Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/12/16
Update

映画『ハリエット』あらすじ。キャストのシンシア・エリヴォが実在の隷解放運動家を演じる!

  • Writer :
  • 大塚まき

ゴールデングローブ賞で主演女優賞&主題歌賞にノミネート!

隷解放運動家、ハリエット・タブマンの激動の人生を、2020年1月に日本でミュージカルコンサートが予定されているミュージカルスター、シンシア・エリヴォが見事に演じ、その熱演を『プレイヤー/死の祈り』(1997)などで知られる女性監督、ケイシー・レモンズが見事に活写した本作『ハリエット』。

2019年12月9日に発表された第77回ゴールデングローブ賞ノミネーションにて、主演女優賞、主題歌賞の2部門にノミネートされた『ハリエット』が2020年2020年6月5日(金)から全国公開されることが決定しました。

スポンサーリンク

映画『ハリエット』について

(c)2019Universal Pictures International, Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.

本作はアフリカ系アメリカ人女性として史上初めて新20ドル紙幣に採用され、アメリカでは誰もが、その名を知る隷解放運動家、ハリエット・タブマンの激動の人生が描かれています。

ハリエット・タブマン役をブロードウェイの歌姫シンシア・エリヴォが熱演したことが話題となりました。

全米では2019年11月に公開され、全米ボックスランキングでは初登場第4位を記録して、多くの人の心を揺さぶり、第77回ゴールデングローブ賞のノミネーションでは、シンシア・エリヴォが主演女優賞、テーマ曲の「スタンド・アップ」が主題歌賞にノミネートされました。

シンシア・エリヴォのプロフィール


(c)2019Universal Pictures International, Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.

本作でハリエット・タブマン役を見事に演じたシンシア・エリヴォは、1987年1月8日生まれ、イギリスの女優、歌手、ソングライターです。

2015年に再演されたブロードウェイミュージカル「カラー・パープル」で主人公セリーを演じ、観客の心を引きつけ、一躍ブロードウェイの歌姫として有名になりました。

2016年のトニー賞ではミュージカル主演女優賞を受賞。

映画では『ホテル・エルロワイヤル』(2018)『ロスト・マネー 偽りの報酬』(2018)などに出演しています。

スポンサーリンク

映画『ハリエット』の作品情報

(c)2019Universal Pictures International, Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
HARRIET

【監督】
ケイシー・レモンズ

【キャスト】
シンシア・エリヴォ、レスリー・オドム・Jr、ジャネール・モネイ

映画『ハリエット』のあらすじ

(c)2019Universal Pictures International, Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.

1849年、アメリカ中部大西洋岸に位置するメリーランド州ドーチェスター郡。

“ミンティ”ことアラミンタ・ロス(シンシア・エリヴォ)は、ブローダス一族が所有する農園の奴隷として、幼いころから過酷な生活を強いられていました。

そんな彼女の願いはただ1つ、いつの日か自由の身となって家族と共に人間らしい生活を送ることでした。

ある日、奴隷主のエドワード・ブローダス(マイケル・マランド)が急死します。

借金の返済に迫られたエドワードの妻エリザと跡取り息子のギデオン(ジョー・オルウィン)は、ミンティを売りに出しました。

遠く離れた南部に売り渡されたら、もう二度と家族には会えず、お互いの消息すらわからなくなってしまいます。

悲運を察知したミンティは、南部に送られる前に脱走を決意。

読み書きのできない彼女は、神の導きと夜空に輝く北極星だけを頼りに、奴隷制が廃止されたペンシルベニア州を目指してたった1人で旅立ちました。

執拗に追ってくるギデオンから命からがら逃げ切ったミンティは、ついに州境を越えることに成功します。

必死の思いでフィラデルフィアの反奴隷制協会にたどり着いた彼女は、奴隷制度廃止運動家ウィリアム・スティル(レスリー・オドム・Jr)と運命的な出会いを果たします。

やがて彼女はハリエット・タブマンという新しい名で自由な一市民として新たな人生を歩み始め、スティルが紹介してくれた女性実業家マリー・ブチャノン(ジャネール・モネイ)の支援を受けてメイドとして働くようになります。

しかし、いまだに夫のジョン(ザッカリー・モモ)や、奴隷として酷使され続けている家族と離れ離れのままでいる状況に苦しんでいました。

脱走奴隷であることが露見すれば自由どころか命さえ失いかねない危険な状況のもと、ハリエットは愛する家族を救出すべくメリーランド州に舞い戻ってきます。

やがて、奴隷制度廃止運動家たちの秘密組織“地下鉄道(アンダーグラウンド・レールロード)”の一員となったハリエットは、奴隷の逃亡を手助けする“車掌”としてめざましい活躍を見せます。

そんななか、逃亡奴隷法が制定され、奴隷主たちに州外に逃れた元奴隷たちを連れ戻す権利が認められました。

みずからもギデオンや懸賞金稼ぎの奴隷ハンターたちに追われる身でありながら、ハリエットは果敢にも何度となくメリーランド州に舞い戻り、数多くの奴隷たちを自由の地へと導き続けました。

いつしか彼女は、ユダヤの民を率いてエジプトから脱出したモーセになぞらえて“黒人たちのモーセ”と呼ばれる存在になっていき…。

スポンサーリンク

まとめ

(c)2019Universal Pictures International, Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.

シンシア・エリヴォが熱演したハリエット・タブマン激動の人生をダイナミックかつエモーショナルに描き出した『ハリエット』。

崇高な使命のため命をかける黒人女性の勇姿を描いた感動の物語の幕開けです。

映画『ハリエット』は2020年6月5日(金)から全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』上映館/公開日/予告編。タイトルの意味に込められた戦争への想いとは⁉︎

『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』は3月28日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開。 2月1日(土)~沖縄・桜坂劇場にて先行上映。 沖縄テレビ放送の開局60周年を記念して製作されたドキュメンタリー映 …

新作映画ニュース

映画『オンネリとアンネリのふゆ』あらすじとキャスト。北欧の夢のようなクリスマスをふたりの少女とともに

映画『オンネリとアンネリのふゆ』は、2018年11月24日 YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開。 フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミの児童文学原作の『オンネ …

新作映画ニュース

【劇場招待券プレゼント5組10名様】映画『キュクロプス』( 池内万作主演作品)を上映館で観よう!

映画『キュクロプス』は5月3日(金)よりテアトル新宿ほか全国順次ロードショー! 大庭功睦監督が製作、脚本も兼ねて自主製作として完成させた映画『キュクプロス』の劇場招待券を5組10名様にプレゼント。 ( …

新作映画ニュース

【2019年11月22日〜23日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

映画『AWAKE』公開日決定!吉沢亮主演最新作は2020年クリスマスでポスタービジュアルも解禁

最強将棋ソフト開発者VS若手強豪棋士。 実際の対局から生まれた、感動の青春物語。 吉沢亮が薄暗い部室で静かな情熱を燃やす!? (C)2019『AWAKE』フィルムパートナーズ プロ棋士とコンピュータ将 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学