Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2017/12/21
Update

映画『アンダー・ザ・ウォーター』あらすじとキャスト。人類の結末はいかに?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催される「未体験ゾーンの映画たち2018」

そこで上映される1本が映画『アンダー・ザ・ウォーター』

海面上昇により地上のほとんどが海水に沈み、多くの動植物が絶滅。ある女性科学者の研究成果を奪取の密命を受けたファン大尉は、特殊技術で自分の分身をタイムトラベルで過去に送り込むが…。

スポンサーリンク

1.映画『アンダー・ザ・ウォーター』の作品情報


© 2017 SF STUDIOS PRODUCTION APS, SF STUDIOS PRODUCTION AB, YELLOW FILM & TV OY

【公開】
2018年(スウェーデン・デンマーク・フィンランド合作映画)

【原題】
QEDA(英題:MAN DIVEDED)

【原案・監督】
マックス・ケストナー

【キャスト】
カーステン・ビィヤーンルン、ソフィア・ヘリン、ジョゼフ・マウル

【作品概要】
大地のほとんどが海に沈んだ地球を救うべく過去にタイムスリップした男の奮闘を描く北欧製SFサスペンス。

テレビドラマ『THE KILLING キリング』や映画『エージェントID:A』のカーステン・ビィヤーンルン、テレビドラマ『THE BRIDGE ブリッジ』や映画『アーン 鋼の騎士団』のソフィア・ヘリンの共演。

ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2018」にて上映作品。

2.映画『アンダー・ザ・ウォーター』のあらすじ


© 2017 SF STUDIOS PRODUCTION APS, SF STUDIOS PRODUCTION AB, YELLOW FILM & TV OY

海に沈んでしまった世界…、人類はどう生きるのか?

2095年…。海面の上昇で大陸の多くは海に沈み、動物や植物のほとんどは「塩病」にかかり絶滅していました。

真水は貴重品となり、もはや人類が滅亡するのも時間の問題でした。

わずかな残された希望は、ある女性科学者の存在。

海水を真水に変える研究で成果を上げたと言われるが、それは発表されることなく、2017年に飛行機事故で命を落としていました。

「なんとしても研究結果を入手せよ」と、政府の密命を受けるファン・ルン大尉。

彼は特殊技術で生み出された“QEDA”と呼ばれる自らの分身を、2017年へとタイムスリップさせます。

しかし分身が過去へとたどり着き女性科学者に接触した直後、通信が途絶えてしまいます。

果して過去で何が起きたのか…。人類は生き残ることができるのか…?


© 2017 SF STUDIOS PRODUCTION APS, SF STUDIOS PRODUCTION AB, YELLOW FILM & TV OY

スポンサーリンク

3.映画『アンダー・ザ・ウォーター』の感想と評価


© 2017 SF STUDIOS PRODUCTION APS, SF STUDIOS PRODUCTION AB, YELLOW FILM & TV OY
本作『アンダー・ザ・ウォーター』は、海面上昇で大陸のほとんどが海に沈んだ世界から始まり、その未来無き世界を救うためにタイムスリップした男の運命を描く、北欧各国が集結して生み出したSFサスペンス映画。

特集上映「未体験ゾーンの映画たち2018」にて、2018年1月6日(土)より公開される、映画ファン要注目の作品です。

北欧の温暖化に伴う海面上昇、それによって滅亡の危機にさらされる人類。

近い将来起こりうるかもしれない現実味のある脅威を独自の世界観で描き出したのは、北欧デンマーク出身の俊英マックス・ケストナー監督。

そしてキャスティングは、ハリウッドでもリメイクされた大ヒット北欧ミステリー『THE KILLING/キリング』などで知られるカーステン・ ビィヤーンルン。

同じくヒット作『THE BRIDGE/ブリッジ』で主人公を演じたソフィア・ヘリンたち、北欧を代表する俳優陣が共演しています。

時空移動や大陸沈没、また分身などといったSFファン垂涎の魅力ある仕掛け満載の内容は、あなたをきっと魅了ことするでしょう。

果たしてファン・ルン大尉は歴史を変え、人類を救えるのか!?


© 2017 SF STUDIOS PRODUCTION APS, SF STUDIOS PRODUCTION AB, YELLOW FILM & TV OY

まとめ


© 2017 SF STUDIOS PRODUCTION APS, SF STUDIOS PRODUCTION AB, YELLOW FILM & TV OY

北欧映画ファンなら誰もが知る映画に、ダーグル・カウリ監督の2004年公開『氷の国のノイ』や2016年公開の『好きにならずにいられない』がありますね。

また、ラース・フォン・トリアー製作総指揮、ニコライ・アーセル監督の2013年公開の『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』を見たことがある人もいるはずです。

これらの作品で北欧の特有の空気感や人物たちを内なる心境を捉えたキャメラマンは、ラスムス・ビデベック

スティーブン・キング原作の映画化の『ダークタワー』でも、ラスムス・ビデベックはキャメラを担当しています。

ぜひ、本作『アンダー・ザ・ウォーター』で、その映像美の腕前をいち早くチェックしておいた方が良いですよ。

2018年1月6日(土) より、ヒューマントラストシネマ渋谷「未体験ゾーンの映画たち2018」ほか順次公開です。

ぜひ、お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

SF映画

スパイダーマンカフェ映画公開記念!開催日時は?六本木ヒルズにて

映画『スパイダーマン・ホームカミング』公開を記念して、 六本木ヒルズにあるカフェスペースが期間限定で「スパイダーマンカフェ」に変身します。 マーベルファンやスパイダーマンファンなら注目ですよ! スポン …

SF映画

実写映画『いぬやしき』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

想像を絶する映像トリップ!映画『いぬやしき』2018年4月20日(金)全国東宝系ロードショー! 『GANTZ』二部作で組んだ佐藤信介監督と原作奥浩哉のコンビが再びタッグを組み同題コミックを映画化したS …

SF映画

映画『ジュピターズ・ムーン』感想。浮遊の評価とラスト結末の考察は

映画『ジュピターズ・ムーン』は1月27日より全国順次公開。 コーネル・ムンドルッツォ監督は、前作で犬たちと少女の対峙を描いた『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』に引き続き、信頼をテーマに3部作の2作 …

SF映画

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のキャストはガチ全滅するのか?

マーベルコミック原作のヒーロー・チームが、地球の危機を救う為に戦う「アベンジャーズ」シリーズ第3弾。 宇宙の運命を握る、6つのインフィニティ・ストーンを巡り、最強の敵サノスとの争奪戦を描いた『アベンジ …

SF映画

映画『ザ・シェル第三次大戦』あらすじ解説。 DVDレンタルと発売日

アンドロイドの身体=シェルを装着した女性軍曹。自分の肉体に戻れなくなった彼女の運命とは? サスペンスあり、またSFスリラー要素も加わって、最後まで途切れない緊迫感はSFファンを魅了! 2017年12月 …

日本映画大学
ニューシネマワークショップ
アルビノの木
映画『タクシー運転手〜〜約束は海を越えて』