Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2019/11/12
Update

映画『ターミネーター ニュー・フェイト』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ジョンの母親サラ・コナーの登場で新展開は別次元のはじまりに

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『ターミネーター ニュー・フェイト』のネタバレ解説。

未来から送り込まれて来た殺戮ロボットとの戦いを描く、「ターミネーター」シリーズの第6作目の映画『ターミネーター ニュー・フェイト』

大ヒットした『ターミネーター2』の正当な続編に、シリーズ生みの親であるジェームズ・キャメロンが28年ぶりに参加。

シリーズではお馴染みのアーノルド・シュワルツェネッガーに加え、リンダ・ハミルトンも28年ぶりに復帰し展開される、新たな「ターミネーター」の世界を描いた、本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ターミネーター ニュー・フェイト』の作品情報


(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film

【公開】
2019年公開(アメリカ映画)

【原題】
Terminator: Dark Fate

【監督】
ティム・ミラー

【製作】
ジェームズ・キャメロン、デビッド・エリソン

【脚本】
デビッド・ゴイヤー、ジャスティン・ローズ、ビリー・レイ

【キャスト】
リンダ・ハミルトン、アーノルド・シュワルツェネッガー、マッケンジー・デイビス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ、ディエゴ・ボニータ、エドワード・ファーロング

【作品概要】
1984年に低予算で製作され、大ヒットした『ターミネーネーター』と、1991年に公開された『ターミネーネーター2』の正当な続編。

ジェームズ・キャメロンが製作に参加した他、監督は『デッドプール』のティム・ミラー。

主演のアーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトンに加え、2017年のSF大作『ブレードランナー2049』でアンドロイドの娼婦、マリエッティ役を演じたマッケンジー・デイビスや、人気TVシリーズ『エージェント・オブ・シールド』でゴースト・ライダー役を演じ、人気急上昇中のガブリエル・ルナが出演。

映画『ターミネーター ニュー・フェイト』あらすじとネタバレ


(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film
人類が滅亡を迎える「審判の日」を回避した2020年のメキシコ。

タイムマシンにより、女性戦士「グレイス」が送り込まれてきます。

グレイスは、騒ぎを聞いて駆け付けたメキシコの警察を瞬時に倒し、その場にいたカップルから服と車を奪い逃走します。

メキシコの工場に、弟のディエゴと勤務している女性ダニーは、父親と弟に朝食を作り工場へ出勤します。

ダニーが出勤した後、新型ターミネーター「REV-9」が時空を超えて現れます。

REV-9は、ダニーを探しているようでした。

ダニーとディエゴが勤務している工場に、2人の父親が訪ねてきます。

「ダニーに弁当を届けに来た」と言う父親を、ディエゴが怪しんでいると、ダニーを発見した父親がREV-9に姿を変えます。

明らかにダニー殺害を狙っているREV-9。

そこへ、工場に潜入していたグレイスが現れ、REV-9に応戦します。

全く状況が掴めないダニーですが、グレイスに促され、ディエゴと共に工場から車で逃げ出します。

ですが、REV-9も大型トラックに乗り込み追いかけてきた為、ハイウェイで激しいカーチェイスを繰り広げます。

REV-9は強力なパワーを持つ内骨格と、液体金属である外側を分離できる能力を持っており、戦いの中でディエゴは死亡しグレイスも負傷します。

REV-9に追い詰められ、絶体絶命の状況に陥るダニーとグレイスの前に、1台の車が現れます。

中から現れた女性は、REV-9に強力な武器を打ち込み、激しい爆発でREV-9を一時戦闘不能状態にします。

REV-9を完全に破壊する為、ダニーとグレイスに「待っていろ」と話すその女性は、「審判の日」以降、人類の指導者となるはずだった、ジョン・コナーの母親「サラ・コナー」でした。


(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ターミネーター ニュー・フェイト』ネタバレ・結末の記載がございます。『ターミネーター ニュー・フェイト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

REV-9を完全破壊しようとするサラを「信用できない」と判断したグレイスは、サラの車を盗み、ダニーを連れて逃走します。

グレイスは、ターミネーターに対抗する為、自ら志願して自身の体を強化していますが、激しい新陳代謝から、体力を消耗し意識を失います。

薬局に逃げ込み、グレイスに必要な薬を入手し、逃げようとするダニーの前に、再びサラが現れ、2人を助けます。

サラの隠れ家に身を隠し、意識を取り戻したグレイスは、サラが1998年に、スカイネットから送られて来た新たなターミネータに、息子のジョンを殺された事を聞きます。

それ以降サラは、謎の人物から送られてくるメールで、ターミネーターが出現する地点を知り、そこへ向かいターミネーターを破壊する事を生き甲斐にしていました。

その為、REV-9が現れる地点も知っていたのです。

グレイスは、スマホの情報から、サラにメールを送る謎の人物の位置を探り、テキサス州にいる事を突き止めます。

その位置情報は、グレイスが過去に送られる前に、リーダーに刻まれたタトゥーと同じ場所でした。

グレイスとダニー、サラは謎の人物がいるとされる場所を目指し、メキシコと米国の国境へと向かいます。

道中、グレイスが2042年から送られて来た理由を聞かされます。

2042年では、スカイネットが消滅し、ジョン・コナーも存在しませんが、新たな戦争用人工知能によって作られた「リージョン」という機械軍団によって、人類は滅亡へ向かい、追い詰められていました。

そこへ、人類の救世主として登場したのがダニーで、「リージョン」は2020年のダニーを消す為に、REV-9を送り込んで来たのです。

グレイスの任務は、2020年のダニーを守る事でした。

メキシコと米国の国境へと到着したグレイスとダニー、サラですが、米国国境警備隊に不正入国として捕まり、留置所へ送られます。

その留置所で、警備隊に紛れ込んでいたREV-9が現れ、ダニーの命を狙いますが、グレイスが応戦します。

留置所から逃げ出したダニーとグレイスは、サラと3人でヘリコプターに乗り込み、REV-9を振り切ります。

ヘリコプターで、メールの送り主の場所まで到着した3人。

姿を見せたのは、ジョンを殺害した、スカイネット社のターミネーター「T-800」でした。

ジョンを殺害したT-800は、その後、ある母子と出会い、父親として暮らす中で、人の心を理解できるようになっていました。

T-800は、サラに新たな生きがいを与える為に、ターミネーターの転送場所を教えていたのです。

サラへの罪滅ぼしの為に、共にREV-9と戦う事を希望するT-800。

サラは怒りを押し殺して、しばらく共闘する事にします。

あらゆる武器が通用しない、REV-9を破壊する唯一の方法は、REV-9の中の核デバイスを爆発させる程、強力な威力を持つ兵器でした。

サラは、友人であるディーン少佐に、REV-9に対抗する為の兵器である「EMP(電磁パルス)」を要請します。

ディーン少佐との取引の現場に向かった、グレイスとダニー、サラ、そしてT-800。

ですが、そこへREV-9が現れます。

グレイス、ダニー、サラ、T-800は飛び立つ輸送機に逃げ込みますが、追ってきたREV-9も乗り込んできます、

戦いの末、REV-9を振り落としますが、その結果「EMP」が使用不能となってしまいます。

絶望に陥るダニーに、グレイスは「ダニーが人類のリーダーである事」「幼いグレイスを引き取り、育ててくれたのがダニーである事」を伝えます。

そこへ、REV-9が軍用機を使い、輸送機に再び乗り込んできます。

グレイス、ダニー、サラを脱出用のパラシュート車両に乗せ、T-800はREV-9を飛行機ごとナパーム弾で吹き飛ばします。

水力発電所に逃げ込んだグレイス、ダニー、サラは、合流したT-800と共に、追いかけて来たREV-9と戦闘を開始します。

T-800とグレイスは協力して、REV-9を水力発電所の回転タービンに巻き込み、装置ごと爆破します。

T-800とグレイスは行動不能になるほどの大きなダメージを受けますが、液体金属の外側が破壊され、骨格だけになったREV-9が姿を見せます。

絶体絶命のピンチですが、グレイスの体内に埋められている動力源で、REV-9を破壊できる事が判明します。

動力源を失うとグレイスも命を失う事になる為、ダニーは拒否しますが、グレイスの説得で決心し、グレイスの体内から動力源となっていた兵器を取り出します。

ダニーはREV-9に、動力源となっていた兵器を埋め込もうとしますが、REV-9の圧倒的な力の前に圧倒されます。

REV-9に首を絞められ、絶命寸前となるダニー、その状況を目の当たりにしたサラが、T-800に助けを求めます。

サラの叫びで再び動き出したT-800は、REV-9と戦い、グレイスの動力源となっていた兵器を突き刺します。

それでもダニーの命を狙うREV-9を、T-800は溶鉱炉跡へ道連れにしREV-9を破壊、T-800も完全に停止します。

数日後、公園で遊ぶ幼いグレイスを眺めるダニーは「二度と、あなたを殺さない」と誓い、サラと共に去っていくのでした。

スポンサーリンク

映画『ターミネーター ニュー・フェイト』感想と評価


(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film
1984年に低予算で製作されながらも大ヒットしたSF作品『ターミネーター』。

アーノルド・シュワルツェネッガーの、出世作としても知れていますね。

その7年後の1991年に『ターミネーター』の15倍とも言われる製作費で、当時の最新技術を実験的に使用し、SF映画の新たな扉を開いた作品『ターミネーター2』。

「SF映画の金字塔」とも呼ばれる「ターミネーター」シリーズは、映画史に残る作品と言っても過言ではありません。

その後も、続編となる2003年の『ターミネーター3』、2009年の『ターミネーター4』、そして「ターミネーター」を新たな解釈で再構築した2015年の『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』とシリーズが制作され、テレビドラマでも『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』が放送されるなど、人気シリーズとなっていきました。

ですが、『ターミネーター』の生みの親であるジェームズ・キャメロンは、『ターミネーター』の権利を、当時の妻だったゲイル・アン・ハードに1ドルで売却したという話があり、『ターミネーター3』からはシリーズに関わっていませんでした。

ですが、米著作権法で2019年に『ターミネーター』の権利がジェームズ・キャメロンに戻った事で、『ターミネーター ニュー・フェイト』は、『ターミネーター2』の直結の続編として、ジェームズ・キャメロンが製作に携わり、『ターミネーター』『ターミネーター2』で主人公のサラ・コナーを演じた、リンダ・ハミルトンが復帰した事で話題になっている作品です。

『ターミネーター2』の直結の続編と聞くと、「審判の日」を回避したジョン・コナーのその後を描いた『ターミネーター3』や、人類とスカイネットの全面戦争が行われている、未来の世界を舞台にした『ターミネーター4』は無かった事になるのか?というと、そうではありません。

『ターミネーター ニュー・フェイト』は、これまでのシリーズで描かれてきた「スカイネットが未来を支配した世界」とは、別の時間軸の物語になっています。

その事を印象付ける要素として、これまで「ターミネーター」シリーズの最重要人物だった、未来の救世主ジョン・コナーは、映画上映開始40秒で、いなくなります。

これは、ジェームズ・キャメロンのアイデアで「シリーズで神格化されたジョン・コナーを退場させる事で、これまでのシリーズへの先入観を排除する」という目的があった事を語っています。

ジョン・コナーがいなくなった未来では「スカイネット」に代わり「リージョン」という機械軍団が、人類の破滅を目論んでおり、「リージョン」と未来で戦っている女戦士グレイスが送り込まれてくる事で始まる、新たな「ターミネーター」の物語となっています。

ですが作品の内容は、これまで同様、未来から送られて来た殺戮マシーンからの逃亡劇となっており、『ターミネーター4』や『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』と比較すると、原点回帰とも呼べる内容になっています。

作品前半で工場を舞台にした戦いを見せた後に、一転してハイウェイでのカーチェイスが展開される流れは、『ターミネーター』のクライマックスと、『ターミネーター2』の前半場面を彷彿とさせます。

本作の敵であるREV-9も『ターミネーター』の敵だった、T-800の骨格から『ターミネーター2』の敵である、T-1000型のような液体金属のコピーを生み出す、1作目と2作目の敵を融合させたような能力を持っており、合体と分離を繰り返す戦い方は、見ていて非常に面白いです。

シリーズ全作に登場している、アーノルド・シュワルツェネッガーもT-800役で登場。

28年ぶりのサラ・コナーを演じるリンダ・ハミルトンと共に、EV-9との激しい戦いを見せます。

このように、『ターミネーター ニュー・フェイト』は、1作目と2作目を受け継ぎながら、監督のティム・ミラーは新たな「ターミネーター」の世界を作り出しており、ジョン・コナー不在で「ターミネーター」の世界を描くというアイデアは、生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作に関わったからこそ、生まれたアイデアと言えます。

ちなみに、本作に登場する強化人間、グレイスは『攻殻機動隊』の影響を受けている事を、監督のティム・ミラーは語っており、これも、これまでの「ターミネーター」の世界を破壊したからこそ、登場させる事ができたキャラクターです。

新たに生まれ変わった世界を見せる『ターミネーター ニュー・フェイト』。

その内容は殺戮マシーンがもたらす絶望に、人類の希望で対抗する「ターミネーター」シリーズならではの作品となっています。

まとめ


(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film
『ターミネーター ニュー・フェイト』で描かれているテーマは、人種差別への批判であり、現在のアメリカが抱えている問題でもあります。

メキシコから始まる本作の物語は、メキシコ国境の移民抑制を推し進める、トランプ政権への批判が込められています。

また、人間と機械、強化人間が、人類の希望を根絶やしにしようとする殺戮マシーンと戦う展開は、人種を超えて手を結び、真なる敵を見極めて戦う必要性を訴えており、作中でダニーが語る「私たちを争わせて滅ぼす事が、奴らの目的だ」というセリフにも、その想いは込められています。

「ターミネーター」シリーズには、強いメッセージが込められており、ただのSF作品では終わらない点が、人気シリーズとなった要素です。

『ターミネーター ニュー・フェイト』を楽しむ為には、最低限『ターミネーター』と『ターミネーター2』を鑑賞しておく必要がありますが、『ターミネーター』と『ターミネーター2』は本当に名作なので、まだ未鑑賞の映画ファンの方がいるならば、今すぐご覧になる事を強くおススメします。

関連記事

SF映画

映画『2001年宇宙の旅』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

「この作品は、知的言語化を避け、本質的に詩的で哲学的な方法で観る者の潜在意識に届く」スタンリー・キューブリック(1969) SF映画のオールタイム・ベスト『2001年宇宙の旅』をご紹介します。 スポン …

SF映画

映画レディ・プレイヤー1の感想。ガンダムなど登場キャラクターを33個調査報告!

ハリウッドきってのヒットメイカーであるスティーブン・スピルバーグ監督が、アーネスト・クラインのベストセラー小説『ゲームウォーズ』を完全映画化。『レディ・プレイヤー1』は、4月20日(金)GW全国ロード …

SF映画

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』あらすじとキャスト一覧。リュック・ベッソン紹介も

映画「スター・ウォーズ」シリーズにも影響を与えたとされる、名作SFコミックをリュック・ベッソン監督がついに実写映画化! 恋をしながら世界の凶悪な陰謀に立ち向かう王道ストーリー!! 斬新でかつ幻想的な映 …

SF映画

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじと感想レビュー!

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』は、6月29日(金)より全国ロードショー。 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に続くスター・ウォーズシリーズ公式スピンオフ作品第2弾。 シリ …

SF映画

『アリータ:バトル・エンジェル』ネタバレ感想と評価。悲願の映画化にキャメロンは製作にまわるもロドリゲス監督とのコンビは最強に⁈

映画『アリータ:バトルエンジェル』2019年2月22日よりロードショー! 『アバター』『タイタニック』のジェームズ・キャメロンがプロデュースして、「シン・シティ」シリーズのロバート・ロドリゲスが監督し …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP