Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

松尾スズキ映画『108 海馬五郎の復讐と冒険』あらすじネタバレと感想。演劇と映画の面白さから突き抜けた艶笑譚

  • Writer :
  • 村松健太郎

劇団「大人計画」の主宰・松尾スズキが映画監督4作目。

2018年に創立30周年を迎えた劇団「大人計画」。主宰の松尾スズキが監督・脚本にして、満を持して放つ主演も務めます。

妻に裏切られた脚本家の復讐劇をR18+指定 指定の描写満載で描くオリジナル作品。

主人公の海馬を松尾スズキが演じ、妻の綾子を中山美穂が務めるほか、岩井秀人、秋山菜津子、坂井真紀が集結しました。

スポンサーリンク

映画『108 イチマルハチ海馬五郎の復讐と冒険』の作品情報


(C)2019「108 海馬五郎の復讐と冒険」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)
R18+指定

【脚本・監督】
松尾スズキ

【キャスト】
松尾スズキ、中山美穂、大東俊介、堀田真由、酒井若菜、坂井真紀、秋山菜津子

【主題歌】
星野源『夜のボート』

【作品概要】
劇団「大人計画」主宰の松尾スズキが、監督・脚本に加えて主演も兼ねた監督4作目となる映画。

共演に中山美穂、大東俊介、堀田真由、酒井若菜、坂井真紀、秋山菜津子を迎えました。

主題歌『夜のボート』を星野源が担当しています。

映画『108 イチマルハチ海馬五郎の復讐と冒険』のあらすじとネタバレ


(C)2019「108 海馬五郎の復讐と冒険」製作委員会

脚本家として成功を収めている海馬五郎。自身の映画がミュージカルになるので、オーディションの審査員を務めます。

若手女優の美月から、妻で元女優の綾子のSNSを見せらて驚愕します。

そこには「いま、自分は若いコンテンポラリーダンサーに恋をしている」という若いコンテンポラリーダンサー“ドクタースネーク”への恋心が綴られていました。

ショックを受けた五郎は離婚を考えるのですが、現在の資産の半分を財産分与で綾子に支払わなければいけないという事情を聞かされます。

これではわりに合わないと考えた五郎は意図的に散財し、女性を抱いていこうと考えます。

目標の人数は108人。綾子の投稿にされた“いいね”の数でした。

綾子はスネークとのことを突き付けられると家を出てしまいます。のちにメッセージでスネークのツアーを追いかけながら、今後のことを考えるという連絡が来ます。

その後、綾子のSNSにスネークと寄り添う姿がアップされていきます。

散財のために呼んだ高級風俗嬢のあずさと、そのあずさから紹介されたホストの聖矢に手配を依頼して、人知の及ぶ数限りない形で男女の関係を持ち続け、散財を続けます。

それでもなかなか財産は減らず、最終的に自分がその場にいればカウントに入れるといい拡大解釈を取り入れ50人以上の男女が入り乱れる大乱交を繰り広げます。

その様子を捉えた動画を見せられた綾子は、意を決してあることを五郎に語ります。

以下、『108イチマルハチ海馬五郎の復讐と冒険』ネタバレ・結末の記載がございます。『108イチマルハチ海馬五郎の復讐と冒険』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

綾子、そして妹のマリによって知らされた真実。

それは綾子の写真は“ドクタースネーク”と恋人風写真が撮れるアプリを利用したものでした。

ぱっと見て、頭に血が上ってしまった五郎は気が付きませんでしたが、綾子の写真は実は不自然な合成写真でした。

しかし、五郎は聖矢に連れられて、売春島と呼ばれる秘島に向かう船上にいました。

どうしようもない状態に複雑な表情を抱えたまま、ただただ船に揺られる五郎でした。

スポンサーリンク

映画『108 イチマルハチ海馬五郎の復讐と冒険』の感想と評価


(C)2019「108 海馬五郎の復讐と冒険」製作委員会

同じR18+指定の映画でいうと、2019年には『火口のふたり』がありましたが、監督・脚本が荒井晴彦ということもあって、社会風刺というか、独特のメッセージが含まれていました。

一方で、こちらの『108』は、もっと突き抜けた艶笑譚です。

ボカシもたっぷりで、下ネタを通り越して、なんだかすごいことになっていく映画です。

全編にわたって苦笑いがテンポよく続きます。

正直、ここまでは演劇のスタイルと映画のスタイルの差別化と確立化に迷走している部分があった松尾スズキですが、今回はちょっとどうしたんだろうというぐらい、別格に面白いです。

ある意味、自分を主役に据えたことで間接的に描くことから解放されたのがいいのかもしれません。

まぁ、この役を誰に演じてくれとオファーできるのかという気にもなりますが。

飲みの席でアイデアを聞き、ゲラゲラと笑いながら応じたという中山美穂の快演も面白く、また様々な世代の助演女優たちも短い出番ですが、強烈なインパクトを残してくれます。

若手注目株の堀田真由の出だしと、後半で全く違うキャラクターになるのもなかなか見事です。

まとめ


(C)2019「108 海馬五郎の復讐と冒険」製作委員会

劇作家が映画監督に挑むというパターンは数多くありますが、必ずしも成功している人ばかりではありません。

世界のニナガワこと蜷川幸雄も何本も映画を撮っていますが、総じてそこまで高い評価を受けませんでした。

最近で言えば三谷幸喜、宮藤官九郎、三浦大輔などの名前が挙がります。

松尾スズキもその一人です。ただ、映画はどうだったかというと脚本を担当した『東京タワー』はともかくとして、松尾スズキの作風がどうも映画のテンポや枠組みになじまない印象を持ちました。

三谷幸喜にしても2015年の『ギャラクシー街道』などは、頭をひねりたくなる作品でしたが、2019年の『記憶にございません!』は見違えるような映画作品に仕上がっていて素直に楽しめる作品となっていました。

本作の『108』の松尾スズキも何か映画監督として覚醒したようなデキでした。

映画と演劇は似て非なるもので、かなりの部分を観客の創造力にゆだねる演劇に対して、映画はかなりの部分を説明します。

もちろん説明過多になると映画のバランスが崩れますし、敢えて説明しない映画もありますが、映像の情報量の扱い方がかなりうまくなったなというのが率直な感想です。

関連記事

コメディ映画

ショーン・ペンの映画演技力の原点『初体験リッジモントハイ』1982年公開

演技派俳優として知られるショーン・ペン。 彼の代表作はハートフルな障がいのある父親を演じた『アイ・アム・サム』や、アカデミー主演男優賞を獲得した『ミスティック・リバー』やLGBTのアメリカ初となる政治 …

コメディ映画

映画『アイアンスカイ2』ネタバレあらすじと感想。続編では第三帝国の逆襲を描き次作は火星へとユニバース化!?

月面からナチスが攻めてくる“あの映画”のまさかの続編が登場! 映画『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』は2019年7月12日(金)ロードショーです。 今度は実は地底人類だったヒトラーが恐竜に乗って攻め …

コメディ映画

映画『ダウンサイズ』あらすじとキャスト。マット・デイモン主演の社会風刺の利いたコメディとは⁈

マット・デイモン主演の社会風刺の利いたコメディ映画『ダウンサイズ』 「オーシャンズ」シリーズ、『オデッセイ』などで、誰もが知るマッド・デイモンを主演に迎えた映画『ダウンサイズ』。 アクションやSF、ヒ …

コメディ映画

映画『シコふんじゃった。』あらすじネタバレと感想レビュー。コメディとして大学生相撲部の青春を周防正行監督が描く

周防正行監督が描く相撲の世界 元シブガキ隊の本木雅弘が華麗なシコを踏む 『ファンシイダンス』(1989)で商業映画デビューした周防正行監督の2作目となる『シコふんじゃった。』。 廃部寸前の大学相撲部に …

コメディ映画

映画『グランドブダペストホテル』ネタバレ感想解説とラスト結末の考察。ウェスアンダーソン監督のカリスマコンシェルジュが奔走するミステリーコメディ

伝説のコンシェルジュが誘う“究極”のおもてなし人生 高級ホテル“グランド・ブタペスト・ホテル”のカリスマコンシェルジュと、若きロビーボーイの交友を通し、ホテルの常連客が殺害されたことをきっかけに、巻き …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学