Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2021/11/15
Update

カオス・ウォーキング|ネタバレ結末感想と評価解説。SF映画最新作は頭で考えたことや心の中の思いが他者にノイズとなってさらけ出されてしまう斬新な設定!

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

心の声が〈ノイズ〉となって視えてしまう世界で繰り広げられるSFアクションアドベンチャー。

パトリック・ネスによるSF小説『心のナイフ』〈混沌(カオス)の叫び1〉を映画化。

監督は、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)『ボーン・アイデンティティー』(2003)のダグ・リーマン。

「スパイダーマン」シリーズのトム・ホランドを主演に迎え、共演者には「スター・ウォーズ」シリーズのデイジー・リドリー、『アナザーラウンド』(2021)のマッツ・ミケルセンらが顔を揃えます。

西暦2257年。汚染された地球を捨て新たな星、〈ニューワールド〉に辿り着いた人類。しかし、その惑星では心の声や思考が〈ノイズ〉となって視える形で曝け出されてしまいます。

過去の争いにより、女性が死に絶えてしまった〈ニューワールド〉で生まれたトッド(トム・ホランド)は女性を一度も見たことがありません。

ある日、宇宙船が墜落し、唯一の生存者であるヴァイオラ(デイジー・リドリー)と出会ったトッド。初めて会う女性に戸惑いを隠せないトッドでしたが……。

スポンサーリンク

映画『カオス・ウォーキング』の作品情報


(C)2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
Chaos Walking

【原作】
『心のナイフ』〈混沌(カオス)の叫び1〉パトリック・ネス著(東京創元社)

【監督】
ダグ・リーマン

【脚本】
パトリック・ネス、クリストファー・フォード

【キャスト】
トム・ホランド、デイジー・リドリー、マッツ・ミケルセン、デミアン・ビチル、シンシア・エリボ、ニック・ジョナス、デビッド・オイェロウォ

【作品概要】
ガーディアン賞、カーネギー賞など、数々の名立たる文学賞を制するパトリック・ネスの傑作SF小説『心のナイフ』〈混沌(カオス)の叫び1〉を映画化。

主演は『スパイダーマン ホームカミング』をはじめMCU版「スパイダーマン」シリーズで主人公ピーター・パーカーを演じるトム・ホランド。待機作に『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』、『アンチャーテッド』(共に2022年公開予定)があります。

共演者に「スター・ウォーズ」シリーズのデイジー・リドリー、『アナザーラウンド』(2021)のマッツ・ミケルセン、『ハリエット』(2020)のシンシア・エリボ、ジョナス・ブラザーズのメンバーとして活動するほか、俳優として『ミッドウェイ』(2020)などに出演するニック・ジョナスなど。

映画『カオス・ウォーキング』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

西暦2257年。汚染した地球を旅立った人類がたどり着いた新天地、〈ニュー・ワールド〉。

その星では男たちの頭の中の考えや心の中の思いが〈ノイズ〉となって曝け出されてしまいます。女たちには〈ノイズ〉はありませんが、エイリアンに殺され、村には男しかいません。

〈ニュー・ワールド〉で生まれ、村でも一番最年少のトッド(トム・ホランド)は首長のプレンティス(マッツ・ミケルセン)に憧れ、認めてもらいたいと思っています。

しかし、そんなトッドをプレンティスの息子であるデイヴィー・プレンティス・ジュニア(ニック・ジョナス)は馬鹿にし、トッドの育ての親であるベン(デミアン・ビチルン)は、プレンティスを信用してはいけないと言います。

ある日、ニューワールドに本船から偵察機がやってきますが、墜落してしまいます。唯一の生存者であるヴァイオラ(デイジー・リドリー)と出会ったトッド。女性と初めて出会ったトッドは戸惑い感情が〈ノイズ〉となって現れてしまいます。

一方〈ノイズ〉を知らないヴァイオラは怯え逃げ出してしまいますが、プレンティス率いる男らに取り囲まれ捕らえられてしまいます。

本船が近くにやってくることを知ったプレンティスは、ヴァイオラが本船に連絡するのを阻止しようと目論みますが、隙を見てヴァイオラは逃げ出します。

逃げ出したヴァイオラは、トッドの家の納屋に隠れていました。初めて見た女性であるヴァイオラに恋心を抱くトッドはヴァイオラを守ことを決意し、ベンから教えられた目的地に向かって愛犬のマンチーと共に旅立ちます。

目的にたどり着くとそこには村があり、そこには男性だけでなく女性も子供もいます。自分のいた村の他に村はないと思っていたトッドは戸惑います。更にやってきた村を告げると村人は顔色を変え、トッドを縛り首にしろと叫びます。

理由が分からず戸惑うトッドでしたが、ベンが旅立つ前に渡したトッドの母の日記を読み、今まで知らなかった驚くべき真実を知ってしまいます……。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『カオス・ウォーキング』ネタバレ・結末の記載がございます。『カオス・ウォーキング』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

字が読めないトッドに代わり、ヴァイオラがトッドの母の日記を読みます。宇宙人によって女性は皆殺されたとプレンティスは言いましたが、それは嘘で女性たちを殺したのはプレンティスを始めとした男たちだったのです。

ニューワールドに辿り着くも、〈ノイズ〉となって心の声がさらけ出されてしまった男たち。一方で女性たちにはなぜか〈ノイズ〉がありません。ニューワールドに対応しきれず、ストレスが溜まった男たちの矛先は女性たちに向かったのです。

困惑するトッドでしたが、プレンティスの追手は既にトッドとヴァイオラのいる村に辿り着いていました……

難を逃れ森に逃げたトッドとヴァイオラでしたが追いかけてきたアーロン牧師(デヴィッド・オイェロウォ)に捕まり、マンチーが殺されてしまいます。

失意のトッドに寄り添うヴァイオラ。初めは戸惑っていた2人でしたが、逃亡を続けるうちに絆が生まれ始めていました。恋心を抱くトッドは、ヴァイオラに帰って欲しくないと思いつつも、彼女の願いを叶えたいという気持ちで揺れていました。

追手が近づき、通信できる場所まで間に合わないと焦っていた2人の前に、トッドの両親やプレンティスらが乗ってきた宇宙船が現れます。しかし、アンテナが外れていて通信することができません。

トッドは屋根にのぼり、アンテナを接続させようと奮闘します。そこにとうとうプレンティス率いる追手がやってきてしまいます。

ヴァイオラが通信する時間を稼ぐため果敢にプレンティスに挑むトッドでしたが、プレンティスは〈ノイズ〉を扱うことに長けており、幻覚を見せてトッドを惑わしても足も出ません。

傷を負い、今にも殺されそうになっていたトッドの元に通信を終えたヴァイオラがやってきて、プレンティスを突き落とします。怪我を負ったトッドはそのまま気を失ってしまいます。

数日寝込んだトッドが目を覚ますと、そこは宇宙船の中でした。驚くトッドの前に現れたのは、帰ってしまったと思っていたヴァイオラ。ヴァイオラはこの星に残り、この地で新たな生活をトッドと始めることを決意したのでした。

スポンサーリンク

映画『カオス・ウォーキング』の感想と評価


(C)2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

頭の中の考えや心の中の思いが〈ノイズ〉となってさらけ出されてしまうという斬新な設定は、心の声や思ったことを発信しやすいSNSが普及した現代にも通ずるものがあるかもしれません。

自分が相手に伝えようとしていなくても考えていること、感じたことが勝手に可視化してしまうとしたら……。本作で描かれているのはまさに混沌とした世界です。

混沌が疑心を呼び、〈ノイズ〉が現れない女性へ鬱憤や怒りの矛先が向かった結果、女性を虐殺してしまうという恐ろしい惨事が起きてしまった、そんな混沌の中で生まれたのが何も知らない少年トッドです。

本作はSFアクションアドベンチャーであるとともに一人の少年の成長譚でもあります。

トッドは親を知らず、親代わりのベンに対して反抗し、首長のプレンティスを父親のような存在として尊敬し憧れを抱いています。

そんな存在が自身の敵となる、乗り越えなくてはならない存在となる……。これはトッドにとって一種の大人になるための通過儀礼とも言えるのです。

外の世界を知らないトッドが信じていた世界は悉く覆されていく、現実を受け止め乗り越えることで、トッドは成長していくのです。

一方、ヴァイオラも本船で生まれ育ち、外の世界を知りません。また、ヴァイオラは祖父母の代から新天地を求め旅をしていました。

祖父母、両親が願うもたどり着けなかった新天地での生活を自身は成し遂げたいという強い思いが、ヴァイオラの中にはあります。

ヴァイオラは強い意志と戦う強さを兼ね備えたヒロインとして描かれ、無闇に自分の感情や情報を伝えようとしません。感情がうまくコントロール出来ず〈ノイズ〉に表れてしまうトッドと対照的な存在と言えます。

そんな対照的な2人が旅を通じて心を通わせ、閉ざしていたヴァイオラも自分の境遇や感情を伝えるようになります。

そして、ヴァイオラは自身が求めていた新天地としてこの星で生きていくことを決意し、トッドの手を握ります

新天地を求めた親の世代の意思を受け継ぎ新天地で共に生きていこうとする2人の姿は、アダムとイヴをも想起させるような希望に満ち溢れています。

新感覚のSFアクションアドベンチャーでありながら、普遍的な少年の成長譚と共に生きていく新たな世代への希望を感じさせる映画になっています。

まとめ


(C)2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

「スパイダーマン」シリーズのトム・ホランド、「スター・ウォーズ」シリーズのデイジー・リドリーなど、豪華キャストがおくる新感覚のSFアクションアドベンチャー映画『カオス・ウォーキング』。

頭の中の考えや心の中の思いが〈ノイズ〉となってさらけ出されてしまう斬新な設定をVFXを使って映像化し、登場人物それぞれに特徴のある〈ノイズ〉を作り出し、混沌とした世界を映し出します。

また、近未来でありながら、西部劇のような村の様子や特徴的な宇宙人の造型、巨大な宇宙船などSFならではの映像美にも大注目です。




関連記事

SF映画

映画『ジュピターズ・ムーン』あらすじとキャスト。上映館はどこ?

映画『ジュピターズ・ムーン』は1月27日より全国順次公開! 何と言ってもこの作品の監督はコーネル・ムンドルッツォ!誰それと、馴染みのないと言われてしまうかも知れませんが、実は小品ながら秀逸だった『ホワ …

SF映画

【ネタバレ】アクアマンのトリビア9つの秘密。母や父の血筋から原作巨大ダコの相棒など小ネタ紹介

今まで観たことのない、海中バトルアクション映画『アクアマン』は、2019年2月8日(金)より全国ロードショー! スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンなど、名だたるアメコミヒーローを擁するDCコミ …

SF映画

ワンダーウーマン公開日とあらすじ!主演女優ガル・ガドット紹介も

2017年8月25日公開の『ワンダーウーマン』が凄すぎる! あなたはこの美しすぎる予告編を目にしているだろうか。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『ワンダーウーマン』の作品情報2.映画『ワン …

SF映画

映画『トランスフューチャー』ネタバレ感想と結末までのあらすじ解説。SFタイムトラベルで過去に戻って殺人事件の謎を解くサスペンス

天才物理学者がタイムトラベルを繰り返していくSFタイムサスペンス ブルーノ・ビニ監督の初の長編作となる、2020年製作のブラジルのSFタイムサスペンス映画『トランス・フューチャー』。 ビルの屋上で何者 …

SF映画

映画『すべての終わり』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

自分の身を危険に晒してでも助けたい人がいる。 何が起きているのかも、何故そうなったのかも分からない「世界の終わり」が迫る中、その中心部にいる大切な人を助けに行く一風変わった「ロードムービー」である『す …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学