Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/02/19
Update

映画『悪魔のいけにえリターンズ(2022)』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。レザーフェイスが現代に復活!リブート版で見せる新たな一面|Netflix映画おすすめ87

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第87回

「ハロウィン」シリーズや「13日の金曜日」シリーズなど、現代のスラッシャー映画の基礎となった伝説的名作と呼ばれる作品たち。

その中でも「チェーンソー」という凶器によって圧倒的な存在感を放つ「悪魔のいけにえ」シリーズは特に人気の高いシリーズです。

今回はNetflixで独占配信された「悪魔のいけにえ」シリーズの最新作『悪魔のいけにえ -レザーフェイス・リターンズ-』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『悪魔のいけにえ -レザーフェイス・リターンズ-』の作品情報


Netflix『悪魔のいけにえ -レザーフェイス・リターンズ-』

【配信】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Texas Chainsaw Massacre

【監督】
デヴィッド・ブルー・ガルシア

【脚本】
フェデ・アルバレス、ロド・サヤゲス、クリス・トーマス・デヴリン

【キャスト】
サラ・ヤーキン、エルシー・フィッシャー、ジェイコブ・ラティモア、ネル・ハドソン、オルウェン・フエレ、アリス・クリーグ、ウィリアム・ホープ、マーク・バーナム

【作品概要】
トビー・フーパーによって製作された伝説的ホラー映画『悪魔のいけにえ』(1975)から始まった殺人鬼「レザーフェイス」を題材とした映画シリーズ第9弾。

ドント・ブリーズ』(2016)を手掛けたフェデ・アルバレスが脚本として参加し、『ハッピー・デス・デイ 2U』(2019)に出演したサラ・ヤーキンが主演を務めました。

映画『悪魔のいけにえ -レザーフェイス・リターンズ-』のあらすじとネタバレ


Netflix『悪魔のいけにえ -レザーフェイス・リターンズ-』

1973年、テキサスの郊外で5人の男女が人の顔の皮を被った殺人鬼、通称「レザーフェイス」に襲撃され死傷しました。

「テキサスの大虐殺」と呼ばれ有名となったこの事件でしたが、唯一の生存者サリーは事件について詳しく語ることは無く、その後もレザーフェイスは捕まることはありませんでした。

約40年後のテキサス州ハーロウ、ゴーストタウンとなった町の再興を掲げるメロディとその妹ライラ、メロディの親友のダンテとダンテの彼女であるルースはハーロウの町に足を踏み入れます。

町で修理工を営むリヒターや保安官のハサウェイと遭遇し、訝しまれながらも町へと受け入れられたダンテとメロディ。しかし、既に閉鎖済みの「ハーロウ児童養護施設」に白人至上主義を掲げた「アメリカ連合国」の旗がかけられていたことから、午後に行われる競売への影響を恐れ侵入します。

この建物は銀行の差し押さえ物件であり既にダンテが買い取っているはずでしたが、建物内には児童養護施設だった頃の管理人のマック夫人が住んでいました。

ダンテとメロディは権利を自分たちが持っていると言いマックに退去を促しますが、彼女は銀行から権利を買い戻しており自身の所有物であることを主張。

「アメリカ連合国」の旗の件もあり黒人のダンテは苛立ち、ハサウェイを呼び出しマックの強制退去を求めます。

マックは問題行動を繰り返している女性だったこともあり、ハサウェイは部下とともに彼女を連れ出そうとしますが、心臓を弱めているマックはショックによりその場に倒れてしまいます。

建物に隠れ住んでいた児童養護施設で育った巨漢の男はマックに連れ添い、病院に運ぼうとするハサウェイたちの車に同行。

責任を感じるメロディはルースにマックへの同行をお願いし見送ると、町へとやって来た競売参加者の集団をダンテとともに案内し始めます。

田舎町と言うこともあり病院への道のりは長く、マックは護送車の中で息を引き取ります。

マックの死に憤る巨漢の男は怒り狂うとハサウェイとその部下を殺害し、死亡したマックの顔を剥ぎ取り自身に被せ「レザーフェイス」として復活。

同行していたルースは無線で助けを求めますが、レザーフェイスによって腹を裂かれ死亡しました。

その頃、かつて学校で銃の乱射事件に巻き込まれ奇跡的に生き残った過去を持つライラは、町に嫌な雰囲気を覚えていました。

メロディはそんな彼女を心配し競売の終わりと共に都会へと帰ろうとしますが、殺害される前にルースが送信した「マックが死亡した」と言うメッセージに責任を感じダンテを問い詰めました。

権利書が手元にないと言うダンテを連れてメロディは施設内を調べるとマックの部屋に施設の権利書を見つけ、マックの言っていたことが事実であったことを知ります。

すると戻ってきたレザーフェイスによってダンテは口を裂かれ、その様子を見たメロディは咄嗟にベッドの下に逃げ込みました。

レザーフェイスはマックの服を抱きしめると、施設の外から聞こえる競売参加者たちの「町は俺たちのものだ」と言う言葉に激怒し、壁の中に封印していたチェーンソーを取り出しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『悪魔のいけにえ -レザーフェイス・リターンズ-』のネタバレ・結末の記載がございます。『悪魔のいけにえ -レザーフェイス・リターンズ-』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

レザーフェイスがチェーンソーを取り出している間に瀕死のダンテは施設から逃げ出し、リヒターのもとへたどり着くと息を引き取ります。

リヒターは競売の参加者をバスの中へと避難させると、ダンテの逃げてきた道をたどり施設へと侵入しレザーフェイスと交戦。

しかし、レザーフェイスによってガラスの破片を頭に刺されると骨砕き用のハンマーで滅多打ちにされ死亡してしまいます。

施設から逃げ出そうとする際にレザーフェイスと遭遇したメロディは、彼女を探しに来たライラと共に床下から外へと逃げバス内に身を寄せます。

窮地を伝え運転手はバスを走らせますが、バスは道に乗り上げ停車。

すると前方に唯一ある入口からレザーフェイスが運転手を殺害しバスへと乗り込みます。

競売参加者はチェーンソーを持ったレザーフェイスを余興の一つと考え配信を行いますが、レザーフェイスはチェーンソーを用いて競売参加者を次々と惨殺していきます。

バスに乗ってた幾十人もの競売参加者がすべて殺されるなか、メロディとライラはバス内のトイレの個室へと逃げ延び、天窓から外へと脱出。

町の中央通りを走る2人は突如現れた車の後部座席に乗せられます。

運転手の女性は40年前の「テキサスの大虐殺」を生き延びたあと、復讐を考えレザーフェイスを探し続けていたサリーであり、メロディとライラを車に残しレザーフェイスのもとへと向かいます。

サリーと対峙したレザーフェイスでしたが、レザーフェイスは彼女を無視しメロディとライラを襲撃。

サリーはショットガンでレザーフェイスを撃ち、レザーフェイスとサリーは激しい攻防となりますが、レザーフェイスはチェーンソーをサリーの胴体に貫通させると彼女を放り投げます。

サリーを助けようとメロディとライラは車でレザーフェイスに突撃しますが、レザーフェイスに避けられた上に建物に激突しメロディが脚を負傷。

メロディはマックの死に自身の責任があることから自身が狙われていると言いライラを逃がします。

現れたレザーフェイスに謝罪しチェーンソーの爆音の中で死を覚悟するメロディでしたが、ライラがその場に戻りレザーフェイスを煽ります。

レザーフェイスに襲われ窮地に陥るライラを瀕死のサリーが救い、ショットガンで撃たれたレザーフェイスは建物内に逃走。

サリーは息を引き取る前に「戦わなければずっとヤツの影に苦しむ事になる」と言い残し、ショットガンをライラに託し死亡します。

意を決したライラは建物内に入り、レザーフェイスと再び対峙。

チェーンソーによる揺動によってショットガンを手放され、満身創痍となるライラのもとにメロディが駆けつけ、ライラがショットガンを撃ち込み、メロディがチェーンソーで切り裂き、倒れたレザーフェイスは水の中へと沈んで行きました。

夜が明け、サリーの帽子と彼女の持っていた友人たちの写真を拾い上げたライラとメロディはダンテの車へと入り、「自動運転」をオンにし都会へと戻ろうとします。

しかし、突如レザーフェイスが車の窓を割りメロディを掴み出すと彼女の首をチェーンソーで切り落とします。

慟哭するライラは自動運転によってその場を離れていく車にただただ乗っていることしかできませんでした。

その様子を見たレザーフェイスはその場でチェーンソーを勢い良く振り回します。

夕方、チェーンソー持ち、傷を負いながら歩くレザーフェイスは郊外の家へとひとり歩いていきました。

スポンサーリンク

映画『悪魔のいけにえ -レザーフェイス・リターンズ-』の感想と評価


Netflix『悪魔のいけにえ -レザーフェイス・リターンズ-』

チェーンソーの恐怖再び!絶望感の高い完全復活作

「ハロウィン」シリーズの殺人鬼「ブギーマン」は静かに人に近づき殺していき、「13日目の金曜日」の殺人鬼「ジェイソン」は人知を越えた耐久力で生存者を追い詰めます。

「悪魔のいけにえ」の殺人鬼「レザーフェイス」はタフであるとは言え、ジェイソンのような耐久力もブギーマンのような隠密性もありません。

しかし、彼の代名詞とも言える凶器の「チェーンソー」はそのエンジン音ひとつで恐怖に陥れる圧倒的な存在感を放っており、最新作である本作でもチェーンソーの音色は絶望の音を奏でています。

特に中盤のバス内でのシーンは逃げ場のない密室空間とチェーンソーの恐怖が合わさることで唯一無二のホラーシーンとなっており、スラッシャー映画ファンには必見のシーンになっていました。

レザーフェイスの意外な顔が明らかになる「復讐」の作品

本作『悪魔のいけにえ -レザーフェイス・リターンズ-』はシリーズ1作目となる『悪魔のいけにえ』から地続きの物語が展開されます。

初代主人公のサリーを演じたマリリン・バーンズの死去によって同俳優での再登場は叶わなかったものの、本作には初代主人公のサリーが長い時を経て再登場。

サリーによるかつてレザーフェイスによって殺害された友人たちの「復讐」が1つの軸となっている本作ですが、実はメインとなるのはレザーフェイスによる「復讐」劇です。

40年前の事件以降、児童養護施設に身を寄せていたレザーフェイスは大きな問題を起こすことなく、施設の管理人のマック夫人とともに静かな毎日を過ごしていました。

しかし、主人公のメロディたちの勘違いによって夫人が死亡し、レザーフェイスは怒りから封印していたチェーンソーを取り出し殺戮に身を染めます。

本作ではレザーフェイス個人の思想が描かれており、凶行を重ねる恐怖の対象でありながら切なさも同時に残す、新たなレザーフェイスの一面を見ることのできる作品でした。

まとめ

ハロウィン』(2018)や『ターミネーター:ニュー・フェイト』(2019)など、シリーズの初代主人公をカムバックさせる物語が流行となっている映画界。

シリーズ第9弾となる『悪魔のいけにえ -レザーフェイス・リターンズ-』もそんな流行に乗った作品ではあるものの、ただ便乗しただけではなく類似のコンセプトを持つ映画では考えられないような独特な展開を見せてくれます。

その音だけで人々を恐怖に陥れる、チェーンソーを使う殺人鬼レザーフェイス。

彼の目を背けたくなるような凶行に怯えながらも、垣間見える人間性に心が揺さぶられる最新作の完成度をぜひその目で確認してみてください。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

【香取慎吾&白石和彌】『凪待ち』映画ロケ地リポ①。塩釜と石巻で出会った震災の傷痕と縁|凪待つ地をたずね1

連載コラム『凪待つ地をたずね』第1回 監督・白石和彌。俳優・香取慎吾。両雄が初のタッグを組んだ映画にして、震災後の宮城県石巻市を舞台に描かれる重厚なヒューマン・サスペンスドラマ。 それが、2019年6 …

連載コラム

『生まれてよかった』あらすじ感想評価と内容解説。韓国映画が大阪アジアン映画祭にて受賞“来るべき才能賞”の快挙!|OAFF大阪アジアン映画祭2021見聞録5

第16回大阪アジアン映画祭「来るべき才能賞」受賞作 『生まれてよかった』 2021年3月14日(日)、第16回大阪アジアン映画祭が10日間の会期を終え、閉幕しました。グランプリと観客賞をダブル受賞した …

連載コラム

ウルトラマントリガー考察予想|ティガ/ダイナ/ガイアとネタバレ比較!“もう一人のウルトラマン”の可能性を探る【邦画特撮大全90】

連載コラム「邦画特撮大全」第90章 今回の邦画特撮大全は『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』を紹介します。 2021年7月10日(土)より放送開始される『ウルトラマントリガ …

連載コラム

映画『ロケットマンの憂鬱』あらすじと感想。コメディで描かれた恐怖の時代と曲げない信念【バラージュ・レンジェル監督のQ&A収録】2019SKIPシティ映画祭4

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・バラージュ・レンジェル監督作品『ロケットマンの憂鬱』が7月14日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマ …

連載コラム

【VSスターウォーズ】日本SF映画『惑星大戦争』×元ネタ『海底軍艦』の感想比較|おすすめ新作・名作見比べてみた2

連載コラム『おすすめ新作・名作見比べてみた』第2回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第2回のテーマは「スター・ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学