Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の河了貂役は橋本環奈。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。

原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超える一大歴史エンターテイメント作品です。

メガホンをとるのは、『アイアムアヒーロー』『いぬやしき』『図書館戦争』などヒット作を数多く持つ佐藤信介監督

主演の山崎賢人はじめ、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多など豪華俳優が出演することが発表されています。

この記事では、河了貂(かりょうてん)役を演じる橋本環奈について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『キングダム』の作品情報


(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
原泰久『キングダム』(集英社)

【監督】
佐藤信介

【キャスト】
山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、 満島真之介、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、石橋蓮司、大沢たかお

【作品概要】
中国の春秋戦国時代を舞台とした歴史大作。

大将軍になるという夢を抱いた戦災孤児の信と、中華統一を目指す王のえい政(後の始皇帝)の活躍が壮大なスケールで描かれます。

山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、 満島真之介、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、石橋蓮司、大沢たかおなど豪華俳優陣が集結。

脚本には原作者の原泰久も参加。約2年もの時間をかけて書き上げられました。

監督はドラマ『アイアムアヒーロー』『いぬやしき』『図書館戦争』を手がけた佐藤信介が務めます。

映画『キングダム』のあらすじ


(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

春秋戦国時代の中華西方の秦の国。

戦災孤児の少年である信と漂は天下の大将軍となることを目指して、日々剣術の鍛錬に励んでいました。

王との大臣の昌文に召し上げられた漂が王宮に入ることとなり、信と漂は別々の道を歩み始めます。

王宮では王の弟・成蟜(せいきょう)によるクーデターが発生。戦いの中で致命傷を負った漂は、なんとか信のいる納屋にたどり着きます。

お前に頼みたいことがあると言いながら、漂は血まみれの手で、ある丘に建つ小屋を示す地図を信に手渡します。

そして漂はそのまま力尽きてしまいます。

地図を握りしめて走り出す信。しかし彼がたどり着いた先で見たのは、冷静にたたずむ漂の姿でした。

それは漂ではなく、玉座を奪われて王都を追われた秦の王・えい政でした。王にうり二つだった漂は、彼の身代わりとして命を落としたのです。

激高した信は、えい政と共に行動すると決意し、王と共に王宮奪還のために立ち上がります。

しかし、それはえい政にとって、路の第一歩に過ぎず…。

スポンサーリンク

映画『キングダム』河了貂(かりょうてん)役は橋本環奈(はしもと・かんな)

参考映像:映画『セーラー服と機関銃ー卒業ー』(2016)

映画『キングダム』で河了貂(かりょうてん)役を演じる橋本環奈(はしもと・かんな)は1999年2月3日生まれの19歳(2018年現在)。

福岡県出身。アクティブハカタ及びディズカバリー・ネクスト所属。双子の兄がいます。

小学3年生から福岡の事務所に所属し、是枝裕和監督作品『奇跡』にオーディションを受けて初出演

2013年中学3年生の時、イベントで踊っている写真がネットで拡散。”かわいすぎるローカルアイドル””1000年に1人の逸材”と呼ばれ「奇跡の一枚」として有名となります。

これをきっかけにコマーシャルや取材のオファーが殺到。橋本に一目ぼれしたKADOKAWAの井上社長の希望で、映画『セーラー服と機関銃ー卒業ー』主演が決定します。

2016年に公開され、見事日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞

2014年『水球ヤンキース』で連続ドラマ初出演。その後も『警視庁いきもの係』『今日から俺は!!』など多くの作品に出演します。

参考映像:『ハルチカ』(2015)

2015年映画『暗殺教室』出演。2016年には『ハルチカ』で佐藤勝利とダブル主演。

そしてそれまでの美少女のイメージをくつがえすコメディ作品『銀魂』の人気ヒロイン神楽役で出演。「鼻ホジ」「ゲ〇吐き」もいとわず熱演し、その見事なコメディエンヌぶりで世間を驚かせました。

バラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』の人気コーナー『グルメチキンレース ゴチになります!19』のレギュラーとしても活躍していました。

映画『キングダム』河了貂(かりょうてん)はどんな役?


(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

橋本環奈演じる河了貂(かりょうてん)は、鳥を模した不思議な蓑を被った山民族の末裔。初めて見る者の多くは謎の生き物と勘違いします。

当初は金目当てで主人公の信と秦王のえい政に協力しますが、共に行動するうちに親しくなり仲間となります。

スポンサーリンク

橋本環奈の演技力の評価は

参考映像:『銀魂2 掟は破るためにこそある』(2018)

近年は映画「銀魂」シリーズ、ドラマ『今日から俺は!!』などで、コメディエンヌとしての才能を大きく開花させている橋本環奈。

”かわいすぎる美少女”というイメージを全面的にくつがえし、ふりきった”面白い”演技が観客の心をつかんでいます。

脅したりケンカ売ったりするシーンもうまく、くるくると変わる表情が大きな魅力です。

『銀魂』の福田雄一監督、主演の小栗旬両方が「神楽役には橋本環奈しかいない」と言ったことから起用が決定したそうです。

2019年公開の『十二人の死にたい子どもたち』リョウコ役では、うって変わってシリアスで鬼気迫る演技を見せています。

監督の堤幸彦は橋本環奈について「国宝級の美少女。今回はおもしろさは一切なく人間の光と影を演じてくれた」と評価しています。

今回の『キングダム』を愛読しているという橋本環奈。

この作品の実写化は無理と思っていたそうですが、出演者一丸となって身を削って撮影し、実写化の範疇を超えた壮大な歴史絵巻なったとコメントしています。

橋本環奈の公式SNSの紹介

橋本環奈の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

【橋本環奈公式Instagram】

【橋本環奈公式Twitter】

まとめ

中国歴史超大作映画として大きな注目を集める『キングダム』。

キャストには、山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多といった若手実力派が勢ぞろいしています。

鬼才・佐藤信介監督がメガホンをとり、”撮影にもっともふさわしい場所”中国で撮影が敢行された本作。公開を前に期待が大きく高まっています。

主人公・信と秦王・えい政の仲間となる大事な役どころの山民族の末裔を演じる橋本環奈。迫力あるキャストの中で癒しあるマスコット的な役柄を、どう魅力的に演じるか注目されています。

超大作歴史ロマン『キングダム』は2019年4月19日より全国ロードショーです。


関連記事

アクション映画

映画『続 荒野の用心棒』あらすじネタバレと感想。棺桶を背負うガンマンの生き様を描く

様々な映画監督に影響を与えたマカロニウエスタンのカルト人気作品 様々な映画監督に影響を与え、未だカルト的人気が尽きないマカロニウエスタン全盛期の秀作、セルジオ・コルブッチによる 映画『続・荒野の用心棒 …

アクション映画

『キャプテン・マーベル』4DX映画体験リポートと感想レビュー。強く美しいニューヒーローの活躍を体感せよ!

キャプテン・マーベルの勇姿を4DXで体感! マーベル・コミックの人気ヒーローが活躍する「マーベル・シネマティックユニバース(以下、MCU)」の第21作目となる、『キャプテン・マーベル』。 全世界でのオ …

アクション映画

映画『攻撃』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ロバート・アルドリッチ監督は問う…真の敵は何なのか?ということを… 2人の男の確執が巻き起こした壮絶な人間ドラマを描いた異色の戦争映画『攻撃』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『 …

アクション映画

ジュマンジ/ウェルカムトゥジャングル|あらすじとキャスト。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭上映も

映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』は、4月6日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。 呪われたテレビゲーム「ジュマンジ」の猛獣だらけの危険なジャングルから現実の世界に戻るため …

アクション映画

映画『ポリスストーリーREBORN』ネタバレ感想レビュー。ジャッキー・チェン主演シリーズの紹介も

40年以上にもわたってアクション映画界の第一線で活躍するスター、ジャッキー・チェンの主演映画『ポリス・ストーリー REBORN』。 1985年製作の『ポリス・ストーリー/香港国際警察』から連なる、「ポ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP