Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2017/12/29
Update

映画『牙狼 神ノ牙』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • 村松健太郎

『牙狼GARO 神ノ牙Kaminokiba』は、2018年1月6日より順次公開!

独特の世界観と美術、デザインで日本特撮界に独自の地位を築いている雨宮慶太監督の半ばライフワークと化した『牙狼GARO』シリーズの劇場版です。

スポンサーリンク

1.映画『牙狼GARO 神ノ牙Kaminokiba』の作品情報


(C)2017「神ノ牙」雨宮慶太/東北新社

【公開】
2018年(日本映画)

【原作・脚本・監督】
雨宮慶太

【アクション監督】
横山誠

【キャスト】
栗山航、池田純矢、青木玄徳、井上正大、南里美、桑江咲菜、松野井雅、屋敷紘子、佐咲紗花、くっきー、泉谷しげる、斉木しげる、工藤綾乃、脇崎智史、小松もか、黒木桃子

【作品概要】
雨宮慶太監督が、牙狼の称号を受け継ぐ魔戒騎士が人間の邪心を元に発生する怪物ホラーとの戦いを描いてきたシリーズ。

実写の『牙狼』シリーズは黄金の牙狼の鎧を一子相伝で受け継ぐ魔戒騎士“冴島鋼牙”シリーズと、黄金の鎧を手にしながらもまだ成長途中の魔戒騎士“道外流牙”シリーズの2シリーズがある中で本作は“道外流牙”シリーズの作品です。

2シーズンのテレビシリーズを受けての総決算的作品。第30回東京国際映画祭特別招待作品。

2.映画『牙狼GARO 神ノ牙Kaminokiba』のキャラクター紹介

(C)2017「神ノ牙」雨宮慶太/東北新社

道外流牙:ドウガイリュウガ(栗山航)

主人公黄金騎士牙狼の称号を持つ若き魔戒騎士。

蛇崩猛竜:ジャクズレタケル(池田純矢)

1stシリーズ『闇を照らす者』で流牙と共闘した炎刃騎士ゼン。

楠神哀空吏:クスガミアグリ(青木玄徳)

『闇を照らす者』で登場した天弓騎士ガイ。本作のカギとなる。

莉杏(南里美希)

流牙を公私に渡ってサポートする魔戒法師。

リュメ(桑江咲菜)

高位の魔戒法師。多くの法力を使い魔戒騎士を束ね、支える。

ジンガ(井上正大)

闇に落ちホラーと化したかつての魔戒騎士。

アミリ(松野井雅)

魔戒騎士時代からジンガを支える妖艶な美女。元魔戒法師。

蛮美:ばんび(屋敷紘子)

仮面を被った謎の魔戒法師。哀空吏の古い縁がある。

リンザ(佐咲紗花)

人の野心・邪心から芽生えたホラーの一団を束ねる女性体ホラー。

D・リンゴ(泉谷しげる)

ユキヒメ(黒木桃子)と暮らす魔道具屋、知識も豊富。

魔導輪ザルバ(VC影山ヒロノブ)

代々黄金騎士受け継いだ指輪。自我があり知識もある。

スポンサーリンク

3.映画『牙狼GARO 神ノ牙Kaminokiba』のあらすじとネタバレ


(C)2017「神ノ牙」雨宮慶太/東北新社

リュメに呼び出された流牙と莉杏。

謎の仮面の魔戒法師蛮美が魔戒騎士の鎧を奪って回っているという事件の謎を追うように命令されます。

しかもその一件には魔戒騎士の存在も見え隠れしていました。にわかには信じられない二人ですが、その魔戒騎士が哀空吏で鎧を奪われた者が猛竜だと言われては信じないわけにはいきません。

リュメの宮殿で猛竜と合流した二人はホラーの気配を追ってたどり着いたところ黄金騎士の鎧をまとう寸前に蛮美が現れ鎧を奪われる。

蛮美はある儀式のために鎧の力を求めて、ホラーを束ねるリンザと組んでいたのです。

蛮美と幼馴染の哀空吏はそのために鎧の力を貸したものの力が足りず結果として流牙と猛竜の鎧を奪うことになったことを説明します。

蛮美の願いは鎧の力を使って闇に落ちたかつての恋人だった魔戒騎士の復活させること。月夜の中で一夜限りの復活する恋人に出会うため蛮美は自身もまた闇に落ちたのでした。

流牙たち魔戒騎士三人は鎧を召喚できないこともあって苦戦を強いられます。

儀式が進み蛮美の前に闇に落ちた恋人が戻ってきます。

しかし、戻ってきた男はかつて流牙と激闘を繰り広げた闇に落ちた魔戒騎士ジンガでした。

ホラーのリンザがギリギリでよみがえる相手をジンガにすり替えたのです。

リンザの狙いは“神の牙”といわれるホラーの箱舟を起動させることでした。

“神の牙”によって月に導かれたホラーは永遠の命を得ることができるのです。

そしてその“神の牙”の起動には闇に落ちた魔戒騎士が必要でした。

そのため、かつて世界を滅亡寸前までに導いたより闇の強いジンガの存在が必要でした。蘇ったジンガにはかつての記憶がありません。

しかし、流牙とのやり取りの中で少しずつ激闘の記憶を取り戻していきます。

そして、失意の蛮美の体を依り代に使ってかつての最愛のパートナーアミリを復活させます。

いよいよ“神の牙”が起動。鎧の召喚ができない3人ですがリュメが開いた突破口を使い莉杏とともに“神の牙”の起動、そして月への到達を防ぐために戦いに向かいます。

ホラーを3人の魔戒騎士と莉杏、各方面から“神の牙”の頂点に向かいます。

大量のホラーを哀空吏、猛竜を託して進む流牙と莉杏。莉杏の前にはアミリが立ちはだかります。

そして流牙の前にはジンガが、かつて激闘を繰り広げた者たちの戦いが始まります。

その一方で、倒れたと思ったリンザが“神の牙”の中に再び姿を現します。

リンザの真の狙いは月をゲートに使いホラーの始祖メシアを復活させることでした。

しかしジンガはその思惑を見抜いていました。そのうえで自身を復活させる計画に乗ったのでした。

ジンガの狙いはただ一つ、流牙との再戦だけでした。

伝説のホラーの箱舟“神の牙”を舞台にジンガ(“神”牙)と流牙(“牙”狼)の激闘が始まります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『牙狼GARO 神ノ牙Kaminokiba』ネタバレ・結末の記載がございます。『牙狼GARO 神ノ牙Kaminokiba』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ジンガの狙いはただ一つ、流牙との再戦だけでした。

ジンガによって鎧を取り戻した三人は鎧に身を包み決戦に挑みます。

伝説のホラーの箱舟“神の牙”を舞台にジンガ(“神”牙)と流牙(“牙”狼)の激闘が始まりました。

戦いの中ジンガは流牙に問いかけます。

人間に邪心がある限りホラーは途絶えることがない、そんなものを相手に戦い続ける魔戒騎士の存在に意味があるのかと。

黄金騎士という存在の重さを感じていた流牙は心揺れることがありますが、魔戒騎士はただホラーを切り続ける存在ではない、人間の希望だと言い切り再びジンガを闇へと撃ち落とします。

勝利したのち流牙は改めて黄金騎士GARO牙狼として生きていくことを、その道を歩んでいくことの覚悟を宣言します。

その言葉を受けて流牙に寄り添い、一生流牙を支えて行くという莉杏。

二人の距離がいつの間にか密接になっていることに猛竜と哀空吏は驚きます。

そして4人は何かあれば再び結集、共闘することを約束して一時の別れを告げ合います。

4.映画『牙狼GARO 神ノ牙Kaminokiba』の感想と評価

(C)2017「神ノ牙」雨宮慶太/東北新社

本作が15周年のスタートとなる「牙狼」シリーズ。

前日談的な舞台もジンガ役の井上正大総指揮の元に上演されるなどシリーズ展開はドラマ、映画、アニメ、コミック、舞台、CRなど世界観は拡がり続けています。

深夜帯やCS放送を主戦場にしていることもあって独特のアクション描写、バイオレンス描写、セクシー描写は変わらず健在。

本作は映画ということもあって、より一層手間も時間も込められている感があります。

久々に猛竜と哀空吏が登場し、セカンドシリーズ『gold storm翔』で登場した高位の魔戒法師リュメや闇に落ちた魔戒騎士と魔戒法師ジンガ&アミリのコンビも再登場。

さらに莉杏との恋模様も進展するなどのファンサービスもたっぷり。

そして“冴島鋼牙”シリーズに登場したホラーの始祖メシアが再登場するなど両シリーズの融合も期待させます。

道外流牙シリーズの集大成作品として謳われる本作だが、これから先のシリーズ展開もあるのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2017「神ノ牙」雨宮慶太/東北新社

道外流牙役は本作『牙狼GARO 神ノ牙Kaminokiba』に出演した意気込みについて、次のように語っています。

「『闇を照らす者』のときは、2人を引っ張っていくという考えは全くなかったのですが、今回は自分が引っ張っていかないと、いい作品にならないという思いで挑みました。流牙として、そして栗山航としても成長した姿を、2人には見せたかったので、いい緊張感があり、それが上手く役に作用したと感じています」

このように語り、雨宮監督や横山アクション監督に認められることも多かったようで、いいアクションが撮影できたと自信を持っているそうです。

「牙狼」シリーズファンに観ていただきたい作品です。

関連記事

SF映画

映画『アンチ・ライフ』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。エイリアンと対峙するクレイとアダムス提督の勇姿と“黒幕の正体”

エイリアンvs元軍人や現役兵士たちの死闘を描くSFアクションスリラー ジョン・スーツが監督を務め、ブルース・ウィリスが出演した、2020年製作のカナダのSFアクションスリラー映画、『アンチ・ライフ』。 …

SF映画

映画『すべての終わり』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

自分の身を危険に晒してでも助けたい人がいる。 何が起きているのかも、何故そうなったのかも分からない「世界の終わり」が迫る中、その中心部にいる大切な人を助けに行く一風変わった「ロードムービー」である『す …

SF映画

バック・トゥ・ザ・フューチャー3|ネタバレ感想。ラストまでのあらすじと解説

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』は、シリーズ3作目にして完結編となる作品です。 エメット・ブラウン博士、通称ドクと呼ばれている科学者が発明したタイムマシン「デロリアン」で、主人公が過去や未 …

SF映画

レジェンド・オブ・トゥモロー動画を全話無料で見る方法はHulu?

HuluでDCコミックの伝説(レジェンド)たちが暴れだす! 『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン1を、オンライン動画配信サービスHuluにて年6月12日(月)からSVOD独占配信スタート! また、 …

SF映画

ガメラ 大怪獣空中決戦|動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

平成ガメラ3部作の第1作目『ガメラ 大怪獣空中決戦』は、2018年6月10日(日)に、TOKYO MXにて放送されます。 テレビ放送前に振り返ってみましょう。 本作は『ガメラ 大怪獣空中決戦』は、19 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学