Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ロケットマン』あらすじネタバレと感想。エルトン・ジョンのただの伝記ではなくミュージカル映画だ!

  • Writer :
  • 奈香じゅん

グラミー賞を5度受賞した世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの映画。

『ロケットマン』は、天才歌手エルトン・ジョンの1950年代から1991年初頭迄を描いたミュージカル映画です。

『キングスマン』のタロン・エガートンがエルトン・ジョンを演じ、劇中全曲を歌いダンスも披露。

デクスター・フレッチャーが『ボヘミアン・ラブソディ』(2018)に続き監督を務めました。圧倒的なクオリティで観客を魅了する本作は、2019年度上半期に劇場公開された洋画では最高レベルと言える必見の映画です。

スポンサーリンク

映画『ロケットマン』の作品情報


© Paramount Pictures

【公開】
2019年(イギリス・アメリカ合作映画)

【原題】
Rocketman

【監督】
デクスター・フレッチャー

【キャスト】
タロン・エガートン、ジェイミー・ベル、リチャード・マッデン、ブライス・ダラル・ハワード、スティーヴン・マッキントッシュ、ジェマ・ジョーンズ、チャーリー・ロウ、スティーヴン・グレアム、キット・コナー、テイト・ドノヴァン

当初トム・ハーディが主役にキャストされていましたが、エルトンの17才を演じるにはハーディの年齢が高かったこと、そして自分を演じる俳優には歌って欲しいというエルトンの要望がありタロン・エガートンに決定されました。

【作品概要】
エルトン・ジョンは舞台『ビリー・エリオット』で音楽を務めた際リー・ホールと出会い、その能力を買い本作の脚本家として選択。『キングスマン:ゴールデンサークル』でカメオ出演後知り合いとなった監督マシュー・ヴォーンからタロン・エガートンの歌声を聞かされ、エルトンはエガートンをキャストしました。

映画『ロケットマン』のあらすじとネタバレ


© Paramount Pictures

オレンジ色の悪魔を模したコスチュームを着たエルトン・ジョンは、依存症の互助会に参加します。

アルコール、コカイン、そして性依存や買物中毒等自分が抱える問題を参加者の前で明かします。

エルトンは、会の進行役からどんな子供時代だったのか訊かれます。

レジナルド・ドワイト(レジー)は、母シーラと軍人の父スタンリー、そして祖母アイヴィと一緒に暮らしていました。

シーラは派手好きで上流階級に憧れる主婦、スタンリーは兵役で家を留守がち。夫婦仲は悪く、幼いレジーに目を掛けてくれたのは唯一アイヴィだけです。

ある日、ラジオから流れるエミール・ワルトトイフェルの『スケーターズ・ワルツ』を聴いたレジーは、楽譜無しでメロディをピアノで弾きはじめました。

それを見ていたアイヴィは孫に特別な才能があることを見抜き、レジーは本格的なピアノの個人レッスンを受けることになります。

音楽に夢中になったレジーは、温もりの無い家庭の雰囲気を避ける為オーケストラを指揮し、ピアノで伴奏する自分を想像します。

父が久しぶりに遠征から帰宅。レジーが「抱きしめてくれないの?」と訊いても、それには答えず自分のレコードに触るなと怒鳴りました。

11才になったレジーは、ピアノの先生から奨学金を得られる十分な才能があるので、王立音楽院のオーディションを受けるよう勧められます。

スタンリーとシーラは面倒くさがり、アイヴィがレジーをオーディションへ送り届けます。

レジーが会場へ入って行くと、試験官がYAMAHAのピアノでモーツァルトの『トルコ行進曲』を弾いていました。試験官はレジーに気づき、オーディションを始めます。

弾いてみるよう促されたレジーは、『トルコ行進曲』を途中まで弾きました。試験官がなぜ弾くのを止めたのか尋ねると、レジーは試験官がそこまでしか弾かなかったのでと答えます。

見事合格したレジーは音楽の英才教育を受けます。

学校からの帰り道、レジーは、路上に駐車した車の中で母と見知らぬ男の情事を目撃します。

夜になると両親は口論。父は家を出て行きました。涙を流す孫をアイヴィが慰めます。

お別れに抱きしめてもくれないと傷つくレジーに、祖母はスタンリーは愛情表現が下手なのだと答えました。

エルヴィス・プレスリーのレコードを手にしたレジーは、ロックに大きな影響を受け、プレスリーの髪形を真似て登校します。

その後、仲間と一緒にバンド・ブルーソロジーを組み小さな店で音楽活動を始めるようになります。

ある日、バンドに声が掛かり、アメリカのミュージシャンが興行に訪れた際のバックバンドとして雇われます。

ショーの終了後、レジーは、どうすれば音楽で成功するのか尋ねます。「やせっぽちで黒人の俺は、場末で10年音楽をやった。なりたい自分になる為には、生まれた自分を捨てることだ」

レジーは、バンドメンバーのエルトン・ディーンに、これからエルトンと名乗ると告げます。

音楽の才能を募る広告を見たエルトンは、音楽出版社を営むディック・ジェームスの事務所を訪ねました。

レイの面接を受けたレジーは、即興でピアノを披露。感心したレイは歌詞を尋ねます。

そこが難しいと答えたレジーに、レイは歌詞を渡して曲を作るように言います。

レジーは名前を訊かれ、写真に飾られていたビートルズを一瞥し、エルトン・ジョンと答えました。

作詞家バーニー・トーピンと落ち合ったエルトンは、バーニーが書いた『Border』が凄く良いと感想を述べます。2人は直ぐに意気投合。

バーニーが詩を書き、エルトンがそれに合せて曲作りを始め、『Honkey Cat』が生まれます。

ディックとレイからジョン・レノンとポール・マッカートニーが一緒に住んで音楽を作っていると半ば強制的に促され、エルトンとバーニーもアパートを借り、曲作りに励みます。

エルトンは大家の女性と付き合うようになりますが、どこか心の中で無理をしていました。

仕事仲間から同性愛者だと言われたエルトン。バーニーは、自分は気にしないとエルトンに話します。

バーニーからピアノ技術や歌声を褒められ、チャンスの国アメリカを目指そうと励まされたエルトンも野心を持ちます。

「バーニーと僕はこの後強固な絆で結ばれるようになった。まるで兄弟のように。この20年間、一度も口喧嘩をしたことがない」エルトンは互助会で明かしました。

彼女に同性愛者であることを打ち明けたエルトンはアパートを追い出され、バーニーを連れて実家に戻ります。シーラは家賃を要求。

そんなある日、いつもの様にバーニーが出来上がった詩をエルトンに渡します。幼少時代に弾いていたピアノでキーを叩きながらメロディを少しずつ組み立てるエルトン。

暫くしてエルトンがバーニーの歌詞で歌い始めます。心に響く曲に惹かれ、バーニーとアイヴィがエルトンの側でじっと『Your Song』を聴き入ります。シーラは1人台所に座ったままでした。

ディックもやっと2人の才能を手放しで認め、アルバムのリリースが決定。

ロサンゼルスでデビューすることになり、エルトンとバーニーは、付き添いのレイと共にイギリスを離れ一路ハリウッドへ飛び立ちます。

以下、『ロケットマン』ネタバレ・結末の記載がございます。『ロケットマン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ウェスト・ハリウッドのサンタモニカブルバード沿いに在るライブハウス・トルバドールへ到着した3人を、オーナーのダグ・ウェストンが迎えます。

想像していたより狭いと感じたエルトンに、ダグは、「先週ニール・ヤングが演奏したばかり。群衆が詰めかけ行列が出来るライブハウスだ」と涼しい顔を向けます。

初ライブ当日、控室に入って来たバーニーは、ニール・ダイヤモンドとビーチボーイズのブライアン・ウィウソンがバーに居ると興奮。それを聞いたエルトンは緊張してトイレの個室に籠ります。

開演が迫りますが、「アメリカの天才シンガー達が居る前へ出ていけるか!」とエルトンは拒否。

契約を交わしディグが飛行機代を支払ったとレイに怒鳴られたエルトンは、覚悟を決め白いオーバーオール姿で舞台へ上がります。

エルトンはエネルギッシュにピアノを弾きながら歌い、立ち上がって椅子を後ろに蹴飛ばし、片足で高いキーを抑える派手なパフォーマンスを見せます。

パワフルなエルトンのライブに魅了された観客は熱狂。

ライブハウスが一帯となり大きな手応えを感じたエルトンには、自分と観衆が宙に浮いたような錯覚を覚えました。

その光景を柱にもたれながらじっと聞き入っていたのが、音楽業界でマネージメントを営むジョン・リードです。

大成功に終わったライブ後、皆でパーティーへ向かいます。

バーニーが出会った美人と消えた後、63年もののドンペリを持ったジョンが1人でビールを飲むエルトンに近づき「君なら成功する。アメリカで一番も夢じゃない」と話し掛けます。

エルトンにとって、ジョンは自分の才能を高く評価し力になってくれる相手でした。2人は恋に落ちます。

人気が爆発したエルトンは、トルバドールの外で待っていた女性達からサイン攻めにあいます。

ダグは、「ロック界に新星誕生。トルバドールでデビューしたイギリス出身の歌手エルトン・ジョン23才は、全てにおいて素晴らしい」と新聞で絶賛された批評を読み上げます。

新アルバムの製作が決まったエルトンとバーニーはイギリスに帰国となり、ダグはアメリカに戻ったらトルバドールで4回ライブを行うように要求しました。

エルトン・ジョンの音楽は世界を席巻。派手なブーツとメガネをトレードマークに、世界のレコード売り上げの内4パーセントはエルトン・ジョンが叩き出したとメディアが報じます。

1976年、キキ・ディーとデュエットし『Don’t Go Breaking My Heart』をリリース。

そこへジョン・リードがエルトンを訪ねて来ます。ジョンを愛していたエルトンは、久し振りの再会に胸が高鳴ります。

ジョンを連れてエルトンの散財が始まります。長い付き合いだったディグとレイを離れ、エルトンはジョンとビジネスパートナーを組む決定をします。

表向きを考え2人の関係は内密にし、両親にも上手くマスコミ対応する必要があるとジョンは助言。エルトンは従います。

久し振りに父親を訪ねたエルトンはショパールの腕時計をプレゼントします。コンサートのチケットを手配すると申し出る息子に対し、スタンリーは、自分の好みでは無いと返答。

相変わらず感情の無い冷たい視線を寄越すスタンリーは、レコードにサインして欲しいと頼みます。エルトンがペンで書き始めると、自分の為では無く、職場の人間宛だと言われます。

気詰まりのする雰囲気に家を出たエルトンは、再婚相手との間に生まれた幼い息子を父が笑顔で抱き上げる姿をじっと涙を浮かべて見つめました。

お酒を呷るエルトンは、ジョンが止めるのも聞かず、シーラに自分が同性愛者であることを明かします。

シーラは何年も知っていたと答えます。「どうでも良いわ、そんなこと。1人ぼっちの人生よ。誰からもきちんと愛されないわ」と冷酷な言葉を浴びせます。

ライブ前の控室で、コカインを鼻から吸い込みグラスのお酒を飲み干すエルトン。

バーニーは、妙な衣装は止めてありのままの自分で歌えとエルトンにアドバイスします。

エルトンは、「観客が観たいのはレジーではなく、エルトン・ジョンだ」と声を荒げます。

満たされず孤独に苛まれるエルトンは、ジョンが他の若い男性に手を出すのを目の端で見ながら、お酒と麻薬に深く依存して行きます。

ジョンの好き勝手にウンザリするエルトンですが、ビジネス上マネージメントが必要な為、解雇したくても出来ないジレンマを抱えます。

ロサンゼルスの豪邸で開いたパーティーに家族を含む沢山の人を招待したエルトンは、部屋で大量の薬を飲んだ後プールに身を投げます。救急車が駆けつける騒ぎとなりました。

殆ど日を経ずにドジャー・スタジアムでライブが行われます。大観衆の前に野球のユニフォームのコスチュームで登場したエルトンは、ベースボールバットでボールを打つパフォーマンスを披露。

ある日、そんなエルトンに、バーニーが手を差し伸べます。

「2人で姿を隠そう。イギリスへ帰ってもう一度やり直すんだ。昔の様に、歌を2人だけで作ろう」

エルトンは、「帰りたきゃ帰ればいい。僕にとっては他の人と組む良い機会だ」そう言ってバーニーを遠ざけてしまいます。

チケット完売が続くツアーをこなしながら、エルトンは自分を見失って行きます。

ジョンとの関係が最悪になった頃、エルトンはレコーディングを通しレネーテ・ブリューエルと出会います。

心底孤独なエルトンを理解してくれた女性でした。

エルトンはレネーテと結婚。シーラも式に参列し嬉しそうな表情です。

しかし、同性愛者であるエルトンの結婚生活は長続きしませんでした。

エルトンは、良い人だったレネーテを傷つけてしまい後悔していると互助会で振り返ります。

シーラが別荘を買いたいのでお金を出して欲しいとエルトンに頼みます。エルトンの為にスタンリーを諦めたと勝手なことを言い出します。

エルトンは、「成功は良いもの。動くものとは全部ヤッた。人間が知り得る麻薬も全て楽しんだ」とシーラを挑発します。

するとシーラの表情が一変。「何の努力もせずに全部棚から牡丹餅で手に入れたくせに。子供なんか持つべきじゃなかったわ!あんたの母親でいることにどれだけがっかりするか分かる!?」

耐えられず席を立ったエルトンは、打ちのめされ悔し涙を流します。

バーニーは、「いつそうやって諦めたんだ?自分を粗末にする人間を他人が気に掛けてくれると思うのか?」「助けを求める事は弱さではない」と声を掛けます。

しかし、エルトンは、一番必要な時に自分から去って行ったと恨み言を言い、再びバーニーを突き放してしまいます。

バーニーが離れ、エルトンは更にお酒と麻薬に溺れて行きました。

マディソン・スクエア・ガーデンのコンサート開幕を控えたエルトンは、オレンジ色の悪魔の衣装を着たままタクシーに乗り込み、依存症更生施設へ入所します。

「ずっと自分が大嫌いだった。誰からも愛されないと思っていた」「人を愛せないジョンが自分を愛していると信じた事が間違いだった」

胸の奥に秘めた自分の闇と対峙したエルトンは、長年憎んだ両親を許します。

「僕を抱きしめてくれないの?」そう見つめる幼いレジーをエルトンは自分の両手でしっかり抱きしめます。

ある日、エルトンが施設の廊下をモップ掛けしている所へバーニーが会いに来ます。

施設の一室にピアノが置いてあるものの、一度も触っていないエルトンは弱気な表情をのぞかせます。

バーニーは書いた歌詞を渡して曲を書けと笑顔でエルトンを見つめ、行く所があると立ち上がります。

「行くなよ」と口にしたエルトンに、「ここからは自分で立て」とバーニーは勇気づけます。

立ち去るバーニーの後ろ姿に、エルトンは感謝を述べます。振り返ったバーニーは、「お前は俺の兄貴だから」と言葉を掛けました。

エルトンは施設の一室に置いてあるピアノに向かいます。バーニーの詩を見つめながら思いを巡らしたエルトンは『I’m Still Standing』を歌い始めます。

‐エルトン・ジョンは依存症を克服して28年が経過‐
‐買い物に関してはまだ多少問題あり‐
‐更生施設を退所後、これまでに4億5千万ドルの基金を募り、世界中のAIDS/HIV患者の為に慈善事業を実施‐
‐エルトンとバーニーは現在も一緒に曲作り。50年経ても喧嘩をしたことがない‐
‐25年前、夫・デヴィッドに出会ったエルトンは“きちんと”愛されている-
‐2人の息子ザッカリーとイライジャを育てる時間を増やす為、エルトンはツアーから引退する‐

スポンサーリンク

映画『ロケットマン』の感想と評価


© Paramount Pictures

本作品『ロケットマン』は、数々の名曲を世に送り出して来た天才音楽家が両親の愛に飢えて苦しみ、同性愛者としての自分を受け入れられず紆余曲折した半生を赤裸々に描写しています。

製作会社から観賞規制を避ける為、麻薬と性に関する部分を和らげた表現にするよう要請を受けたエルトンは、自分の人生は子供の観賞に耐え得る様なものでは無いと突っ撥ねました

また、昨年大きな成功を収めた『ボヘミアン・ラブソディ』と比べられがちですが、本作は伝記ではなくミュージカル映画です。

その為、劇中の曲は誕生した順番とは敢えて異なって使われています。幼少期からエルトン・ジョンの視点で彼の人生を時系列で紐解きながら、その時一番相応しい曲で表現しています。

例えば、2001年にリリースされた『I Want Love』は、親密さが皆無の家庭にフラストレーションを抱えた少年のエルトンと家族で歌わせています。

そして、エンディングでエルトン・ジョン扮するタロン・エガートンが歌う『I’m Still Standing』。1990年に更生施設に入所して以来麻薬とお酒を断ったエルトンを1983年の曲で当時のMVを使い再現しています。

何十年も抱えて来た家族への怒りと苦しみを見つめ、許し、遂に心の平穏を得た場面は、エルトン・ジョンがレジー・ドワイトだった幼い自分を抱きしめることで、ありのままの自分を受け入れた瞬間を描写しています。

リー・ホールの卓越した物語運びであり、シーラとスタンリーが暗い部屋の隅から姿を現すフレッチャーの演出も、エルトン・ジョンが奥底に抑え込んでいた両親への心情を見事に映し出しています。

『ロケットマン』の醍醐味は、エルトン・ジョンの半生がミュージカルというプラットフォームでしか描けなかったと納得する説得力と芸術性を備えていることで、俳優陣が底力を発揮した大変パワフルな作品です。

製作総指揮に名を連ねたエルトン・ジョンは、「勿論全てそのまま本当ではないが、全部真実」と英ガーディアン紙にコメントしています。

エルトンのAIDS/HIV患者への慈善事業について終わりに表記があります。エルトンは、血友病患者だったライアン・ホワイト少年が病気を理由に学校から登校を禁じられたことを知ります。

少年と個人的な交流を重ねたエルトンは、彼が他界した半年後に麻薬とお酒を断ち、後に基金を創設した背景があります。

そして、施設で1年掛けた依存症との闘いを終えた翌年、エルトンとバーニーで生み出した曲が『The One』

全世界を魅了した海鳥の泣き声が入る名曲は、長いトンネルを抜けた後のラブソングでした。

『ロケットマン』は2019年5月にカンヌ映画祭で初上映。

フレッチャー、エガートン、そしてバーニーを演じたジェイミー・ベルは、一番反応が気になるエルトンとトーピンを上映中に何度も様子を窺ったそうです

2人が初めて出会うカフェや更生施設で再開する場面で、エルトンとバーニーはお互いの膝頭を握り泣きじゃくっていたとエガートンがインタビューで明かしています

カンヌでの上映終了直後、4分間スタンディングオベーションで迎えられたキャストとクルー。

監督と主要キャスト1人1人をエルトンが抱きしめ耳元で賞賛の言葉を囁きます。エガートンは涙を流し、シーラを演じたブライス・ダラス・ハワードは笑い出しました。

直後の記者会見で内容を訊かれたエガートンは、「これは彼(エルトン)と自分の中に閉まっておく」と答え、ハワードは別のインタビューで「ビッチ!」と言われたことを明かし「良いフィードバック」と答えています。

主演を務めたタロン・エガートン、ジェイミー・ベル、そしてジョン・リード役のリチャード・マッデンは、これまでとは別次元の技量を発揮。今後のキャリアが大きく飛躍するターニングポイントと言えます。

まとめ


© Paramount Pictures

短期間に爆発的な勢いでスターダムに駆け上がったエルトン・ジョン

『ロケットマン』は、今でも敏感になると天才音楽家が語る幼少時代に光を当て、子供に冷たい両親に育てられたことが後の人生に大きく影を落とした真実を物語ります

神童と呼ばれたレジナルド・ドワイトは、チャンスの国アメリカで大成功しますが、愛を渇望する心はささくれ立つばかり。お酒も麻薬も助けてはくれず堕ちて行く彼を見守っていたのは、唯一彼を家族のように思う盟友バーニー・トーピンでした。

エルトン・ジョンの17才から40代を演じるタロン・エガートンが登場する場面は撮影に3日要しました。『Saturday Night’s Alright For Fighting』で繰り広げられる歌とダンスシーンは圧巻です!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『マイ・エンジェル』あらすじネタバレと感想。マリオン・コティヤールが母親役を熱演!

愛し方が分からない母と、ただ愛されたい娘。 母娘の傷つきながら育まれる愛の物語。 美しい海辺の街、南仏コート・ダジュール。きらびやかな街の片隅に、取り残された母娘はお互いを必要としながらも、傷つくこと …

ヒューマンドラマ映画

映画『タイニー・ファニチャー』あらすじとキャスト。感想レビューも

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

映画『聖なる泉の少女』ネタバレ感想レビュー。清らかな水が湧く森に見た自然への敬意と恩恵

変わりゆく時代の中で、私達が忘れてしまった信仰とは。 映画『聖なる泉の少女』は、実際にジョージアのアチャラ地域に昔から口承で伝わってきた物語に基づいた作品です。 むかしむかし、泉の水で人々の傷を癒して …

ヒューマンドラマ映画

映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

1973年に行こなわれた、性別を超えたテニスの試合を描いた、映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』は2018年7月6日(金)から全国順次公開された作品です。 若手注目女優エマ・ストーンと、個性派俳優ステ …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『殺人者の記憶法』あらすじとキャスト。公開日と上映館は?

韓国映画『殺人の記憶法』は1月27日(土)より全国順次公開! アルツハイマーになった元連続殺人犯の男ビョンス。偶然に接触事故に合った男テジュから異様な雰囲気を感じたビョンスは、彼も殺人犯であることを直 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP