Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/02/21
Update

仲代達矢映画『帰郷』あらすじネタバレと感想。原作・藤沢周平による日本時代劇を8K映像で

  • Writer :
  • 星野しげみ

老渡世人が唱える「南無阿弥陀仏」。故郷に男の過去が蘇る!

 
作家・藤沢周平の短編時代小説『帰郷』を、ドラマ「北の国から」シリーズの杉田成道監督が映像化した作品。親分の罪を被って故郷を離れた渡世人が30年振りに帰郷します。

懐かしい故郷はどうなっているのか。帰ってみようと思い付き、辿り着いた故郷には渡世人の新たな苦悩が待っていました。

ロケ地である信州・木曽福島の美しい自然の中で、現在と過去の出来事が交差するストーリー展開。主演はこの作品の主人公をいつか演じてみたかったという86歳の仲代達矢です。

帰郷したがために過去の犯した罪を問われる渡世人の哀しいドラマが始まります。
 

スポンサーリンク

映画『帰郷』の作品情報


(C)「帰郷」時代劇パートナーズ

【公開】
2020年(日本映画)

【原作】
藤沢周平

【監督】
杉田成道

【キャスト】
仲代達矢、北村一輝、常盤貴子、田中美里、前田亜季、中村敦夫、橋爪功、三田佳子、緒形直人、佐藤二郎

【作品概要】

第32回東京国際映画祭参加作品。フランス・カンヌMIPCOMで、アジアの作品として初めてワールドプレミアに選出された史上初の8K時代劇です。

藤沢周平の短編時代小説『帰郷』を原作とし、ドラマ「北の国から」シリーズの杉田成道監督が演出を担当。また主役の老渡世人は86歳になる仲代達矢が熱演。好敵手に中村敦夫、恩義ある親分の妻に三田佳子と豪華俳優陣を揃えた作品です。
 

映画『帰郷』のあらすじとネタバレ


(C)「帰郷」時代劇パートナーズ

山奥の民家で病床に伏していた老渡世人宇之吉は、ある朝民家の周りの美しい山の風景を見て自分の故郷信州・木曽福島を思い出します。

宇之吉は30年前に、世話になった親分の罪を被って故郷を離れていました。最近では肺病も病み、自分の命もあまり長くないことを悟っています。

「帰ってみようかな」。思い立ったら矢も楯もたまらず、病を抱えたまま宇之吉は木曽福島へ向かいました。途中、ならず者に追われている源太という男を見掛けます。

追われる身の辛さを知っていた宇之吉は、源太がならず者から逃げるのを手助けしてやりました。

そしてたどり着いた故郷木曽福島の街並みは昔と変わらず、宇之吉は懐かしく思いますが、みすぼらしい老渡世人の旅人である彼を知る人はいませんでした。

用心棒を募集していた渡世人先で雇ってもらい、先輩にあたる栄次という男から最近の木曽福島の話を聞きました。

昔宇之吉が世話になった親分夫妻は亡くなり、後を継いだのは、宇之吉の兄貴分にあたる九蔵でした。

九蔵は昔から宇之吉の競争相手であり、卑怯なことも平気でする嫌な奴。昔宇之吉と恋仲だったお秋にも目をつけて横恋慕しようとしていたこともあったのです。

お秋を思い出した宇之吉は、30年前に「3年待っていてくれ」と言って別れた恋人の住む家を見に行きました。そこから出てきたのは、お秋ではない見ず知らずの一人の若い女。

お秋は何処に行ったのか。気になりながらも探す術もなく、宇之吉は栄次に誘われるまま、飲みに行きました。

その飲み屋で働いていたのがお秋の住む家で暮らすおくめという女でした。

おくめから「お秋は自分の母親でずい分昔に亡くなった」と聞かされ、驚く宇之吉。30年の月日の長さを思い知り呆然としているところへ、おくめに九蔵が目をつけているという話を聞きます。

おくめには源太という好いた渡世人がいるから、源太を亡き者にしようとしていることも。

昔の自分のことを思い出し、九蔵に対して苛立っていた宇之吉は、神社で開かれた山博打の日に幼馴染の佐一と再会します。

宇之吉が出走してからの九蔵のことや故郷の様子を聞いているうちに、おくめについて驚愕の事実を知ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『帰郷』ネタバレ・結末の記載がございます。『帰郷』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)「帰郷」時代劇パートナーズ

おくめが自分とお秋の子供だと知った宇之吉はビックリ仰天。故郷を離れ、3年間江戸に潜伏してお秋の元に戻るはずだったのですが、江戸で世話になった商人夫婦が宇之吉の運命を狂わせました。

宇之吉は、江戸で世話になっている商人夫妻の元で文字を教わっていました。ある夏の日、夫不在の時に、宇之吉は商人の妻おとしと関係を持ってしまいます。そこへ夫が戻り、現場は修羅場となります。

「その人、殺して!」と叫ぶおとしの声に、宇之吉はおとしの夫を手にかけ、そのまま2人で逃走しました。長い間旅路の末に病に伏したおとしは、「一緒に死んで」と宇之吉に迫ります。

逃げ腰の宇之吉は、ついに自らの手でおとしの首を絞めて殺してしまいました。

以来、独りで旅を続けていた宇之吉です。故郷において捨てたも同然の恋人に自分の子供がいたと知り、動揺します。

どうしようもない気持ちのまま、おくめの家に行き、自分が父だと名乗ります。おくめは驚きますが、「何を今更」と怒り出し大泣きします。

感情を爆発させたおくめですが、やがてすっきりしたのか、宇之吉を受け入れてくれました。

おくめと和解した宇之吉は、おくめのために恋人源太との仲を取り持ってやろうとします。九蔵がしつこく源太を付け狙っているのを知っていましたので、源太の命乞いをするため、九蔵と博打をします。

宇之吉の正体に気が付かない九蔵は、不思議な奴だと思いながらも勝負に挑み、宇之吉がみごとに勝利しました。

しかし、博打に勝ったのに九蔵は宇之吉を裏切り、手下をつかって宇之吉を襲います。宇之吉の怒りは頂点に達し、寝ている九蔵を斬るために深夜九蔵の家へ忍び込びます。

そこには先に源太が同じ目的で忍んでいましたので、源太におくめの元へ行くように告げます。

九蔵の寝室へ入ると、寝ている九蔵をたたき起こします。ここで初めて宇之吉の正体を知った九蔵は驚きながらも、宇之吉に飛び掛かりました。老人同士の斬り合いは息があがってふらふらしながら続きます。

宇之吉は、やっとの思いで九蔵をしとめます。

夜が明けて九蔵の手下に取り囲まれた宇之吉ですが、九蔵の幹部である浅吉に全てを話し、ことの次第を理解してもらいました。

そのまま生まれ故郷を立ち去ろうとする宇之吉でしたが、おくめと源太が後をおっかけます。朝靄の山に、おくめの「おとっつあん」と呼ぶ声が響きます。声に気が付いた宇之吉はそっと振り返りました。

「おとっつあん。行かないで」泣き叫ぶおくめに対し、ただ見つめるだけの宇之吉。ついにしびれを切らしたおくめは再び絶叫します。

「行っちまえ。どこかで野垂れ死にしてしまえ」。泣き崩れるおくめから目をそらし、宇之吉は前を向き、再び故郷を後にしました。

スポンサーリンク

映画『帰郷』の感想と評価


(C)「帰郷」時代劇パートナーズ

ひとりの渡世人の若い頃と晩年を北村一輝と仲代達矢が好演しています。格闘シーンが多い2人ですが、とりわけ高齢の仲代達矢の頑張りが光りました。

特に年老いた好敵手九蔵を演じる中村敦夫との殺陣の場面は見ものです。

白髪頭の2人がよろけながらも、ハアハアと荒い息を吐きながら鬼気迫る形相で剣を振るいます。

命をかけての斬り合いなのに、「お前は子供の頃から人の物を欲しがる」「なに言ってやがる」と言い争い、最後には「息がきれる」「ざまあみやがれ」とあざ笑うような言葉までも。

爺さん同志の殺し合いですが、若い頃から何かと争っていた2人だけに、どこか子供の喧嘩を連想させる真剣勝負で、クスリと笑いがでます。

時代劇映画史上初という8kカメラ使用の色彩の美しさも見逃せません。漆黒の闇を照らすロウソクの炎の光と影の描写は臨場感があり、宇之吉に迫るおとしの情念がたっぷりとあぶりだされていました。


(C)「帰郷」時代劇パートナーズ

魅力的な人妻であるおとしは田中美里が熱演しています。

おとしと宇之吉の初めての間違いを起こす場面のエロティックな美しさも、8Kカメラがもたらすものかも。魔性の美しさを持つ女の誘いで人生を狂わせられた男が、愚かでもあり切なく思えるワンシーンです。

全てが終わった朝靄の中のラストシーン。宇之吉は頭をたれ、しわがれ声で「南無阿弥陀仏」と唱えます。

渡世人として生きる男に念仏は似合いませんが、大自然の中で思わず漏れたひと言は、帰郷がもたらした宇之吉の大きな変化です。

ストレートに伝わる、自分の罪を認めて孤高の旅を決意する潔さ。誠心誠意伝わるその姿に心打たれます

まとめ


(C)「帰郷」時代劇パートナーズ

一連のストーリーは、30年間故郷を離れていた渡世人が帰郷して起こる騒動が主となっています。

殺伐とした人生を送って来た宇之吉が、初めて得た娘への愛がとても切ない作品です。

映画の中で親子の情愛や人間同志の愛憎を描く一方、舞台となる木曽福島にそびえ立つ木曽御嶽山にもスポットを当てています。

冒頭とラストに登場する山の神々しい姿と作品の根底に存在する地域に根付く山岳信仰が、見事に作品に深みを加えています。

時代劇史上初となる8Kカメラ使用の狙いは、ここにあるのでしょう。自然描写やロウソクなど小道具の陰影の美しさが目を引きました。

ベテラン俳優陣の熱演も見逃せません。義理人情に囚われる渡世人の世界観や肉親への情愛も、その圧倒的な存在感で一層際立って見えました

また渡世人の宇之吉が両手を合わせて念仏を唱える姿は、原作の藤沢小説のテイストそのもの。「南無阿弥陀仏」に響く人の世の無常観が強く感じられる作品に仕上がっています。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『赤色彗星倶楽部』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

それぞれの思いを胸に、約60年に一度の赤色彗星を見上げる。 何を忘れて、大人になろうか。 PFFなどの賞を受賞した、瑞々しい青春映画作品をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『赤 …

ヒューマンドラマ映画

映画『家族を想うとき』あらすじネタバレと感想。ケンローチ監督が描いた労働者階級の誠実さが集約した「警官の発する言葉」とは

安定した職業について家族を守るはずだったのに・・・。 イギリスの名匠ケン・ローチが、新自由主義が生み出した現代社会の歪みとその渦中で翻弄される家族の姿を描いた映画『家族を想うとき』が2019年12月1 …

ヒューマンドラマ映画

映画『HERO 2020』あらすじと感想レビュー。舞台版キャストの廣瀬智紀×北原里英が“厄介さと可笑しさ”を演じる

映画『HERO 2020』は、2020年6月19日から、シネ・リーブル池袋他で、全国順次公開予定 「2年限定の交際」を条件に、恋人として付き合っていた広樹と浅美。 約束の2年目を迎え、広樹が浅美との別 …

ヒューマンドラマ映画

映画『テルマ&ルイーズ』あらすじネタバレと感想。ラストで見せた解放された笑顔【リドリー・スコット作品】

どうなってもこの旅は最高よ! 本当の自分になれたから。 『エイリアン』『ブレード・ランナー』の代表作で知られるリドリー・スコット監督の、1991年製作アメリカ映画の『テルマ&ルイーズ』。 平凡な主婦テ …

ヒューマンドラマ映画

映画『7月の物語』あらすじネタバレと感想。舞台挨拶するギヨーム・ブラックからも夏の匂いが見える

映画『7月の物語』は、2019年6月8日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開。 題名も知らない映画のあるシーンをふとみた時、「あーこれはあの監督の作品かな…」と思ったことはないでしょうか? フラン …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP