Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2017/12/08
Update

韓国映画『ワンライン/5人の詐欺師たち』あらすじ感想評価とキャスト解説。韓国の人気アイドルグループ「ZE:A」のイム・シワン主演!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『ワンライン/5人の詐欺師たち』は、2018年1月6日(土)より公開!

イム・シワン×チン・グの豪華共演による本編131分の作品は、仕掛ける敵と味方が二転三転を見せながら、大金を賭けた予測不能の騙し合いを描いた韓国映画。

成功率100%の個性豊かな5人の詐欺師たちが繰り広げる痛快アクション・エンターテイメントです!

スポンサーリンク

1.映画『ワンライン/5人の詐欺師たち』の作品情報


© 2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD, MIIN PICTURES & KWAK PICTURES. All Rights Reserved.

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
원라인(英題:ONE-LINE)

【監督】
ヤン・ギョンモ

【キャスト】
イム・シワン、チン・グ、イ・ドンフィ、パク・ビョンウン、キム・ソニョン、ワン・ジウォン、パク・ユファン

【作品概要】
個性豊かな詐欺師たちの二転三転の騙し合いを描いた痛快アクション映画。演出はヤン・ギョンモ監督。音楽を担当するのは映画『テロ,ライブ』のイ・ジュノ。

2.映画『ワンライン/5人の詐欺師たち』のあらすじ


© 2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD, MIIN PICTURES & KWAK PICTURES. All Rights Reserved.

貧しくも一見平凡な大学生のミンジェ。

彼はある日、あらゆる経歴を偽って銀行からお金を借りる銀行ローン詐欺業界の伝説詐欺師チャン課長と出会いました。

そんなチャン課長に才能を見出され瞬く間に業界の新星となるミンジェ。

頭脳明晰なミンジェは少年のように純な容姿を武器に、手がけた仕事をことごとく成功させていきました。

そんな中、チャン課長の長年のパートナーで野心家のパク室長は、ミンジェの活躍を快く思わず、チームは次第に亀裂が入り…。

スポンサーリンク

3.映画『ワンライン/5人の詐欺師たち』の感想と評価


© 2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD, MIIN PICTURES & KWAK PICTURES. All Rights Reserved.

映画『ワンライン/5人の詐欺師たち』の主演を務めるイム・シワンは、9人組アイドルグループZE:Aのメンバー

韓国で脅威的な高視聴率を記録し、日本でもリメイクされたドラマ『ミセン-未生-』や、名優ソン・ガンホ主演の映画『弁護人』にも出演し、俳優として高い評価を受けました。

大学生ミンジェ役を演じる若手演技派イム・シワン


© 2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD, MIIN PICTURES & KWAK PICTURES. All Rights Reserved.

この作品では今までの純真な優男のイメージを一新させ、個性豊かなメンバーの揃った詐欺チームの一員として、頭脳明晰で気の利く、人の心を掴む若き天才詐欺師を演じています

また脇を固めるのは、社会現象を巻き起こしたドラマ『太陽の末裔』で一躍スターダムを駆け上がり、本作では伝説の詐欺師として主人公を導くチャン課長役で出演したチン・グ

チャン課長役のチン・グ


© 2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD, MIIN PICTURES & KWAK PICTURES. All Rights Reserved.

そのほかに売れっ子俳優パク・ビョンウン、イ・ドンフィ、キム・ソニョン、更にはJYJユ チョンの弟パク・ユファンら個性豊かな豪華キャスト陣が目白押し。

豪華キャストが生み出す爆発的な相乗効果は韓国映画ファンには必見です!

映画界きっての売れっ子俳優パク・ビョンウン


© 2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD, MIIN PICTURES & KWAK PICTURES. All Rights Reserved.

名前、年齢、職業すべてを偽って銀行からお金を騙し取るコンゲームは、映画ならではの痛快な頭脳戦と、新鮮な展開を見せてくれます。

個性溢れる5人の詐欺師たちが繰り広げる予測不能なストーリーは、ご覧頂いたあなたにスリルと、興奮を与えること間違いありませんよ!

こちらも売れっ子俳優イ・ドンフィ

まとめ


© 2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD, MIIN PICTURES & KWAK PICTURES. All Rights Reserved.

韓国映画界きっての豪華キャストで贈る『ワンライン/5人の詐欺師たち』は、映画『戦場のメロディ』や『弁護人』のイム・シワンが主演を果たし、また、共演を務めるのは、映画『母なる証明』や『セシボン』のチン・グ

そのほか、映画『コンフィデンシャル/共助』『LUCK-KEY/ラッキー』のイ・ドンフィや、『男と女』『暗殺』のパク・ビョンウン『女は冷たい嘘をつく』 キム・ソニョン

さらには、ワン・ジウォン、パク・ユファンも出演しています。

2018年1月6日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開!ぜひ、お見逃しなく!


© 2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD, MIIN PICTURES & KWAK PICTURES. All Rights Reserved.

関連記事

アクション映画

映画『ジェミニマン』あらすじネタバレと感想。SFアクションを最新技術を駆使した圧巻の映像美で魅せる

4K3Dハイフレームレートの最新技術によって撮影されたウィル・スミスvsウィル・スミスを描く アン・リー監督の『ジェミニマン』は、2019年10月25日全国公開! 2005年公開の『ブロークバック・マ …

アクション映画

映画『ワイルドストーム』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ドミネーターやタミーにコーエン節が煌る

今世紀最大のハリケーンが迫る中、ある町で犯罪者集団による現金強奪の計画が動いていた! 立ち向かうのは、ただの学者と元軍人の兄弟と、財務省職員。 懐かしい匂いのする大味アクションと、ド迫力のディザスター …

アクション映画

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。モララムの心臓を抉り取る異能な力も冒険活劇の楽しみのアクセント⁈

名作アクションアドベンチャー「インディー・ジョーンズ」シリーズ第2作! スティーヴン・スピルバーグが監督を務めた、1984年製作のアメリカの名作アクションアドベンチャー映画『インディ・ジョーンズ 魔宮 …

アクション映画

映画『ザファブル2 』ネタバレあらすじとラスト結末の感想評価。キャスト岡田准一が続編殺さない殺し屋で偽善者を打ち負かす

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は2021年6月18日(金)より全国ロードショー! 本作『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は、江口カン監督が岡田准一を主演に迎え、人気コミックを映画化した2019年の …

アクション映画

ワイルドスピード スーパーコンボ|ネタバレあらすじと感想。結末まで疾走する初スピンオフでもホブスとショウは大暴れ!

ワイスピのスピンオフ見参!メガヒットシリーズの通算9作目『ワイルド・スピード /スーパーコンボ』。 カーアクションとしてスタートを切った『ワイルド・スピード』から、シリーズ通算9作目。 『ワイルド・ス …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学