Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/03/22
Update

映画『シンク・オア・スイム』あらすじキャスト。【イチかバチか俺たちの夢】日本公開は7月に決定

  • Writer :
  • 石井夏子

この夏、彼らが日本中を奮起させる

「フランスのアカデミー賞」と言われるセザール賞にて最多10部門にノミネートされたジル・ルルーシュ監督による『SINK OR SWIM』の邦題が『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』として2019年7月12日(金)に日本公開されることが決定しました。

スウェーデンで実際におき、ドキュメンタリーも放映されるなど話題を呼んだ“実話”を基に描く、サエないおじさんシンクロチームの人生リスタートをかけた感動のヒューマンドラマ『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』。

フランスで動員400万人を突破する大ヒット作となりました。

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』の魅力を、解禁されたポスタービジュアルと共にご紹介します。

スポンサーリンク

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』ポスタービジュアル


©2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

解禁されたポスタービジュアルは、黄色と水色でポップな仕上がりです。

そして中央には8人の中年男性たちが。

お腹周りには肉がつき、とてもシンクロをやるアスリートには見えませんね。

それもそのはず、本作の最大の魅力の一つが、劇中登場する様々なタイプの“おじさんキャラクター”たちなんです。

引きこもりニートおじさん・ベルトラン(マチュー・アマルリック)をはじめ、不満だらけの怒れるおじさん・ロラン(ギョーム・カネ)、現実に向き合えない中二病おじさん・マルキュス(ブノワ・ポールヴールド)、夢に破れた夢追いおじさんシモン(ジャン・ユーグ・アングラード)、いつも一人ボッチのピュアおじさん・ティエリー(フィリップ・カトリーヌ)…。

まるで冴えないおじさんたちの見本市ですが、どうしても憎みきれず応援したくなる愛らしさで溢れています。

人生を舞え。ぶざまにかっこよく」というコピーも、人生にあがきながらも前に進もうとする彼らの生きざまを感じさせますね。

ジル・ルルーシュ監督とは

本作で監督を務めたジル・ルルーシュ(Gilles Lellouche)は1972年7月5日生まれのフランスの俳優、映画監督、脚本家です。

演劇学校を卒業後、脚本や監督などの映画製作とともに俳優業を始めます。

2005年の映画『ラブ・イズ・イン・ジ・エアー』で第31回セザール賞の若手有望株賞にノミネートされたことで注目されました。

2010年には『君のいないサマーデイズ』で第36回セザール賞助演男優賞にもノミネート

主演を務めた『この愛のために撃て』(2010)も好評を得て、Netflixで「Point Blank(原題)」としてリメイクされます。

2012年の映画『プレイヤー』では出演のほか、共同監督・共同脚本も務めているという多才ぶり。

ほかに『アデル/ファラオと復活の秘薬』(2010)や『友よ、さらばと言おう』(2014)『セラヴィ!』(2017)『欲望に溺れて』(2017)など数多くの映画に携わっています。

スポンサーリンク

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』の作品情報

【日本公開】
2019年(フランス映画)

【原題】
Le grand bain 英題『SINK OR SWIM』

【監督】
ジル・ルルーシュ

【脚本・脚色】
ジル・ルルーシュ、アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ

【キャスト】
マチュー・アマルリック、ギョーム・カネ、ブノワ・ポールヴールド、ジャン・ユーグ・アングラード

【作品概要】
監督はフランス公開1週目で興行収入25億円を突破した大ヒット作『セ・ラ・ヴィ』(2017)にも俳優として出演した、多彩な才能を持つジル・ルルーシュ。

主演を務めるのはフランスを代表する演技派俳優、マチュー・アマルリック。『潜水服は蝶の夢を見る』(2007)でアカデミー賞にノミネート、2017年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門ポエティックストーリー部門を受賞。

彼の元パートナーのジャンヌ・バリバールが伝説の歌姫に扮した『バルバラ〜セーヌの黒いバラ』では監督・脚本・出演を務めるなど才能あふれる彼が、劇中ではうつ病を患い引きこもりがちの中年男性を演じる姿は必見です。

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』のあらすじ

2年前からうつ病を患い、会社を退職して引きこもりがちな生活を送っているベルトラン(マチュー・アマルリック)。

子供たちからは軽蔑され、義姉夫婦からも嫌味を言われる日々をどうにかしたいと思っていたある日、地元の公営プールで「男子シンクロナイズド・スイミング※」のメンバー募集を目にします。

途端に惹きつけられたベルトランはチーム入りを決意しますが、そのメンバーは皆、家庭・仕事・将来になにかしらの不安を抱え、ミッドライフ・クライシス真っただ中のおじさん集団でした。

シンクロ選手のコーチ、デルフィーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)のもと、あらゆるトラブルに見舞われながらもトレーニングに励むおじさんたち。

そして無謀にも、世界選手権で金メダルを目指すことになりますが…。

※2017年7月22日、国際水泳連盟が種目名を「シンクロナイズド・スイミング」から「アーティスティックスイミング」に変更すると発表。

伴い、日本水泳連盟も2018年4月1日から種目名等を「アーティスティックスイミング」に一斉に変更しました。

スポンサーリンク

まとめ

人はいくつになっても挑戦し、変わることが出来る。そんな前向きなメッセージが伝わってくる本作。

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』は2019年7月12日(金)に新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーです。

おじさんシンクロチームが巻き起こす七転八倒の生きざま改革をご覧あれ。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ジュリアン』グザヴィエ・ルグラン監督がキャストに込めた名作へのオマージュとは

© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com 家族の関係を描いた繊細な人間ドラマでありながら、張り詰めた緊張感が観る …

新作映画ニュース

映画『その男、東京につき』キャスト/公開日/上映館/内容紹介。ラッパー般若がドキュメンタリーで語る!

孤高のMC・般若の長編ドキュメンタリー映画 壮絶な過去を経て辿り着いた武道館ワンマンライブを追い、般若が自身の過去と未来を赤裸々に語ります。 (C)2020 A+E Networks Japan G. …

新作映画ニュース

インド映画『ガンジスに還る』あらすじ。評価が高くヴェネチア国際映画祭でも話題に

誰にでも訪れる「死」というテーマをユーモアと人情味溢れるタッチで描き、不器用な親子と個性的な人々が織りなす心温まる物語。 インド映画『ガンジスに還る』は10/27(土)より岩波ホールほか全国順次公開で …

新作映画ニュース

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの佐藤役は三浦春馬【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

映画『彼女が好きなものは』あらすじ。キャスト神尾楓珠がゲイの男子高校生役で“カノホモ”実写作品に初主演!

「異性を愛し、家庭を築きたい。」 僕はゲイだ。だからって“ふつう”の幸せをあきらめたくない・・・。 交わることのない二人の恋を描いた恋愛青春小説『彼⼥が好きなものはホモであって僕ではない』が、『彼女が …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学