Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『LAPSEラプス』ネタバレ感想。オムニバス作品で日本の絶望的な未来と人間を描く

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

未来の世界をテーマにした、オムニバスSF映画『LAPSE ラプス』。

絶望的な未来に、必死で抗おうとする、3人の物語を描いた、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『LAPSE ラプス』の作品情報

【公開】
2019年2月16日(日本映画)

【プロデューサー】
山田久人、藤井道人

【監督】
失敗人間ヒトシジュニア』アベラヒデノブ
リンデン・バウム・ダンス』HAVIT ART STUDIO
SIN』志真健太郎

【キャスト】
失敗人間ヒトシジュニア』アベラヒデノブ、中村ゆりか、清水くるみ、ねお、信江勇、根岸拓哉、深水元基

リンデン・バウム・ダンス』SUMIRE、小川あん

SIN』柳俊太郎、内田慈、比嘉梨乃、手塚とおる

【作品概要】
クリエイティブチーム 「BABEL LABEL」が立ち上げた、映画製作プロジェクト「BABEL FILM」第1作目となる作品。

「クローン人間」「人工知能」「VRシュミレーション」をテーマに、暗い未来に立ち向かう若者を描いた、3つの作品から構成されるオムニバス映画。

映画『LAPSE ラプス』あらすじ

『失敗人間ヒトシジュニア』アベラヒデノブ監督

クローン人間が法律として認められた、未来の日本。

クローン人間を製造した商売を始める企業も現れ、人々は自分のクローン人間を作り出し、子供として育て、理想の自分を作り出すようになります。

しかし、クローン人間には欠陥が認められ、犯罪に走るクローン人間も現れ始めました。

この事態を問題視した政府は、2050年に欠陥のあるクローン人間の回収を始めます。

クローン人間の回収に、世間では賛否が分かれましたが、20歳の大学生ヒトシジュニアは「クローンは必要ない」と、反対の立場にいました。

ヒトシジュニアは母親を失っていましたが、ヤクザの組長の父親を持ち、人間国宝の書道家、詩織を恋人にしているという、何も不自由のない暮らしを送っていました。

ですが、ヒトシジュニアが20歳の時に、父親から「お前はクローンである」と告げられ、全く自分に外見が似なかったヒトシジュニアを、父親は欠陥品として回収する事を決めていました。

突然の事に動揺するヒトシジュニアは、家を飛び出し詩織に助けを求めますが拒絶され、行く宛を無くし橋から飛び降りようとします。

しかし、突然現れた、フランス人形のような顔立ちで、何故か顔に血しぶきを浴びている少女に自殺を止められます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『失敗人間ヒトシジュニア』ネタバレ・結末の記載がございます。『失敗人間ヒトシジュニア』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ヒトシジュニアの自殺を止めた少女、ハッピーも欠陥品と判断されたクローン人間でした。

ヒトシジュニアは、ハッピーに連れられ再び自宅に戻り、父親を気絶させ地下室に監禁します。

そこには、かつてハッピーの母親だった女性も監禁されていました。

ヒトシジュニアは、ハッピーにある場所へ連れて行かれます。

そこは、欠陥品と判断されたクローン人間が共同体を作り出し、生活している秘密基地のような場所でした。

仲間として迎えられたヒトシジュニアですが、共同体にはある儀式が存在していました。

それは、かつて親だった人間を自ら殺す事。

ヒトシジュニアは、儀式を受け入れる事ができず、共同体から脱走し父親を助けようとします。

そこへハッピーが現れますが、ハッピーも自分の母親を助け、ヒトシジュニアの父親と一緒に逃します。

そのまま、ヒトシジュニアとハッピーは2人で逃げ出し、ヒトシジュニアの好きな相撲を観戦しようとします。

一方、ヒトシジュニアとハッピーが逃げた事に気づいた、共同体のメンバーは怒り狂い、ヒトシジュニアとハッピーを探し出そうとしますが、そこへ政府の回収部隊が現れ全員捕獲されます。

そして、ヒトシジュニアとハッピーも回収部隊に捕まり、搬送用のトラックに乗せられてしまいます。

相撲観戦の夢は叶わないままでしたが、ヒトシジュニアは、何か満足したような表情を浮かべていました。

『リンデン・バウム・ダンス』監督HAVIT ART STUDIO 

人工知能が、人間の医療を管理している2038年。

人工知能satiにより延命治療を受けている、寝たきりの祖母を持つ大学生のヨウは、祖母に話しかけたり、メイクをしてあげたりしながら付き添っていました。

ある日、ヨウは夢を見ます。

それは想像世界の中で、若い頃の祖母と、派手な音楽が鳴り響くクラブで踊り明かす夢でした。

現実世界では、人工知能satiが祖母を完全に管理し、家族もsatiに頼り切っていました。

ヨウは家族に心を閉ざし、テレビを見るなど1人の時間が増えていきます。

ヨウの妹が結婚した際も、ヨウは家族で結婚パーティーに参加しますが、どこか蚊帳の外という感じでした。

祖母に付き添い、コミュニケーションを取り続けるヨウの前で、satiは祖母の体調や趣味など、全てを分かっているように振る舞います。

satiに怒りを感じたヨウは、satiを投げ飛ばし破壊しようとします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『リンデン・バウム・ダンス』ネタバレ・結末の記載がございます。『リンデン・バウム・ダンス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


ある日、法律改正により、祖母の延命中止が人工知能の判断により決定します。

ショックを受けたヨウは、ある事を決断。

ヨウは祖母をベッドから下ろし、風呂場へと連れて行きます。

そして、何かを作り始めました。

それは、テレビで報道されていた、青酸ソーダの作り方でした。

再び夢の中で、ヨウは若い頃の祖母と草原を走り、祖母に花飾りを付けて別れを告げます。

現実のヨウは、自宅の脱衣所で力なく座り込みます。

湖でボートに乗っているヨウ。

「これで良かったんだ」と自分に言い聞かせるように語り、線香花火に火を付けます。

線香花火は一瞬の輝きを見せていました。

『SIN』志真健太郎監督

2082年、日本では政府による教育管理が進んでいました。

25歳の誕生日を迎えたアマは、友人のオオニシと、廃墟のようなバーで過ごしていましたが、突然何かを思い出したように意識が飛びます。

アマに、5歳の頃の記憶が蘇ります。

母親と2人で暮らしていた、5歳の頃のアマは、政府公認の教育機関「エルサ」に呼び出されます。

そこでアマと別室にされた母親は、20年後にアマが母親を殺害する可能性が高い事を告げられます。

一方、アマは「エルサ」の職員によって、これから自分が遭遇する未来をVRによって見せられます。

それは、アマが母親を殺害するまでのシュミュレーション映像でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『SIN』ネタバレ・結末の記載がございます。『SIN』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


1つのベッドで眠る、5歳のアマと母親。

そしてアマは成長した姿となり、母親は別の男と交際するようになりました。

次第に、交際相手のトラブルに巻き込まれるようになり、アマは刃物を持ってヤクザの事務所に乗り込んでいきます。

VRは、更に成長したアマの姿を見せます。

アマが25歳になった夜、恋人の真波が妊娠します。

真波と一緒になる事を決意したアマですが、将来の不安から真波には拒絶されます。

拒絶されたショックから、アマは真波に暴行を加え逃げ出します。

そして帰宅したアマは、眠っている母親と、自分の25歳の誕生日を祝う誕生ケーキを目にします。

アマは誕生ケーキを床に叩きつけ、アマを止めようとした母親を刺殺します。

5歳のアマが見た映像は、そこで終わります。

「エルサ」の職員、白木はアマに施設で生活していく事を勧めます。

一方、母親にも「アマを施設に入れるか?」という決断が迫られていました。

アマを施設へ入れない場合は、「エルサ」内で見た全ての記憶を消す事も約束されます。

母親はアマを迎えに行き、2人で「エルサ」から出る事を選択します。

母親はアマに「もう、ここに来たくないでしょ?」と問いかけますが、アマは「お母さんと寝てる所が見れて嬉しかった」と答えます。

25歳のアマは、意識を取り戻し、真波からの呼び出しに応じます。

妊娠した事を告げた真波を、アマは力強く説得します。

真波も、アマの気持ちを受け入れた様子でした。

そして帰宅したアマは、母親が用意した、アマの25歳の誕生日を祝うケーキを見て微笑みます。

「エルサ」で一部始終を見ていた白木は、変更された未来を見届けて、席を立ちます。

スポンサーリンク

映画『LAPSE ラプス』の感想と評価

未来の日本をテーマにしたオムニバス作品『LAPSE ラプス』。

3つの作品は、それぞれテイストが異なっています。

1本目の『失敗人間ヒトシジュニア』は、テンポの良いハイテンションな作品となっており、2本目の『リンデン・バウム・ダンス』は一転してアート色が強い、物悲しいストーリーとなっています。

3本目の『SIN』は、SF作品で描かれる事が多い、理想的な社会とは正反対の世界、いわゆるディストピア的な世界観となっています。

ですが、未来を変えてハッピーエンドで終わるのは、唯一『SIN』となっており、この作品で映画が終了する後味の良さが素晴らしいです。

3つの作品に共通しているのは、それぞれの主人公が、システム化された未来の制度や仕組みにより絶望を味わいますが、それに抗おうとする点です。

『LAPSE ラプス』で描かれている未来は、一昔前ならSF世界だけの話でしたが、現実世界でも「クローン技術」を研究した科学者が学会で非難されるニュースが流れ、人工知能は「Siri」など、家庭に根付いてきていますし、VR技術を使用したゲームやアトラクションは、今や当たり前の事になっています。

急速に進化する科学技術を考えると、本作で描かれている未来は、起こり得る事だと言えます。

しかし、いつの時代も大事なのは、人間の意志や感情であり、最後まで個性を貫いたヒトシジュニア、愛する祖母の死期を人工知能には委ねさせなかったヨウ、そして、未来を変えて幸せを勝ち取ったアマ。

三者三様の物語が、人間の素晴らしさや力強さを物語っています。

『LAPSE ラプス』は3つの作品を通して、人間にとってあるべき姿や、現実に立ち向かう大切さなどを、一貫したテーマで感じる作品です。

まとめ


『LAPSE ラプス』に参加した3人の監督は、それぞれバックボーンの違う方達となっています。

『失敗人間ヒトシジュニア』のアベラヒデノブ監督は、俳優としての顔も持ち、本作では主役のヒトシジュニアを演じています。

『リンデン・バウム・ダンス』の監督「HAVIT ART STUDIO」は、本作が映画デビュー。

メンバーの今野里絵が監督と脚本、大橋尚広が撮影監督を務めており『リンデン・バウム・ダンス』は女性監督ならではの、繊細な世界観が広がっています。

『SIN』の志真健太郎監督は、これまで社会的な題材をテーマに、多数の作品を制作されてきた方です。

それぞれの監督の持ち味が発揮されており、同じ未来をテーマにした映画でも、表現方法がこんなに違うのだと感じ、アプローチや作風の違いを楽しむのも、オムニバス作品である、本作の魅力となっています。

関連記事

SF映画

映画『ロボコップ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

近未来のデトロイトに蔓延る悪に立ち向かうのはサイボーグ警官?! 母国オランダを飛び出し、ポール・バーホーベン監督の世界観がハリウッドで爆発した傑作SFアクション『ロボコップ』をご紹介します。 スポンサ …

SF映画

『スターウォーズ/フォースの覚醒』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ついに2018年12月15日『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公開。 世界中で大きな話題を振りまいた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となります …

SF映画

キャプテンアメリカ/ザ・ファーストアベンジャー動画無料配信法とネタバレ感想

「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの5作品目であり、「キャプテン・アメリカ」シリーズの1作品目。 星条旗を掲げる正義のヒーロー、キャプテン・アメリカの成り立ちがここにあります。 『キャプ …

SF映画

映画『BLEACH』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【福士蒼汰主演】

映画『BLEACH』7月20日(金)より全国公開! 久保帯人の同題ベストセラーコミックの映画化。ベースになっているの原作の“死神代行編” 監督は『GANTZ』『アイアイムアヒーロー』『いぬやしき』とS …

SF映画

『東京喰種トーキョーグール』ネタバレ!感想と考察も。映画続編は?

2017年7月29日より全国公開された漫画家・石田スイの大人気コミック実写化『東京喰種トーキョーグール』。 人肉を食べて生きる喰種(グール)に襲われたことがきっかけで、半喰種になってしまった金木研の葛 …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP