Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

白石和彌映画『ひとよ』あらすじと感想レビュー。佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優のらしくないダラしなさは新鮮

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『ひとよ』は、11月8日(金)より全国ロードショー!

女優で演出家でもある桑原裕子が主宰する「劇団KAKUTA」が2011年に初演したヒューマンな舞台を映画化。

次男役を佐藤健、長男役を鈴木亮平、長女役を松岡茉優、母親役を田中裕子がそれぞれ演じ、ある事件によって崩壊した家族の様と体現します。

また、その脇を佐々木蔵之介、音尾琢真、筒井真理子が固めた演技にも注目です。

スポンサーリンク

映画『ひとよ』の作品情報


(C)2019「ひとよ」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
桑原裕子

【脚本】
髙橋泉

【監督】
白石和彌

【キャスト】
佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、佐々木蔵之介、筒井真理子、MEGUMI、浅利陽介、音尾琢真、田中裕子

【作品概要】
話題作を連続して発表し続ける白石和彌監督の2019年待望作。桑原裕子による「劇団KAKUTA」が2011年に初演を作品を原作に映画化。

過酷な状況にあった家族を大きく変えたある“ひとよ”=“一夜”とそれから先の時間を生きる人々を描きます。

映画『ひとよ』のあらすじ


(C)2019「ひとよ」製作委員会

15年前のある大雨の夜、稲村タクシーの営業所では3兄妹が母の帰りを待っていました。

そこに帰宅してきた母親のこはるは震える声で「さっき、お父さんを殺しました」と告げます。

父親の家庭な暴力はすさまじく、酔えば子供で容赦なく苛烈な暴力を浴びせ、家族は怯えて暮らしていました。そしてついにこはる夫を手にかけたのです。

こはるはこれから出頭する、15年後には戻ってくると言って3兄妹を残して去っていきます。

その後、長男の大樹は地元の電気工務店の娘と結婚、雇われ専務として過ごしています。吃音のある大樹は大人になっても引っ込み思案な部分が抜けません。

次男の雄二は小説家になる夢を持って上京しましたが、実際には風俗系のフリーライターの仕事しかしていません。

妹の園子は地元のスナックで働いています。

それか15年後のある夜、こはるが帰ってきます。

社名は変わったものの、コツコツとタクシー会社を親戚や昔馴染みに心から感謝しながらこはるはまたかつての家で暮らし始めます。

タクシー会社には社長の丸井、事務員の柴田、雄二たちと昔なじみの牛久や歌川、それに入ったばかりのまじめな中年の堂下が働いています。

こはるに対してどうしたものが分からないでいる大樹と園子は雄二を呼び出します。

雄二は密かに自身の体験を記事にしていいて、それがタクシー会社の嫌がらせの材料になっていたりもします。

大樹も電気工務店の娘と結婚し、一女を授かっていますが、とっさに出てしまう暴力で夫婦仲は冷え切っています。

大樹は夫婦の関係を取り戻したいと思ってはいますが、自分の中にある暴力性に父親を重ねてしまい自己嫌悪に近い感情を抱いていいます。

園子は母親の帰宅を心から喜びますが、兄たちと世間たちの事件への鬱屈した思いを感じていました。

そんなある夜、酒もたばこやらないまじめなはずの堂下が泥酔した状態でタクシー会社に乗りつけ、こはるを連れて去りますが…。

スポンサーリンク

映画『ひとよ』の感想と評価


(C)2019「ひとよ」製作委員会

多作な白石和彌監督なので、常連組と言うべき俳優もたくさんいるのですが、今回はほぼほぼ新顔が揃っています

常連組で言えばTEAMNACSの音尾琢真ぐらいでしょう。硬軟自在の俳優さんですが、今回もいい味を出しています。

一方で、初参加組を見れば、いい意味でルーズなキャラクターでいい佐藤健や松岡茉優の新たな一面を見るこができます

隠れた二面性を持つ鈴木亮平の裏表の出方も独特のタイミングで新鮮です。

筒井真理子、韓英恵、MEGUMIといった脇に回る助演女優陣もとてもいい味を出しています。


(C)2019「ひとよ」製作委員会

そして、何よりも田中裕子の母性とおおらかさです。

白石監督作品なので、どこか殺伐とした雰囲気も変わらずあるのですが、彼女の独特のおおらかさが作品全体に不思議な温かみを与えてくれます

まとめ


(C)2019「ひとよ」製作委員会

地方を舞台に罪と罰、暴力と傷、家族と犯罪。本作と同年公開の『凪待ち』をはじめ、白石和彌監督が今までもいろいろな形で描いてきたテーマですが、今回は今までにない温もりのある作品に仕上がりました

何といっても田中裕子と言う存在が大きいのですが、今までにない白石作品となり監督の新境地を見ることができます。

『るろうに剣心最終章』を控える佐藤健、『燃えよ剣』を控える鈴木亮平、『蜜蜂と遠雷』が話題の松岡茉優。

重厚な作品がある一方で、いい意味でリラックスした肩の力が抜けた姿を見せています。

らしくないだらしなさ、情けなさがとても新鮮です。

なかなか悲惨な話でもあるのですが、どこかまぁいいかというような突き抜け感もあり、一風変わった映画になりました。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』感想レビューと考察(ネタバレあり)。施設を飛び出した青年がプロレスラーを目指す理由

運に見放された漁師とダウン症の青年の心の交流 トラブルメーカーの漁師と、プロレスラー志望のダウン症青年の旅路を描く映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』が、2020年2月7日(金)よりヒューマントラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『マイ・エンジェル』あらすじネタバレと感想。マリオン・コティヤールが母親役を熱演!

愛し方が分からない母と、ただ愛されたい娘。 母娘の傷つきながら育まれる愛の物語。 美しい海辺の街、南仏コート・ダジュール。きらびやかな街の片隅に、取り残された母娘はお互いを必要としながらも、傷つくこと …

ヒューマンドラマ映画

映画『いちごの唄』ネタバレ感想とあらすじ。銀杏BOYZの歌詞のように愛にあふれた温かな世界観

恋に落ちてメタモルフォーゼ。 だいじょばないけど、だいじょうぶだよ。 『雪の華』「ひよっこ」の人気脚本家・岡田惠和と、ロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸が共同名義で執筆した小説『いちごの唄』が映画 …

ヒューマンドラマ映画

映画MR.LONG/ミスター・ロン|あらすじと感想。チャン・チェンが座頭市のような勇姿を見せる!

2017年公開される映画のなかで文句なしにベスト級な作品なのが『MR.LONG/ミスター・ロン』。 ドイツ・香港・台湾・日本合作で製作された本作は、ベルリン映画祭コンペティション部門に正式出品され、主 …

ヒューマンドラマ映画

映画『猿(Monos)』あらすじネタバレと感想。少年兵役は800人から選ばれた演技経験の殆どない7人

2019年度サンダンス映画祭の審査員特別賞『Monos(邦題;猿)』 映画『猿 (原題:Monos)』は、南米の山頂にキャンプを張る少年兵を描いた物語。 上官から猿と呼ばれる彼等の仕事は、人質として拘 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP