Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの吉岡真奈役は土村芳(かほ)。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。

監督は、『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。

脚本を『機動警察パトレイバー』の伊藤和典、『亡国のイージス』の長谷川康夫が担当。

企画に『ローレライ』『亡国のイージス』で知られる作家・福井晴敏が携わっています。

主演は人気実力派俳優である西島秀俊。佐々木蔵之介、佐藤浩市、本田翼など豪華俳優が共演することが発表されています。

この記事では、吉岡真奈役を演じる土村芳(つちむらかほ)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』の作品情報


(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ

【公開】
2019年(日本映画)

【原作・監修】
かわぐちかいじ『空母いぶき』(小学館)

【監督】
若松節朗

【企画】
福井晴敏

【脚本】
伊藤和典、長谷川康夫

【音楽】
岩代太郎

【キャスト】
西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、小倉久寛、高嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、堂珍嘉邦、斉藤由貴、藤竜也、佐藤浩市

【作品概要】
「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじによる累計400万部突破のベストセラーコミックを実写映画化。

名優・西島秀俊(秋津竜太役)と佐々木蔵之介(新波歳也役)が共演します。

ほかにも佐藤浩市はじめ、本田翼、藤竜也、玉木宏、市原隼人ら豪華な顔ぶれの出演が決定しています。

監督は、『ホワイトアウト』(2000)『沈まぬ太陽』(2009)などで知られる若松節朗。

映画『空母いぶき』のあらすじ


(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ

世界が再び「空母の時代」へと突入している20XX年。

日本の最南端沖で、国籍不明の軍事勢力による突然の発砲があり、日本領土の一部が占領されて海保隊員が拘束されました。

緊張が走る中、政府は自衛隊初の 航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせます。

空がうっすらと白み始めた午前6時23分。日本はいまだかつて経験したことのない一日を迎えようとしていました。

「いぶき」艦長の秋津竜太は、元航空自衛隊のエースパイロットという異例の経歴の持ち主。軍人として武力行使や命がけの任務もいとわない人物です。

一方、副艦長兼航海長に選ばれた新波歳也は、専守防衛・人命第一での行動に誇りを持つ男。

新波は秋津の方針に違和感を覚えながらも、彼の努力や能力を認め、共に任務に励みますが…。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』吉岡真奈役は土村芳(つちむら かほ)

参考映像:『去年の冬、きみと別れ』(2018)

映画『空母いぶき』で吉岡真奈役を演じる土村芳(つちむらかほ)は1997年12月11日生まれの27歳。岩手県盛岡市出身の女優。ヒラタオフィス所属。

姉は元IBC岩手放送アナウンサーの土村萌。

3歳の時から地元の劇団「盛岡子供劇団CATSきゃあ」に所属し、2001年NHK正月ドラマ『夢駆ける大地~私、牛を飼います』で地元の子役としてデビュー。

一度は芝居から離れたものの、幼い頃の劇団でのワクワク感を思い出して女優を志します。

京都造形芸術大学の映画学科へ進学。1学年上にいた女優・黒木華から大きな影響を受けたそうです。

講師だった林海象監督に見いだされ、2011年劇団姫オペラ公演『花ちりぬ』で主演に大抜擢されます。

2013年には監督の映画『彌勒MIROKU』でも永瀬正敏と共に主演を務めました。

2013年大学卒業後、現事務所で女優活動を本格始動。2014年舞台『母に欲す』に出演します。

何度もNHK朝ドラのヒロインオーディションに挑戦して落選していましたが、2016年『べっぴんさん』でヒロインの親友役に選ばれました。

主人公・すみれの生涯の親友である村田君枝役を魅力的に演じ、全国での人気女優に。

2017年読売テレビ『恋がヘタでも生きてます』で民放連続ドラマ初出演。

同年NHK BSにて地域ドラマ<『GO!GO!フィルムタウン』で初主演を果たしました。

ドラマ『この世界の片隅に』『3年A組-今から皆さんは、人質です-』でも好評を博しています。

2018年に映画『去年の冬、きみと別れ』で盲目の女性を演じ話題に。

「芳(かほ)」は本名で、画家である祖父の画号・土村芳香から一文字貰ったそうです。

小学2年生から始めた新体操では、高校時代インターハイに出場した実力の持ち主。

2011年3月11日、岩手への帰省途中に東日本大震災に遭い、新幹線でトンネル内に9時間閉じ込められるという大変な経験をしたそうです。

映画『空母いぶき』吉岡真奈はどんな役?

土村芳演じる吉岡真奈は、本田翼演じる本多裕子と同じネットニュース社に務めています。

片桐仁演じるディレクター・藤堂一馬のアシスタントです。

スポンサーリンク

土村芳(つちむら かほ)の演技力の評価は

「昭和顔」と呼ばれる清楚な美しさで人気の女優・土村芳。

確かな演技力と、落ち着きある雰囲気で独特の魅力を醸し出しています。

幼少期より劇団に所属。その後、京都造形芸術大学映画学科俳優コースで、演技の基本を学んだ経験を持ちます。

大学時代には1学年上に黒木華が在籍しており、大きな影響を受けたそうです。学生製作映画では製作も経験し、現場の裏方も学んでいます。

幼い頃から演技と向き合い、大学で黒木華と共に培った演技力、そしてはっとさせる美しさで、NHK朝ドラ『べっぴんさん』のヒロインの親友役・村田君枝を好演

病弱だった女性が徐々に逞しく開花していく様子を演じて、お茶の間に元気と勇気を届けました。

オファーの絶えない実力派女優として、近年益々活動の場を広げています。

今回の真奈役では、憧れだった斉藤由貴・片桐仁との共演シーンが多く、喜びを噛みしめているそうです。

何が正しいのか、今何をすべきなのかを考えさせられる映画なので、じっくり味わってほしいとコメントしています。

土村芳(つちむら かほ)の公式SNSの紹介

残念ながら土村芳の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ

国民の命と平和を守るために戦う者たちの姿を壮大なスケールで描いた、クライシス超大作『空母いぶき』。日本がかつて経験したことのない24時間を描き切っています。

出演は西島秀俊、佐々木蔵之介、佐藤浩市、玉木宏、高嶋政宏ら豪華な実力派俳優陣。

『ホワイトアウト』など大作映画を手がけてきた若松節朗監督が、「未来の命に平和な世界を」をコンセプトに、平和や命に重みを問いかける極上エンターテイメント作品に仕上げています。

じわじわと人気上昇中の実力派女優・土村芳が、映画オリジナルキャストである金髪姿のネットニュース社員を演じるということで、その演技に期待が高まっています。

『空母いぶき』は2019年5月24日より全国ロードショー

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ワンダーストラック』あらすじとキャスト。劇場公開日はいつ?

映画『ワンダーストラック』は、2018年4月6日(金)より角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー。 第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門選出された本 …

ヒューマンドラマ映画

映画『沈黙サイレンス』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【マーティンスコセッシ大表作】

遠藤周作の小説『沈黙』を『ディパーテッド』『タクシードライバー』のマーティン・スコセッシ監督が映画化。 マーティン・スコセッシ監督が1988年に原作を読んで以来、28年をかけて念願の映画『沈黙-サイレ …

ヒューマンドラマ映画

映画『グレイテストショーマン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末

主演ヒュー・ジャックマン!さらにはキアラ・セトルという新たなスターも誕生した『グレイテスト・ショーマン』。 米国アカデミー賞作曲賞・歌曲賞など受賞した『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフがふたたび結集し、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『羊と鋼の森』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『羊と鋼の森』は、2018年6月8日より東宝系にて公開。 『火花』『君の膵臓をたべたい』など、そうそうたる話題の小説を抑えて2016年本屋大賞を受賞した、宮下奈都の同名ベストセラー作品を映画化。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ぼくらの家路』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

少年を描いた映画には名作が多いと言われています。 例えば、フランソワ・トリフォー監督の名作『大人は判ってくれない』や、 日本映画では、是枝裕和監督作品の『誰も知らない』では、主演を務めた柳楽優弥の眼差 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP