Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2021/12/30
Update

映画『トゥルーマン・ショー』ネタバレあらすじ感想と考察評価。ラスト結末までジムキャリー代表作の名作コメディを解説

  • Writer :
  • 秋國まゆ

第56回ゴールデングローブ賞最優秀主演男優賞ほか2部門受賞した名作コメディ!

ピーター・ウィアーが監督を務めた、1998年製作のアメリカのコメディドラマ映画『トゥルーマン・ショー』。

小さな離島で暮らす生命保険会社のセールスマンが、街で死んだはずの父親を見かけてから周囲の異常さに気づき、自分が生きる世界に違和感を抱き始めていく姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

人生の全てを撮影され、世界中に生中継されていた男の姿を描いた奇想天外な物語で、第56回ゴールデングローブ賞最優秀主演男優賞ほか2部門受賞した映画『トゥルーマン・ショー』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『トゥルーマン・ショー』の作品情報


TM & COPYRIGHT (C) 2021 BY PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
1998年(アメリカ映画)

【脚本】
アンドリュー・ニコル

【監督】
ピーター・ウィアー

【キャスト】
ジム・キャリー、エド・ハリス、ローラ・リニー、ノア・エメリッヒ、ナターシャ・マケルホーン、ホーランド・テイラー、ブライアン・ディレイト、ブレア・スレイター、ピーター・クラウス、ハイジ・シャンツ、ロン・テイラー、ドン・テイラー、ポール・ジアマッティ、アダム・トメイ、ハリー・シェアラー、ウナ・デーモン、フィリップ・ベイカー・ホール、フィリップ・グラス、ジョン・プレシェット、ユージ・オクモト

【作品概要】
いまを生きる』(1989)や『マスター・アンド・コマンダー』(2003)、『ようこそ映画音響の世界へ』(2019)などを手がける、ピーター・ウィアーが監督を務めたアメリカのコメディドラマ作品。

1999年、第56回ゴールデングローブ賞最優秀主演男優賞や最優秀助演男優賞、最優秀作品賞に受賞した作品です。

『エース・ベンチュラ』(1994)や『イエスマン “YES”は人生のパスワード』(2008)、『ソニック・ザ・ムービー』(2020)などに出演する、ジム・キャリーが主演を務めています。

映画『トゥルーマン・ショー』のあらすじとネタバレ


TM & COPYRIGHT (C) 2021 BY PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

シーヘヴンという離島で暮らすトゥルーマン・バーバンクは、生命保険会社で働いています。

「おはよう! 念のため、こんにちはとこんばんは!おやすみ!」が口癖のトゥルーマンには、「いつか島を出て、広い世界を見て回る冒険旅行をしてみたい」という夢がありました。

実はトゥルーマンは、生まれてから一度も島の外に出たことがありません。

トゥルーマンは子供の頃、父カークと一緒にヨットに乗り、沖へ出たことがありました。その時、幼いトゥルーマンはカークの警告を無視しヨットを押し進めてしまったせいで、嵐の海に落ちてしまったカークは溺死。以来トゥルーマンは水恐怖症となってしまったのです。

そんなある日。トゥルーマンがいつものように出勤前に自分用の新聞と、看護師をしている美人な妻メリル・バーバンクが読む雑誌を買った後、街でホームレスの老人を見かけます。

何とそのホームレスの老人は、死んだはずのカークだったのです。トゥルーマンはカークに話しかけた瞬間、目の前にいた彼は突如ペットを連れた男女2人に連れて行かれてしまいました。

その後、トゥルーマンは近くで暮らす母親アンジェラと、メリルに父親が生きていたことを伝えましたが、2人とも信じてくれませんでした。

早く子供が欲しいと強く望むメリルと乾いた生活を送るトゥルーマンには、カークの他にもう1人、忘れられない人がいました。

それは、大学時代に出会った女性ローレン・ガーランドです。密かにローレンに想いを寄せていたトゥルーマンは、勇気を出して彼女をデートに誘いました。

その際、ローレンから謎の言葉を言われました。「皆があなたを見ている、あなたの前で芝居をしているの」

「ローレンというのは役名で、私の本名はシルヴィア」「この世界の空も海も全部偽物、番組の一部である舞台装置でしかない」

「ここにいる人たちの話は全部嘘なの」「本当の私を探しに来て」………そう話すローレンは、突如現れた彼女の父を名乗る男に、車で連れて行かれてしまいました。

以下、『トゥルーマン・ショー』ネタバレ・結末の記載がございます。『トゥルーマン・ショー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


TM & COPYRIGHT (C) 2021 BY PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

実はトゥルーマンがいる世界は、『トゥルーマン・ショー』というリアリティー番組の製作者クリストフが作った、虚構の世界でした。

トゥルーマンは生まれた時からずっと、あらゆるところに設置された5000個の隠しカメラを使って、その人生全てを撮影されていました。

現在、『トゥルーマン・ショー』は24時間1日も休まず、世界220ヶ国で放送され続けています。

それに気づいていないのはトゥルーマンただ1人。彼以外全員役者で、彼の7歳の時からの親友マーロンもメリルも、時折カメラ目線で商品の宣伝を行っていました。

初めは何のことか分からなかったトゥルーマンでしたが、番組側のミスが重なったせいで、徐々に周囲の様子に違和感を覚えるようになりました。

シルヴィアに会うことを夢見て、トゥルーマンは島を出ようと試みましたが、何をやっても突然トラブルや事故が起きたりして、なかなか島から出られません。

落ち込むトゥルーマンをメリルは慰めますが、話の途中で商品の宣伝をしてしまい、トゥルーマンに詰め寄られてしまいます。

トゥルーマンの妻役として必死に取り繕っていましたが、トゥルーマンの鬼気迫る剣幕に恐怖したメリルは、タイミングよくトゥルーマンの家を訪ねてきたマーロンに泣きつき、つい本音を口にしてしまいました。

「いくら仕事だからって、こんなのあんまりだわ。もう耐えられない」………この瞬間、トゥルーマンはシルヴィアの言う通り、ここは虚構の世界なのだと確信しました。

その後、マーロンはトゥルーマンを連れ出し、彼を慰めつつ、カークと引き合わせます。感動の再会を果たしたトゥルーマンたち親子の姿を見て、世界中にいる視聴者は皆涙し、クリストフたち番組スタッフはひとまず番組終了の危機は去ったと安堵し、胸をなでおろしました。

その日の夜。クリストフは視聴者参加型のインタビュー番組に出演し、トゥルーマン・ショーについて語っていきます。

俳優の作り物の演技に飽き飽きしていたクリストフは、望まぬ出産をした女性が産んだ6人の子供の中から、2週間の早産だったトゥルーマンにスター性を見出し、会社名義の養子縁組で彼を迎え入れました。

クリストフは世界最大のドーム型スタジオ「シーヘヴン」を作り、トゥルーマンに危険なことが沢山ある現実世界とは違う、安心安全な理想郷での生活を与えました。

そして、クリストフはトゥルーマンが島から出ないように、彼の父親を溺死させ、水恐怖症になるよう仕向けます。

しかし、溺死という形で番組から降板、且つトゥルーマンの父親役を消されたカークは不満を募らせ、勝手に番組に出演。トゥルーマンの前に姿を現します。

これによって番組終了の危機を迎えたクリストフたちは、親子の感動の再会としてカークを正式に登場させ、彼自身に事態の収拾をさせることにしたのです。

それと、メリルたちが商品の宣伝を行うのは、トゥルーマン・ショーにはCMを入れずに放送しているからでした。

そう話すクリストフに、スタジオがあるハリウッドから1本の電話が。電話の相手は、視聴者として参加したシルヴィアです。

「1人の人間の人生を晒しものにする権利が、あなたにあるとでも言うつもり?」

そう糾弾するシルヴィアに対し、クリストフは冷静にこう返しました。「彼の心を奪い、カメラの前で勝手な真似をした君だから、彼のことを理解しているとでも?」

「私は彼に普通の生活を与えている。君が生きている現実世界は病んでいて危険が多いが、シーヘヴンに危険なものは何もない。まさに理想郷だ」

「もし彼が生きる目標を持ち、本気で事の真相を知りたいと願うなら、我々は止めない」

翌日。いつもと変わらない様子を見せるトゥルーマンでしたが、番組から降板したメリルが家を出て行ってから、地下室で寝るようになりました。

そんなトゥルーマンのちょっとした違和感に気づいたクリストフたち番組スタッフは、マーロンに様子を見に行かせます。

しかし、マーロンが家を訪ねた時には、地下室で寝ていると思っていたトゥルーマンの姿がありませんでした。

クリストフは番組を一時中断させ、カメラの内と外でトゥルーマンの捜索に当たりました。大捜索の末、やっとこさ見つけたトゥルーマンは、ヨットに乗って島から出ていました。

クリストフはトゥルーマンを島に戻すため、嵐を発生させます。トゥルーマンは今度こそ島を脱出するべく、ヨットに体を縛り付けてまで必死に抵抗を続けました。

「僕は負けないぞ!殺せるものなら殺してみろ!」と叫ぶトゥルーマンの姿を見て、クリストフはやがて嵐を止めさせます。

その直後、トゥルーマンを乗せたヨットは虚構の世界の端、偽物の空を描いた板に激突。スタジオの出口に辿り着いた彼に、クリストフはカメラ越しにこう言いました。

「君以外は全て作り物だが、君は本物。スターである君は、私が創った君の世界で生きている」「君が生まれた時からずっと、私は君を見てきた。だからこそ分かる、君は怖いから外に出られないんだ」

クリストフがそう話す間、トゥルーマンはずっと黙ったままでした。クリストフが「何か言ってくれ!」と叫ぶと、トゥルーマンは振り返り、カメラに向かって笑顔でこう言いました。

「念のため、こんにちはとこんばんは!」………そう言ってお辞儀したトゥルーマンは、スタジオの外へ一歩足を踏み出しました。

トゥルーマンの姿をテレビの前で固唾をのんで見守っていた視聴者は感動し、シルヴィアは家を飛び出して彼に会いに行きました。

トゥルーマンが画面から去ってしまったことで、番組スタッフは放送を中止させます。騒然とするスタジオで、トゥルーマンを我が子のように思っていたクリストフは、1人項垂れていました。

トゥルーマン・ショーを見ていた警備員2人が、別の番組に切り替えようとするところで、物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『トゥルーマン・ショー』の感想と評価


TM & COPYRIGHT (C) 2021 BY PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

人生の全てを撮影・生放送されていたトゥルーマン

小さな離島シーヘブンで生まれ育ち、妻と親友と一緒に平穏な生活を送ってきたトゥルーマン。しかし物語の後半では、彼の人生全てを24時間365日撮影・放送するリアリティー番組『トゥルーマン・ショー』が作り出した虚構の世界でトゥルーマンは生きていたことが明かされます。

忘れられない想い人シルヴィアにそれを言われた時は、トゥルーマンはいまいちピンときていませんでした。それも死んだはずの父を見かけた日以降、番組側のミスが重なったことで、トゥルーマンは徐々に違和感を覚えていきます。

妻だと思っていたメリルも、親友だと思っていたマーロンも、自分以外全員が俳優だったなんて真実を知った時、トゥルーマンは人間不信に陥ってもおかしくないほど苦悩し怒りを覚えたことでしょう。

それでもトゥルーマンは、最初に真実を教えてくれたシルヴィアのことを信じ、彼女に会うために虚構の世界から脱出する道を選びます。

物語ではトゥルーマンが画面から去ったところしか描かれていないため、シルヴィアと再会できたかは分かりません。

ただあの後、トゥルーマンとシルヴィアが無事再会できていたらと想像すると、トゥルーマンは初めて、本当の世界で本当の幸せを得られるのではないかと考察します。

虚構の世界を作った番組制作者の愛情


TM & COPYRIGHT (C) 2021 BY PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

2週間の早産で生まれたトゥルーマンを見た時から、番組の制作者クリストフは彼にスター性を見出していました。

初めはトゥルーマンを、生まれながらのスター俳優を育てる感じで、世界最大のドーム型スタジオ「シーヘヴン」を作り撮影していたクリストフですが、彼をカメラ越しに見ているうちに心情に変化が起きたのでしょう。

いつしか会社名義の養子縁組で迎え入れたトゥルーマンを、クリストフは我が子のように想い始め、父親として愛情を持つようになったのだと考察します。

その証拠に父親と再会した後、笑みを浮かべて眠るトゥルーマンの寝顔を、クリストフは愛おしそうに眺め、カメラ越しに彼の顔を撫でていました

もしも、クリストフが普通に養父としてトゥルーマンに接していたら、画面から去った彼の選択は変わっていたのかもしれません。

まとめ


TM & COPYRIGHT (C) 2021 BY PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

人生の全てを撮影・生中継されていた男が、理想郷である虚構の世界に生きるか、現実世界に生きるか選択するアメリカのコメディドラマ作品でした。

本作の見どころは、衝撃的な真実を知る前のトゥルーマンの平穏な日常と、知った後のトゥルーマンの日常のギャップです。

虚構の世界だと知る前と後のトゥルーマンの感情・表情・言動を上手く演じ分け、最後までコミカルに演じた主演のジム・キャリーと。

また、番組制作者としての顔と、トゥルーマンに対する不器用な愛情を魅せたクリストフを演じたエド・ハリスの2人の演技力はとても素晴らしかったです。

カメラの内と外で生きるトゥルーマンたち2人の視点で描かれているからこそ、どちらにも感情移入できてより一層感動します。

ジム・キャリーとエド・ハリスが魅せる、人生全てが作られたものだったと知った男の姿を描いた、笑いあり涙ありの感動コメディ映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

コメディ映画

映画『任侠学園』ネタバレ感想と評価レビュー。西島秀俊が演技の新境地で「自分の好きな事で勝負」する大切さを見せる

義理と人情の阿岐本組長は社会奉仕に目がなく、ついには経営不振の高校の建て直しまでやる⁈ 人気俳優・西島秀俊とベテラン俳優・西田敏行がダブル主演を務め、今野敏の小説「任侠」シリーズを映画化。 「義理と人 …

コメディ映画

ロバート・アルトマンおすすめ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』あらすじと感想レビュー。80年代の幻のコメディ作品とは

ロバート・アルトマンのおすすめ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』。 2018年12月15日(土)、16日(日)に東京・杉並にある座・高円寺2にて、After School Cinema …

コメディ映画

映画『ウェディング・ハイ』ネタバレあらすじとラスト結末の感想評価。最後伏線の回収となる新婦の元カレ裕也(岩田剛典)と謎の男 澤田(向井理)の物語は笑いと共に注目!

新郎新婦にとって人生最大のイベント「結婚式」。 どうか最高の1日でありますように。 お笑い芸人・バカリズムのオリジナル脚本による、結婚式を舞台に描いた群像コメディ『ウェディング・ハイ』。 結婚式は、新 …

コメディ映画

映画『あさひなぐ』あらすじとキャスト!先行上映会9月10日招待TOHOシネマズ伊丹にて

2017年9月10日に兵庫県伊丹市にて実施される映画『あさひなぐ』先行上映会に50組100名さまご招待! 「修武館」など「なぎなた」とゆかりのある「なぎなたの聖地・伊丹」で、2017年9月22日から全 …

コメディ映画

『ヘヴィ・トリップ』映画感想とレビュー評価。メタル愛満載の北欧のおバカコメディ!?

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』は2019年12月27日(金)より、シネマート新宿、心斎橋ほか全国ロードショー! フィンランドの村に住む、若者4人。人にバカにされながらもヘヴィメタ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学