Cinemarche

映画ネタバレ・感想・考察サイト

ラブストーリー映画

映画『ぐるりのこと。』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

Entry 2016/12/09| Update

「ステキだな〜!」「めんどうくさい!」「一緒にいたな〜!」

このような夫婦生活の様子を描いた映画は、数え切れないほどありますが、近年公開された邦画で特に秀でた傑作といえば『ぐるりのこと。』。

今回は、橋口亮輔作品が、10年間の夫婦の軌跡を描いた『ぐるりのこと。』をご紹介。

ぐるりのこと。
(C)2008『ぐるりのこと。』プロデューサーズ

スポンサーリンク

映画『ぐるりのこと。』の作品情報

【公開】
2015年(日本)

【脚本・監督】
橋口亮輔

【キャスト】
木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、柄本明、寺田農、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、加瀬亮、新井浩文、片岡礼子、木村祐一、斎藤洋介、峯村リエ、温水洋一、山中崇、光石研、田辺誠一、横山めぐみ

【作品概要】
寡作で知られる橋口亮輔監督が、前作『ハッシュ!』についで6年ぶりにつくった作品。

裁判所のテレビニュース用に挿絵を描く法廷画家の夫と、小さな出版社勤務する妻。

2人のありふれながらも、かけがえのない10年間の愛の軌跡を描いた作品。

初主演作となる木村多江とリリー・フランキーが名演技のエチュードを見せる出世作。

また、名バイプレイヤーの倍賞美津子、柄本明など実力派俳優の演技にも魅了される作品です。

スポンサーリンク

映画『ぐるりのこと。』のあらすじとネタバレ

ぐるりのこと。
(C)2008『ぐるりのこと。』プロデューサーズ

小さな出版社に勤務する妻の佐藤翔子は、しっかり者で明るい性格。一方で、靴修理スタンド勤務の夫の佐藤カナオは、マイペースで女にだらしない性格。

そんな2人は、結婚式も挙げぬまま夫婦となっています。

ある日、カナオは、美術大学時代の夏目先輩と呑み屋に行きます。夏目は、日東テレビ勤務の美術スタッフ。

カナオが後輩であるのを良いことに、1枚7000円という収入の良い法廷画家の仕事に誘うのです。

その夜に遅く帰ったカナオを、しっかり者の翔子は、夜の夫婦生活を色気なくカレンダーにあるように週3回の約束の日だと誘いますが、カナオは色気がないと細々とした要求をします。

やがて、1993年7月、カナオの子どもを、翔子の理想である計画通りに妊娠。

法廷画家の仕事を始めたカナオ。新たな職場のクセの強い同僚たちと出会っていきます。

ベテラン報道記者の安田邦正や、元新聞の風刺漫画家で、今は法廷画家の吉住栄一たちと、かつての美大生の時のように上手く付き合いながら、自分なりの生き方を模索しています。

以下、『ぐるりのこと。』ネタバレ・結末の記載がございます。『ぐるりのこと。』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

しかし、1994年2月、カナオと翔子が暮らす部屋には、生まれてくるはずだった赤ん坊の位牌が寂しげに置かれています。

これをきっかけに、少しずつ翔子の心は精神的に病んでいきます…。

翌年には、新たな子どもを身籠った翔子。前の子どもへの罪悪感からか、自暴自棄で浮かない様子の翔子は、独りよがりな決断で中絶手術を受けてしまいます。

彼女のうつ状態は、ますます闇のように広がります、それはまるで、カナオが、裁判の法廷で見つめる社会不安な事件や、凶悪化する事件と同じくも見えてくるのです。

1997年10月、出版社も辞めてしまい心療内科に通う翔子でしたが、台風の夜に、ついに自分だけでは気持ちを抑え切れずに、カナオに中絶の告白をします。

翔子とカナオは、やっと、お互いの気持ちを2人だけの夫婦でぶつけ合い、新たに絆を確認するのです。

その翌年、尼の住職のお寺に通うようになった翔子は、以前のような精神的な落ち着きをを取り戻す。

そこで住職から、かつて画家の道を志して翔子に、本堂の天井画を描く依頼を受けます。

翔子は、久しぶりに好きな色の画材を選び、自分の描きたいものを見つけていくのです。

そんなある日、元気になった翔子に、親族から頼まれごとを受けます。自分たちを捨てていった父親が末期ガンに犯されようなので、名古屋まで行き様子を見てきてほしいと言うのです。

気の進まない翔子でしたが、カナオは自分も名古屋の裁判所で仕事があるので、名古屋で待ち合わせをして一緒に見舞いに行こうと誘い出します。

名古屋の待ち合わせ場所で、見ず知らずの派手な結婚式を見かけた2人は、悪戯げに金屏風前で2人並んで写真を撮ります。

その報告の家族会議の場で、実は父を裏切ったのは母の波子の方だったと聞かされる。カナオが描いた似顔絵で、夫との対面を果たす波子。

2001年7月、翔子の渾身で描いた本堂の天井画が完成。そして、2人の部屋には、金屏風の前で仲良く並んだ翔子とカナオの写真が飾られいます。

まるで新たに結婚したかのように…。

映画『ぐるりのこと。』の感想と評価

橋口亮輔監督が、結婚から10年の夫婦の歩みを、1990年代の社会情勢と共に描いた作風は、大きな影響を与えた映画があります。

1957年に製作に製作された、木下恵介監督の名作『喜びも悲しみも幾歳月』です。

どちらも作品も夫婦の生活を見つめながら、その時代背景と共に描いていきます。

また、子どもを失ってしまう理由は異なりますが、そのような類似点や、嵐の中で夫婦が絆を深める様子は、同様な構成のひとつと考えても過言ではないでしょう。

橋口監督が尊敬をしてやまない監督の1人が、木下恵介監督。

元記者であった木下監督のジャーナリズムのある作風と、繊細なまでに細かい点をリアルに描いていく様も、橋口作品と木下作品の共通点です。

また、違った観点から見ると、製作された時代と共に夫婦の役割や性格なども興味深いところです。

そんな男女の立場を比較してみるのも面白いかも知れません。

まとめ

ぐるりのこと。

橋口亮輔監督は、自身を見失ってしまった登場人物が、人々との関わりの中でゆっくりと再生する姿を描きました。

それは、「冬来りなば、春遠からじ」という言葉を思い起こします。

花のように春には、「ぐるり」と再生する。人間の強さを感じさせる映画です。

希望を失った妻と、一見頼りないが妻を愛する夫の姿を描いた名作です。

初主演の木村多江は、第51回ブルーリボン賞主演演女優賞、
同じく、初主演のリリー・フランキーも同映画賞新人賞。

2人の演技は、この年の数々の映画賞に輝いた代表作となりました。

スポンサーリンク

関連記事

ラブストーリー映画

映画『3泊4日、5時の鐘』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2016年10月開催された、第29回東京国際映画祭のコンペティション部門にて、新作『雪女』を発表して話題となった杉野希妃監督。 女優や監督として多才ぶりが注目される一方。彼女は若き才能の育成を目的とし …

ラブストーリー映画

映画『巴里のアメリカ人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『巴里のアメリカ人』は、アーサー・フリード、ヴィンセント・ミネリというMGMミュージカルの黄金コンビが、ジーン・ケリーを主役に、新星レスリー・キャロンを迎えて撮った傑作ミュージカルです。 以下、あらす …

ラブストーリー映画

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました! 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『僕らのごはんは明日で待ってる』映画作品情報をどうぞ! …

ラブストーリー映画

映画『カサブランカ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ハンフリー・ボガードとイングリッド・バーグマンが共演した傑作中の傑作『カサブランカ」についてまとめました。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『カサブランカ』映画作品情報をど …

ラブストーリー映画

映画『好きにならずにいられない』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

今回ご紹介する映画は、43歳の愛らしいおデブのフーシが初めて恋をした⁉︎、 2015年に北欧映画でナンバーワンに輝いた、アイスランドの大人のラブストーリー。 映画『好きにならずにはいられない』、ちょっ …