Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2019/08/09
Update

映画『アップグレード』あらすじネタバレと感想。ラスト結末はリー・ワネルがひねりを加えた見事なエンディング!

  • Writer :
  • 奈香じゅん

『ゲット・アウト』のジェイソン・ブラムが製作した映画『アップグレード』

『アップグレード』は、「ソウ」シリーズや「インシディアス」シリーズの脚本を書いたことで知られるリー・ワネルの監督作品

AIが進化した近未来を舞台に復讐に燃える男性を描いたSF・アクションスリラーです。

80年代の『ターミネーター』(1985) や『ロボ・コップ』(1988) を彷彿とさせる、クリエイティブな物語と独創的なアクションシーンが話題を呼んでいます。

主演は『プロメテウス』のローガン・マーシャル=グリーン。

スポンサーリンク

映画『アップグレード』の作品情報


© BH Tilt

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Upgrade

【監督】
リー・ワネル

【キャスト】
ローガン・マーシャル=グリーン、ベティ・ガブリエル、ハリソン・ギルバートソン、ベネディクト・ハーディ、リチャード・カウトーン、メラニー・パレイヨ

【作品概要】
『アップグレード』は、リー・ワネルにとって『インシディアス3』に続き2度目の長編映画監督作品です。製作はヒットメーカーのブラムハウス・プロダクション。本作は批評家から高評価を獲得し、サウス・バイ・サウスウェスト映画祭で観客賞を受賞しています。

映画『アップグレード』のあらすじとネタバレ


Photo by Stefan Duscio – © Universal Pictures

メカニックのグレイ・トレースは、顧客である天才発明家エロン・キーンの車を修理。車を届けた帰りに足が必要な為、妻・アシャに頼み一緒に行ってもらいます。

エロンの家は地下に建造されており、最先端の機能を装備しています。グレイとアシャが到着すると、エロンは自分が作ったステムと呼ばれるコンピューター・チップを2人に見せ、全てを可能にする最先端の脳だと説明します。

自動運転車で帰路に着いたグレイとアシャですが、自宅とは反対の方角へ向かっていることに気が付きます。搭載されたAIは機能不全に陥り交通事故を引き起こします。

そこへ複数の男達が現れ夫婦を襲います。AIの緊急通報に応じたドローンが上空を飛行する中、アシャは射殺されグレイも背中を撃たれます。

脊髄を損傷したグレイは身動きが取れず、救急車のサイレンを聞きながらアシャが自分を見つめたまま息絶える所を目にし涙を流します。

四肢麻痺となったグレイは車いすの生活を余儀なくされ、薬の服用も自宅のAIに頼る生活。

ドローンが録画した事件当時の映像では犯人の特定が出来ないとコルテス刑事から聞かされ、グレイは更に落ち込んでいきます。

グレイは自宅のAIに薬剤の過剰摂取をさせ、病院へ搬送されます。絶望するグレイを見舞いに訪れたエロンは、ステムを埋め込めばまた歩けるようになると話します。

生きる希望を失ったグレイに対し、「アシャなら何を望むだろう?」そうエロンは言い残します。

グレイはステムを受け入れる手術を決意。全く動かせなかった指が動き、車椅子から立ち上がったグレイは、一歩踏み出します。

エロンは機密保持契約への署名をグレイに求め、対外的にはこれまで通り車椅子の生活をするよう忠告します。

自宅へ戻るとコルテス刑事から事件資料が届いていました。グレイがドローンの録画映像を見ていると、突然頭の中で「見せたいものがある」そう声が聞こえます。

自分が正気を失ったと思うグレイですが、自分に話し掛けているのはステムだと気が付きます。

ステムはグレイとだけ交流できるオペレーション・システムだと分かり、その指摘を聞いて見ることにします。

ステムは録画映像を解析。アシャを射殺した男は腕の中に埋め込んだ銃を使用し、別の男の手首には刺青がしてあります。

更に、ステムはぼやけた画像を復元。グレイの手を操り紙に刺青の絵を描きはじめます。

軍人が入れる刺青から、サークという名の元海兵隊で血液型O、カトリック教徒、そして登録住所も判明。

グレイは犯人の1人を特定できたとコルテス刑事に伝えようとしますが、ステムは、自分について口外せずに説得できる証拠は無く、警察に通報する前に男が犯人であることを先ず確かめるべきだと助言します。

グレイは車椅子でサークの家へ行き、カギをこじ開けて侵入。履歴に残っていたサーク当てのメッセージから地域のバーに手掛かりがあることが分かります。

そこへサークが自宅に戻ってきます。グレイに飛び掛かったサークは、自分が襲った相手だと気が付きグレイを殺そうとします。

グレイはステムに助けを求めますが、ステムは許可が要ると答えます。許可を与えると言った途端、グレイの体は驚異的な身体能力を発揮。

グレイは、自分の意思とは関係なく体が勝手に動いてサークを攻撃するのを見ながらおののきます。

台所へ投げ飛ばされたサークがナイフを握ると、グレイは「ナイフを持ったぞ!」と怯えて叫びステムに忠告。

「こっちにもあるよ」とステムが言ったそばから、ナイフを掴んだグレイがサークを刺殺。グレイは人を殺害したことに動揺します。

ステムに助言を求めると、家の中からグレイの指紋を全てふき取るよう助言します。

何に触れたのか分からないと言うグレイに、ステムは、グレイが触った物全ての記録があると答えます。

警察の検視官から呼び出されたコルテス刑事は、サークの体に医療的に埋め込まれたコンピューターや筋肉内の銃を見せられます。

ステムの動向を追跡したエロンは自分の発明が漏れることを危惧し、グレイに苛立ちを露わにします。

更に、グレイからステムが独自の思考を有していると聞いて驚きの表情を浮かべ、これ以上事件の捜査はしないようグレイに釘を刺します。

しかし、妻を殺害した首謀者を探す為、グレイはサークの家で知ったバーを訪れます。

以下、『アップグレード』ネタバレ・結末の記載がございます。『アップグレード』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


Photo by Stefan Duscio – © Universal Pictures

そこに居合わせたもう1人の強盗犯をステムに命じて痛めつけ、グループのリーダーであるフィスクがアシャを殺したことを突き止めます。

自分の警告を無視したことに気づいたエロンが遠隔操作でステムの停止作業に取り掛かり、グレイは少しずつ体が動けなくなります。

ステムは近所に居るハッカーの住所へグレイを誘導。その頃、フィスクがバーを訪れ仲間が殺害されているのを発見します。

遺体の目にアクセスして録画映像を入手したフィスクは、自分の唾液に含まれた超ミクロのナイフをクシャミで放出してバーのオーナーを殺害。ハッカーの家に向かったグレイを追い掛けます。

ステムが完全に停止し、グレイは元の全身麻痺状態に戻ってしまいますが、ハッカーがステムのプログラムコードに変更を加えて再起動に成功し、フィスクの到着前にグレイは逃走します。

事件に関与したと思われる容疑者の特定を進めていたコルテスは、次々に元軍人たちが殺され、その付近を撮ったドローンの映像にグレイが映っているのを発見します。

コルテスの訪問を受けたグレイは知らぬ振りをしますが、刑事は疑いを払しょくできません。

ハッカーの手が加わりグレイの許可が必要なくなったステムはデータベースにアクセスしてフィスクの居場所を特定します。

そして、フィスクを先に始末しなければ、自分達の命が危ないとグレイを説得。

フィスクの家に侵入したグレイは、狙われていたのは最初から自分であり、アシャは単に巻き込まれただけだと知ります。

フィスクは、チップを埋め込まれたことによりグレイがアップグレードしたと言い、自分達の仲間になれと勧誘。

怒ったグレイはフィスクに向けて発砲しますが、全てかわされます。そして、ステムの動きを予測して攻撃を回避するフィスクはグレイを嘲笑います。

グレイの眼前に手をかざし発砲しようとするフィスクに対し、ステムは戦闘オプションを使い果たしたので、グレイに何とかしろと言います。

グレイは、フィスクの弟であるサークを殺害したことに触れ、子供のように泣いたサークは軍人ではなかったと敢えて挑発。動揺したフィスクに一瞬隙が出来、ステムがすかさずフィスクを撃退します。

ステムはフィスクの電話記録を調べるよう助言。エロンが早くグレイを殺すよう指示するメッセージを聞いたグレイの表情が一変します。ステムは、本当の敵を仕留めようとグレイに声を掛けます。

エロンの家へやって来たグレイをコルテスも待ち受けていました。グレイを拘束しようとしたコルテスの首を絞める自分の体を抑えようとするグレイは、コルテスだけは殺すなとステムに言いながらナイフで自分の手を刺します。

しかし、ステムは更にコルテスを襲い、グレイはコルテスに自分を止めて欲しいと懇願します。

コルテスがテーザー銃を押し付け、グレイは一時的に気を失います。目覚めると、エロンが銃を向けていました。

エロンは、自分が企業の代表ではないと打ち明けます。自分が開発したステムにいつしか従属するようにおとしめられていました。

そして、自在に動ける人間の体を欲したステムの命令で、訪ねて来たグレイを襲う計画を立てたことを暴露します。

「アシャなら何を望むだろう?」グレイにそう言葉を掛けるよう命じたのもステムでした。

エロンが新たなステムを開発することを防ぐ為、ステムはグレイを導いて殺させようとしていたのです。

グレイは、ステムが最初から全てを仕組んだ首謀者であり、妻を死へ追いやった張本人だと気が付きます。しかし、ステムはテーザー銃のショックから復旧。グレイの体が起き上がり、手に刺さっていたナイフでエロンを刺殺します。

次いで銃を握った手がコルテスに向き、グレイは力を振り絞って彼女から逸らせます。そして、グレイは自分に銃を向けて引き金を引きました。

病院のベッドでグレイはふと目を覚まします。腕が動き四肢麻痺ではありません。病室へ入って来たアシャは、グレイが交通事故の後2日間意識が無かったと笑顔を向けます。妻を抱きしめたグレイは安堵します。

「これは貴方じゃないわ」と言うコルテスに対し、「グレイはもう存在しない。彼は心の中に閉じこもり、自分が引き継いだ」とステムが答え、コルテスを射殺します。

正気を失ったグレイを完全に支配したステム。無表情のグレイがエロン宅を立ち去ります。

スポンサーリンク

映画『アップグレード』の感想と評価


Photo by Stefan Duscio – © Universal Pictures

『アップグレード』は、思考を持つコンピューター・チップが人間の体を乗っ取る為、唯一支配できない心を折ろうと画策する斬新な物語です。

内容が緻密になればなるほど辻褄を合わせるのが難しくなるSFジャンルで、監督と脚本を兼ねたリー・ワネルは最後までペースを落とさず、ひとひねり加えたエンディングを用意しています。

製作したブラムハウス・プロダクションは続編以外の映画製作には5百万ドル前後の予算枠を設けることで知られていますが、ワネルとクルーがこれだけのSF映像と特撮を僅か資金で完成させたことは驚異的

プロデューサーのジェームズ・ブラムが当初4千万ドル掛かる映画だと本作を呼び、縮小を求められたワネルは、チームと一緒に予算の限界に挑んで近未来の世界を構築俳優陣の好演も加わり批評家と観客双方から高評価を得ました

例えば、グレイがエロンから派遣された暗殺者を倒すシーンは、2回のテイク分しか予算上準備できませんでした。

最初は爆発が上手くいかず、ワネルやクルーは祈る思いでモニターを見守り、2度目で期待通りに人形の頭が飛び散った瞬間、皆で喜び合ったとワネルは撮影の苦労を明かしています

また、主人公グレイ・トレースを演じたローガン・マーシャル=グリーンのコミカルさとドラマを上手く混ぜた演技が映画を強く印象付けています。

『24』シーズン4でナイーヴな青年、ジェリー・ブラッカイマーのDARK BLUE/潜入捜査では格好良い麻薬捜査官、とテレビドラマで注目を集めたマーシャル=グリーン。

スティーヴン・キング著『シャイニング』の劇中に使われたホテルで開催されるオーバールック・映画祭で2014年にマーシャル=グリーンが主演した『インビテーション』(日本公開は2014)が上映されました。

アドバイザーに名前を連ねるワネルは同作を観て、彼を本作の主演に選択


Photo by Stefan Duscio – © Universal Pictures

また、コルテス刑事を演じているのは『ゲット・アウト』で複雑な心情を、泣き笑いで見事に表現したジョージア役のベティ・ガブリエルです。

ワネルは、大金やビッグネームを使わなくても、プロを起用することで良質で楽しい映画が作れることを『アップグレード』で証明しています。

まとめ


Photo by Stefan Duscio – © Universal Pictures

妻の復讐劇を描く近未来を舞台にした『アップグレード』。全身麻痺の大怪我を負ったグレイは犯人を追う為、最先端のコンピューター・チップを脊髄に埋め込み並外れた身体能力を手に入れます。

しかし、事件の黒幕は、人間の精神が限界に達して壊れるまで肉体の全面支配が出来ないと知るコンピューターでした。

本作は、リー・ワネルが独自の発想と工夫で心の可能性を描いたSFアクションスリラー既視感の無いアクションは特に見所です。

関連記事

SF映画

仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER|ネタバレ感想と解説。クウガと電王のみならず『うる星やつら2』へのオマージュか⁉︎

2018年12月22日より、『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』が全国東映系で公開。 公開からわずか3日で観客動員数は42万人、興行収入は5億円を突破しました。 平成仮面ライダーシリー …

SF映画

映画『メイズ・ランナー3 最期の迷宮』あらすじとキャスト。前作の内容も合わせて紹介

待望のシリーズ完結作『メイズ・ランナー最期の迷宮』は、6月15日(金)TOHOシネマズほか全国順次公開。 本作は、2014年の『メイズ・ランナー』、2015年の『メイズ・ランナー砂漠の迷宮』に続く第3 …

SF映画

映画ハンソロ/スターウォーズストーリー|あらすじネタバレ感想評価とラスト結末の考察解説。時系列と続編の可能性&ダースモールの謎を探る

若き日のハン・ソロはどんな男だったのか? 『ローグ・ワン』に続く『スターウォーズ』シリーズ番外編! 若きハン・ソロの知られざる冒険を描いた、『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』。 「スターウォ …

SF映画

『TANGタング』ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。ポンコツな記憶を無くしたロボットと妻に捨てられたダメ男の“心温まる冒険エンタメ”

「タングはケンのために。ケンはタングのために」 そんな思いを友情と呼びます。 2016年刊行、日本でもベストセラーとなり劇団四季の舞台化もされた、デボラ・インストール作「ロボット・イン・ザ・ガーデン」 …

SF映画

【テネットの逆行タイムトラベル考察】 SFタイムパラドックスの基本が新たな次元に到達す!

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! 『インセプション』(2010)や『インターステラー』(2014)など、斬新なSF映画を作り続けているクリストファー・ノー …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学