Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/06/25
Update

全裸監督2|1話ネタバレあらすじ感想と結末解説。人気AV女優大集合×ポルノの帝王再び!Netflixドラマのシーズン2を徹底紹介

  • Writer :
  • 増田健

「空からエロが降ってくる」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介

2019年8月、Netflixオリジナルドラマとして全世界に配信された『全裸監督シーズン1』。2016年出版の伝説のAV監督・村西とおるを描いたノンフィクション「全裸監督 村西とおる伝」を虚実交えて映像化した作品です。

TVでは描けぬ過激な描写と、当時の時代の空気を伝える映像と物語のクオリティの高さが話題となり、日本のAV文化の凄さと「馬鹿馬鹿しさ」が世界中の視聴者の注目を集めたシーズン1。

その人気ドラマの第2シーズンが、2021年6月24日(木)より配信されました。

パンツ一丁で「ナイスですね〜!」と叫ぶ、村西監督を演じた山田孝之の姿はお笑い番組のネタとなって、このドラマを見ていない人々にも記憶されました。

コンプライアンスで雁字がらめになった日本の表現にメスを入れる革命的作品『全裸監督』。笑い、ドラマ、青春、バイオレンス、懐かしさ、そしてもちろんエロが盛りだくさんの本作の魅力を解説させて頂きます。

【連載コラム】「お待たせしました村西です」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介の記事一覧はこちら

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『全裸監督シーズン2』の作品情報


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

【総監督】
武正晴

【監督】
後藤孝太郎

【原作】
本橋信宏

【脚本】
山田能龍、小寺和久

【キャスト】
山田孝之、満島真之介、玉山鉄二、森田望智、恒松祐里、柄本時生、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、渡辺大知、MEGUMI、西内まりや、笠松将、増田有華、吉田栄作、伊原剛志、宮沢りえ、石橋蓮司、室井滋、小雪、ピエール瀧、リリー・フランキー、國村隼

【作品概要】
シーズン1』でAV業界のトップの座へと昇り詰めた村西とおる。時代が平成となったシーズン2では、バブル景気の勢いそのままにAV業界の帝王となり、巨万の富と世間の注目を集めますが、大量制作した企画シリーズ物AVの人気は低迷、女優・黒木香とも疎遠に。

しかし勢いを信じた村西は「空からエロを降らせる」野望に憑かれ、衛星放送事業への参入に奔走。新たな出会いと仲間との決別を経験する中で、絶頂からどん底への転落を味わいます。究極のしくじりを経験した彼に、どのような未来が待っているのでしょうか。

村西を演じるのは、カリスマ的怪優となった『ゾッキ』(2021)、『ステップ』(2020)の山田孝之。黒木香役の森田望智を始めシーズン1からの出演者も引き続き出演。新たに恒松祐里・吉田栄作・伊原剛志・宮沢りえ・石橋蓮司・室井滋ら豪華出演陣が加わり、AV業界もバブル経済も共に絶頂から転がり落ちた、狂乱の時代を再現します。

ホテルローヤル』(2020)、『アンダードッグ』(2020)、『銃2020』(2020)の総監督・武正晴のこだわりの演出と美術も見どころ。全てが世界基準のドラマとして製作された、伝説の怪男児の一代記となっています。

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

ドラマ『全裸監督シーズン2』第1話「宇宙からエロが降る」のあらすじとネタバレ


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

インタビューに対し、1800本ものAVを撮った自分こそ、500億円産業に成長したAV業界の歴史そのものと答える村西とおる(山田孝之)。前科6犯・懲役370年・舐めた〇〇〇は3万個と、豪語する彼に立ちふさがるものなどありません。

好き放題に語る村西も、黒木香(森田望智)について聞かれると考えこみます。黒木は村西を自らの創造主と呼んでいました。彼女となら、まだ人類が見たことの無い作品が作れると語る村西。思いは彼女も同じでした。

村西と仲間たちが務めるサファイア映像は喧噪を極めていました。そして1990年(平成2年)が幕を開けます…。

渋谷駅前で選挙カーで演説する、日本社会党党首・土井たか子の隣に車で乗り付け、全日本ナイス党党首として黒木香と登場した村西とおる。今度は選挙に出馬した村西を、警視庁の武井(リリー・フランキー)は苦々しく見つめていました。

村西に近寄ると児童福祉法違反、未成年をAVに出演させた嫌疑があると告げた武井は、自由の意味をはき違えるな、と警告した上で彼を逮捕します。

出演女優が年齢を詐称したと説明し、検事総長にワイロを渡して罪をもみ消す村西の盟友、サファイア映像の川田社長(玉山鉄二)。釈放された村西は川田と武井、ビデオ店チェーン社長の和田(ピエール瀧)と会食しました。

天下り先にビデオ倫理委員会を望んでいる武井は、村西に目立った行動はするなと警告します。会話に割って入り、自分が村西を大人しくさせる、となだめる和田。

ブルセラショップで女子高生が下着を売るのも、村西の影響だと責める武井。そこに赤坂銀行の本田(吉田栄作)から電話がかかってきます。村西に値上がりする港区の土地を買えと持ち掛けます。

武井の本当の狙いは、村西に今後爆発的に普及するはずの、衛星放送業界への参入を勧めることでした。すぐに会うと告げる村西ですが、銀行マンの武井にとっては都合の良いカモのような存在でした。

衛星放送の知識の無かった村西は、武井から説明を聞き放送用の巨大なパラボラアンテナを見て、その壮大なスケールに魅了されました。衛星放送事業への参入準備を武井に進めさせる村西。

そこにヘリコブターが降りてきます。機体から降り立ったのは衛星事業を手掛けるサテライトイースト社の代表、海野(伊原剛志)でした…。

以下、『全裸監督シーズン2』第1話「宇宙からエロが降る」のネタバレ・結末の記載がございます。『全裸監督シーズン2』第1話「宇宙からエロが降る」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

村西を引き合わせようと、赤坂銀行の本田は働きかけますが、海野は興味を示しません。衛星放送事業の利権を握る彼の態度に、かえって野心をかき立てられる村西。

TVで自由奔放に喋る黒木香も時代の寵児でした。TV局に彼女を迎えに来た村西は、プライベートでも彼女と親密な関係を結んでいました。

事を終えた後、黒木に今日見た衛星放送アンテナについて語る村西。自分の望んでいた夢、「空からエロが降ってくる」が叶うかもしれないと話します。

肝心の撮影もそっちのけで、衛星事業の電話に応じる村西の態度はスタッフの反発を買います。それを気にも留めぬ村西は、本田の紹介で海野代表の自宅を訪問しました。

他の来客とパーティー中の海野は、村西たちを待たせ会おうとしません。2人を無視してカーレースゲームに興じる海野の前に、村西は現れます。

村西が自慢のトークでまくしたてても、軽蔑した態度を崩さぬ海野。AV業界を軽視すると時代を掴み損ねると警告し、海野たちは綺麗事で仕事をする連中に過ぎないと叫ぶ村西。

それを聞いた海野と取り巻きたちは大笑いします。ここにいるのは国の経済を支える者だと海野は告げます。AV業界とはスケールが違う世界の住人だと海野はあざ笑います。

俺がポルノで知ってる名前は黒木香だけだ、そう言って村西に帰るよう告げる海野。この顔をよく覚えてくれと言い、自分の名を名乗り帰る村西。

村西の態度を責める本田に、お前の薦める物件は全て買ってやるから、衛星事業に参入する知恵を貸せと、村西は強い口調で告げました。

同じ頃、ヤクザの親分・古谷(國村隼)の仕切る組事務所で、かつての村西の盟友・荒井トシ(満島真之介)は、村西が出演しているTV番組を見ていました…。

スポンサーリンク

ドラマ『全裸監督2』第1話「宇宙からエロが降る」の感想と評価


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

「ナイスですね〜!」の言葉が日本中を席巻した『全裸監督シーズン1』。過激かつ馬鹿馬鹿しくも痛快な内容は、全世界で話題となりました。

日本発のドラマもTVの枠を越えればここまで表現できるんだ、過激にエンターテインメントを追求できるんだ、と教えてくれた点でも意義ある作品でした。

一方当時を知る者であれば、村西とおるを巡るエピソードの省略、時系列の入れ替えがされたと気付いたはず。また実在の人物と異なる名で登場するキャラクターには、大胆な創作が施されています。

特に満島真之介演じる荒井トシは、第1シーズンのラストで裏社会に入りました。第2シーズンを期待させ、より大胆にフィクションを加えると宣言するラストでした。

そして始まった第2シーズン第1話。オープニングのクレジットタイトルがスケールアップ感と笑いを誘う、同時に今後の転落を予感させる壮大なものでした。

村西とおるの豪快人生はこれからが本番です

第1シーズンでは「ビニ本」文化やダサいディスコシーンなど、嬉しくも恥ずかしい80年代文化の再現が話題でした。『新宿タイガー』(2019)も作られた、新宿タイガーさんの闊歩する歌舞伎町の怪しい姿は、世界中から注目を集めました。

大胆に裏社会をドラマに取り入れる事で、エンタメ要素を増した『全裸監督シーズン1』。事実と違うと突っ込ます、ドラマ的に改変しながらも、当時の雰囲気の再現に力を尽くした作品としてお楽しみ下さい。

その姿勢はシーズン2でも健在、パワーアップしていましたからご安心を。当時を知る世代なら爆笑必至、知らない世代ならあの頃がいかに輝いていたか、同時に救いがたい程に愚かであったかを実感できるでしょう。

なおAV業界を舞台にする以上、エンタメ化しても避けては通れない「裏」の部分があります。この第2シーズン第1話で、未成年者出演問題が登場しました。

この件では村西とおるは度々逮捕されており、無視してはいけない話題が逃げずに今回登場しました。無論出演を強要されるだけでなく、出演者側が年齢詐称する例もありますが、厳正に対処せねばならぬ問題です。

アメリカのポルノ業界でも、人気ポルノ女優トレイシー・ローズが未成年であった事が、ポルノ産業全体に大打撃を与えた事件が有名です。一方で未成年の彼女を利用した大人がいたのも確かでした。

その後B級映画に出演し、今も女優として活躍するトレイシー・ローズ。『全裸監督』のファンであれば、興味を持つべき女優として紹介します。

バブル景気末期時代の毒気を味わおう

参考映像:落合信彦 アサヒスーパードライ CM

いきなり栄養ドリンク・リゲインの、「24時間戦えますか」のCMパロディAVが登場して吹き出しました。こうしてドラマの中の90年代が開始されます。

渋谷駅前のシーンは様々なメディアで紹介され話題ですが、土井たか子の選挙カーの登場には笑いました。当時は「土井ブーム(おたかさんブーム)」と呼ばれるほど、人気のあった政治家です。

彼女の活躍と新人女性議員の当選が相次いだ当時、「マドンナブーム」と呼ばれる政治ムーブメントが起きていました。黒木香の存在も、この女性が躍進した時代と無縁ではありません。

伊原剛志が演じる海野代表は、ビールのCMに出たと紹介されます。1987年に今も人気のアサヒスーパードライが発売され、当時はビール戦争と呼ばれる激しい販売合戦が行われていました。

そこで登場したのが、作家・落合信彦が出演のビールのCM。懐かしいと思える人は吹き出す、そうでない方にはダサカッコいいシーンとして注目して下さい。

劇中で黒木香が対談する「芥川賞作家」とは、村上龍でしょうか。当時の風俗を背景にSM嬢など、性風俗産業の女性たちを主人公にした短編集「トパーズ」を1988年に発表しています。

村上龍はこの作品を、自ら監督し『トパーズ』(1991)として映画化しました。この映画は2014年にリバイバル上映され、話題を呼びました。

これらの出来事は、ドラマが描いた当時と微妙に前後する出来事ですが、無論これは時代考証の誤りではなく、時代の空気を伝えるものとして選ばれ再現されたものです。

まとめ


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

自らを過信し、傲慢に振る舞う村西とおる。新たに挑むべき相手を見つけ、更なる挑戦を開始します。しかし足元には、今の地位を揺るがすほころびが見え始めていました。

この後村西を襲う破局は、日本のバブル経済崩壊と重なって映る姿になるでしょう。ドラマの中の彼は誇張されているとはいえ、当時を知る世代なら我が身の姿として映るはずです。

この時代を夢と熱気にあふれた時代ととるか、悪夢のような狂乱の時代ととるか、当時を知らない世代に聞きたいものです。また当時を感じてもらうためにも、若い方々にこのドラマをお薦めしてはいかかでしょうか。

様々な見どころがある『全裸監督シーズン2』第1話「宇宙からエロが降る」。実は一番重要なパロディ(オマージュ?)は、ターザン八木がモデルとされるキャラ、ラグビー後藤が股間を責められるシーンかもしれません。理由ですか?教えませんよ。

『全裸監督シーズン2』第1話は2021年6月24日(木)より配信開始

【連載コラム】「お待たせしました村西です」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介の記事一覧はこちら

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら






関連記事

連載コラム

加納土映画『沈没家族 劇場版』感想と評価。だめ連・素人の乱の系譜から共同保育をとらえる|映画道シカミミ見聞録38

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第38回 こんにちは、森田です。 今回は4/6(土)よりポレポレ東中野にて公開される映画『沈没家族 劇場版』を紹介いたします。 90年代半ばの東京で、あるシングルマザ …

連載コラム

歴代ピーター・パーカーの違いを解説!『スパイダーマンホームカミング』の評価をメインに紐解く|最強アメコミ番付評12

こんにちは、野洲川亮です。 今回は映画『スパイダーマン ホームカミング』を考察していきます。 本作のあらすじや魅力を、歴代のスパイダーマンの個性の違いなども交えて探っていきます。 【連載コラム】『最強 …

連載コラム

鬼滅の刃名言/名シーン最終章の考察|ネタバレ有で無一郎・玄弥の最期と炭治郎VS無惨戦を解説【鬼滅の刃全集中の考察24】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第24回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回も前回記事に引き続き、漫 …

連載コラム

映画『VS狂犬』感想と考察評価レビュー。シッチェス映画祭2020ファンタスティックセレクションからウイルスによって凶暴化した介護犬と戦う少女|SF恐怖映画という名の観覧車126

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile126 サバイバルにおいて生死の境を分けるのは知識の有無であると言われています。 しかし、時に知識の力を遥かに凌駕するのは本人の「生きる意志」。 …

連載コラム

映画『静かな雨』あらすじと感想レビュー。キャスト仲野太賀と衛藤美彩が原作を美しく具現化|フィルメックス2019の映画たち5

第20回東京フィルメックス「コンペティション」観客賞受賞作。 2019年に記念すべき20回目を迎えた東京フィルメックス。令和初となる本映画祭が11月23日から12月1日まで開催されました。 そのコンペ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学