Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/05/15
Update

映画『ハクソー・リッジ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • n-bethelmie

俳優としても有名なメル・ギブソンが10年ぶりに監督した作品です。

日本での公開は6月24日予定ですが、沖縄戦を舞台にしたこの戦争映画はアカデミー賞など様々な賞にノミネートされた話題の映画です。

『ハクソー・リッジ』は沖縄に前田高地という地名で、そこには148メートルの崖があります。

のこぎりで垂直に切ったような急な断崖なので、ハクソー(鋸)のリッジ(崖)とアメリカ人たちに呼ばれていました。

スポンサーリンク

1.映画『ハクソー・リッジ』の作品情報


(C)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

【公開】
2016年(アメリカ映画)

【監督】
メル・ギブソン

【キャスト】
アンドリュー・ガーフィールド、ヴィンス・ヴァーン、サム・ワシントン、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマーなど

【作品概要】
第二次世界大戦の凄惨な沖縄戦で、武器を携帯することを拒みながら多くの負傷兵を助けた米陸軍衛生兵デズモンド・T・ドスの実話を基に描いた作品です。

2.映画『ハクソー・リッジ』のあらすじとネタバレ


(C)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

デズモンド・ドスはヴァージニア州の田舎街リンチバーグで、退役軍人の父と母、弟のハルと暮らしていました。

ある日、兄弟喧嘩をしたデズモンドはレンガで弟の頭を殴ってしまいます。

弟は無事でしたが、その事件以来、敬虔なクリスチャンの母の影響もあり、デスモンドはモーセの十戒の一つである「汝殺すなかれ」という言葉を頭の中に深く刻むようになりました。

15年後、たくましい青年に成長したデスモンドは偶然車の下敷きになった人を病院に運びました。人の命を助けることに目覚めたデスモンドは、軍に入隊して衛生兵となることを決意します。

戦争の恐ろしさを知っている元軍人の父親は反対しますが、ハルの決意は変わりませんでした。

そしてその病院で見かけた看護婦のドロシーに一目ぼれしたデスモンドは、彼女に熱烈にアタックし、二人はデートを重ねて恋に落ちます。

やがて、デスモンドは軍に入隊し、基地に赴任、訓練が始まりました。ですが、ある日射撃訓練があり、デスモンドは上官の命令が絶対な軍の中で、ライフルを握ることを拒否します。

これは前代未聞の出来事で大問題となりました。デスモンドは衛生兵にはライフルや武器は必要がない、自分の役目は人を殺すことではなく救うことだと主張します。

ですが、怒った上官たちは精神科医にデスモンドを診断させ、彼をを軍隊から除名しようとします。やがて彼の属する小隊の中で彼をよく思わないものに、激しい暴行を加えられました。

そんな苦境の中でもデスモンドはくじけずに自分の信念を貫き、周りの者も彼の情熱に一目置くようにな理ました。


(C)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

その後訓練は完了、戦地に向かう前に一時的にだが家に帰れる日がやって来ました。

デスモンドはドロシーとの結婚式をあげる予定でしたが、突然上官が現れデスモンドはライフル訓練を完了していないので訓練を終えるか、もしできなければ軍の命令に逆らったとして軍の留置所に収監すると言い渡します。

それでもライフルを持つことを拒否するデスモンドは、留置所に入れられ結婚式には間に合いませんでした。

後日ドロシーは留置所にやってきて、デスモンドに罪を認めるように説得しますが、それでもデスモンドは自分の信念を曲げなかったため軍法裁判が行われることになります。

裁判では上官たちは命令違反での追放を希望し、裁判はデスモンドに不利にすすんでいましたが、そこにデスモンドの父親がワシントンDCの裁判所からのレターを持参しやってきました。

そこにはデスモンドの行為を認められると書かれてあり、彼の主張は認められます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ハクソー・リッジ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハクソー・リッジ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

その後、デスモンドたちは沖縄の戦地に赴きました。

急な崖の斜面であるハクソーリッジを登り、その先に居る日本兵を攻撃する任務が小隊には課されました。

デスモンドは小隊と一緒に崖を登り、衛生兵として負傷兵たちの救出と手当てにあたることになりました。

土地を知り尽くし、自爆覚悟の日本兵たちとの激しい戦闘に、両軍ともにたくさんの犠牲がでました。

日本軍に苦戦を強いられたアメリカ軍は、一旦キャンプまで命からがら退却しました。

ですが、デスモンドはひとりそこに残り、夜通し負傷している兵士を次々に見つけ出し応急処置をし、ロープを使用してハクソーリッジの高い崖の上から負傷兵を次々に崖の下に降ろしていきます。

見張りをしていた仲間たちがそれに気がつき、負傷兵はキャンプに運ばれ手当てを受けることができ命を救われます。

デスモンドはアメリカ兵だけでなく、怪我をした日本兵のことも助けました。


(C)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

上官や軍の仲間たちはデスモンドがまだ崖の上にいて、たくさんの兵士を救っていることを知りとても驚きました。

最後の2人の兵士を救おうとして、日本兵に気が付かれたデスモンドでしたが間一髪逃げ切り、崖の下で彼を待っていた訓練所時代の仲間たちに助けられました。

訓練時代はデスモンドを馬鹿にしていた彼らでしたが、彼の命をかけた活躍と勇気に心を動かされます。

デスモンドたちは一度基地へ戻りますが、次の作戦のため兵士たちと再びハクソー・リッジへと向かうことになりました。

戦闘はアメリカ軍優勢で進み、日本兵が白旗を上げて投降してきました。しかしこれは罠で、彼らは手榴弾を投げ込んできました。

仲間を守るために手榴弾を弾き返し、負傷したデスモンド。

仲間たちは絶対にデスモンドを死なせないと彼を担架で運び、彼がなくしてしまい気にしていた聖書を彼の手に握らせ、デスモンドはハクソーリッジの崖の下におろされました。

デスモンドは75人の兵士の命を救ったことで、良心的兵役拒否者としては初めて表彰されました。

名誉勲章は軍人としては最高の賞でした。

帰国後、彼は1991年にドロシーが亡くなるまで彼女と一緒に生きました。デスモンドは2006年に永眠しました。

スポンサーリンク

3.映画『ハクソー・リッジ』の感想と評価


(C)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

本作『ハクソー・リッジ』は、映画公開後、以下の賞を受賞します。

ハリウッド映画賞で、メル・ギブソンがハリウッド監督賞を受賞
ハリウッド編集賞
ハリウッドメイクアップ・ヘアースタイル賞
  
そして、オーストラリア版のアカデミー賞と呼ばれる、The Australian Academy of Cinema and Television Arts Award(AACTA)で、最多13部門にノミネートました。

実際に2016年12月7日のAACTAでは賞を総なめに!
ベスト編集賞
ベストプロダクションデザイン賞
ベスト映画撮影賞
ベストフィルム賞
ベストスクリーンプレイ賞
べストデレクター賞:メル・ギブソン
ベストフィルム賞:ハクソー・リッジ
ベスト男優賞:アンドリュー・ガーフィールド
べスト助演男優賞:ヒューゴ・ウェービング

アメリカでも評価は高く、アカデミー賞にも6部門(作品賞・主演男優賞・監督賞・編集賞・録音賞・音響編集賞)でノミネートされ、2部門(録音賞と音響編集賞)で受賞

沖縄戦が描かれた戦争映画ではありますが、反日映画ではありません

沖縄地上戦は日本人の被害が多く、アメリカ軍の圧勝だったというイメージを持っている日本人が多いかと思いますが、この映画は逆に日本人の強さに驚いて恐れているアメリカ人の姿が描かれています。

かなり、グロテスクな映像もあり、ただひたすら戦争の恐ろしさを丁寧に描いています。

また、エドモンドは敵である日本軍の兵士たちに追いかけられながらも、迷い込んだ洞窟にいた日本人を助けもします。

敵味方関係なく、自分の身を危険にさらしながらも人命を助ける姿にこそ、この作品のテーマはあるとを実感させられます。

4.まとめ


日本では戦争への意識は風化しつつありますが、世界中には、まだまだたくさんの戦争が起こっています。

実在したデズモンド・ドスの勇気に学べることは、私たちにはたくさんあるのではないかと、この作品を観る者に作品は訴えてきます。

ぜひ、この映画で擬似的であれ、戦争の恐ろしさを体感できるこの映画から、改めて人命の尊さを実感してみてはいかがでしょう。

映画『ハクソー・リッジ』は、2017年6月24日(土)より、TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー。

お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ビーチ・バム』あらすじネタバレと感想。マコノヒー主演にハーモニー・コリン監督が描く愛と芸術とは【原題:The beach bum】

ハーモニー・コリン監督『ザ・ビーチ・バム(原題:The beach bum)』 今回ご紹介するのは作家、映画監督、俳優とマルチな才能を持つ独創的な芸術家、ハーモニー・コリンの映画『ザ・ビーチ・バム(原 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ベル・カント』ネタバレ感想と評価。渡辺謙×加瀬亮らは原作小説とテロ事件が生んだ“絆”に向き合う

映画『ベルカント とらわれのアリア』は2019年11月15日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー公開! 2001年に出版され、PEN/フォークナー賞とオレンジ賞(現在のベイリーズ賞) …

ヒューマンドラマ映画

映画『ミセス・ノイズィ』感想レビューと評価。結末まで篠原ゆき子と大高洋子の演技力が牽引する母親の後悔とは

理解できない相手と分かち合える日が来るまで。 2020年12月4日(金)​よりTOHOシネマズ 日比谷​、ほか全国公開予定の映画『ミセス・ノイズィ』。 隣人同士の小さな「諍い」から始まる、大きな「争い …

ヒューマンドラマ映画

映画『鋼音色の空の彼方へ』あらすじ感想と評価解説。OUTRAGE (アウトレイジ)の生い立ちを基にヘビーメタルを通じて普遍性を描く

映画『鋼色の空の彼方へ』は2022年5月20日(金)に名古屋にて先行公開、6月3日(金)より全国ロードショー! ヘヴィ・メタルを愛する人々の胸の内、生き様を変化球で描きその魅力を湛えた映画『鋼音色の空 …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『ワンステップ~君と僕のメロディ~』あらすじとキャスト!

事故にあったことで音が色で見えるという色聴を患い、心に傷を抱える少女シヒョン。 彼女の愛と再生を描いた爽やかな感動作『ワンステップ~君と僕のメロディ~』10月29日(日)より、10月29日(日)よりシ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学