Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

ピーター・セラーズ映画『チャンス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • もりのちこ

一心なのか天真爛漫なのか、純粋無垢なのかおバカなのか。彼の名前は「チャンス」

知的障がいを持つチャンスは、テレビが大好きな庭師です。

数十年間、屋敷の外に出たことのないチャンスでしたが、主人の死で街に放り出されてしまいます。

ひょんなことからチャンスは、大統領にも顔が利くほどの財界のドン、ベンジャミンと出会うのですが、そこから彼のサクセスストーリーが始まります。

原作のタイトル通り「庭師ただそこにいるだけの人」=「チャンス」がもたらす社会現象とは?

スポンサーリンク

映画『チャンス』の作品情報

【公開】
1979年(アメリカ)

【原作】
イエジー・コジンスキー『庭師 ただそこにいるだけの人』

【監督】
ハル・アシュビー

【キャスト】
ピーター・セラーズ、シャーリー・マクレーン、ジャック・ウォーデン、メルビン・ダグラス、リチャード・ダイサート、リチャード・ベースハート

【作品概要】
ジョージ・コジンスキー原作「庭師 ただそこにいるだけの人」の映画化。

数十年間も家から出たことがなく、読み書きも出来ない庭師が、ただそこにいるだけであれよあれよと、政治の表舞台へと駆り出されるコメディ作品。

主演は『博士の異常な愛情』『ピンクパンサー』シリーズでお馴染みの名コメディアン、ピーター・セラーズです。ピーター・セラーズが死の直前に出演し、自身の代表作となりました。

映画『チャンス』のあらすじとネタバレ

知的障がいのあるチャンスは、読み書きが出来ず、屋敷の外に出たことがありませんでした。

チャンスは、庭の草花の手入れとテレビが何よりも大好き。自分は庭師だと誇りを持っています。

いつも通りの朝、テレビを見ながら起き上がり、草花に水をやり、乗ったことがない車を磨き、朝食のテーブルに着きます。やはりテレビを見ながらの朝食のはずでした。

そこに使用人のルイーズがやってきて、チャンスに主人の死を告げます。

しかしチャンスは、死を理解出来ませんでした。テレビに夢中です。

いつも通り朝食を食べ終わり、主人の部屋に向かいます。冷たくなった主人に触れるも、興味は部屋のテレビに。そして、また庭のお手入れに向かいます。

古い邸は主人の死で手放され、使用人は解雇となりました。ルイーズは、チャンスのことを心配しながらも、年上の女性と結婚しなさいとアドバイスを残して出ていきます。

残されたチャンスの元に、弁護人のトーマスとサリーが訪ねてきます。庭師と自己紹介するチャンス。弁護人とは、どうにも話がかみ合いません。

主人の血筋でもなければ、ただの庭師が居続ける理由が分からない弁護人は、とにかくここには居れない。出ていくように告げます。

主人から貰った品の良いオーダーメイドのスーツにハットをかぶり、荷物を丸めて詰めたキャリーケースに傘を持って、チャンスは外への扉を開きます。

今まで屋敷から外に出たことがなかったチャンス。初めて見る外の世界に戸惑います。

「お腹が空いているので何か下さい」「庭師の仕事はどこで出来ますか」街の人々に声をかけます。身なりは紳士、中身は子供です。

店のショーウィンドウでテレビを見つけたチャンスは、熱中するあまり路肩に駐車してあった車どうしの間にはまり、誤ってバックした車に挟まれてしまいます。

その車に乗っていた貴婦人イブによって、手当のため自宅へと招かれます。

車に乗るのも初めてのチャンスは、イブの会話にも上の空、車内のテレビに夢中です。

名前を聞かれたチャンスは「チャンス、ガーデナー(庭師)」と自己紹介しますが、むせたチャンスの言葉をイブは勝手に「チャンシー・ガーディナー」と勘違いしてしまいます。

イブは、財界の大物ベンジャミン婦人でした。主人のベンは重い病気にかかっており、邸宅には病室と主治医が揃っていました。ベンの主治医ロバートに手当を受けるチャンス。

純真無垢で自然な彼の態度に、イブもロバートも初めは不信を抱きましたが、一心でユーモアがある人物と捉えます。

イブがベンにチャンスのことを伝えると、ベンは興味を持ち、夕食に招待しようと提案します。

夕食の席で身の上を聞かれたチャンスは、素直に答えます。しかし、庭師の話を深く取ったベンによって、勝手に同じ財界の事業家だと勘違いされます。

自分の話に耳を傾け、率直な意見を述べ、いつも動じない自然体のチャンスを、ベンはいたく気に入り、常に側に置くようになります。

ある日、ベンの見舞いに大統領が来ることに。

大統領との面会の席にチャンスも同行することに。チャンスはテレビで見たことがある場面に喜びます。

政治の判断をベンに仰ぐ大統領は、チャンスにも意見を求めてきました。

チャンスは同様もせず、庭のことを話します。「庭の成長には四季があります。春には芽が出ます」当たり前のことを堂々と話すチャンスに、意味がわからないと首をかしげる大統領。

しかしこれまた、頭の良い人たちの勝手な解釈で、意味深長なる言葉と捉えられます。

政治に置き換えられたその言葉は大統領演説にも使用され、たちまち助言の主「チャンシー・ガーディナー」に注目が集まります。

ワシントンポストやテレビ局から取材の依頼が入ります。新聞を知らないチャンスは、テレビ局の取材にだけ答えます。

テレビ主演でも、動じず自然体で話すチャンスは評判も良く、政界のご意見番として人気物に成り上がっていきます。

有名になればなるほど、彼の経歴は?何者なんだ?と、チャンスの身元調査が至る方面で起こります。

しかし「チャンシー・ガーディナー」という人物は存在しません。

一方チャンスの本当の姿を知る人、元使用人仲間のルイーズ、弁護人のトーマスとサリーは「チャンス」と「チャンシー・ガーディナー」が同一人物だと気付きます。

本人は正直に生きているだけで、周りの騒動には気付いていませんが、本当のチャンスの正体がバレるのも時間の問題となりました。

以下、『チャンス』ネタバレ・結末の記載がございます。『チャンス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

チャンスを信頼し好んでいるベンは、自分の余命が残り少ないことを承知の上で、妻のイブとの仲を取り持とうとします。

自分の代わりに、イブを連れてパーティーに参加して欲しいとお願いをするベン。

イブも奥手で純粋なチャンスに惹かれていました。

経済界のパーティーに連れ立って登場するチャンスとイブ。もはやチャンスは国民的な人気を得ていました。次期大統領との呼び声も聞こえてきます。

そんな中ホワイトハウスでは、彼の素性がないことが憶測に憶測を呼び、CIAかFBIが彼の資料を消したのではないかと国家秘密張りの問題になっていました。

一方、主治医のロバートは彼の自然体すぎる態度に、どこか幼さを感じとっていました。

本当の彼を知る弁護人に会い、チャンスはただの知的障害を持った庭師であると確信したロバートはベンに打ち明けようとします。

しかし、ベンの死が迫っていました。死の間際に「チャンシーのおかげで安心して死ねる」と言うベンに、ロバートは本当のことを打ち明けることは出来ませんでした。

とうとう、ベンの死が現実になりました。枕元で涙を流すチャンス。「老人は死ぬものだ」と重なる主人の死に少し成長したかに思われます。

「君は本物の庭師なんだろ」と声をかけるロバートに、「そうだよ」と当然のように答えるチャンス。

彼は何も悪くありません。周りが勝手に純粋なチャンスに魅せられ、祭り上げただけ。

ベンの葬儀の日です。陰では次期大統領候補チャンスの話題で持ち切りです。

そんな話に一切興味のないチャンスは途中で抜け出し、湖のほとりに向かいます。枯れ木の多い中、緑の小さな木を見つけ大事に手をかけるチャンス。

その後、戸惑うことなく湖の中に入って行きます。

不思議と彼は沈みません。試しに片手に持った傘で、湖の深さを測りますが、傘はどんどん沈んで行きます。

どこか嬉しそうにまた進んでいくチャンス。彼が振り返ることはありませんでした。

スポンサーリンク

映画『チャンス』の感想と評価

知的障がいのある男が、あれよあれよと政治の表舞台に駆り出され、人気物になっていくコメディ作品「チャンス」。

ジャンルはコメディとなっていますが、メッセージ性の強い風刺映画と言えるでしょう。

すべてを知っている医者のロバートに「君は本物の庭師なんだろ」と、声をかけられ「そうだよ」と当然のように答えるチャンスの姿が、この映画のテーマを物語っていました。

彼は最後まで嘘はつきません。一切計算なく正直に生きているだけです。

周りが勝手に純粋なチャンスに魅せられ、祭り上げただけです。いかに政界、財界が欲の塊で嘘だらけの世界かという風刺になっています。

またラストは、湖の上を沈むことなく歩くチャンスの姿で物語は終わるのですが、水の上を歩くキリストを彷彿させます。

純真無垢なチャンスの姿は、利己主義な世の中を嘆くキリストの姿なのかもしれません。

ストーリーの中には、ここまで上手いこと勘違いされる⁈という展開もありますが突き抜けた感じが面白いです。

嘘偽りのない純粋な心を持ち続けることが、人生のチャンスを掴む場面で大切なことなのかもしれません。

貴婦人イブとの恋愛は、中身が子供なチャンスだけに相思相愛とは行きませんが、新たな形の愛の開放となりました。

イブ役は、まだまだ現役の大女優シャーリー・マクレーンが演じています。

チャンスとの可笑しな恋愛で愛の開放を果たす、大女優の貴重な演技にも注目です。

日本では「馬鹿と天才は紙一重」などと言いますが、名コメディアンのピーター・セラーズの演技がまさに、その言葉を表現したもので見極めが付きません。彼の演技は間違いなく天才の方ですが。

エンドロールでは、彼の NGシーンが映ります。何度も同じセリフでハマってしまい笑いが止まらないピーター・セラーズ。お茶目な一面が見れます。

まとめ

ジョージ・コジンスキー原作「庭師 ただそこにいるだけの人」の映画化で、名コメディアン、ピーター・セラーズの代表作のひとつ『チャンス』を紹介しました。

この映画が公開された翌年、ピーター・セラーズは54歳の若さでこの世を去ります。

コメディ映画の枠を超え、当時のアメリカの風刺映画であると同時に、現代にも通じる作品「チャンス

ぜひ、純粋無垢な心でご覧ください。

関連記事

コメディ映画

映画『エキストロ』感想レビューと評価。萩野谷幸三という存在にスポットを当てた虚構モキュメンタリー

映画『エキストロ』は、2020年3月13日から全国順次公開。 映像作品に欠かせない存在でありながら、普段は注目される事は無いエキストラの世界を、エキストラに情熱を燃やす、1人の男を軸に描く映画『エキス …

コメディ映画

映画『ウェディング・ハイ』ネタバレあらすじとラスト結末の感想評価。最後伏線の回収となる新婦の元カレ裕也(岩田剛典)と謎の男 澤田(向井理)の物語は笑いと共に注目!

新郎新婦にとって人生最大のイベント「結婚式」。 どうか最高の1日でありますように。 お笑い芸人・バカリズムのオリジナル脚本による、結婚式を舞台に描いた群像コメディ『ウェディング・ハイ』。 結婚式は、新 …

コメディ映画

【ネタバレ感想】銀魂2掟は破るためにこそある|あらすじ。ラスト結末も

週刊少年ジャンプに14年以上連載されている人気アクションコメディ漫画『銀魂』の完全実写化第2弾。 原作の人気エピソード「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合し、アクション、ギャグ、ドラマ全てがボリュー …

コメディ映画

映画『ファンシイダンス』ネタバレあらすじと結末の感想考察。本木雅弘×周防正行監督による煩悩だらけのお坊さんコメディ。

映画『ファンシイダンス』は周防正行監督、本木雅弘主演によるコメディ映画。 本作は、『Shall We dance?』の周防正行監督の初期作品で、本木雅弘のアイドル路線脱却の一歩となりました。 ロックバ …

コメディ映画

ビートルズ映画の名古屋上映の開催日や時間は?ReNYlimitedにて

ザ・ビートルズの来日記念日である6月29日(木)に、『A HARD DAY’S NIGHT(邦題:ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! )』の一夜限りの上映会を開催! 会場は名古屋ReNY lim …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学