Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2018/05/06
Update

ニコラス・ケイジ映画『マッド・ダディ』あらすじとキャスト。公開する劇場情報も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『マッド・ダディ』は、2018年6月23日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー。

幸せな毎日を過ごし、2人の子どもにも恵まれた主人公ブレント。いつものように会社に行き、オフィスにあったテレビを見たら驚くべきニュース!

実の親が子どもを殺害する事件が相次ぎ、あちらこちらでパニック状態となっているという衝撃に、ブレントは自身の子どもを案じて仕事を切り上げましたが、しかし、愛する子どもを見た瞬間、とブレントの心境に正体不明の殺意が「この子たちを殺さなければ⁈」。

スポンサーリンク

映画『マッド・ダディ』の作品情報


© 2017 Mom & Dad Productions, LLC

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Mom and Dad

【脚本・監督】
ブライアン・テイラー

【キャスト】
ニコラス・ケイジ、セルマ・ブレア、アン・ウィンターズ、ザカリー・アーサー、ランス・ヘンリクセン、オリビア・クロチッチア

【作品概要】
ある日親たちが凶暴化し、わが子に襲いかかる世界を描いたニコラス・ケイジ主演のスリラー。演出は『アドレナリン』『ゴーストライダー2』で知られるブライアン・テイラー監督。

ニコラス・ケイジのプロフィール


© 2017 Mom & Dad Productions, LLC

ニコラス・ケイジ(Nicolas Cage)は、1964年1月7日にカリフォルニア州のロングビーチ生まれの俳優。

本名はニコラス・キム・コッポラ(Nicolas Kim Coppola)で、父親はサンフランシスコ州立大学の学部長、母親は元バレエ・ダンサー、叔父に映画監督のフランシス・フォード・コッポラ、叔母に女優タリア・シャイアなどといった芸能一家で育ちます。

15歳で演技の勉強のため、ビバリーヒルズ高校を中退した後、地元の名門アメリカン・コンサバトリー・シアターに参加。

そこで舞台経験をの下積みした後に、1982年に『初体験リッジモント・ハイ』でニコラス・コッポラの芸名でスクリーンデビューを果たします。

その後、1984年にフランシス・フォード・コッポラ監督の『ランブルフィッシュ』でスモーキー役を演じ、1985年にも同監督の『コットンクラブ』でヴィンセント役を務めます。

1987年に、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の映画『赤ちゃん泥棒』でハイ・マクダノー役を演じ、1990年にデヴィッド・リンチ監督の『ワイルド・アット・ハート』でセイラー役を務めあげました。

また1995年には、マイク・フィギス監督の作品『リービング・ラスベガス』のベン・サンダーソン役でアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。

その後はアート系の映画のみならず、『ザ・ロック』(1996)や『コン・エアー』(1997)、また『フェイス/オフ』(1998)などのハリウッド娯楽作にも出演するようになります。

また、近年2016年には、実在する人物のゲイリー・フォークナー役を演じたコメディ映画『オレの獲物はビンラディン』などで、これまでにないキャラクターを演じて新境地を見せています。

スポンサーリンク

映画『マッド・ダディ』のあらすじ


© 2017 Mom & Dad Productions, LLC

ある日突然、パパとママが狂いだす!

父親ブレントにとって、いつもと変わらない朝、何一つ変わらない日常。

若い頃に思い描いていたようなものとは、全く違う冴えない日常だけど、彼にとって結婚して十数年。

2人の子どもにも恵まれ「幸せなんだ、コレでいいんだ」とブレントは自分に言い聞かせて暮らしていました。

いつものように会社へ行き、ダラダラと仕事をこなしていたが、その日のテレビに映し出されたニュースが、いつもと違っていました。

親が実の子どもを殺害したという陰惨なニュースが ひっきりなしに報じられていました。

国中がパニック状態に陥るなか、愛する子どもたちの身を案じるブレントは、仕事を早退して帰宅。

「良かった、子供たちは無事だ」と思いきや、ブレントは愛しい我が子の顔を見た瞬間、彼の中で何かがはじけ飛びます。

「子たちを殺さなければ!!」とブレントは、正体不明の殺意に突き動かされてしまいます…。

映画『マッド・ダディ』の感想と評価


© 2017 Mom & Dad Productions, LLC

ニコラスはじめ、魅力ある俳優共演!

6月23日より公開となるニコラス・ケイジ最新作『マッド・ダディ』。

主人公ブレント役を主演を務めるニコラスは、言わずと知れたハリウッドのトップスター。

映画『リービング・ラスベガス』でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、演技派俳優としての地位を確立した後には、『ザ・ロック』や『コン・エアー』、または「ナショナル・トレジャー」シリーズなどの大作のアクションスターとして活躍。

一流の俳優として今なおハリウッドの一線で活動する唯一無二の存在です。

そんなニコラスが、「ここ十数年に出演した作品の中で一番気に入っている作品」と言わしめたのが、本作『マッド・ダディ』。

ある日、突然世の中の親たちが自分の子どもにだけ殺意を向け襲い始めるという、衝撃的な物語のなか、ニコラス演じるブレントもまた愛する我が子を殺害するために暴れまわります。

これは演技派かつ、肉体派でもあるニコラスの魅力と、実話コメディの『オレの獲物はビンラディン』のような狂気っぷりが、またも最大限に活かされた作品担っています。


© 2017 Mom & Dad Productions, LLC

また、ギレルモ・デル・トロ監督の出世作「ヘルボーイ」シリーズでヒロインを務め上げたセルマ・ブレアが、ブレントの妻ケンダルを演じています。

その他、『フィフス・ウェイブ』でクロエ・グレース・モレッツの弟を健気に演じた子役ザカリー・アーサーや、「エイリアン」シリーズ のランス・ヘンリクセンたち、実力派キャストが脇を固めています。


© 2017 Mom & Dad Productions, LLC

監督は『アドレナリン』のブライアン・テイラー

2007年に、エクストリームな設定で大きな話題となった『アドレナリン』などで知られる鬼才ブライアン・テイラー。

2012年の『ゴーストライダー2』以来となるニコラス・ケイジとのタッグ作品で、ブラックユーモアとバイオレンスを融合させた、愛と狂気に満ちた、これまでにないスリラー作品となっています。

スポンサーリンク

本作を上映する劇場は


© 2017 Mom & Dad Productions, LLC

【東北地区】
宮城 MOVIX利府 6月23日〜
山形 MOVIE ON やまがた 7月7日~7月20日

【関東地区】
東京 シネマート新宿 6月23日〜
東京 MOVIX昭島 6月23日〜
埼玉 MOVIX三郷 6月23日〜
群馬 MOVIX伊勢崎 6月23日

【中部地区】
愛知 ミッドランドスクエア シネマ 6月23日〜

【近畿地区】
大阪 シネマート心斎橋 6月23日〜
大阪 MOVIX堺 6月23日〜

京都 MOVIX京都 6月23日〜

兵庫 神戸国際松竹 6月23日〜


© 2017 Mom & Dad Productions, LLC

*上記の上映館は5月6日現在のものです。作品の特性上、セカンド上映や全国順次公開されることが予想されます。お近くの劇場をお探しの際は、必ず公式ホームページをご覧ください。

まとめ


© 2017 Mom & Dad Productions, LLC

映画『マッド・ダディ』は、“狂ったオトナたち”から逃げのびる、子どもたちの衝撃の作品ですよ。

また、演技派であり、アクションスターでもあるニコラス・ケイジが、『アドレナリン』や『ゴーストライダー2』のブライアン・テイラー監督と仕掛ける狂気のハイボルテージ・スリラーとなっています。

スタッフの撮影監督には、『悪魔のいけにえ』『テキサス・チェーンソー』『13日の金曜日(09)』で知られるダニエル・パールが担当。

映画『マッド・ダディ』は、2018年6月23日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

コメディ映画

【妻ふり映画】あらすじとキャスト!『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、6月8日(金) 謎の〈妻ふり〉ロードショー! ネットで有名なYahoo!知恵袋。そこにあげた投稿から始まった伝説のコミックエッセイを、榮倉奈々×安 …

コメディ映画

映画『パディントン2』感想とあらすじネタバレ。ラスト結末も

あの愛すべき小さなクマの紳士が帰ってきた! マイケル・ボンドの人気児童文学『パディントン』シリーズの実写映画化第二弾が好評上映中です! 今度はどんな事件に巻き込まれるのか? ブラウン一家も大活躍。さら …

コメディ映画

映画『ミラクルニール』あらすじネタバレと感想。動画無料視聴法も

昨今、空前の猫ブームに一石を投じる“ワン”ダフルムービー『ミラクル・ニール!』 サイモン・ペッグ演じる冴えない主人公を、与えられた能力でけなげに貢献する犬のデニスに、思わずにっこりしてしまうファンタジ …

コメディ映画

映画『ホタルノヒカリ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2004年からのコミックスを原作にし、ドラマは第2シーズンまで放送された綾瀬はるかの代表作『ホタルノヒカリ』。 “干物女”という主人公・雨宮蛍という人物をそのまま一個で表したワードは、流行語大賞にノミ …

コメディ映画

映画『おとなの恋は、まわり道』あらすじと感想レビュー。キアヌ・リーブス&ウィノナ・ライダー大熱演の恋愛コメディ

映画『おとなの恋は、まわり道』は、12月7日(金)より全国ロードショー。 『ドラキュラ』『スキャナー・ダークリー』『50歳の恋愛白書』に続き、4度目の共演となるキアヌ・リーブスとウィノナ・ライダー。 …

【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP