Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/05/29
Update

映画『セラヴィ!』あらすじとキャスト。“最強のふたり”の監督が描く感動作とは

  • Writer :
  • 若松れん

映画『セラヴィ!』は、7月6日(金)より、渋谷・シネクイントほか全国ロードショー!

映画『最強のふたり』でタッグを組んだエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュのダブル監督のフランス映画『セラヴィ!』。

2017年に本国で公開されてから、1ヶ月ほどで興行収入25億円を突破する人気作品となりました。

ウェディング・プランナーを主人公に、依頼された結婚式をおしゃれに、そしてユーモラスに描いています。

今回はクスッと笑えて心温まる映画『セラヴィ!』の魅力をご紹介します。

映画『セラヴィ!』の作品情報


(C)2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE
【公開】
2018年(フランス映画)

【原題】
C’est la vie

【監督
エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ

【キャスト】
ジャン=ピエール・バクリ、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーブ、バンサン・マケーニュ

【作品概要】
『最強のふたり』や『サンバ』のエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュが監督・脚本を手がけた『セラヴィ!』。

2017年にフランスで公開され注目されたヒューマン映画で、ベテランのウェディングプランナーが手がける結婚式にトラブルを巻き起こすポンコツスタッフたちの交流をコミカルに描いた作品です。

主人公マックス役はジャン=ピエール・バクリ、『この愛のために撃て』のジル・ルルーシュや、『愛しき人生のつくりかた』のジャン=ポール・ルーブが脇を固めています。

エリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュ両監督のプロフィール

エリック・トレダノは、1971年にパリで、オリヴィエ・ナカシュは、1973年にフランス・オー=ド=セーヌで生まれ、1990年代にふたりは出会いました。

1995年には初の短編映画となる『Le jour et la nuit』の脚本・監督を共同で手がけ、『Les Petits souliers』(1999)ではパリ映画祭観客賞を受賞。

2005年には長編映画『Je préfère qu’on reste amis (a.k.a Just friends)』を製作し、2011年に大ヒットを飛ばした『最強のふたり』で世界的に注目されました。

映画『セラヴィ!』のキャスト


(C)2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE

主人公マックス役/ジャン=ピエール・バクリ

本作『セラヴィ!』で主演したジャン=ピエール・バクリは、1982年に『流血の絆』でデビューし、1984年にはリュック・ベッソン監督による『サブウェイ』にも出演しているフランスの俳優です。

1995年には脚本家としても活動し、アラン・レネ監督の『スモーキング/ノー・スモーキング』や『恋するシャンソン』では、妻で映画監督のアニエス・ジャウィと共同で脚本を手がけ、バクリ自身も出演しセザール賞最優秀賞助演男優賞を受賞。

また、妻アニエスが監督を務め、脚本を共同制作した『ムッシュ、カステラの恋』(1999)や『みんな誰かの愛しい人』(2004)にもバクリ自身も出演していました。

妻と共同制作した作品では、セザール賞最優秀脚本賞を初めとする様々な賞と受賞すると共に、ルネ・クレール賞も受賞しています。

ジェームス役/ジル・ルルーシュ

ジェームス役は、俳優以外にも脚本や映画監督、コメディアンや劇作家など幅広く活躍しているジル・ルルーシュが演じています。

『ラブ・イズ・イン・ジ・エアー』(2005)や『君のいないサマーデイズ』(2010)ではセザール賞にノミネートされた実力派俳優

この他、『テレーズの罪』(2012)や『ジブラルタルの罠』(2013)を初めとする、日本未公開作品に多々出演しています。

ギイ役/ジャン=ポール・ルーヴ

ギイ役を演じているのは、リュック・ベッソン監督作品『アデル/ファラオと復活の秘薬』(2010)にも出演したフランスの映画監督であり俳優のジャン=ポール・ルーヴ。

セザール賞を初めとする賞の受賞やノミネートを経て、2008年には勝つ監督作品『Sans arme, ni haine, ni violence』を世に送り出しています。

映画『セラヴィ!』のあらすじ


(C)2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE

物語の舞台は17世紀に建造されたフランス城で行われる結婚式。

その結婚式を手がけていたのが、ウェディング・プランナーとして30年以上の経験を持つベテランのマックス。

彼は最近になって引退を考えていましたが、ピエールとヘレナから依頼を受け、スタッフやオーケストラ、カメラマンや花束などすべて手配するなど、城で行う豪華絢爛な結婚式の準備を順調に進めていました。

そして式の当日。

料理をつまみ食いしたり、冷蔵庫の電源が入ってなかったからと腐った肉を提供したり、挙句の果てにスタッフ同士が喧嘩を始めたりと、ポンコツスタッフのせいで式はメチャクチャになってしまったのです。

それだけではありません。新郎はナルシストでちょっとのことでも気になるという厄介な性格であり、マックスの悩みはつきません。

完璧だった結婚式が大惨事となり、やりきれなくなったマックスは、スタッフに「お前たちは役立たずだ。私は人生を掛けている」と怒りをぶつけてしまうのです。

新シネクイント復活のオープニング作品として上映!


(C)2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE

1999年に、渋谷パルコパート3の8階にあったシネクイントが、2016年5月末をもって閉館となりました。

そして、2018年7月に、2年ぶりとなる映画館「新シネクイント」が復活することが決まっており、そのオープニング作品として選ばれたのが映画『セラヴィ!』なのです。

心温まる大人のためのエンターテイメントと言われるヒューマン映画『セラヴィ!』は、まさに新館オープニング作品として、来場した観客にもご満足いただけるはず

なお、当日はエリック・トレダノ、 オリヴィエ・ナカシュ両監督も来日する予定となっています。

オープニング終了後、両監督が作品について何を語るのかも気になるところですね。

映画『セラヴィ!』の感想と評価


(C)2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE

まず、ルイ13世が所有していたパリ・フォンテーヌブローの近くに位置するフランス城で行われる結婚式の、豪華絢爛さに目を惹かれると思います。

また、貴族を意識したと思われるスタッフの衣装や、ぼんやり灯る明かりなど、まるで当時を思わせるような落ち着いた雰囲気もまさに“美”という言葉がピッタリです。

エンターテイメントと言われている作品ですが、日本ではエンターテイメント=娯楽といったイメージを思い浮かべると思いますが、フランスでは“アート”として捉えているようです。

本作はフランスの方々にとって、コミカルな一面も含めた全てがアートのような美しさと気品がある作品だと考えているのだと思います。

日本やフランスでは、そいういった捉え方の違いはあれど、『セラヴィ!』が素晴らしい作品であることに違いはありません。

また、『最強のふたり』でも分かって頂けるように、“人との繋がり”を表現するのがとても上手な監督たちです。

今回は、結婚式が舞台というだけあって登場人物の数も多いのですが、それを上手くまとめ一体化させることによって、人との絆や繋がりというものをより色濃く演出していると感じました。

実際に本作品の予告編を観て頂ければお解かりになると思いますが、ポンコツだったスタッフたちがまとまっていく様子や、マックスの本心を知ったスタッフがどういった行動をしていくのか。

そういった“フランスの方たちの素敵な部分”といったものにも注目しながら観て頂ければと思います。

まとめ

いかがでしたか?日本公開のフランス映画で歴代最高の興行収入をたたき出した名作『最強のふたり』を手がけたエリック・トレダノ、 オリヴィエ・ナカシュ両監督による、フランス流なアートな一面を見せる『セラヴィ!』についてご紹介しました。

是非、ふたりの監督が注力した『セラヴィ!』で人の温かさ、フランス人の素晴らしさをその目でお確かめください。

きっとあなたの心も温まるはずです。

映画『セラヴィ!』は、7月6日(金)より、渋谷・シネクイントほか全国ロードショー!

なお、ひと足早く6月21日から開催される「フランス映画際2018」のオープニング作品として「横浜みなとみらいホール」にて上映もあります。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

NETFLIX映画『砂の城』ネタバレ感想と考察評価。実話だからこそ描けた「いち兵士」から見た”戦場の現実”

NETFLIX映画『砂の城』 様々な社会問題を正面から捉えた作品を多く世に排出する映像配信サービス「Netflix」。 今回は愛国心も義務感も薄い1人の兵士から見た「イラク戦争」を描いた映画『砂の城』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『こちらあみ子』あらすじ感想と考察解説。子役の大沢一菜(おおさわ かな)の演技力が光り、“応答せよ”と語りかける純粋と孤独さ

少し風変りな少女の物語『こちらあみ子』が2022年7月8日(金)に公開 芥川賞作家の今村夏子のデビュー小説を森井勇佑監督が実写化した映画『こちらあみ子』が2022年7月8日(金)より新宿武蔵野館他全国 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブルー・バイユー』あらすじ感想と評価解説。家族と一緒にいたいと願う韓国生まれの青年が陥る移民政策の落とし穴とは?

アメリカの移民政策で生じた“隙間”に落ちた青年の運命 映画『ブルー・バイユー』が、2022年2月11日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国ロードショーとなります。 本作は、移民政策の法律の隙 …

ヒューマンドラマ映画

映画『MOTHER マザー』感想レビューと評価。長澤まさみの演技円熟と年齢の色気が光る代表作

映画『MOTHER マザー』は2020年7月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開予定。 映画『MOTHER マザー』は『日日是好日』『光』の大森立嗣監督が、描いたヒューマンドラマ。 製作は …

ヒューマンドラマ映画

映画『私はいったい、何と闘っているのか』ネタバレあらすじ感想と評価解説。安田顕が妄想と現実の狭間で一喜一憂する男を演じる

脳内で妄想し、一喜一憂する男を安田顕が演じるヒューマンドラマ つぶやきシローの原作を『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(2018)の李闘士男監督、坪田文脚本、安田顕主演で映画化。 地域密着 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学