Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『A.I.』ネタバレあらすじ結末と感想考察の評価。ロボット少年の愛を“天才子役おすすめ”として一躍名をはせたハーレイ・ジョエル・オスメントが演じる

  • Writer :
  • 谷川裕美子

ロボットの少年が愛する母を探してさすらう悲しみの感動作

鬼才スタンリー・キューブリックが生前に温めていた作品を、スティーヴン・スティルバーグ監督が映画化した名作SF映画。

母を愛するようインプットされたロボットの少年が、人間のエゴに振り回されながらも純粋な心で愛を求めてさまようさまを描き出す感動作です。

『シックス・センス』(1999)で天才子役として一躍スターに躍り出たハーレイ・ジョエル・オスメントが主演を務め、共に旅するセクシー・ロボを人気俳優のジュード・ロウが演じます。

人間の残酷さに翻弄されたロボットの少年・デイヴィッドが、遂にたどり着いた場所とはいったいどこだったのでしょうか。

純粋な魂の行方を描き出す美しく残酷なおとぎ話の魅力についてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『A.I.』の作品情報


(C)2001 Warner Bros. & Dreamworks, LLC.

【公開】
2001年(アメリカ映画)

【原作】
ブライアン・オールディス

【監督・脚本】
スティーヴン・スピルバーグ

【編集】
マイケル・カーン

【出演】
ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジュード・ロウ、フランシス・オコナー、サム・ロバーズ、ブレンダン・グリーソン、ジェイク・トーマス、ウィリアム・ハート、ベン・キングズレー、ロビン・ウィリアムズ、メリル・ストリープ

【作品概要】
鬼才スタンリー・キューブリック監督の未完成作品を、「ジュラシック・パーク」シリーズの巨匠スティーヴン・スティルバーグ監督が最新特撮技術を用いて映画化。

ロボットと人間が共存する近未来を舞台に、人工知能をもつロボットが過酷な運命に翻弄されながら本当の愛を追い求める姿を描きます。

主演は『シックス・センス』(1999)でアカデミー賞にノミネートされた天才子役ハーレイ・ジョエル・オスメント。

ファンタスティック・ビースト」シリーズのジュード・ロウ、フランシス・オコナーが共演。

ベン・キングズレーがナレーションを務めるほか、ロビン・ウィリアムズ、メリル・ストリープら豪華キャストが声で出演しています。

映画『A.I.』のあらすじとネタバレ


(C)2001 Warner Bros. & Dreamworks, LLC.

環境破壊が進んだ地球ではロボットが人間と共存するようになっていました。

親に不変の愛を持つ子どものロボットとして作られたデイヴィッドは、彼を作ったロボと会社社員であるヘンリーとモニカに試験的に引き取られます。

ふたりの本当の息子のマーティンは不治の病で眠ったままでした。人間そのものの姿をしたデイヴィッドを見てモニカは驚愕します。

初めは彼を拒否していたモニカでしたが、次第に愛情を抱くようになり、彼が自分を愛するようインプットします。

それは再設定ができないもので、一度ひとりを愛するようになると一生不変の愛を抱き続けるというものでした。もし手放す時には会社で廃棄することになっています。

デイヴィッドはモニカをママと呼び、心から愛するようになります。モニカはデイヴィッドに息子のものだったスーパートイのロボットクマのテディを渡しました。

そんなある日、奇跡が起きて病気のマーティンが目覚めて帰宅し、デイヴィッドとマーティンは互いに嫉妬し合いライバル心を持つようになります。

プールサイドで悪ガキに腕をナイフで刺されそうになったデイヴィッドは、マーティンに助けを求めて抱き着いてそのままふたりでプールに落ちてしまいます。

マーティンは一命をとりとめましたが、ヘンリーはデイヴィッドを許しませんでした。

モニカは自分を心から愛してくれるデイヴィッドを手放すことに心を痛めながらも、彼を連れて会社へ向かいます。

しかしモニカは彼を廃棄することには耐えられず、森の中にデイヴィッドとテディを捨てて車で走り去りました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『A.I.』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『A.I.』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2001 Warner Bros. & Dreamworks, LLC.

人間の子どもになって再びモニカに愛されることを願いながら歩いていたデイヴィッドは、廃棄されたロボットから部品を拾うロボットたちをみつけます。

しかし、ロボットを壊すショー「ジャンク・フェア」が始まり、デイヴィッドは彼らと共に巨大飛行船に連れ去られてしまいました。

檻の中で出会ったセックス・ロボットのジゴロ・ジョーとともにデイヴィッドはショーに出されそうになりますが、すんでのところで助けられます。ふたりは手を取り合い逃げ出しました。

ブルー・フェアリーをみつけて人間の子どもになれればママに愛してもらえると信じて旅するデイヴィッド。女性のことなら任せろといってジョーははりきり、物知りのドクター・ノウのもとへ彼を連れて行きます。

ノウはホビー教授の本を読み上げた後、ライオンが涙するという地の果てにブルー・フェアリーがいると教えました。それ聞いたデイヴィッドは駆け出しますが、ジョーは危険だと心配し、人間がロボットを愛することはないと必死で話します。

それを聞いたデイヴィッドはジョーと別れようとしましたが、その後目の前で人間につかまったジョーを助けるためにヘリを動かし、彼を乗せて飛び立ちました。

ホビー教授宅を訪ねると、そこにいたのはもうひとりのデイヴィッドでした。ママは渡さないと叫んで彼を叩き壊すデイヴィッド。そこにホビー教授が現れます。

教授はドクター・ノウを使ってデイヴィッドを呼び戻していました。教授が席を外したすきに部屋を移動したデイヴィッドは、たくさんの子ども型のロボットをみつけます。

ショックを受けた彼は川に身を投げたところを、ジョーに助けられました。しかし、その直後、ジョーは人間たちにみつかり連れ去られてしまいます。

デイヴィッドは潜水艦で川底へもぐり、ピノキオの世界を探し当てます。とうとうブルー・フェアリーの人形を見つけた彼は、どうか僕を人間の子にしてくださいと祈り続けました。

それから2000年の時が流れました。氷河期を迎えた世界で凍っていたデイヴィッドの前にブルー・フェアリーが姿を現し、彼を目覚めさせます。しかし、彼が触れるとブルー・フェアリーは粉々に砕けてしまいました。

見守っていた謎の生命体たちの力で、デイヴィッドの意識はママと過ごした懐かしい家へと戻ります。

そこで待っていたブルー・フェアリーに、デイヴィッドは人間の子どもになってママに愛されて一緒に暮らしたいと願いを伝えます。

しかし彼女は、2000年がたっているからママはもう帰らないことを話して聞かせました。

甦らせるには爪や髪など体の一部が必要だと聞いたテディが現れ、デイヴィッドにモニカの髪の一房を手渡します。

デイヴィッドは甦った人間の寿命が1日しかないことを知りますが、それでもママとの再会を望み、ブルー・フェアリーに願いを叶えてもらいました。

眠っている愛するママを見つけたデイヴィッド。彼女のためにコーヒーを入れ、最高に幸せな一日を過ごします。誕生日のないデイヴィッドのために、ふたりでバースデーケーキを作りました。

一日の終わりにママは言いました。「愛してる。ずっと愛してたのよ」。ずっとその言葉を待っていたデイヴィッドは喜びに涙を流します。

モニカは永遠の眠りにつき、デイヴィッドもその隣で生まれて初めて旅立ちました。夢の生まれる所へと。

スポンサーリンク

映画『A.I.』の感想と評価


(C)2001 Warner Bros. & Dreamworks, LLC.

人間のエゴが生み出した残酷なおとぎ話

近未来作品を数多く手がけた鬼才スタンリー・キューブリックの未完成作品を、巨匠スティーヴン・スピルバーグが映画化した『A.I.』。

名作アニメ『母をたずねて三千里』を思わせる胸に迫る感動のストーリーですが、根底にあるのは人間のエゴや身勝手さを徹底的に風刺する厳しい視線です。

愛らしい子どもの姿をしたロボットのデイヴィッドは、人を愛することのできるとても高度な精度を持っていました。

病で目覚めない子どもを持つモニカは寂しさから、彼が自分を愛するようにインプットします。一度インプットすると再設定はできず、手放す時は廃棄するしか方法はありません。

そんななか、実の息子が奇跡的に元気になり、子ども同士が嫉妬心から問題を起こしてしまいます。

モニカはデイヴィッドがどれほど深く自分を愛しているか知りながら、廃棄することができずに泣く泣く彼を森に捨ててしまうのです。

もともとロボットが作られ始めたのは、環境破壊が進み人間を減らさなければ生きられなくなったことが原因でした。環境を破壊したのも人間なら、ロボットを作り出したのも人間です

デイヴィッドの愛したモニカもまた、自分のエゴで彼が自分を愛するようにインプットしておきながら、実の我が子かわいさにデイヴィッドを切り捨てます

一方で、ほかの人々はロボットが人間の世界を侵食することを恐れて迫害するなど、不毛なことを繰り返します。

残虐にロボットを破壊する祭り「ジャンク・フェア」のシーンは、キューブリックならではの辛辣な世界が繰り広げられます。それを子どもでも観られるレベルで少し柔らかく表現できたのはスピルバーグの腕あってこそといえるでしょう

絶世の美男子ジュード・ロウが、陽気でセクシーなジョーをこの上なく魅力に演じ、暗い物語にユーモアのスパイスを振りかけ和ませています。

本作で観る者の胸をずっと締め付けるのは、デイヴィッドのモニカへの無償の愛です。

デイヴィッドの愛情はとてつもなく深いものですが、これは実はごく普通の子どもがママに対して抱く愛情とまったく同じものといえるでしょう

子どもたちはとにかくママが一番好きなのです。1~2歳児でも母親を後追いすることを考えれば、本能的なものといえます。

人間は成長と共に母親以外と過ごす世界を知り、興味を広げていくことで次第に自立していきます。母への愛の比重は少なくなっていきますが、永遠の少年・デイヴィッドの思いはずっとママだけに向けられたままです

森に捨てられた後でさえ彼女への愛は薄れることなく、恨むこともありません。ただひたすらブルー・フェアリーによってピノキオのように本当の人間の子どもにしてもらえることだけを望み、気の遠くなるほど長い時間旅を続けます。

2000年の孤独を耐え抜き、とうとう手に入れたのはたったの一日の幸せでした。永遠の一日の終わりに、安らかに目を閉じたデイヴィッドとモニカの穏やかな幸福を、涙なしに観ることはできません。

決してハッピーエンドとはいえない少年の悲しい幸福感を通して、人のエゴの残酷さがさらに胸に突き刺さる一作となっています。

まとめ


(C)2001 Warner Bros. & Dreamworks, LLC.

スタンリー・キューブリックとスティーヴン・スピルバーグという巨星ふたりの合作ともいえる映画『A.I.』は、観る者の胸にさまざまな思いを抱かせる名作です。

母を永遠に愛しぬくデイヴィッド、女性を誰よりも悦ばせることに誇りを持つセクシーで温かなハートを持つジゴロ・ジョー、デイヴィッドに愛情深く別れを告げてからショーで破壊されるナニーなど、登場するロボットたちからは、本物の人間たちよりもよほど人間味を感じられます。

一方で、残虐にロボットを破壊するショーに興奮したり、ロボット狩りをする人間たちの冷酷さが際立ち、「人間性を失っていく人間」と、「人情を勝ち得ていくロボット」の姿が浮かびあがっていくのです。

人間が人間として生きていくためになにが必要なのか改めて考えさせられる一作となっています。





関連記事

SF映画

X-MENフューチャー&パスト|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。プロフェッサーなぜ生きてる⁈ラストに意外な展開が待ち受ける

新旧オールスターが“過去”に挑み“未来”を変える 人気アメコミ映画「X-MEN」シリーズ最大のターニングポイント。 ミュータント壊滅の危機にウルヴァリンが過去に戻り、“最悪の結末”を回避するため若きプ …

SF映画

実写映画『いぬやしき』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

想像を絶する映像トリップ!映画『いぬやしき』2018年4月20日(金)全国東宝系ロードショー! 『GANTZ』二部作で組んだ佐藤信介監督と原作奥浩哉のコンビが再びタッグを組み同題コミックを映画化したS …

SF映画

仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER|ネタバレ感想と解説。クウガと電王のみならず『うる星やつら2』へのオマージュか⁉︎

2018年12月22日より、『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』が全国東映系で公開。 公開からわずか3日で観客動員数は42万人、興行収入は5億円を突破しました。 平成仮面ライダーシリー …

SF映画

『テネット』ネタバレ考察評価と結末までのあらすじ。ドラえもんのようなタイムトラベルと時間の逆行

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! 『メメント』(2000)では記憶を通して時間を描き、『インセプション』(2010)では夢の世界で、『インターステラー』( …

SF映画

ブレードランナー2049|あらすじネタバレ感想と結末考察。ラストまでの前日譚30年史とドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が描いたものとは?

SF映画の金字塔『ブレードランナー』の30年後を舞台にした続編がついに公開。 監督は今最も世界から注目を集めるドゥニ・ヴィルヌーヴ。 主演には今や世界的スターとなったライアン・ゴズリング。 今年最大の …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学