Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2020/06/07
Update

映画『ソニック ザ・ムービー』感想レビューと内容考察。ゲームの作品化で描かれたムービーアクションの完成度の評価

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『ソニック ザ・ムービー』は6月26日(金)全国公開

映画『ソニック ザ・ムービー』は、世界的人気を誇るセガの人気ゲーム「ソニック」シリーズをハリウッドで実写映画化したものです。

主人公超音速のハリネズミ“ソニック”の声を『スター・ウォーズ フォースの覚醒』でBB-8の声を担当したベン・シュワルツが務め、アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートの実績を持つジェフ・ファウラーが手がけました。

宇宙最速で走るパワーを持つ青いハリネズミのソニックが、故郷を離れて遠い地球へとやって来ました。ひょんなことから保安官とバディを組んで大暴れします。

スポンサーリンク

映画『ソニック ザ・ムービー』の作品情報

(C)2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
SONIC THE HEDGHOG  

【原作】
セガゲームス

【脚本】
パトリック・ケイシー 

【監督】
ジェフ・ファウラー

【キャスト】
ジェームズ・マースデン、ティカ・サンプター、ジム・キャリー、ベン・シュワルツ(ソニックの声)、日本語吹替え版キャスト 中川大志、山寺宏一、中村悠一、井上麻里奈

【作品概要】
1991年、全世界の度肝を抜いた超音速のハリネズミ“ソニック”。全世界で9億本を超える売り上げの日本生まれのゲームの主人公キャラクター、ソニック・ザ・ヘッジホッグを主役に据えたSFアクション映画です。

音速で突っ走る青いハリネズミが地球を舞台に大暴れします。ソニックの声にベン・シュワルツ、共演にジェームズ・マースデン、ティカ・サンプター、そして久々の映画出演となるジム・キャリーが振り切った悪役演技を魅せてくれています。

映画『ソニック ザ・ムービー』のあらすじ

(C)2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

自分の持つスーパーパワーを狙われ、遠い故郷を追われたソニック。宇宙各地をうろうろした結果、たどり着いたのは地球でした。

ソニックが住処にしたのはモンタナ州の小さな町グリーンヒルズ。そこで10年の間、誰にも見つからないように、誰とも知り合いにならないように暮らしていました。

しかし、心の底では仲間や友人が欲しいと願っていました。

思わず感情を爆発させたソニックはそのパワーを使ってしまい、グリーンヒルズの街を大停電を起こしてしまいました。

この出来事を知った悪の天才科学者ドクター・ロボトニックはパワーの源を追い、やがてソニックの存在にたどり着きます。

困り果てたソニックが頼ったのはグリーンヒルズの保安官のトム。二人はドクター・ロボトニックの追跡から逃れることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

映画『ソニック ザ・ムービー』の感想と評価

(C)2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ゲームの映画化というのは実は、国内外賛否両論を起こし、不発に終わることが多いようです。

『スパーマリオ魔界帝国の女神』(1993)『ストリートファイター』(1994)、最近でも『ドラゴンクエスト ユア・ストリー』や『名探偵ピカチュウ』(2019)など、観客数に微妙な作品が並んでいるのが、実は現状です。

素直に成功といえるのは「バイオ・ハザード」シリーズと「トゥームレイダー」シリーズぐらいではないでしょうか。

「アサシンクリード」や「プリンス・オブ・ペルシャ」シリーズなどではゲームが原作であったことは、あえて伏せて語られています。

日本でいえばアニメーションを除くと、中小規模のアイドル主演型ホラー映画くらいしか例がありません。他の作品でいえば三池崇史監督の『龍が如く』が例外的な存在ではないでしょうか。

そんな中で公開される『ソニック ザ・ムービー』は、ヒーローアクションコメディとして緩急もあり、シンプルに楽しめる1本の娯楽作品に仕上がっています

ゲーム自体が分かり易いアクションものなので、映画にするときに変に多大なストーリーを加えなかったことも、良かったのではないでしょうか。

また、ソニックの音速アクションは素直に見ていて楽しい絵面でした。久々の映画出演となるジム・キャリーが『バットマン・フォーエバー』(1995)のリドラーを思い出させる振り切った演技をみせ、楽しませてくれます。

演技派路線も見せるジム・キャリーですが、こういう路線がこれからもファンとしては観たいものです。

高速移動ということでは、DCコミック原作の『THE FLASH』が製作中ですので、映画『ソニック ザ・ムービー』の出来はかなりのプレッシャーになったのではないでしょうか。」

逆にいえばドラマ版の『THE FLASH/フラッシュ』からの影響を、『ソニック ザ・ムービー』に見て取ることができるので、相互に刺激し合えればいいではないでしょうか。

映画『ソニック ザ・ムービー』には、コミック『フラッシュ』を。いじるようなギャグ的な場面もあり、とても笑える作品となっています。

まとめ

(C)2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ゲームの映画化は、実のところ苦戦が続いているにもかかわらず、コンスタントに企画が通っているのが現状です。

近々でいえば、この後もポール・W・S・アンダーソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演『バイオハザード』の監督主演と、夫婦コンビ、トニー・ジャー、ロン・パールマン、山崎紘奈などが顔をそろえる『モンスターハンター』や海外ではMEGAMANというタイトルでお馴染みの『ロックマン』の実写化作品が公開、製作予定です。はたしてこれらは、どうなることでしょうか。

『トゥームレイダー』(1996)、『バイオハザード』(2002)。そして、本作『ソニック ザ・ムービー』を観ると設定は踏まえつつ“映画は映画”として展開するのが良いのではないでしょうか。

ゲームの知名度に頼ったり、設定に変に乗っ取たりすると失敗するのではないか。もちろんオリジナルのゲームファンから不満も出るかもしれませんが、 “映画は映画”と開き直った方が結果としては盛り上がるのではないでしょうか

映画『ソニック ザ・ムービー』は6月26日(金)全国公開


関連記事

アクション映画

映画『ホースソルジャー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

アメリカ同時多発テロから17年。本国のみならず全世界を震撼させたニュース映像で見た誰もが、生涯あの映像を忘れることはできないのではないでしょうか。 映画『ホース・ソルジャー』には、あのニュース映像が使 …

アクション映画

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!ネタバレ感想とラスト結末も

映画『レオン』や『LUCY/ルーシー』などで知られるリュック・ベッソンが原案・脚本・製作を担当。 戦争に苦しむ避難民を救う為に、不可能とも思われるミッションに挑む、5人の男達の戦いを描いた『ネイビーシ …

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の壁役は満島真之介。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超え …

アクション映画

映画『文豪ストレイドッグスBEAST』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。実写版はマンガとは別の世界をパラレルワールドを描く

芥川龍之介「羅生門」VS中島敦「山月記」!? 名立たる文豪たちが放つ「異能」に注目。 実在の文豪の名を持つ登場人物たちが繰り広げる「異能」アクションバトル『文豪ストレイドッグス』シリーズが、初の実写映 …

アクション映画

NETFLIX映画『シャフト(2019)』ネタバレあらすじと感想評価。続編からシリーズを通して見えてくる変化とは

世代を越え受け継がれる、「シャフト」の遺伝子 全世界の黒人俳優たちの映画進出の礎となった「ブラックスプロイテーション映画(ブラック・パワー・ムービー)」と呼ばれる映画があります。 その先駆けとも言われ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学