Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。歌手Siaが楽曲の音楽にのせておくる“愛と感動の調べ”

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

“顔なきポップスター”として活動する歌手Siaが初監督をつとめ、Siaならではのポップでカラフルな世界観を作り上げました

世界的注目を集める歌手Siaが監督をつとめ、自身の半生を投影させて描き、12曲もの劇中歌を書き下ろしました。

キャスティングにもこだわり、Siaの楽曲『シャンデリア』で圧巻のパフォーマンスをし反響を呼び、以後SiaのMVに多数出演したマディ・ジーグラー、そしてSNSを駆使してケイト・ハドソン、レスリー・オドム・Jrをキャスティングしました。

アルコール依存症の更生プログラム中のズーは、克服したいのになかなか克服できない依存症の怖さ、さらに孤独なズーに寄り添う存在の大切さを伝えています。

さらに、愛と希望に満ち溢れた音楽はかつて依存症に悩み音楽と人々に救われてきたSiaの想いがつまっています。

ミュージカルとも違う、カラフルでポップな美しい音楽シーンの使い方は独自の世界観で音楽を伝えてきたSiaだからこそ作り出せる唯一無二の映画体験です。

スポンサーリンク

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』の作品情報


(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【監督・脚本・原案・製作・音楽】
Sia(シーア)

【キャスト】
ケイト・ハドソン、レスリー・オドム・Jr、マディ・ジーグラー、メアリー・ケイ・プレイス、べト・カルビーヨ、ジュリエット・ルイス、キャシー・ナジミー、ティグ・ノタロ、ベン・シュワルツ、ヘクター・エリゾンド

【作品情報】
Siaの半生を投影させたキャラクターズーを演じたのは、『あの頃ペニー・レインと』(2000)でアカデミー賞助演女優賞にノミネート、ゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞したケイト・ハドソン。待機作に『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2020)があります。

ミュージック役を演じたのはSiaの楽曲『シャンデリア』のMVに出演し、Siaの“ミューズ”としても知られるマディ・ジーグラー。ダンスパフォーマーのほか、女優として『ウエスト・サイド・ストーリー』(2021)などに出演。

主題歌『Together』の日本版カバーソングをつとめたのは女優・モデル・歌手としてマルチに活動する池田エライザ。

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』のあらすじ


(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

自閉症のミュージック(マディ・ジーグラー)は祖母・ミリー(メアリー・ケイ・プレイス)と2人で暮らしています。

周囲の変化に敏感なミュージックの頭の中にはいつも音楽が流れ、ヘッドフォンをつけて周囲の刺激を和らげれています。

そんなミュージックの毎日の日課である散歩には、大家のジョージ(ヘクター・エリゾンド)やアパートの隣人・エボ(レスリー・オドム・Jr)、向かいのビルに住むフェリックス(べト・カルビーヨ)など皆が協力しあってミュージックの安全を守っていました。

ある日、散歩からミュージックが帰ってくると祖母が倒れています。異変を感じたミュージックは取り乱します。

そこに大家のジョージがやってきますが、ミリーの脈はもうありませんでした。病院に連絡したジョージは残された唯一の身内であるミュージックの姉・ズー(ケイト・ハドソン)に連絡します。

アルコール依存症のリハビリテーションプログラムを受けているズーは長らく会っていないミュージックの面倒を見なくてはいけないことに困惑します。

いざという時のためにと祖母はズーにミュージックの日課のことなどを丁寧に記したノートを残していましたが、ズーはろくに読まず、遺産はないかと探しています。

ミュージックは毎朝起きて、目玉焼きを食べ祖母に髪を三つ編みに結ってもらうことでした。

いつものように目玉焼きと三つ編みを頼むミュージックでしたが、ズーは何のことかわからず困惑します。するとミュージックは発作を起こしてしまいます。

取り乱すミュージックにどうしたら良いのかわからず困惑するズー。そこに隣人のエボが駆けつけます。エボはミュージックを抑え大丈夫だと宥めます。また何かあったらいつでも呼んでくれと言ってエボは去っていきます。

最初はミュージックを施設に預けようとしていたズーでしたが、エボの助けもあり次第にミュージックとの生活に慣れ、その生活に居心地の良さを感じ始めていました。

同時にエボに対して恋心を感じ始めるズー。しかし、エボは一線を越えようとしません……。それにはわけがあったのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ライフ・ウィズ・ミュージック』ネタバレ・結末の記載がございます。『ライフ・ウィズ・ミュージック』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

アルコール依存症のリハビリプログラム中のズーはなかなか職に就けず、やむなく以前やっていた薬の売人の仕事を始めます。

様々な薬を取り扱うズーはある日、HIVの薬を渡しに行くとそこで待っていたのはエボでした。エボはHIVに感染していました、だからこそズーと深い関係になることを避けていたのでした。

一方ズーは、開発途上国の子供たちに薬を送るというセレブの大口の仕事が舞い込み、無理を言って薬を多く仕入れました。

しかし、仕事に向かう途中公園でミュージックがアレルギーがある蜂を誤って触ってしまいアナフィラキシーを起こしてしまいます。慌てて病院に連れて行こうとしたズーは薬の入った荷物を置き忘れてしまいます。

気がついて取りに帰りますが既に荷物はなくなっていました。ショックからズーはアルコールを飲んでしまいます。

酔っ払ってエボのところに向かい、エボがHIVに感染していても私は大丈夫だと伝えますが、宥められ部屋に戻るようにと言われてしまいます。酔っ払ったままアパートを飛び出すズー。

記憶もないままズーが目覚めるとアパートの前の階段で寝ており、顔は傷だらけになっていました。部屋に戻ったズーの元にエボがやってきます。

「何も覚えていないの、いつも自分で台無しにしてしまう」と泣くズーをエボは宥め、自身の話をします。

以前結婚していたエボは自分の妻を兄に奪われ、離婚することになり今度その結婚式に行く話や自分自身のことを知られるのが怖くて人と距離を取っていたが、ズーの前では本当の自分でいられるような気がしていたと言います。

きちんと自分自身、そして依存症と向き合う覚悟をしたズーはこのままだとミュージックに迷惑をかけてしまうかもしれないと思い、ミュージックを施設に入れる決意をします。

施設に着いたズーとミュージックでしたが、ミュージックが音声の鳴るおもちゃを通してズーに離れたくないと伝えます。ミュージックの気持ちを知ったズーはそのまま施設を飛び出し、エボの兄の結婚式の会場に向かいます。

会場に着いたミュージックとズーの姿にエボは驚きますが、会場にいる人々に向かって、「僕の家族です」と紹介するのです。

スポンサーリンク

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』感想と評価


(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

自分を愛せなければ他人を愛せない

カラフルでポップな世界に包まれた映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』。

Sia自身がアルコールや処方薬への依存症、双極性障害などに苦しんだ過去を持ち、実体験をもとに描かれた本作はダークな部分を描きつつも包み込むような“愛”で溢れています。

Sia自身の半生を投影させたかのようなキャラクターであるズーはアルコール依存症の更生プログラム中ということだけでなく、過去に薬物依存症であったことを仄めかすような発言もしています。

更に人をどう愛せば良いのかわからず、エボに好意を抱きつつも前に進むことをどこかで恐れていました。

その背景にあるのはズー自身の弱さかもしれません。愛したいのに自分で全て台無しにしてしまう、と嘆くズー。それは恋人だけでなく、家族や隣人に対してもです。

ミュージックの面倒を見ることになったズーはミュージックとどう接すれば良いのか戸惑っています。

一方ミュージックは、周りから愛され、人々に愛を与える存在でした。ミュージックと共に過ごすことでズーの心にも変化が現れてきます。

そしてやっとズーは自分自身と向き合うこと、それは自身の依存症と向き合うことでもあるし、自分を愛することでもあるのです。

人は愛し愛されることが大切だという素直なメッセージを歌にのせて観客に伝えてくれます。

歌の力

Siaは監督、脚本を務めたほか、12曲もの劇中歌を書き下ろしています。

従来のミュージカル映画では、ミュージカルシーンで時が一瞬止まり、音楽が終わると次の展開に進んでいくという描き方をしていました。しかし、Siaの自由な演出ではそうではありません。

SiaのMVのような世界観で映し出される音楽シーンは時に自閉症のミュージックの見えている世界を映し出し、時に物語の展開を指し示します。

冒頭に流れる『Oh Body』でミュージックの頭の中の自由で夢に溢れた世界を彩ります。『Best Friend』ではピンクの大きな犬に乗ったミュージックが登場し、楽しそうに踊っています。

ミュージックだけでなくズーやエボの心情を伝える演出としても音楽シーンが効果的に用いられています。

うまくいかずバーに行ってしまったズーが歌う『Easy』や、ズーとエボが惹かれあっているが、前に進むことに躊躇している心情を歌った『Insecure』など、台詞で心情を吐露するのではなく、音楽に委ねて観客に伝えます

そのような音楽の力に委ねる姿勢は歌手として人々にメッセージを伝えてきたSiaならではの手法と言えるでしょう。

ズーの祖母・ミリーの遺書の中にあった楽曲『Music』では、音楽によって救われてきたSiaの想いが特に込められていると感じる一曲です。

また、劇中の全ての楽曲はSiaではなく、ケイト・ハドソン、レスリー・オドム・Jr、マディ・ジーグラーが歌っており、そこにもSiaのこだわりが感じられます。

まとめ


(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

歌手Siaが監督をつとめ、自身の半生を投影させて描いた映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』。

「映画監督になりたいわけじゃないし、もう映画を作る予定もない。私はこの映画が作りたかったの」と語るSiaの並々ならぬ想いが伝わってくるような“愛”に溢れる力強い映画です。

また歌手として活動してきたSiaならではの音楽シーンを使った演出、カラフルでポップな世界観は唯一無二のものでしょう。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『パピチャ』ネタバレあらすじと感想評価レビュー。未来へのランウェイは監督の実体験を基にアルジェリアの“暗黒の10年”を描く

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』は2020年10月30日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラスト有楽町ほかロードショー! 第72回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」正式出品や、第4 …

ヒューマンドラマ映画

映画『すばらしき世界』ネタバレ感想評価レビュー。元ネタ実話と原作小説から役所広司&西川美和は真骨頂をみせる

映画『すばらしき世界』は2021年2月11日(木)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開! 『ゆれる』(2006)や『ディア・ドクター』(2009)、『夢売るふたり』や(2012)『永い言い訳』( …

ヒューマンドラマ映画

映画『PLAN 75』あらすじ感想と評価解説。“SF現代版姥捨て山”を早川千絵監督が再び描く

映画『PLAN 75』は2022年6月17日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。 75歳を迎えた人々に「命の選択」を与える国の政策が実行された社会を描く『PLAN 75』。 「姥捨て山」の物語を現代 …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの新波歳也役は佐々木蔵之介。演技力とプロフィール紹介

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。 監督は、『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 …

ヒューマンドラマ映画

インド映画『クイーン旅立つわたしのハネムーン』あらすじとキャスト!

常識を一変させたスタイリッシュなインドガールズムービーがついに誕生! インド本国でのアカデミー賞の最高賞のみならず、釜山国際映画祭など国内外の映画祭で11ノミネートされた話題作。 『クイーン旅立つわた …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学