Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『モンスターハントレス』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末までエイリアンハンターの活躍は必見の価値あり!

  • Writer :
  • 秋國まゆ

米軍の特殊部隊vs異星人と巨大宇宙船を描いたSFアクション

ブレンダン・ペトリッツォが監督を務めた、2020年公開のアメリカのSFアクション映画『モンスターハントレス』

カリフォルニアの砂漠地帯に降り立った、巨大宇宙船とさまざまな地球外モンスターと戦いを繰り広げていく、タフな女性兵士率いる軍隊の姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

地球外モンスターたちと米軍の対異星人防衛部隊、さらにモンスターを追って地球に降り立つ巨大UFOという、地球の命運をかけたバトルを描いた、SFアクション映画『モンスターハントレス』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『モンスターハントレス』の作品情報


©2020, The Global Asylum LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2020年(アメリカ映画)

【脚本】
ジェレミー・M・インマン

【監督】
ブレンダン・ペトリッツォ

【キャスト】
アンソニー・ヤンセン、コニー・ジョー・セクリスト、トム・サイズモア、マーク・バレリアーノ、ジャリッド・マッセ

【作品概要】
シャークネード エクストリーム・ミッション』(2015)や、『MEGALODON ザ・メガロドン』(2018)などを手掛けた映画監督、ブレンダン・ペトリッツォが監督を務めたアメリカのSFアクション作品です。

アンソニー・ヤンセンが主演を務め、『パール・ハーバー』(2001)や『パシフィック・ウォー』(2017)などに出演するトム・サイズモアら、豪華俳優陣が出演しています。

映画『モンスターハントレス』のあらすじとネタバレ


©2020, The Global Asylum LLC. All Rights Reserved.

1947年、人類は宇宙船(UFO)と、それに乗ってきた異星人の存在を知りました。

それから数十年もの間、複数の知的生命体が地球に現れました。

異星人は大きく2つの種類に分けられます。それは、人類の前に堂々と姿を現す友好的な者と、地球を襲撃する敵対する者です。

そんな強力な地球の同盟者にも、地球を滅ぼす脅威にもなり得る異星人に対抗すべく、アメリカはある特殊部隊を創設しました。

それは、対異星人防衛部隊「ADU」です。米軍の兵士シェパード曹長がリーダーを務め、女性兵士のベンティスとマテオ、男性兵士のサムズとキングとロマン。

UFOマニアの民間人のデイルと、異星人テクノロジーの専門家ロバート・ドレイク(以下、愛称のボブと表記)で構成されています。

ADUが日夜、ネバダ州軍事秘密基地で異星人の研究および、異星人に対抗するための戦闘訓練していたある日、カリフォルニアの砂漠地帯に墜落した宇宙船を調査していたデイルが異星人に遭遇。

デイルは墜落地点周辺に築いた、宇宙船調査用のキャンプに避難し、そこに置いといた銃を使って異星人に立ち向かおうとします。

その際、デイルは無線機を使って、基地にいるシェパード曹長に、異星人と遭遇したことを報告。

しかし、異星人が存在するなど信じていない、根っからの軍人気質のシェパード曹長たち戦闘員。

そのため、シェパード曹長は、デイルの話に聞く耳を持ってくれませんでした。

シェパード曹長との通信が途絶えた直後、ディルは抵抗虚しく、周囲の風景に擬態したステルス機能を持つ異星人に惨殺・捕食されてしまいました。

シェパード曹長はその後、デイルと連絡が取れなくなってしまいました。

そんなシェパード曹長のもとへ、彼の上官であるメイウェザー大佐から通信が入ります。

メイウェザー大佐はここ最近、大勢の民間人から、墜落した宇宙船の目撃情報が相次いで米軍に報告されたことを受け、退役を控えたシェパード曹長に最後の任務を言い渡しました。

その任務とは、「人工衛星の目を掻い潜って地球に侵入し、墜落した宇宙船の目撃情報を分析し、墜落地点を特定。宇宙船や異星人を調査せよ」というものでした。

万が一、墜落した宇宙船に乗っていた異星人が、地球の脅威となり得る場合は、速やかに排除することも…。

任務を引き受けたシェパード曹長は、メイウェザー大佐に、行方が分からなくなったデイルのことを報告します。

メイウェザー大佐は、任務と同時進行でデイルの捜索にあたるよう、シェパード曹長に命じました。

そしてメイウェザー大佐は、その任務に付け加えて、シェパード曹長の後任として、ADUにある女性兵士が入隊する話をします。

その女性兵士の名は、ステラ・フェアチャイルド。彼女はマサチューセッツ工科大学(MID)を卒業後、アメリカの陸軍・空軍で経験を積んだ特技兵です。

異星人の生態を調査する専門家の台頭により、世界は異星人と戦うよりも、交渉することを望む新世代へと変わろうとしていました。

その新世代のエリートであるフェアチャイルドに、メイウェザー大佐はADUでの経験を積ませたいのです。

それからしばらくして、ベンティスが車で迎えに来てもらい、ネバダ州軍事秘密基地に到着したフェアチャイルド。

彼女は着任早々、シェパード曹長から、通信室で宇宙船の目撃情報を分析し、墜落地点の座標を割り出すよう命じられます。

シェパード曹長は、フェアチャイルド以外のADUメンバーに対して出撃命令を下し、サムズとキングと一緒にデイルを捜索するため、彼のキャンプへ向かいました。

その間、フェアチャイルドはボブの過去の研究論文を見て、自ら開発した異星人のコンピューターを使い、目撃情報と地殻変動の記録を照合します。

こうして割り出した墜落地点は、シェパード曹長たちが向かった、デイルのキャンプのすぐ近くでした。

もしかしたら異星人と遭遇するかもしれない、そう考えたフェアチャイルドは、すぐさまシェパード曹長に無線機で連絡しますが、宇宙船から発せられる妨害電波によって途中で遮断されてしまいます。

デイルのキャンプへ到着後。シェパード曹長は無人のキャンプで、ドラム缶に飛び散った大量の血しぶきと、何かを受信しているデイルの無線機を発見しました。

小屋の中にもデイルがいないことから、シェパード曹長はデイルの無線機を使って基地と連絡を取り、先ほど慌てた様子で連絡してきた、フェアチャイルドの話をちゃんと聞こうとします。

ところがそこへ、ステルス機能で小屋の中に潜んでいた異星人が、小屋の中を調べるために窓からのぞいたキングを殺したことで状況は一変。

シェパード曹長はすぐに攻撃態勢を取り、キングを殺して捕食した直後、体が大きく変化した異星人相手に、持っていた銃で攻撃を仕掛けます。

しかし、その異星人には銃弾が全く効いていません。シェパード曹長が絶体絶命のピンチに陥ったその時、トラックに乗って先に基地に退避するよう指示されたサムズが、彼を救おうとトラックで異星人を横から撥ね飛ばします。

異星人が倒れた隙に、シェパード曹長はサムズと合流。そのまま2人でその場を離れようとしますが、復活した異星人がサムズに襲い掛かってきました。

異星人に頭から噛みつかれたサムズは、最後の力を振り絞って手榴弾を起爆させます。

シェパード曹長はサムズの意思を察して、急いでその場を離れた直後、サムズと異星人は爆発によって炎に包まれました。

爆発の衝撃で吹き飛んだシェパード曹長は、暫くの間意識を失っていましたが回復し、トラックがある場所まで戻ります。

しかし、倒したと思った異星人の死体はなく、あるのはトラックと一緒に黒焦げになったサムズの死体と、地面にある青い体液だけでした。

一方フェアチャイルドは、シェパード曹長たちと通信が途絶えたことから、すぐにメイウェザー大佐に墜落地点の座標を送信。

ロマンに頼んで、戦闘訓練中だったボブとその教育係のマテオを招集してもらい、3人でメイウェザー大佐の通信を待ちます。

それから数分もかからないうちに、メイウェザー大佐から通信が届き、フェアチャイルドから現状報告を受けた上で、彼は新たな任務を言い渡しました。

「シェパード曹長の最後の発信場所を突き止め、シェパード曹長たちを救出しろ」

「そして、日没までに異星人を排除。それが出来なければ、ヘリオンを起動させる」

「ヘリオン」とは、軍事衛星から発射される熱核弾道、すなわち核ミサイルのことです。

ヘリオンが放たれてしまえば、基地周辺に住む民間人何十万人が死んでしまいます。

軍事機密であるヘリオンのことを、フェアチャイルドたちから教えて貰ったボブは、瞬時にそう考えてヘリオンの起動に反対。

さらに、民間人であることを盾に、戦場へは行かないと駄々をこね始めたのです。

フェアチャイルドは基地にいるマテオとロマン、ベンティスとボブと一緒に、ボブが異星人の遺物やテクノロジーを駆使して開発した、対異星人用兵器を車に積んで墜落地点へ向かいます。

墜落地点まであと少しのところで、車で通れる道が途絶えてしまい、フェアチャイルドたちは武器を装備したまま、徒歩で向かうことになりました。

そこへ、ステルス機能を持つ異星人が隠れて接近し、ロマンを背後から殺害。

フェアチャイルドとベンティスは、すぐさま異星人の兵器を使って攻撃を仕掛け、ロマンの隣にいたマテオを後退させます。

マテオが無事後退し、フェアチャイルドたちと合流したところで、女性陣3人で異星人の兵器を使って、見えない敵目掛けて一斉射撃。

その間、1人車の方に逃げたボブは、車の荷台に積んでいた地面に固定するタイプのビーム兵器を運び出します。

そしてボブは、異星人のビーム兵器を使って、見えない敵目掛けてビームを発射。

すると見えなかった異星人の姿が露わになり、その隙にフェアチャイルドたちが、異星人目掛けて一斉射撃し、やっとの思いで討伐します。

しかし残念ながら、討伐した異星人は、シェパード曹長の通信記録にあった、大きな声を出す異星人ではありません。

そう推測したフェアチャイルドの話を聞き、愕然とするマテオとボブの間でひと悶着ありましたが、彼女が仲裁に入ったおかげで収まりました。

フェアチャイルドはボブたちに、今後の動きについて説明します。

「マテオとベンティスが周囲の警戒に当たり、ボブがその間に墜落地点へ向かい、シェパード曹長と連絡が取れない原因である宇宙船の妨害電波を止める」と。

以下、『モンスターハントレス』ネタバレ・結末の記載がございます。『モンスターハントレス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


©2020, The Global Asylum LLC. All Rights Reserved.

フェアチャイルドが考えたその作戦を採用し、実行していくボブたち。宇宙船を外からみて調べたボブは、そもそも宇宙船に操縦士はおろか、操縦席もないことを彼女に報告します。

さらにボブは、宇宙船の中に3つの檻みたいなのがあったことから、さっき倒した異星人の他にもう2体いるのではないかと報告。

その上でボブは、フェアチャイルドに自分が考えた作戦を提案しました。

それは、「ボブが何とかして妨害電波を止め、フェアチャイルドたちがシェパード曹長の位置が分かり次第、彼らの捜索に当たる」作戦です。

フェアチャイルドはボブの作戦を採用し、フェアチャイルドとマテオでシェパード曹長たちの捜索、妨害電波を止めるボブとそれを警護するベンティスと、二手に分かれて早速行動していきます。

ボブは妨害電波を発し、半永久的に強大なパワーを生み出す宇宙船の電力源「パワーセル」を発見。思わず触ってしまったことで、奇跡的に妨害電波を解除しました。

これにより、宇宙船のパワーが同時に切られたのでしょう。檻に閉じ込められて異星人が解き放たれ、ボブに襲い掛かってきます。

ボブはパワーセルを持って逃げ、一旦フェアチャイルドたちのところに戻ってパワーセルを置き、そのまま車の方へ兵器を取りに行ってしまいました。

その間、ボブを追いかけてきた異星人は、近くにいたベンティスを殺害。フェアチャイルドたちには目もくれず、そのままボブを追いかけていきます。

ボブは異星人の攻撃を回避しつつ、車に積んでおいた異星人の兵器、周囲の重力を捻じ曲げ、反重力を発生させる反重力装置「反重力ガントレット」を持ち、フェアチャイルドたちのところへ戻ろうとしました。

その道中、ボブは偶然シェパード曹長に会います。ボブはシェパード曹長に、反重力ガントレットを腕に嵌めるよう指示を出し、その間にパワーセルを反重力ガントレットのグリッド部分に接続。

彼の合図で、シェパード曹長は左腕に嵌めた、反重力ガントレットのパワーを放出します。

それにより放出された反重力のパワーにより、異星人は青い体液をまき散らしたのち、跡形もなく消滅しました。

その青い体液を一身に浴びたマテオは、シェパード曹長と小躍りして喜ぶボブの顔面を、一発ぶん殴りました。

その後、シェパード曹長とフェアチャイルドは、墜落地点へ向かいます。

フェアチャイルドはボブの話をし、「もしかしたらこの宇宙船は、危険な異星人を捕らえていた刑務所船のようなものではないか」と仮説を立てたことを、シェパード曹長に報告。

これを聞いたシェパード曹長は、「自分たちを襲ってきた敵は、ステルス機能を持ち地中に潜りながら移動している。その異星人は人間を捕食することで、巨大化する」と言いました。

さらにシェパード曹長は、宇宙船近くに落ちていた青い体液を見つけ、「あれはデイルのキャンプにもあった。恐らく移動する異星人の痕跡だ」と推測します。

これまでの異星人より厄介な最後の1体と対峙するには、実際に異星人を討伐できた異星人の兵器が必要不可欠です。

しかし、ボブを襲った異星人が車内で暴れて、他の兵器を全て壊してしまったせいで、フェアチャイルドたちが持つ兵器しか手元にありません。

フェアチャイルドたちは、基地の研究所にある異星人の兵器を調達するため、一旦基地へ戻りました。

基地へ帰還後。フェアチャイルドは墜落地点で採取した青い体液を、研究室で人工衛星に送信して分析・異星人の位置を特定する作業に取り掛かり、シェパード曹長はメイウェザー大佐に現状報告を行います。

その間、他の兵器にパワーを充填するため、ボブは研究所と基地の電源にパワーセルを接続。

すると、研究所と基地の電力が全てパワーセルに持っていかれてしまったことで、研究所と基地の電気は全て、停電してしまいました。

ボブは急いで電気の復旧作業に入りましたが、停電中の研究所のトイレの方から、マテオの叫び声が聞こえてきました。

ボブは慌ててマテオの元へ駆けつけましたが、青い体液を洗面所で洗い落とそうとしていた彼女は、突如背後に現れた異星人に惨殺され捕食されてしまいます。

ボブは静かにその場を離れ、電気の復旧作業をしながら、シェパード曹長たちに無線機で、「マテオがやられた、異星人は研究所の通風口を使って移動している」と伝えました。

しかし、停電のせいか雑音が入り、シェパード曹長たちには、ボブの声が上手く聞き取れません。

ボブが電気を復旧させ、基地にいたシェパード曹長と合流したと同時に、研究所内に1人取り残されたフェアチャイルドが、研究所の廊下で異星人に遭遇。

フェアチャイルドはすぐそばの部屋「死体保管室」に入り、部屋の隅で棚と棚の間に隠れ、息を潜めて異星人の襲撃をやり過ごそうとします。

異星人はフェアチャイルドには気づかず、死体保管室にあった兵士の死体を貪り、その巨体をさらに巨大化させていました。

ボブとシェパード曹長は、フェアチャイルドの救出のため、爆弾と爆発系の異星人の兵器を持って、静かに研究所へ突入を開始。

そこへフェアチャイルドからの通信が入ります。「異星人は死体保管室にいる」と。

ボブが研究所内に爆弾を仕掛け、シェパード曹長が死体保管室から飛び出してきたフェアチャイルドと無事合流しました。

しかしその直後、フェアチャイルドを追って死体保管室から出てきた異星人が、シェパード曹長とボブの存在に気づき、3人に襲い掛かってきます。

シェパード曹長は異星人の足元目掛けて、爆弾を投下。起爆する前に、シェパード曹長たちは急いで研究所を脱出しました。

その直後、研究所内の爆弾に誘爆し、研究所の一部分は異星人もろとも爆発しました。

異星人を倒したと安堵する一同。しかし、基地の上空に現れた巨大な宇宙船によって、3人に再び絶体絶命のピンチが訪れてます。

メイウェザー大佐は、基地の上空に出現した巨大な宇宙船の存在に気づき、アメリカ空軍の複数の戦闘機と、部下のモーラが操縦する異星人の戦闘機を現場に派遣。

巨大な宇宙船から発せられる信号をキャッチし、シェパード曹長たちに宇宙船の情報を送ったと同時に、「これより宇宙船破壊のため、ヘリオンを起動させる。モーラが戦闘機に乗って救出に向かったので、合流地点に移動してその場を離脱せよ」と命令を下しました。

アメリカ空軍の戦闘機と宇宙船が攻防を繰り広げる中、宇宙船の情報を読んだフェアチャイルドは、シェパード曹長たちに自分の結論を話します。

「自分たちが対峙した異星人は、巨大宇宙船にいる知的生命体とは程遠い危険な生物であり、墜落したUFOはその危険な生物を捕らえていた刑務所船だ」

「巨大宇宙船にいる知的生命体は、危険生物を刑務所船に閉じ込め、宇宙に放出した。しかし、何らかの事故によって刑務所船は地球に墜落した」

「巨大宇宙船の目的は、囚人である異星人を排除することだ」

これを聞いたボブは、ある作戦を思いつきます。それは、「核ミサイルの標的を基地に変更し、パワーセルを繋いで充填させた、反重力ガントレットで核ミサイルを掴み、シールドで守られた宇宙船の真下に投げ込む」作戦です。

人類が核兵器を保有したことを知った異星人は、1951年に、核ミサイルが貫通しないほど頑丈なシールドを開発していました。

そのため、ただ核ミサイルを投下するだけでは、宇宙船は破壊できません。

異星人の宇宙船を調べ尽くしたボブは、弱点は母船の真下にあることを知っており、そこに核ミサイルを打ち込んで、宇宙船だけ破壊しようと考えたのです。

シェパード曹長たちや、メイウェザー大佐がボブの作戦を採用し、実行に移そうとしたその時、彼は研究所で死んだはずの異星人に襲われてしまいます。

異星人はパワーセルを持ったボブを丸呑みにし、そのまま基地の倉庫へ向かっていきました。

軍事衛星から放たれた核ミサイルが、ネバダ州軍事秘密基地に到達するまであと5分。

シェパード曹長が追いかけ、異星人の注意を引き付けている間に、フェアチャイルドがビーム兵器のパワーを放出。

それにより、異星人の貫通した腹からパワーセルの奪取に成功し、急いで反重力ガントレットのグリッドに繋いで、シェパード曹長たちは核ミサイルを掴みとります。

そして、アメリカ空軍の戦闘機とモーラの戦闘機が離脱したのを見計らって、2人は核ミサイルを母船の真下に投げ込み、見事宇宙船だけの破壊に成功しました。

作戦成功に安堵するシェパード曹長たち。そこへ異星人の体内に消化される前に、貫通した腹から抜け出せたボブが合流します。

シェパード曹長たちは感動の再会に喜びますが、今度こそ倒したと思っていた異星人が出現したことにより、再び危機に見舞われました。

そこへ、モーラの戦闘機に同乗し、現場に駆けつけたメイウェザー大佐が現れ、彼が持つ異星人の兵器によって最後の1体を討伐することができました。

シェパード曹長たちを救出したメイウェザー大佐は、今後も異星人襲撃による危機が訪れるとして、シェパード曹長の退役を取り消し、これからフェアチャイルドの歓迎パーティーを開こうじゃないかと言います。

そんな他愛もない話をするシェパード曹長たち5人の姿を最後に、物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『モンスターハントレス』の感想と評価


©2020, The Global Asylum LLC. All Rights Reserved.

突如地球に墜落した宇宙船から、3体の異星人が解き放たれ、米軍の特殊部隊が討伐に向かうSFアクション。

その最大の見どころは、やはり異星人vs米軍の特殊部隊「ADU」との戦いでしょう。

人類の武器ではまるで歯が立たない異星人相手に、異星人テクノロジーの専門家であるボブが開発した兵器を使って、シェパード曹長たちが戦っていくアクション場面は、観ているこちらまでハラハラドキドキしてきます。

異星人によるデイルたちの惨殺、捕食する場面は少しグロテスクで怖いので、観る時は心の準備が必要です。

さらに、最初は異星人なんて信じてもいなかったシェパード曹長たち戦闘員が、実際に遭遇・襲撃されてその存在を認知し、ボブと協力して戦っていく過程。

ただの引きこもりの科学者だったボブが、皆と生き残るために戦うことを決め、結果的に彼が編み出した作戦で人類が救われたその過程。

物語を最初から最後まで見ていると、それぞれの成長した姿が心にグッとくるものがあります。

まとめ

突如地球に現れた、宇宙の囚人である3体の異星人相手に、米軍の特殊部隊と異星人テクノロジーの専門家が力を合わせて、地球を救うために戦うSFアクション作品でした。

異星人によるグロテスクな惨殺する場面は怖いものの、シェパード曹長たちのハラハラドキドキした気持ちが画面越しに伝わり、異星人と戦うスリルと興奮を味わえます。

そして何より、異星人vsADUの戦いにおいて、ずっとモニター越しに通信で指示を出していたトム・サイズモア演じるメイウェザー大佐が、最後の最後で主人公たちのピンチを救う場面が格好良いです。

異星人に殺されたかと思ったボブが、無事生還した場面なんて、大事な仲間が生きていたことに喜ぶフェアチャイルドたち同様、嬉しくて涙が止まりません。

何だか続編があるような物語の終わり方だったので、次はどんな兵器でどんな敵と戦うのかと期待が膨らみます。

シェパード曹長たち米軍の特殊部隊が、異星人のテクノロジーを使った兵器で、危険な異星人と巨大宇宙船を倒すSFアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

SF映画

SF映画『タイムネット』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価。 タイムループから脱出アドベンチャーを試みた“父子愛”

過去を変えようと奔走する青年の姿を描いたSFアドベンチャー チーノ・ソレンティーノが監督を務め、タイムループにハマった青年の運命を描いた、2020年製作のイタリアのSFアドベンチャー映画『T-NET/ …

SF映画

東京喰種主題歌illion(イリオン)『BANKA』歌詞と発売日情報!

2017年7月29日から公開される映画『東京喰種 トーキョーグール』。 この映画の主題歌として、野田洋次郎こと、illionが新曲「BANKA」を書き下ろしが提供されることが決まなりました! スポンサ …

SF映画

映画『ザ・プレデター』あらすじとキャスト。監督シェーン・ブラックのプロフィール紹介

映画『ザ・プレデター』は9月14日(金)より全国ロードショー! 人気SFホラー映画『プレデター』の正当なる続編シリーズが始動。 狩るか、狩られるか…。宇宙から現れる最悪のハンター「プレテダー」とのサバ …

SF映画

ブレードランナー(1982)あらすじと考察!松田優作は何を見たか?感想解説から読み解く“ SF映画魅力”

『ブレードランナー2049』の公開が2017年10月27日に差し迫りました。 続編の公開前に、前作『ブレードランナー』を振り返ってみましょう。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『ブレードラン …

SF映画

映画『エクスティンクション 地球奪還』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2014)や『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)など、数多くの名脚本を世に出したことで知られる脚本公開サイト「ブラックリスト」。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学