Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/06/26
Update

映画『五億円のじんせい』感想と評価。原作なしで脚本家の蛭田直美&監督ムン・ソンホが描く【自分だけの人生の目的の大切さ】

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか!
映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開!

善意で集まった五億円により、命を救われた過去を持つ高校生の、人生を見つめ直す旅を描いた映画『五億円のじんせい』。

脚本は映画『女の機嫌の直し方』やドラマ『これは経費で落ちません!』の蛭田直美、監督は、短編映画『ミチずレ』の文晟豪(ムン・ソンホ)が、現代社会におけるお金と人生の関係をテーマに描いた作品です。

スポンサーリンク

映画『五億円のじんせい』の作品情報


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

【公開】
2019年公開

【監督】
文晟豪

【脚本】
蛭田直美

【プロデューサー】
遠藤日登思

【キャスト】
望月歩、山田杏奈、森岡龍、松尾諭、芦那すみれ、吉岡睦雄、兵頭功海、小林ひかり、水澤紳吾、諏訪太朗、江本純子、坂口涼太郎、平田満、西田尚美

【作品概要】
「GYAO!」と「Amuse」の合同映画プロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」で、343本の応募からグランプリに選ばれた、映画監督の文晟豪と脚本の蛭田直美による企画作品の映画化。

主役の高月望来を演じるのは、映画『ソロモンの偽証』、ドラマ『3年A組 今から皆さんは、人質です』などに出演している、若手注目の俳優、望月歩。

また、望来に救いの手を差し伸べる、ホームレス役の平田満や、望来の母親役の西田尚美など、実力派俳優が多数出演。

映画『五億円のじんせい』あらすじ


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT
17歳の高校生、高月望来(みらい)。

彼は幼い頃に、心臓病を患っていましたが、善意の募金で五億円が集まり、命を救われました。

健康的に成長した望来ですが、毎年成長の記録を放送するマスコミや、募金をしてくれた人達の目を気にして「五億円にふさわしい人物」を演じるようになります。

「医者になりたい」など、思ってもいない事を口にして「みんなが大好きな望来ちゃん」を演じ続けてきた望来ですが、周囲の期待に応え続ける自信がなくなり、疲れ切っていました。

ある日、望来は自身のSNSで自殺する事を宣言しますが、見知らぬアカウント名「キヨ丸」からの「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージを受け取り、自殺をする為に五億円を稼ぐ事を決意します。

高校生の望来ができる、時給1000円のアルバイトで計算した際、1日8時間、365日働いても五億円まで171年かかる事が発覚。

それどころか、漫画喫茶やビジネスホテルは未成年は1人で宿泊できない為、望来はその日に寝泊まりする場所も見つかりません。

追い打ちをかけるような、土砂降りの雨の中、途方に暮れる望来を救ったのは、1人のホームレスでした。

ホームレスの紹介で、仕事を斡旋されるようになった望来は、これまで想像もしなかった世界を突き進む事になります。

自殺の為に、五億円を貯める事を決意した望来の、行き着く先は…?

スポンサーリンク

善意により生かされた命


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT
善意による五億円の募金により、命を生かされた主人公の望来が、五億円の重圧を受け続けた事で始まる本作の物語。

「美しい物語」を求める、現代の日本を皮肉った、凄い視点の作品だと思います。

特に作品前半、望来の募金活動に参加した人達が、年に1回集まり、過去の映像を見ながら思い出に浸った後、ほぼ強制的に望来がお礼を言わされる場面は、善意の暴力とも言えます。

そんな環境から逃げ出した望来を通して、本作で語られる物語とは?

人生に必要な金額「約二億百万円」


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

「人が生まれてから死ぬまでにかかる日本人の平均金額、約二億百万円。死ぬまでに稼ぐ金額、約二億三百万円。つまり人は、自分が生きるために使う金額を一生かけて稼ぎ、そして死んでいく」というナレーションで始まる本作。

2017年に「独立行政法人労働政策研究・研修機構」が発表した、ユースフル労働統計による2015年の大卒・大学院卒の生涯賃金は、男性で2億7,000万円、女性で2億1,670万円という数字が出ています。

そして生涯支出は、累積約1億9,000万円と言われてます。

これに、教育資金や住宅資金、自動車を所有するケース、結婚式や新婚旅行などの費用、家電製品などの耐久消費財などを加えると生涯支出合計は、約3億2,700万円と言われています。

マイホームや自家用車を所有する、いわゆる「人並みの生活」を望むと、生涯支出が生涯賃金を上回るという、恐ろしい事になっています。

「生きる為に働いているのか?働く為に生きているのか?」1度は考えた事があるけど、目を逸らしてきた事実を、本作は冒頭から突きつけてきます。

「それでは、何を目的に生きていけば良いのか?」そんな疑問を感じている方へ、本作は主人公の望来を通して、1つの答えを示してくれます。

スポンサーリンク

社会に一歩を踏み出した望来の問いかけ


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT

人生を終わらせる為、五億円を稼ぐ事を考えた望来ですが、未成年の望来ができる仕事は限られており、望来は「添い寝ハウス」や「死体処理」などの、闇バイトでお金を稼ぐようになります。

望来が出会う人達は、これまで周囲にいた「清らかで尊い望来」を望む訳ではなく、むしろ望来の事など知らない為、厳しい態度で接してきます。

望来は、これまで会った事もないタイプの大人と出会い、お金を稼ぐ為に必死になります。

そして、苦労して稼いだお金を口座に入れて、どんどん残高が増えていきます。

仕事仲間の大人に認められるようになり、自分で稼いだお金が増えていく事に、何か「社会に認められた」嬉しさを感じる。

この感覚、あなたも経験ありませんか?

生涯の支出や収入の事を考えると、暗い気持ちになるかもしれませんが、初めて社会の信用と収入を得た時は、誰でも嬉しかったはずです。

何もかもが新鮮だった初心に、時には戻る事も必要ではないか?

社会への一歩を踏み出した望来の姿は、そんな事を問いかけているように感じます。

自分のキャラクターを否定する勇気


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT
善意による五億円で助かった望来が、善意の重圧に耐えられず、自殺する事を目的にした旅に出る本作。

作中の望来のように、人前では全然違う人間を演じ続けて、世の中に息苦しさを感じている人もいるのではないでしょうか?

周囲の期待に合わせて、自分を偽り続ける「キャラ疲れ」という言葉もありますね。

もし、偽った今の自分や、いる場所に疑問を感じているなら、思い切って飛び出してみる事も大事です。

また、周囲の決めつけに「違うと思ったのなら、違うと言えば良い」のです。

これは、本作に登場する、ある人物のセリフなのですが、「お前が言うか!」という感じで、望来がこの言葉を浴びせられ、何も言えなくなる場面は、世の中の不条理さを強調しており必見です。

まとめ


(C)2019 「五億円のじんせい」NEW CINEMA PROJECT
五億円を返済して、自殺する事を目的にした望来は、さまざまな人との出会いと経験を重ね、人間として成長をしていきます。

大切なのは、収入や支出を計算し続ける事より、目の前の事に必死で取り組み、人との出会いを大切にする事。

そして、お金以外に人生の目的を持つ事。

それが、健全な人生だと感じます。

劇中の望来は、さまざまな形で、生きる理由を提案されていきます。

まるで、悩んでいる望来に、皆が手を差し伸べているようでもあります。

望来は、周囲の人間の助けに気付き、自殺を思いとどまる事ができるのでしょうか?

考えが変わるとしたら、そのキッカケは何なのでしょうか?

そこに、本作のテーマとも呼べる部分が込められています。

人生とお金という、現代人にとって切り離せないテーマを扱っていますが、望来を演じた望月歩が、力を抜いた自然な演技で作品を引っ張っており、コメディタッチで軽やかな印象の作品になっています。

本作は、人生に対して違う目線を与えてくれる、そんな作品かもしれません。

映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

ミヒャエル・ハネケ映画『ハッピーエンド』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ミヒャエル・ハネケ監督の映画『ハッピーエンド』は、3月3日より角川シネマ有楽町ほか全国順次公開! 『白いリボン』『愛、アムール』と2作連続でカンヌ国際映画祭でパルム・ドール(最高金賞)を受賞した奇才ミ …

ヒューマンドラマ映画

大杉漣映画『教誨師』ネタバレ感想。キャスト俳優として遺作の結末に込めた真意とは⁈

2018年2月21日に亡くなった名バイプレイヤー大杉漣の最初で最後のプロデュース作品にして最後の主演作となった映画『教誨師』。 先進国でどんどん廃止されてきている死刑制度。死刑制度を残している日本の司 …

ヒューマンドラマ映画

映画『未来よ こんにちは』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

歳を重ねていくことに、あなたは何を求めますか? 今回ご紹介する映画『未来よ こんにちは』は、若き新鋭監督ミア・ハンセン=ラブの最新作。人生の半ばを過ぎて潔く出来事と向き合う独りの女性の姿をフランス女優 …

ヒューマンドラマ映画

映画『卒業』あらすじネタバレと感想。略奪愛のラストシーンに隠れている数々“ズレの違和感”こそが名作の見どころ

アメリカン・ニューシネマを代表する秀作の一本 映画史に残る伝説的なラストの“略奪愛”シーンで語り継がれたラブストーリー『卒業』。 作家チャールズ・ウェッブの同名小説大学を原作として、卒業したある一人の …

ヒューマンドラマ映画

映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

常に弱い立場の人に寄り添い、数々の名作を生み出してきたイギリスの名匠ケン・ローチ監督が、引退宣言を覆し、撮ったのがこの作品です。 彼が見過ごすわけにいかなかった問題とはどのようなものなのでしょうか。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学