Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

【ネタバレ】REBEL MOON パート1 炎の子|あらすじ感想評価と結末解説。黒澤明監督の映画“七人の侍”にリスペクトした壮大なスペースオペラの内容とは⁈

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『REBEL MOON パート1 炎の子』はNetflixで独占配信中

「宇宙空間で繰り広げられる壮大な冒険活劇」と位置付けられる「スペースオペラ」と言うジャンル。

2020年代ともなるとCGの技術向上によって「スペースオペラ」に求められるクオリティは上がり、製作費の嵩むこのジャンルはかつてほどの勢いを見せないのではとも危惧されていました。

しかし、マーベル映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」や大人気小説の映像化「DUNE」シリーズが、2020年代でも物語とCG共に高クオリティな出来で「スペースオペラ」を牽引しています。

そして2023年末、原作の存在しない完全な新作として新たな「スペースオペラ」映画がNetflixにて独占配信。

今回はザック・スナイダーが監督を務めた映画『REBEL MOON: パート1 炎の子』(2023年)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

映画『REBEL MOON: パート1 炎の子』の作品情報

【日本公開】
2023年(アメリカ映画)

【原題】
Rebel Moon: Part One – A Child of Fire

【監督】
ザック・スナイダー

【脚本】
ザック・スナイダー、シェイ・ハッテン、カート・ジョンスタッド

【キャスト】
ソフィア・ブテラ、チャーリー・ハナム、ジャイモン・フンスー、ミキール・ハースマン、スタズ・ネアー、レイ・フィッシャー、クレオパトラ・コールマン、ペ・ドゥナ、エド・スクライン、アンソニー・ホプキンス

【作品概要】
『ウォッチメン』(2009年)や『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)を手掛けたザック・スナイダーが物語を構想し映画化したNetflix独占配信映画。

キングスマン』(2015年)や『スター・トレック BEYOND』(2016年)に出演したソフィア・ブテラが本作の主演を務めました。

映画『REBEL MOON: パート1 炎の子』のあらすじとネタバレ

レルム王国による絶対的な統治が複数代に渡り続いたマザーワールド。

レルム王国の国王が暗殺者によって暗殺されると、征服下にあった多くの星が反乱を目論見始めます。

王国内で権力を奪取したバリサリウスは、各星に残忍な軍隊「インペリウム」を派遣し、反乱を考える人間たちの殺戮を命じました。

王国の統治下にある衛星ヴェルトに住むコラは、村民同士が硬い絆で結ばれる村に身を寄せていました。

ある日、村にインペリウムの弩級船が現れます。

村民のガンナーは余った穀物を反乱軍に密売しており、長老のシンドリはインペリウムに詳しいコラの助言を聞き入れ、事態を荒立てないように考えます。

軍隊を引き連れ村に降り立ったノーブル提督は反乱軍によって消失した食料の穴埋めとして、村から穀物の支給を要求。

シンドリは過剰な要求を避けるため、食料の余裕はないと断りますが、ノーブルは食料に貯蓄があることを見抜きます。

すると事態を好転させたい思いからガンナーが貯蓄があることをノーブルに伝えてしまったため、シンドリとその妻は殺害されてしまいます。

ノーブルはガンナーに10週間後までに村民が餓死するほどの大量の食料を用意するように命じると、インペリウムの隊員を複数名残して村を去って行きました。

残されたインペリウムの隊員マーカスは村で横暴に振る舞い、アリス二等兵や機械騎士のジミーはマーカスに対して不満を抱き始めます。

村の少女サムと親交を深めようとするジミーは、亡き王の娘が戦争や侵略に疲れ果てた亡き王を変えた素晴らしい人間だったことや、その希望が暗殺によって潰えたことを語りました。

村人たちはインペリウムに慈悲を訴えようとしますが、冷めた目で村民を見つめるコラは村から逃げようと考えます。

夜、コラが村から出る準備をしていると、サムがインペリウムの兵隊に犯されようとしている現場を目撃。

アリスは同僚たちを止めようとしますが、逆にマーカスたちに捕まってしまいます。

その場に現れたコラは驚異的な身体能力で隊長を除く兵士を殺害。

隊長はサムを人質に取り、駆けつけたジミーにコラとアリスの殺害を命じますが、ジミーは悩んだ末に隊長を射殺しました。

翌日、コラはノーブルが戻る10週間以内に仲間を集め対抗するため、反乱軍のデヴラとダリアンと取引をしたことのあるガンナーを連れて旅に出ます。

旅の途中、コラはガンナーに自身がインペリウムの隊員だったことを話します。

【過去】

かつて自身の故郷をバリサリウスに滅ぼされたコラは、なぜかバリサリウスに「アースレイアス」と名付けられた上で彼の娘として育てられました。

インペリウムの一員として大きな戦果を上げたコラは王室近衛兵に昇進し、王の娘イサの警護を担当することになり、彼女の生命を与える能力を目にするのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『REBEL MOON: パート1 炎の子』のネタバレ・結末の記載がございます。『REBEL MOON: パート1 炎の子』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

【現代】

宇宙港都市プロヴィデンスに着いた2人は、酒場で元インペリウムのタイタス将軍が惑星ポルックスで剣闘士をしていることを知ります。

酒場で絡んできた男たちと戦闘になったコラは、元パイロットのカイに助けられ彼をマザーワールドと戦う仲間に加えます。

カイの希望で惑星ニュー・ウォディについた3人は多額の借金を背負い奴隷として働くタラクと会います。

タラクの支配人ヒックマンはタラクをコラに引き渡す代わりに獰猛な動物を飼いならすギャンブルを提案し、動物と会話が出来るタラクは見事に成し遂げました。

タラクを味方に加えたコラたちは次なる仲間を求め炭鉱を生業とする惑星ダガスに着艦。

ダガスで正義や誉れを重んじる剣士のネメシスを仲間に加えたコラは惑星ポルックスで泥酔したタイタスと会います。

インペリウムから反乱軍に転向し多大な功績をあげたタイタスの落ちぶれた姿を見たコラは落胆しますが、部下を死に追いやった償いの機会を求めるタイタスを味方に加えることに成功。

その頃、ノーランは反乱軍の首領であるデヴラとダリアンが惑星シャラーンのレヴィティカ王に匿われていることを突き止めていました。

一足早くシャラーンを訪れレヴィティカと面会していたコラはデヴラとダリアンにヴェルトを救う助力を懇願。

デヴラは味方に加わらなかったものの、自分たちを探す道中でインペリウムがヴェルトに辿り着いてしまったこと知ったダリアンは数人の仲間を連れてコラたちに加勢することにます。

コラたちが去った後、シャラーンに着いたノーランは反乱軍を匿った罪としてレヴィティカを殺害すると反乱軍の殲滅のために動き出します。

カイの荷物運搬の仕事を完遂するために惑星ゴンディヴァルを訪れたコラたち。

すると停泊中の船が襲われ、コラたちはカイによって捕らわれてしまいます。

カイはコラのもとに賞金首が集まるタイミングを待ち、ノーブルへ引き渡すために計画を練っており、その場にノーブルが現れます。

ノーブルはコラが「傷跡を刻む者」と呼ばれる最高額の賞金首であると言い、カイに命令してガンナーにコラを殺害させようとします。

ガンナーは隙をつきコラの拘束を外してカイを殺害すると、コラは捕らわれた仲間たちの拘束を解き大乱戦となります。

ノーブルが停泊中の弩級船に全員の殺害を命じたことでコラたちは危機に陥りますが、多くの仲間を失い憤慨するダリアンがその身を犠牲にして弩級船のパイロットを殺害し崩壊に追い込んだことで戦局は好転。

鉄塔の上でノーブルとの一騎打ちとなったコラはノーブルとの壮絶な戦いの果てに、彼を鉄塔から突き落とします。

戦闘が終わり、ダリアンの意志をついた部下のミリウスはコラに着いて行くことを決め、弩級戦の破壊を成し遂げ一時の休息を得たコラたちはヴェルトへと戻りました。

鉄塔から突き落とされたノーブルは瀕死の状態で生きており、母艦に回収されると神経をバリサリウスのネットに接続されます。

バリサリウスはノーブルにコラの生捕りを命じると、失敗した際には命を奪うとノーブルを脅迫しました。

映画『REBEL MOON: パート1 炎の子』の感想と評価

さまざま惑星を渡り歩く冒険活劇

「スペースオペラ」と言えば、多くの星や種族が登場する多様性が作品の魅力でもあります。

本作『REBEL MOON: パート1 炎の子』では5つ以上の惑星が登場するだけでなく、すべての星に特徴が存在しており、それぞれの星で住民たちがどのような生活を過ごしているのかを空想させてくれる楽しみがありました。

宇宙を跨ぎ、銀河系の命運を握る戦いが田舎の星から始まる、「スペースオペラ」の王道をしっかりと継承する物語展開。

パート1ではあれど大乱戦のクライマックスも用意され、1作のSF映画として充分すぎるほどの濃度を感じることが出来ました。

黒澤明に影響を受けたスペースオペラたち

スペースオペラの傑作シリーズとして時代を越えて愛される「スターウォーズ」シリーズ。

その生みの親であるジョージ・ルーカスは黒澤明の『隠し砦の三悪人』(1958)が「スターウォーズ」の原点であることを公言していました。

実は本作の原案はザック・スナイダーによって「スターウォーズ」シリーズの一部となることを想定してディズニーに持ち込まれたものの採用には至らなかったと言う経緯があり、物語に構想段階からの大幅な改変があったとは言え本作は「スターウォーズ」に近い系統の作品となっています。

黒澤明作品にリスペクトした「スペースオペラ」+「時代劇」を想わせる構成も引き継がれており、村を守るため寄せ集めの7人のチームを結成する展開はまさに『七人の侍』(1954年)。

壮大なスケールのSFでありながら、馴染み深い時代劇の物語展開を楽しめる古き良き「スペースオペラ」な作品でした。

まとめ

七人の侍』にリスペクトした7人の仲間たちとの銀河系を賭けた壮大な戦いの序章。

序章といえど本作だけでも満足の出来る作品ではありましたが、物語に残された多くの謎とコラたちの戦いの結末も非常に気になる『REBEL MOON: パート1 炎の子』。

コラがなぜ「傷跡を刻む者」と呼ばれるようになったのか、彼女の犯したあまりにも重い罪とは、そして生身の姿を現さなかったバリサリウスの正体とは。

『REBEL MOON: パート2 傷跡を刻む者』(2024年)は2024年4月19日より配信、ぜひ本作と併せて最新の「スペースオペラ」の世界を堪能しましょう。



関連記事

SF映画

映画『X-MEN』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。見る順番にも迷う人気シリーズから垣間見えた“同時代を生きるものへの提言” 

ミュータントが選ぶのは人類との“共存”か、“対立”か? マーベルコミック・人気実写映画シリーズの原点! マーベルコミックスの人気コミックの待望の映画化作品であり、ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンや …

SF映画

映画『KINキン』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。SFサスペンスで“未知の武器を発見”した兄弟をジャック・レイナーとマイルズ・トゥルイットが演じる

男同士の家族愛と絆がひかるSFサスペンス! ジョナサン・ベイカーとジョシュ・ベイカーの兄弟が監督を務めた、2018年製作のアメリカのSFサスペンス映画『KIN キン』。 未知の武器を発見した14歳の少 …

SF映画

映画『散歩する侵略者』あらすじネタバレと感想!ラスト考察も【長澤まさみ×松田龍平×黒沢清代表作】

日本が世界に誇る奇才・黒沢清による『散歩する侵略者』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『散歩する侵略者』の作品情報をどうぞ! CONTENTS1.映画『散歩する …

SF映画

『ビルとテッドの大冒険』ネタバレあらすじとラストまでの感想考察。SFタイムトラベル映画でキアヌリーブスの人気を確立したコメディ!

キアヌ・リーブスを一躍スターにした、伝説のSFコメディシリーズ第1弾 レンタルビデオにアーケードゲーム、ミュージック・ビデオやMTVなど新たに誕生したポップカルチャーがアメリカと、全世界を席巻しようと …

SF映画

映画アイム・ノット・シリアルキラーあらすじとネタバレ!キャストも

(C)2016 FLOODLAND PICTURES AND THE TEA SHOP & FILM COMPANY CONTENTS1.映画『アイム・ノット・シリアルキラー』の作品情報2. …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学