Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/06/30
Update

全裸監督2|8話ネタバレあらすじ感想と結末解説。ラストは渋谷のど真ん中でAV撮影!シーズン2の見どころ考察

  • Writer :
  • 増田健

「空からエロが降ってくる」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介

2019年8月、Netflixオリジナルドラマとして全世界に配信された『全裸監督シーズン1』。2016年出版の伝説のAV監督・村西とおるを描いたノンフィクション「全裸監督 村西とおる伝」を、虚実交えて映像化した作品は世界を騒然とさせました。

そして待望された人気ドラマの第2シーズンが、2021年6月24日(木)より配信されました。

前回の『シーズン2』第7話で、負債が払えずヤクザに追われる身になった村西。

その村西と行動を共にするトシ。クライマックスに果たして何が起きるのか。

【連載コラム】「お待たせしました村西です」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介の記事一覧はこちら

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『全裸監督シーズン2』の作品情報


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

【総監督】
武正晴

【監督】
後藤孝太郎

【原作】
本橋信宏

【脚本】
山田能龍、小寺和久

【キャスト】
山田孝之、満島真之介、玉山鉄二、森田望智、恒松祐里、柄本時生、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、渡辺大知、MEGUMI、西内まりや、笠松将、増田有華、吉田栄作、伊原剛志、宮沢りえ、石橋蓮司、室井滋、小雪、ピエール瀧、リリー・フランキー、國村隼

【作品概要】
シーズン1』でAV業界のトップの座へと昇り詰めた村西とおる。時代が平成となったシーズン2では、バブル景気の勢いそのままにAV業界の帝王となり、巨万の富と世間の注目を集めますが、「空からエロを降らせる」衛星放送事業が資金繰りを悪化させ、巨額の負債を抱えます。

ヤクザから借りた金も返せず、村西は追われる身に。黒木香は入院し、かつての仲間も窮地に立たされます。究極のしくじりを経験した彼に、どんな未来が待っているのでしょうか。

村西を演じるのは、カリスマ的怪優となった『ゾッキ』(2021)、『ステップ』(2020)の山田孝之。黒木香役の森田望智を始めシーズン1からの出演者も引き続き出演。新たに恒松祐里・吉田栄作・伊原剛志・宮沢りえ・石橋蓮司・室井滋ら豪華出演陣が加わり、AV業界もバブル経済も共に絶頂から転がり落ちた、狂乱の時代を再現します。

ホテルローヤル』(2020)、『アンダードッグ』(2020)、『銃2020』(2020)の総監督・武正晴のこだわりの演出と美術も見どころ。全てが世界基準のドラマとして製作された、伝説の怪男児の一代記の誕生です。

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

ドラマ『全裸監督シーズン2』第8話「石の意志」のあらすじとネタバレ


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

黒木香(森田望智)の入院する病院の外に、報道関係者が詰めかけていました。病室にいた順子(伊藤沙莉)の前で、意識を取り戻さぬ黒木に謝罪する川田社長(玉山鉄二)。

村西がハワイで逮捕された際、川田は黒木の提案を頼り伝説のAV、「SMっぽいの好き」を販売します。川田は自分こそが黒木香を商品にしたと苦しんでいました。

彼女は自ら望んで、”黒木香”になったと告げる順子。川田は改めて、”黒木香”とは特別な存在だと気付かされます。

トシ(満島真之介)の運転する車は夜道を走り、山の中へと入ります。ダムの上で車を停めると、村西とおる(山田孝之)に降りろと告げるトシ。

ダムに飛び降りろ、死んでくれれば俺の気も晴れると告げたトシの手に、拳銃が握られていました。村西は落ち着けと言います。

トシを説得しようと自分は大金を稼げる、日本のAVは世界一だ。世界に売ろう、膨大な人口を持つ中国に売るんだ。色んな性癖の奴のための、様々なAVを作ろうと叫びますが、銃を突き付けられ漏らす村西。

濡れた衣服を脱いで全裸になった村西は、AV版「ウィ・アー・ザ・ワールド」を作ろう、男同士・女同士はむろん、LGBTQやあらゆる人種、あらゆる性癖を越えた、平等なセックスを世界に訴えると叫ぶ声は、こだまして周囲に響きました。

こんなにアイデアが沸き出る俺を殺すな、と叫ぶ村西にトシは発砲します。それでもまだ、自分が生きていると村西は気付きます。

全裸姿で、どんなに間違っても俺は生きていると叫び、ならばこれこそが正解だと笑い出す村西。その姿に呆れたのか、何かを悟ったのか、全裸の村西を残し車で去って行くトシ。

日が昇った時も、全裸の村西はその場にあぐらを組んで座っていました。同じ頃、病室の黒木香はようやく目を開きます。

トシは古谷(國村隼)の組事務所に乗り込んでいました。サヤカ(西内まりや)に自分自身を世話させようとした古谷の前に立ち、いきなり発砲するトシ。

ヤクザたちがトシに殴りかかり、サヤカの母・茂子(室井滋)は狂気じみた笑い声を上げます。古谷の死を嘆き悲しむ荻原(笠松将)は、トシの体を何度も刺しました。

返り血を浴びたまま組事務所から逃げ出すサヤカを、死にゆくトシが見届けます。

古谷が歌舞伎町で射殺された事件のニュースを、三田村(柄本時生)とラグビー後藤(後藤剛範)はサファイア映像のTVで見ていました。そこに訪れたAV女優の奈緒子(冨手麻妙)。

奈緒子は連れて来た婚約者を三田村に紹介し、用立ててくれた3千万を返します。婚約者の立派な態度を見て、三田村は奈緒子への想いを諦めます。

2人を見送った後、三田村は彼女が好きだと泣き叫びます。その声をラグビーも、帰って行く奈緒子も聞いていました。やがてもらい泣きし始めるラグビー。

病院では黒木香のリハビリが始まります。退院の日を迎えた黒木にレポーターや記者が群がりますが、川田と順子が守ります。

彼女はレポーターに、”黒木香”って誰ですか、と言い残し車に乗り込みました。

それは黒木と順子が示し合わせた芝居でした。マスコミは記憶喪失とか好き勝手に騒ぐだろう、と笑う2人。しかし自分の中の”黒木香”は薄まっていると実感する黒木。

彼女は順子に、家に着く頃にはきっと”黒木香”は完全に消えると言いました。最後に見届けてくれたのが順子で良かった、と語りかけます。

2人は抱き合うと、黒木はタクシーに乗り込みます。順子はそれを見送り、黒木は母の加代(小雪)と実家に向かいます。謝った娘に、いてくれるだけで充分だと答える加代。

タイヤモンド映像に戻った村西は、売れそうな物をかき集めガード下の路上で売り始めます。スーパーで働き始めた乃木真梨子(恒松祐里)は、元AV女優の経歴から邪魔者扱いされていました。

ガード下の村西に気付いた真梨子は、彼の隣に座ります。職場では過去の経歴からイジメられていると言った真梨子に、AV女優には勲章みたいなものだと語る村西。

過去は消えない、と嘆く真梨子に生きていれば充分、間違いなんか無い。全てが正解だと村西は告げました。

反省し過ぎるな、過去を振り返るとみんな鬱になる。そう語った村西は、今さらながら真梨子について出身地など色々と尋ねます。

パトカーで連行中の荻原に、古谷は俺の獲物だったと話す警視庁の武井(リリー・フランキー)。彼は古谷の組を大きくしてから、派手に潰す計画を抱いていました。

古谷が殺された今、今度は荻原を裏社会の顔役に育て上げ、いずれ潰す計画を抱きます。反発する荻原に親分の死はお前にはチャンスだ、と語りかける武井。

その武井も暴対法施行を前に、内部浄化を図る警察に収賄容疑で逮捕されました。手錠をかけられた武井は、どこまでつまらない世の中になるんだ、とうそぶきました。

以下、『全裸監督シーズン2』第8話「石の意志」のネタバレ・結末の記載がございます。『全裸監督シーズン2』第8話「石の意志」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

サファイア映像の川田社長を迎えた、ビデオ店チェーン社長の和田(ピエール瀧)は上機嫌でした。チェーンでの販売用に製作した、やたら説明臭い長いタイトルを持つ新作AVは、個性的で人気も上々でした。

現在三田村は日常をテーマにしたAVを撮り続けていました。帰ろうとする2人に、和田は耳に入った情報を教えます。

川田が教えられ場所を尋ねると、路上にダイヤモンド映像の売り物が無造作に並べられています。川田が「SMっぽいの好き」で使った笛を鳴らすと、村西は目を覚まします。

逃がしてもらったのにそのザマですか、と言う川田に、彼はそれでも生きてると答えます。あなたに巻き込まれた人間はどうするのか、という問いには各人が選んだ道だと答えた村西。

相変わらず反省しない村西に呆れつつ、それで良いと告げる川田。皆があなたの魅力に魅かれた、と言い過去を振り返ります。

でも今回は許さないと告げた川田は、トシが1人で組事務所に乗り込み、古谷を殺したと教えます。トシは自分の命より、あんたを優先させたと叫ぶ川田。

誰もがあなたの魅力に抗えない、自らの死を選んでまで…との川田の言葉にすすり泣く村西。トシは村西をずっと受け入れ続けた、たった1人の男だと川田は語りかけます。

トシがあんたを拒むことはなかった、と指摘する川田。涙ぐむ村西の脳裏に、トシと過ごした日々が甦ります。

村西と川田を仕事仲間にしたのも、ビニ本から始まりAVに発展した事業も、全部トシのお陰だと語る川田。だから村西らしく振舞って下さいと、彼は涙声で頭を下げました。

あいつが好きだったのは、AV監督の村西です。と告げる川田。

川田から今後どうするか聞かれ、あがいて見せるとだけ答える村西。金は貸せないが、元々セールスマンの村西らしく、何か自分に売りつけろと川田は提案します。

売り物は無いと言う村西に浜辺の石を示し、あなたはこれをどう売ると聞く川田。この石は長年波に洗われ、舐められ続けたセクシーでパワーを持つ石だ、と語り始める村西。

石を川田に渡し「私が渡した」のでは無い、「石の意志」であなたの手に渡ったと喋ります。昔の調子を取り戻した村西を見た川田は、トシの声を聞いた気がしました。

村西の調子の良い口上を聞いて、「SMっぽいの好き」の黒木香のように2度、3度と笛を吹いて賛辞を示す川田社長。

1994年。順子は女性同士が絡むAVを撮影し、新人女優を優しく導いていました。

三田村はラグビーと女優が、レスリングで絡むAVを撮影しています。その現場を見学する川田社長と和田社長。

流石の和田も内容がマニアック過ぎると指摘しますが、これでイイと力説する川田。集団レスリングプレイの、絡みシーンの撮影が始まりました。

真梨子と一緒になった村西には、生まれたばかりの子供がいました。新居で幸せに暮らしているものの、借金取りには追われている様子です。

黒木香はAV女優になる理由であった、イタリアに渡ってそこで暮らしていました。

村西はお馴染みの姿で、TVのバラエティ番組に出演します。男優として参加するAVのロケバスで、その番組を見た女優に、私は家族がいるから何でもやると告げる村西。

その撮影は製作の人間が金を持ち逃げして中止になりました。怒る女優と投げやりな態度のスタッフに、ここで撮影しようと村西は提案します。

そんな事をすれば逮捕されると言うスタッフに、監督になりたいなら、君には足りない物が1つある。それは前科の数だと言い切る村西。

渋谷のスクランブル交差点の真ん中で、女優との絡みシーンを撮影しようと挑む村西とおる。警官がその正体に気付きます。

逃げ回り、取り押さえられた村西は自分を撮影するカメラに向かい断言します。

「死にたくなったら下を見ろ。俺がいる!」

スポンサーリンク

ドラマ『全裸監督シーズン2』第8話「石の意志」の感想と評価


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

冒頭トシに死ねと迫られる村西。劇的シーンですが、これは村西本人がある債権者から迫られた体験談として語っているエピソードが基になっています。

村西本人は自分のなりふり構わぬ説得が、思い詰めた相手に通じたと武勇伝的に語っていますが、ドラマではご覧の通り山田孝之大熱演の見せ場になりました。

劇中では発砲され、疑似的な死を体験した村西とおる。登場人物が死の危機に遭遇し、復活するプロセスを通し新たな人間に生まれ変わるのは、様々な作品にみられる描写です。

黒澤明の『用心棒』(1961)で主人公の三船敏郎は敵にリンチされ、半死半生となって逃れて復活し、敵一味との最後の決戦に臨みます。

これはクリント・イーストウッド主演の西部劇『荒野の用心棒』(1964)で再現されて以来、西部劇やアクション映画の定番シーンとなりました。西洋人はこれを「キリストの死と再生」の重ね、復活した主人公が救世主として活躍する姿を描き続けました。

村西もこの後、覚醒した救世主として活躍をする、と紹介したいですが流石は村西、そこまで立派な人物ではありません。

ここで紹介した「死と再生」のプロセスは、ドラマの中で昏睡状態に陥った黒木香に訪れた、と言って良いでしょう。

一方主人公である村西は失禁し、衣服を脱ぎ捨て生まれ変わります。山田孝之がパンツすら脱ぎ捨て、全裸になって叫ぶシーンには、そんな意味が込められています。

お騒がせ男、村西とおるの生き方から学ぼう

救世主ではなく裸の赤ん坊として再生した村西は、赤ん坊らしく実にわがままな、自分を正直にさらけ出す人間になります。もっともその境地にたどり着くには、まだ過程が必要です。

現実に村西には多くの人間が迷惑をかけられ、損害を被りました。現在なら非難轟々・炎上必至のこの人物を、ドラマは美化しているとの声も聞こえてきます。

しかし村西は間違いなく、同時に周囲の人間に好かれた人物でした。人たらしで惜しみなく金をバラ撒きました(ある時だけですが)。

負債を約束通りに返せなかった困った人物は、金を持ち逃げした人物や、自分が貸した金を返さぬ人物にも執着しない、独自のポリシーと美学を持った人物です。

多くの犯罪歴を持つ人間の再出発にも手を貸しています。同類相哀れむ、に過ぎないのかもしれません。しかし現在の様々な炎上騒動を見れば判る通り、加害者を責める者は圧倒的に多くとも、被害者に寄り添う者は少数です。

まして再起しようとする加害者に助力する者などごく僅か。これだけのしくじりを犯し、大迷惑をかけまくった村西が、今も愛されるのはこの一面があるからでしょう。

いくら昔の話とはいえ、前科持ちで借金まみれの村西に助力する、TVに出演させるのはリスクがあったはず。それでも声をかける人物が現れたのは彼の人望、劇中の「誰もがあなたの魅力に抗えない」のセリフに集約されています。

犯罪でもない不祥事で姿を消し、今も復活できない芸能人は、そんな部分が大きく欠けているのかもしれません。

一方で薬物使用など犯罪で逮捕されても、社会復帰を遂げ活躍する人物もいます。このドラマにもそういった人物が出演していますが、本人と周囲に良き人間関係が存在するのでしょう。

芸能の世界など、しくじった人間の社会復帰する場所で良いのです。潔癖症のように他人を攻撃する風潮は、劇中で武井の言った「どこまでつまらない世の中になるんだ」の果てに、誕生したものでしょうか。

決して、村西とおるを美化しただけではありません

参考映像:ボブ・ディラン「ライク・ア・ローリング・ストーン」

最終回はボブ・ディランの楽曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」を流し、『全裸監督』シーズン1・2の各エピソードの場面を紹介して終わります。

「ライク・ア・ローリング・ストーン」のタイトルだけで、この歌は村西とおるの人生を表現した、そして今回のエピソードタイトル「石の意志」にかけたものと理解できます。

この歌の歌詞には、もう一つの意味が込められています。歌詞は上流階級で恵まれた暮らしをしいていた女性が、付き合った悪い男に騙され、転落し落ちぶれた姿を描いています。

この歌詞は当時ボブ・ディランが付き合っていたファッションモデルで女優の、イーディ・セジウィックがモデルであるとも言われています。

セジウィックは以前にアンディ・ウォーホルと付き合っていました。1966年にディランと破局するセジウィックをそそのかす悪い男は、ウォーホルがモデルであるとの説があります。

もっとも曲の発表は破局前の1965年、この説は憶測にすぎないとも言われています。しかしセジウィックはその後ドラックに溺れ、1971年に28歳でこの世を去りました。

つまり最後に流れるこの曲は村西だけでは無く「悪い男」に騙された、黒木香に代表されるAV女優たちにこそ、捧げられたと受け取るべき楽曲です。

『全裸監督』シーズン2は、1990年、91年を舞台に村西の周囲で起きた出来事を詰め込み作創造されました。決して村西の言い分だけ鵜呑みにして、村西に都合の良い物語を構築していません。

むしろ村西の語らなかった事を、フィクションの力で描いてみせた作品です。村西に真実を求めてはいけません。彼は、最後まで「村西とおる」であり続けるはずですから。

劇中に登場したエピソードやセリフは、どの人物の何を基にしたのかは、原作本やドキュメンタリー映画、村西の著作で確認できます。興味を持った方はぜひ触れて下さい。

公になった発言や証言、AV業界や性風俗の出来事、日本経済や裏社会の動向などを、パズルのように組み合わせて描いたドラマこそ、『全裸監督』です。

まとめ


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

『全裸監督シーズン2』第8話「石の意志」を紹介して、ドラマは大団円を迎えました。

シーズン2の練り込まれた脚本を手掛けた山田能龍・小寺和久は、今後の活躍を要注目すべき人物であると紹介しておきます。

最後に舞台は1994年に移ります。現実にはこの年に黒木香の転落事故が起き、衛星放送のダイヤモンドチャンネルが放送を開始しました。

そして村西とおるは今も伴侶である、乃木真梨子と結婚した年です。

まだまだ悪あがきの真っ最中で借金も増加中。現実より早くしくじりを終えた山田孝之が演じる村西は、性懲りも無く自らをさらけ出しています。

最後に叫んだセリフは、シーズン1配信後の2020年、村西とおるが発表した書籍のタイトル、「人生、死んでしまいたいときには下を見ろ、俺がいる。 村西とおる魂の言葉」から頂いたもの。

生ける伝説となった怪人物の物語は終了です。このドラマ、実にナイスでした!

『全裸監督シーズン2』第1話は2021年6月24日(木)より配信開始

【連載コラム】「お待たせしました村西です」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介の記事一覧はこちら

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら







関連記事

連載コラム

映画『コントラ』あらすじ感想と考察評価。円井わんと間瀬英正という俳優の存在が大きく心を占めていく|2020SKIPシティ映画祭12

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020エントリー/アンシュル・チョウハン監督作品『コントラ』がオンラインにて映画祭上映。国内コンペティション長編部門で優秀作品賞を受賞! 2004年に埼玉県川口市で誕 …

連載コラム

スーパー戦隊はマンネリなのかを考える②【成長期】ゴーグルファイブからチェンジマン|邦画特撮大全7

連載コラム「邦画特撮大全」第7章 前回は第1作『秘密戦隊ゴレンジャー』(1977)から第5作『太陽戦隊サンバルカン』(1981)までの、スーパー戦隊シリーズ黎明期について分析しました。 今回はシリーズ …

連載コラム

映画『猫、かえる Cat’s Home』あらすじ感想と評価解説。モトーラ世理奈の主演で描く“猫”がつなぐ男女の思い出|インディーズ映画発見伝12

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第12回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝 …

連載コラム

映画『女と銃』あらすじと感想レビュー。女性監督が描く新機軸なフィリピンノワール誕生|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録4

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『女と銃』 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で15回目を迎えます。2020年3月06日(金)から3月15日(日)までの10日間に渡ってアジア全域から寄りす …

連載コラム

映画『ナイトオブシャドー』あらすじネタバレと感想。ジャッキーチェンが魔法拳で妖怪ハンターに⁈|すべての映画はアクションから始まる9

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第9回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学