番組製作やドラマの脚本など、マルチな活躍を見せる鈴木おさむの初監督作品でもありま …

コメディ映画

映画『パディントン2』感想とあらすじネタバレ。ラスト結末も

あの愛すべき小さなクマの紳士が帰ってきた! マイケル・ボンドの人気児童文学『パディントン』シリーズの実写映画化第二弾が好評上映中です! 今度はどんな事件に巻き込まれるのか? ブラウン一家も大活躍。さら …

コメディ映画

映画『オレの獲物はビンラディン』あらすじと感想。実話をコメディに

マジか⁉︎ ニコラス・ケイジの挑んだ仰天、驚愕の実話はコメディになった! 神の啓示を受け「ビンラディン捕獲」の作戦に独りで挑み、全米を騒がせた愛国オヤジの奇妙キテレツな行動と狂気は、まさに若者ならでは …

コメディ映画

『ディアーディアー』動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想レビュー

絶滅種と聞くと、その危機感以上に自然界のロマンを感じてしまう人は意外といるのではないでしょうか? ところが、絶滅したはずの動物がまれに人々の前に現れるケースもあるそうです。 実際、タスマニアタイガーと …

コメディ映画

映画『ホタルノヒカリ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2004年からのコミックスを原作にし、ドラマは第2シーズンまで放送された綾瀬はるかの代表作『ホタルノヒカリ』。 “干物女”という主人公・雨宮蛍という人物をそのまま一個で表したワードは、流行語大賞にノミ …

日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP