Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/26
Update

韓国映画『ザ・ネゴシエーション』あらすじとキャスト。日本公開日とポスタービジュアルが解禁!

  • Writer :
  • 加賀谷健

タイムリミットは14時間。
韓国2大スターによる心理戦の火蓋が切られる!

日本でも高い人気を誇る実力派俳優ヒョンビンが、初の悪役に挑戦し韓国で話題となった注目の心理サスペンス映画『ザ・ネゴシエーション』。

本作が2019年8月30日(金)シネマート新宿ほかにて全国順次ロードショーされます。

それにあわせて、日本版ポスタービジュアルが解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『ザ・ネゴシエーション』日本版ポスター

(c)2018 CJ ENM CORPORATION, JK FILM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

今回解禁された、日本版のポスタービジュアル

口元に指を寄せ、考えるかのようなしぐさのヒョンビン演じるミン・テグ。彼の瞳は、いたずらをたくらむ子どもの如く輝いています。

対するソン・イェジンが演じるハ・チェユンは、怯えた表情が印象的です。

人気実力を兼ね備えたスター俳優ふたりが、目的不明の凶悪犯と心に傷を抱えた交渉人に扮して対峙する緊迫感がひしひしと伝わるビジュアルとなっています。

映画『ザ・ネゴシエーション』の作品情報

【日本公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
협상

【監督】
イ・ジョンソク

【キャスト】
ヒョンビン、ソン・イェジン、キム・サンホ、チャン・ヨンナム、チャン・グァン、チョ・ヨンジン

【作品概要】 
主演は、ドラマ『私の名前はキム・サムスン』(2005)、『シークレット・ガーデン』(2010〜2011)で視聴者を夢中にさせ、『王の涙 -イ・サンの決断-』(2014)の苦悩する王、『コンフィデンシャル/共助』(2017)の北朝鮮刑事、どんな役でも魅力的に演じてきた俳優ヒョンビン。

共演は、『ラブ・ストーリー』(2004)、『私の頭の中の消しゴム』(2004)、『四月の雪』(2005)等で青龍映画賞をはじめ、数々の映画賞で主演女優賞を受賞し、近年はドラマ『よく奢ってくれる綺麗なお姉さん』(2018)、映画『Be with you~いま、会いにゆきます』(2018)で話題の演技派女優ソン・イェジン。

『国際市場で逢いましょう』(2015)、『コンフィデンシャル/共助』、『それだけが、僕の世界』(2018)等大ヒット作を手掛けるJKフィルムにより緊迫したサスペンスが完成しました。

スポンサーリンク

映画『ザ・ネゴシエーション』のあらすじ

(c)2018 CJ ENM CORPORATION, JK FILM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

ソウル市警危機交渉班の警部補ハ・チェユン(ソン・イェジン)は、事件現場で犯人との交渉中に人質と犯人の両方を死なせてしまいます。

それから10日後、事件に大きな責任を感じて辞表を提出しようとしたハ・チェユンのもとに再び応援要請が入ります。

ミン・テグ(ヒョンビン)と名乗る人物が、タイ・バンコクで危機交渉班のチーム長と韓国人記者を拉致し、ハ・チェユンを名指しで交渉相手に指名。

彼は外事課が以前から追っていた、国際犯罪組織の武器売買業者のリーダーでした。

拉致の動機、要求も不明。目的が見えないミン・テグに対し、交渉の糸口を掴めないハ・チェユンに焦りが募り始めます。

特殊部隊の救出まで残り14時間しかありません。

警察を嘲笑い、残忍な人質ショーを繰り広げるミン・テグと、数日前に起きた事件のトラウマに苛まれながらも、今度こそ人質の命を救おうと後に引けない交渉人ハ・チェユン。

果たして交渉の行方は…。

映画『ザ・ネゴシエーション』の注目ポイント

本作でキャリア史上初めての悪役に挑戦したヒョンビンは「交渉人と人質犯、1:1の対決というストーリーが面白いと思いました。また、ミン・テグというキャラクターにも魅力的を感じました」と出演を決めた理由を語っています。

ソン・イェジンも「シナリオの段階から圧倒的な緊張感がありました。ハ・チェユンというキャラクターが人間的な部分を持っている点が気に入りました」と語り、役者陣の気の入れようが伝わってきます。

解禁されたポスタービジュアルにある「画面越しの対峙、互いに一歩も引けない世紀の交渉がはじまる」のコピーが示す通り、人気実力を兼ね備えた二人の交渉シーンが本作の見どころの一つ。

実はヒョンビンとソン・イェジンの共演は初めてで、二人の役柄を超えた演技対決にも大きな注目が集まりそうです。

スポンサーリンク

前売り特典情報

(c)2018 CJ ENM CORPORATION, JK FILM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

また、公開に先駆けまして、5月2日(木)より映画『ザ・ネゴシエーション』の前売特典付き鑑賞券の販売が開始します。

第一弾の特典は、悪に染まるヒョンビンの表情が目を引く、B2サイズのリバーシブルポスターカレンダー。

(c)2018 CJ ENM CORPORATION, JK FILM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

悪の魅力に満ちたこのカレンダー。裏も表もどちらのヒョンビンも捨てがたい!

数量限定につきお買い求めはお早めに。

詳細につきましては映画『ザ・ネゴシエーション』公式サイトにてご確認ください。

まとめ

View this post on Instagram

👩🏻‍✈️🔫🧟‍♂️ #협상

손예진さん(@yejinhand)がシェアした投稿 –

韓国のスター俳優、ヒョンビンとソン・イェジンが初共演した本作。

互いに一歩も引けない緊迫した交渉シーンをどう演じているか期待が膨らみます。

注目の心理サスペンス映画『ザ・ネゴシエーション』は、2019年8月30日(金)より公開です。

どうぞお見逃しなく!


関連記事

新作映画ニュース

アップリンク吉祥寺にて映画『想像』舞台挨拶!チェルフィッチュ演劇と俳優演技の成り立ちをドキュメンタリーとして公開

ドキュメンタリー映画『想像』は2021年5月28日(金)よりアップリンク吉祥寺にて、29日(土)より横浜シネマ・ジャック&ベティにて劇場公開! 演出家・岡田利規が主宰する演劇カンパニー「チェルフィッチ …

新作映画ニュース

アイネクライネナハトムジークの音楽主題歌は斉藤和義。プロフィールと過去作の評価解説も

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

映画『あなたの顔』あらすじ/公開日/上映館。ツァイ・ミンリャン監督作が坂本龍一の音楽で彩られる!

台北電影節にて最優秀ドキュメンタリー賞/監督賞/音楽賞受賞。 約20年間で10本の長編劇映画を発表し、ヴェネチア、カンヌ、ベルリンの受賞歴を誇るツァイ・ミンリャン(蔡明亮)監督。 (c) 2018 H …

新作映画ニュース

『PARALLEL MOTHERS(パラレルマザーズ )』あらすじ/キャスト。アルモドバル監督×ペネロペ・クルス主演最新作が第94回アカデミー賞にノミネート決定!

2022年(第94回) アカデミー賞ノミネート決定作品 アルモドバル監督×ペネロペ・クルス主演最新作による同じ日に出産を迎える二人の母の物語。 (C)Remotamente Films AIE &am …

新作映画ニュース

山崎賢人×松岡茉優映画『劇場』あらすじとキャスト。又吉直樹原作を行定勲監督が映像化し2020年公開!

又吉の作家の原点とも言える小説が映画化。 お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹の小説『劇場』が行定勲監督により映画化され、2020年7月17日(金)より全国公開されます。 映画『劇場』 主演は人気若手俳優 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学