Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2019/02/15
Update

『アリータ:バトルエンジェル』感想と評価。ジェームズ・キャメロンの名作映画を連想させる!

  • Writer :
  • 松平光冬

映画『アリータ:バトルエンジェル』2019年2月22日よりロードショー

日本の名作SFコミック『銃夢』を、『アバター』のジェームズ・キャメロンが完全映像化

意外な驚きを与えてくれた本作、映画『アリータ:バトルエンジェル』には見どころがたくさん詰まっています。

2019年2月22日(金)より公開の映画『アリータ:バトルエンジェル』の、先行レビュー解説をお届けします!

スポンサーリンク

映画『アリータ:バトルエンジェル』の作品情報


(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
ALITA:Battle Angel

【監督】
ロバート・ロドリゲス

【脚本・製作】
ジェームズ・キャメロン

【キャスト】
ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリ、キーアン・ジョンソン、ジャッキー・アール・ヘイリー

【作品概要】
木城ゆきとの近未来SFコミック『銃夢』を、『タイタニック』(1997)や『アバター』(2009)といったメガヒット作を放ってきたジェームズ・キャメロンが脚本・製作し映画化。

キャメロンが製作・脚本を担当し、監督を『フロム・ダスク・ティル・ドーン』(1996)や、『マチェーテ』(2010)のロバート・ロドリゲスが務めます。

主人公のサイボーグ少女アリータ役には、『ダイバージェントNEO』(2015)、『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』(2015)の若手女優ローサ・サラザールが抜擢。

そのほか、『ジャンゴ 繋がれざる者』(2013)のクリストフ・ヴァルツ、『ビューティフル・マインド』(2001)のジェニファー・コネリー、『ムーンライト』(2017)のマハーシャラ・アリといったオスカー俳優が、脇を固めます。

映画『アリータ:バトルエンジェル』のあらすじ


(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

300年ほど前に起こった大きな戦争により、世界が天と地の2つに分かれた未来。

空中に浮かぶユートピア都市〈ザレム〉には“支配する者”、一方の地上にある荒廃都市〈アイアンシティ〉には、“支配される者”が、それぞれ暮らしていました。

ある日、アイアンシティに暮らすサイバー医師のダイソン・イドは、クズ鉄の瓦礫の中から、300年前のサイボーグ少女の頭部を発見します。

イドは、彼女にアリータと名付け、新しい機械の身体を与えます。

再び動き出したアリータは、過去の記憶をすべて失っていましたが、イドや修理工の青年ヒューゴとの出会いで、次第に人間らしい感情が芽生えていきます。

その一方で、自分に類まれな戦闘能力が備わっていることにも気づくのでした。

その頃、アイアンシティでは若い女性が殺される事件が多発。

その事件をきっかけに、アリータは自身が生み出された経緯を知ることに。

やがてそれは、周囲を巻き込んだ新たな戦いへとつながっていくこととなります…。

スポンサーリンク

原作となったコミック『銃夢』とは

本作『アリータ:バトルエンジェル』の原作は、1990年から1995年までビジネスジャンプ(現在は休刊)で連載されていた、木城ゆきとの『銃夢』です。

その斬新かつ創造的な世界観は、瞬く間に読者を魅了

その中の一人が、『シェイプ・オブ・ウォーター』(2018)でアカデミー賞を獲得した、日本のマンガやアニメ好きで知られるギレルモ・デル・トロ監督でした。

25年前にデル・トロから『銃夢』を勧められたというジェームズ・キャメロンは、「先進的であり、美しくも恐ろしい驚異的な作品」と、すぐさま映画化権を取得

1994年ごろから映画化のオファーを多数受けていたという原作者の木城は、当時「もしキャメロンが映画化したいと言ってきたらどうする?」と冗談交じりに編集者と言い合っていましたが、まさかそれが現実になるとは夢にも思っていなかったそう。

なお、木城は今回の映画版について、「マンガで表現できなかったことを高度に描き出している」と評し、加えて、「ありがとう!これが僕が30年前に観たかった映像だ!」と最大級の賛辞を寄せています

可愛くて強い!アリータの魅力が全開!


(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

『銃夢』の映画化が本格始動した際に発表された、大きく澄んだ目を持つアリータのビジュアルを見て、驚かれた人もいたと思います。

非人間のサイボーグとはいえ、「目が大きすぎて不気味すぎないか?」と感じた人が多かったのでは。

しかし、いざ映画を観ると、そうした不安は杞憂に終わると思います。

次第に人間らしさを身に付けて、喜怒哀楽を表情豊かに表していくアリータが、実に可愛らしく見えてきます。

食事をする仕草や、肌の質感や髪の毛のサラサラ具合など、どれを取ってもアリータが本当に存在するのではと錯覚してしまうほど、魅力的に描かれているのです。

キャメロン監督の『アバター』に登場するナヴィ族のネイティリも、やはり観続けていくに従い可愛く感じていったように、こうした人物表現力の素晴らしさは、『アバター』も含めて通算6度のアカデミー賞最優秀視覚効果賞に輝く、WETAデジタルならではと言えます。

また、パンツァークンスト〈機甲術〉と呼ばれる古武術を使うアリータの、華麗な身のこなしによるアクションも見どころの一つ。

特に、サーキット場でボールを奪い合う格闘球技「モーターボール」のシーンは、パフォーマンス・キャプチャーと呼ばれる最新技術を駆使した、ハイスパートなアクションに目を奪われることでしょう。

参考映像:『アリータ:バトルエンジェル』製作の舞台裏

スポンサーリンク

インパクト絶大なビジュアルから目が離せない!


(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

『アリータ:バトルエンジェル』の登場人物やあらすじ設定は、細かい部分で変更はあるものの、原作の『銃夢』を踏襲しています。

『銃夢』はその世界観もさることながら、強烈なビジュアルが話題となった作品。

監督のロバート・ロドリゲスは過去に、原作であるグラフィックノベルをそのまま映像化した『シン・シティ』(2005)を手がけて、高く評価されました。

今回ロドリゲスが監督に起用されたのも、原作の特長をそのままスクリーンにトレースできる手腕を買われたから…そう勘ぐってしまうぐらい、『アリータ:バトルエンジェル』では、ビジュアルのインパクトが際立っています。

『銃夢』を読んでいれば、「あの名場面を再現している」と喜ぶ方もいるでしょうし、まだ読んでいない方は、インパクトの強い映像群に驚かれるのではないでしょうか。

まとめ

ディストピア映画の新たな代表作


(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

混沌とした未来世界を描いた、いわゆるディストピア作品は、過去にたくさん作られています。

代表的なところだと『ブレードランナー』(1982)や『未来世紀ブラジル』(1985)、マンガの『GANTZ』や『進撃の巨人』なども該当するでしょう。

それこそ、キャメロンの出世作『ターミネーター』(1985)も、ディストピア作品の一つと言えます。

『アリータ:バトルエンジェル』も、世界観自体は、一連のディストピア作品と変わり映えしないかもしれません。

しかし、原作『銃夢』が描かれたのは1990年ですが、テーマとしては少女アリータ(原作での名はガリィ)の成長・自立という、現代社会にも通じる普遍的要素があります。

何も知らない主人公アリータが、幾多の困難を経て、善悪とは何か、愛とは何かといった事を学んでいきます

また、原作よりもイドとアリータの“親子愛”を強めているのは、脚本のキャメロン自身、執筆時に13歳の娘がいたことが大きく影響したからと語っています。

このあたり、ターミネーターとジョン・コナー少年との“疑似親子”関係を描いた、『ターミネーター2』(1991)を連想させるのが面白いところです。

映画『アリータ:バトルエンジェル』は、これまでのディストピア作品の特徴を内包しつつ、少女の成長物語でもあるという点においても見逃せない一本だと断言します!

関連記事

SF映画

映画『A.I.』ネタバレあらすじ結末と感想考察の評価。ロボット少年の愛を“天才子役おすすめ”として一躍名をはせたハーレイ・ジョエル・オスメントが演じる

ロボットの少年が愛する母を探してさすらう悲しみの感動作 鬼才スタンリー・キューブリックが生前に温めていた作品を、スティーヴン・スティルバーグ監督が映画化した名作SF映画。 母を愛するようインプットされ …

SF映画

『テネット』『メメント』比較ネタバレ考察。ノーラン代表作の見どころ原点とこだわりポイントを解説

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! 世界中のSF映画ファン、クリストファー・ノーラン映画ファンが内容について語り合い、様々な解釈を披露している『TENET …

SF映画

『宇宙戦争(2005)』動画無料視聴!ネタバレ感想と結末までのあらすじ【スピルバーグSF映画おすすめ代表作】

スティーヴン・スピルバーグ監督×トム・クルーズ主演のタッグで制作されたSF映画『宇宙戦争』。 巨大な宇宙生物による襲撃という異常事態に面した世界で、子供を守りながら戦う父親の姿が描かれており、主人公の …

SF映画

『アフター・ヤン』ネタバレ感想考察と結末あらすじの評価。SFロボット映画を通して見つめたコゴナダ監督による家族愛の在り方

近未来を舞台に家族の絆を紡ぐ 映画『コロンバス』(2017)のコゴナダ監督がアレクサンダー・ワインスタインの短編小説「Saying Goodbye to Yang」を映画化したSFドラマ『アフター・ヤ …

SF映画

『オブリビオン』ネタバレ結末感想と評価考察。近未来SFにトム・クルーズが挑んだ“荒廃した地球で見つけた敵”との壮絶な戦い

人気俳優 トム・クルーズ主演のSF大作『オブリビオン』 『トップガン』(2022)シリーズのハリウッドの大スターであるトム・クルーズが主演を務める、『トロン:レガシー』(2010)のジョセフ・コジンス …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学