Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/06/27
Update

全裸監督2|5話ネタバレあらすじ感想と結末解説。ストリップで起死回生の秘策!?シーズン2の見どころ考察

  • Writer :
  • 増田健

「空からエロが降ってくる」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介

2019年8月、Netflixオリジナルドラマとして全世界に配信された『全裸監督シーズン1』。2016年出版の伝説のAV監督・村西とおるを描いたノンフィクション「全裸監督 村西とおる伝」を、虚実交えて映像化した作品が世界を騒然とさせました。

そして待望された人気ドラマの第2シーズンが、2021年6月24日(木)より配信されました。

前回の『シーズン2』第4話で、黒木香と決定的な亀裂が生じた村西とおる。しかし彼の前には、新たな女性が立っていました。

そしていよいよ実現された衛星放送開始。ついにエロが空から降る時代の到来か!?

【連載コラム】「お待たせしました村西です」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介の記事一覧はこちら

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『全裸監督シーズン2』の作品情報


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

【総監督】
武正晴

【監督】
後藤孝太郎

【原作】
本橋信宏

【脚本】
山田能龍、小寺和久

【キャスト】
山田孝之、満島真之介、玉山鉄二、森田望智、恒松祐里、柄本時生、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、渡辺大知、MEGUMI、西内まりや、笠松将、増田有華、吉田栄作、伊原剛志、宮沢りえ、石橋蓮司、室井滋、小雪、ピエール瀧、リリー・フランキー、國村隼

【作品概要】
シーズン1』でAV業界のトップの座へと昇り詰めた村西とおる。時代が平成となったシーズン2では、バブル景気の勢いそのままにAV業界の帝王となり、巨万の富と世間の注目を集めますが、大量制作した企画シリーズ物AVの人気はやがて低迷、女優・黒木香とも疎遠に。

かつての仲間が離れていく中、「空からエロを降らせよう」と衛星放送事業への参入に奔走する村西。やがて絶頂からどん底への転落という、究極のしくじりを経験する彼にはどんな未来が待っているのでしょうか。

村西を演じるのは、カリスマ的怪優となった『ゾッキ』(2021)、『ステップ』(2020)の山田孝之。黒木香役の森田望智を始めシーズン1からの出演者も引き続き出演。新たに恒松祐里・吉田栄作・伊原剛志・宮沢りえ・石橋蓮司・室井滋ら豪華出演陣が加わり、AV業界もバブル経済も共に絶頂から転がり落ちた、狂乱の時代を再現します。

ホテルローヤル』(2020)、『アンダードッグ』(2020)、『銃2020』(2020)の総監督・武正晴のこだわりの演出と美術も見どころ。全てが世界基準のドラマとして製作された、伝説の怪男児の一代記の誕生です。

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

ドラマ『全裸監督シーズン2』第5話「崩壊」のあらすじとネタバレ


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

村西とおる(山田孝之)が本当に、黒木香(森田望智)がいない状況でAVを撮影するのか、それは苦楽を共にした順子(伊藤沙莉)、三田村(柄本時生)、ラグビー後藤(後藤剛範)にも判りかねました。

村西は別室で千葉ミユキ(恒松祐里)をリラックスさせ、撮影に導こうとします。自分のデビュー作は村西に撮って欲しかった、と告白するミユキ。

実現しなければどうした、との問いに、どんな手を使って実現させるつもりだった、と答えるミユキ。その表情に満足した村西は、彼女に”乃木真梨子”の芸名を与えます。

黒木がスタジオから去って行く中、村西と真梨子の撮影は始まりました…。

ついにダイヤモンド衛星チャンネルが開局しました。そのセレモニーでサテライトイースト社代表・海野(伊原剛志)は、村西に花束を贈呈します。

彼を毛嫌いしていた海野は、何かあればすぐに打ち切りだと警告しますが、構わず大声でダイヤモンドチャンネルの放送開始を宣言する村西。

こうして「宇宙からエロが降る」時代が到来しました。しかし順子はダイヤモンド映像から去ることを選びます。皆が別れを惜しむ中、彼女は村西の元に挨拶に向かいます。

様々な言葉を胸にしまい、礼だけを告げて去る順子に対し村西は言葉少なでした。

順子は手狭なマンションで、黒木香と共に暮らしていました。これからは2人で協力して自由に暮らそうと語り合いますが、TVでは歌舞伎町のクラブ襲撃事件を報じていました。

同じニュースを負傷したトシ(満島真之介)とサヤカ(西内まりや)は、ホテルの一室で見ていました。サヤカは荻原(笠松将)たちが探しに来たと気付きます。

別室に飛び込みヤクザの追及を逃れた2人ですが、部屋ではかつてトシと共に村西を支えた川田(玉山鉄二)が、女王様からありがたいお仕置きを頂戴し、羞恥プレイの道を極めていました。

2人きりで撮影を続ける村西と真梨子。村西が彼女に入れ込む姿は他のAV女優の反感を買っていました。それでも2人で過ごす時間は楽しいと真梨子は話しますが、複雑な表情を見せる村西。

編集作業にあたる三田村に、ラグビーから電話が入ります。撮影場所を押さえたはずが金が振り込まれていないとの訴えです。資金繰りが苦しくなっていると三田村も感じていました。

翌日、村西たちは経理の大場(MEGUMI)から説明を受けます。今月の衛星放送費用が5千万足らず、このままでは衛星放送は止まると語る大場。

全ては先行投資であり、視聴料やAVの売り上げが入れば利益を生むはずです。大場の話を聞いた村西は、ともかく不足分の5千万をかき集めようとします。

株価の頭打ちを感じていた赤坂銀行の本田(吉田栄作)の元に、大蔵省から総量規制の通達が入ったとの連絡が入りました。

本田は部下たちに、今すぐ全ての不動産取引への融資を止めろと叫びます。異常な地価高騰を抑える目的で出された通達が、日本経済に大打撃を与えると悟る本田。

そこに融資の追加を求める村西からの電話が入ります。話も聞かずに本田は電話を切りました。支払いの期限は6日後に迫っていました。

すっかり落ちぶれた川田のサファイア映像の事務所に、トシとサヤカは匿われていました。そこにサヤカの母、茂子(室井滋)が現れますが、玄関を開けるなと川田に告げるサヤカ。

このままではヤクザに殺される、娘とやり直したいと泣き落としで訴える茂子。しかし背後には荻原たちが控えています。

その夜、トシの前でサヤカは泣き崩れます。2人で逃げようと言うサヤカに、トシは答えられません。やはりあなたはヤクザに向いていないと告げるサヤカ。翌朝、彼女の姿は消えていました。

川田の元から去ろうとするトシ。そこに萩原たちが踏み込んできます。暴行を加えられたトシは、意識を失います…。

以下、『全裸監督シーズン2』第5話「崩壊」のネタバレ・結末の記載がございます。『全裸監督シーズン2』第5話「崩壊」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

給与の未払い分を三田村が立て替えるなど、ダイヤモンド映像の資金繰りはさらに悪化していました。衛星放送の契約料がそもそも高いと指摘する大場。

大場とコム(渡辺大知)を村西が呼び、未払いの女優のギャラを資金繰りに回せと言いました。渋る大場に、翌月倍にして払うと村西は告げ、コムの貯金も出せと要求します。

意識を取り戻したトシの前に荻原が、そして車椅子姿の古谷(國村隼)がいました。裏切られるのは嫌いだ、と話す古谷はトシに3億出せ、無ければ村西から奪えと告げました。

その意志が無いと見た古谷は、荻原にトシを始末させようとしますが、拉致された川田が代わりに払うと言い出します。お前が払うなら5億だ、と告げる古谷。

4億ならと嘆く川田を見たトシは、包丁を掴み指を詰めて差し出し、これで1億分だ。その代わり今後自分たちに手を出さないでくれ、と懇願します。

古谷はそれを認め、トシと川田は解放されます。2人を見送るヤクザの中に、サヤカとぞの母・茂子の姿もありました。今後どうすると言うトシに、働くしかないと答える川田。

村西は専属女優を集め、ストリップの舞台に立てと説得します。これでギャラは倍増、しかもファンが付くプロモーション活動との説明に、彼女たちはその気になります。

三田村の説明もあり、女優たちは承知しました。しかし村西から行かなくて良い、と言われた真梨子は参加しません。女優たちから孤立しては苦労する、とたしなめる大場。

黒木香は上手くやっていた、と語る大場に、私と黒木は違うと答えた真梨子。より上手く立ち回らないと、との言葉に従い真梨子は皆の後を追い、会社に大場だけが残ります。

軽い気持ちでストリップ劇場にやって来た女優たちに、コーチを務める伝説のストリッパー、2代目・五条ゆりこ(草刈民代)は厳しい言葉を投げつけました。

それが女優たちの心に火を付けました。浅草・ロック座での「村西とおるプロデュース・ストリップ興行」は、彼の司会で幕を開けます。

ベテランの山本奈緒子(冨手麻妙)、江戸川ローマ(増田有華)を中心に、真梨子を加えたAV女優たちのステージは盛り上がります。

村西は観客たちが払った入場料を掴むと、コムの運転する車に飛び乗り、ダイヤモンド映像に戻りました。

しかしそこに大場の姿は無く、会社から金も消えていました。コムの車も走り出します。残された村西は大声で叫びます…。

スポンサーリンク

ドラマ『全裸監督シーズン2』第5話「崩壊」の感想と評価


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

前回の第4話のラストで、黒木香の代役に名乗り出た千葉ミユキ=乃木真梨子。彼女も(AV女優名として)実名で登場する人物です。

後の村西とおるの人生に大きく関わる人物です。フィクションとして仮名、多くの場合複数の人物をモデルに創作された登場人物が登場するドラマで、黒木香と同様に実名で登場する意味と意義のある人物です。

今回も様々な点で実際とは時系列が異なり、「崩壊」にいたる過程も簡略かつ劇的に脚色されていることをご了承下さい。

そしてクライマックスはAV女優たちのストリップショー。浅草のロック座・フランス座といったストリップ劇場には、幕間に芸人がステージに立ったことで有名。ビートたけしもその1人です。

そのストリップ劇場の舞台に、村西とおるを演じる山田孝之が立ち、お馴染みのトークで喋る姿は圧巻。その後のショーと共にじっくりとお楽しみ下さい。

圧巻のストリップショーを楽しもう

このドラマは村西とおるの人生を通じ、日本のAV史を紹介する性格を持っています。資金繰りに苦しむ村西が苦肉の策で始めたAV女優のストリップ出演ですが、実際とは異なります。

日本で本格的なストリップが始まったのは1947年とされています。その後人気を呼び発展を遂げますが、ビニ本やAV同様に警察の摘発とその目を逃れる歴史を繰り広げます。

1984年に改正された風営法が1985年に施行、この取り締まり強化でノーパン喫茶(「シーズン1」に登場しています)も姿を消しますが、ストリップ劇場も影響を受け激減しました。

性風俗も多様化する中、ストリップ女優がポルノ映画やAVに出る、AV女優がストリップに出るという、相互を支えるコラボも生まれます。

特に描かれた時代、AV女優のストリップ出演が増えた1990年代当初は、それを目当てに劇場にお客さんが殺到しました。

今回のエピソードのストリップ劇場のシーンは、ご都合主義的に見えながらも、この当時の熱気を再現したものだとご理解下さい。

また草刈民代が演じた伝説のストリッパー、五条ゆりこは実在の人気ストリッパー、一条さゆりから名を頂戴したものでしょうか。

ストリップで活躍しながらTV番組「11PM」(1965~)に出演、公然猥褻罪で何度も検挙されても争う姿勢を貫いた、「特出しの女王」こと一条さゆりは、70年代には反権力の象徴として女性からも広く支持を集めました。

ある意味で黒木香の先輩のような存在です。彼女には神代辰巳監督の名作ロマンポルノ『一条さゆり 濡れた欲情』(1972)という出演映画もあります。

一条さゆりは1986年、彼女を慕いストリップの世界に入ったポルノ女優・萩尾なおみに名を譲ります。こうして2代目一条さゆりが誕生しました。

2代目もその名を襲名するに相応しい人物で、仕事に誇りを持ち権力に立ち向かう人でした。1988年に初代が放火事件で大火傷を負った際、支援するなど様々なエピソードを持っています。

草刈民代が演じた人物も2代目ですから、この人物をリスペクトしたキャラクターでしょう。様々な活動で知られた2代目一条さゆりは。2020年惜しまれつつ引退を表明しています。

実は経済ドラマでもある『全裸監督』

参考映像:『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』(2007)

日本のAV史を紹介するドラマ、と『全裸監督』を語っていますが、同時に本作は日本の近現代経済史をエンタメの枠内で取り上げた作品でもあります。

様々なひずみを抱えながらもバブル経済の絶頂期であった当時。それは日本人が頑張って働いた結果と思いたいですが、直接の要因は1985年のプラザ合意、苦境のアメリカ経済を救うため主要各国がドル安を容認した事に始まります。

ドル安でアメリカ製商品が売れるはず、同時に急激な円高は日本の輸出業を圧迫し、不況になる…との判断から日本政府は内需拡大政策をとりました。

都市開発や公共事業を進め、民間企業が不動産投資をしやすくなる様に政策金利を引き下げ、その結果土地取引は活発化します。そこに原油価格下落が重なり、円高不況の製造業も回復します。

こうして日本経済イケイケの状況が誕生しました。土地価格は絶対に上がる、高くても買おうとの流れで価格は高騰。余ったお金は株に投資され、株でも土地と同じ価格高騰が起きます。余ったお金は海外に投資…これがバブル経済の正体です。

この状態が続くと土地や株の値段、それこそゴルフ会員権(『シーズン2』第4話参照)の価格は実体からかけ離れ、いずれ暴落するとの警戒感が生まれました。

そこで1990年3月に総量規制、大蔵省から金融機関に対し、土地関連融資を抑制する行政指導が行われます。これで投機熱は一気に冷めます。

同年の8月イラクがクウェートに侵攻、湾岸戦争が勃発し原油価格は上昇します。バブル経済開始後とは真逆の状況が生まれました。

この悪循環が大きくなり、1992年頃には一般の人も不景気を実感し始めます。デフレ時代が到来し、不良債権の整理・金融機関の破綻が相次ぐ、景気が後退する「失われた10年」が到来します。

赤坂銀行の本田が村西を切り棄てたのも、この状況を恐れた結果です。バブル期の日本を描いたコメディ映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』は、この総量規制を阻止して日本を救おうとする設定です。

今も総量規制、そして「失われた10年」の政策が日本をダメにした、と考える人は多いです。しかし投機の過熱はモラルの低下を生み、詐欺に地上げ屋、総会屋といった犯罪が横行し、何らかの規制が必要であったのも確か。

バブル時代はトシが所属するヤクザの世界にとっても、最も華やかな時代でした。トシの周囲で起きる出来事はVシネマ的ですが、同時に時代を背景にした状況とも言えるのです。

まとめ


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

今回新たなミューズ・乃木真梨子を手に入れたものの資金繰りは悪化、苦境を脱しようと奮闘した村西は、決定的裏切りにあいました。

日本経済の歩みと共に登り詰めた村西の野望も、バブルのように弾けるのでしょうか。転落の物語が始まった時、どのような人間模様が展開されるのか。次回『全裸監督2』、乞うご期待です。

ところでAV女優といえど、素人が4時間の特訓で見事なストリップを披露できるとは思えません。こんな状況、映画ではよく見かけますが、現実に上手くいく訳ありません。

アクシデントでいきなり舞台に立って大喝采。カッコいいBGM付きの、数分間の編集済み映像の特訓でチャンピオンになる奴。映画やドラマのお約束です。

それでも、トラックにはねられて死んで転生し、いきなりヒーローになるアニメの「なろう系」の演出より良心的でしょうか。映画やドラマもアニメも、物語にスピードと時短がより一層求められる時代なんですね。

『全裸監督シーズン2』第1話は2021年6月24日(木)より配信開始

【連載コラム】「お待たせしました村西です」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介の記事一覧はこちら

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『ドントイットTHEEND』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。子供が行方不明の未解決事件の20年後の恐怖ホラー|未体験ゾーンの映画たち2020見破録49

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第49回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第49回で紹介するのは、モロッコを舞台にしたモンスター・ホラー映画『ドント・イットTHE END』 …

連載コラム

『影裏』映画と原作小説との違いをネタバレありでラストまで考察。岩手ロケ地とグルメに至るまで郷土愛に満ちた監督のこだわり|永遠の未完成これ完成である8

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第8回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回、紹介するのは、映画『影裏』です。 第157回芥川賞を受賞した、岩手 …

連載コラム

韓国映画『風水師』あらすじと感想レビュー【王の運命を決めた男】は豪華俳優共演のユニークな時代劇|コリアンムービーおすすめ指南15

「風水」が天下を動かす! 最高の運気を宿す地相“明堂”にたどりつくのは誰だ!? 末裔に渡り一族が反映することを望んだ権力者たちが〈最強の土地〉をめぐり争う歴史エンターティンメント『風水師 王の運命を決 …

連載コラム

映画『君が世界のはじまり』ネタバレあり解説レビュー。ブルーハーツと“えん”が描く青春の夜明け前|映画道シカミミ見聞録50

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第50回 こんにちは、森田です。 今回は7月31日(金)よりテアトル新宿ほか全国公開中の映画『君が世界のはじまり』を紹介いたします。 原作はふくだももこ監督の短編小説 …

連載コラム

映画『The Hand of God』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。パオロ・ソレンティーノ監督が描き出す少年の心の成長|Netflixおすすめ映画79

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第79回 映画『The Hand of God』は、イタリアのナポリを舞台に、悲劇に見舞われた少年の葛藤と成長を描いた物語で、ベネチア国際映 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学